にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

箱根でハイキング&鰻!

ランナーであることはすっかり忘れて
お山で遊んでばっかりです(笑)

前週の丹沢に続いて12月21日は箱根に行ってきました
今回は明神ヶ岳でのランチと打ち上げの鰻重が目的だったので
トレランではなくハイキング

今回は途中までgarminが動いていたのに
なぜかログがPCに移行できずに消えてしまったので
コースログが有りません(悲)

下の写真のようなコースを歩きました

201412210031.jpg
今回のルートはピンクの矢印

仙石原から外輪山のコースに入り
そこから敢えて金時山には向かわずに
明神ヶ岳 ― 明星ヶ岳と繋いで
最後は箱根湯本には下りずに風祭までという約20kmのコース

風祭がゴールなのは
蒲鉾ではなく、目的である鰻屋さんが風祭だったから

当日は参加者全員が小田急線の同じ電車に乗って小田原駅で集合しました
皆寝るので、電車の席はバラバラ(笑)

小田原駅からバスで仙石原に向かいます
仙石原のコンビニでいろいろと整えて午前9時前に出発

20141221001.jpg
ここからスタート!

20141221005.jpg
外輪山コースに合流!

天気は快晴です
風は少し有りますが
写真のようにコースの大部分が背丈よりも上の笹?の中なので
稜線に出るまでは気持ち良く歩けました

今日は金時山へは行きませんでしたが
金時山からは素晴らしい富士山が観られたのでは?

20141221006.jpg
背丈よりも高い!

20141221011.jpg
金時山をバックに歩く

20141221025.jpg
快晴!!富士山が少しだけ見えた!!


20141221018.jpg
小人の気分♪

20141221022.jpg
苔むした景色って結構好き♪

歩くに連れてだんだんと雲も出てきました
稜線から雲が吹き上がって来ています

20141221031.jpg
吹き上がってくる雲!

20141221036.jpg
そして明神ヶ岳山頂

それでも特に問題なく最初の目的地である明神ヶ岳に無事到着!!
頂上は風が抜けて少し寒いぐらいでした

まずはスープで暖まります
そして待ちにまったランチです!

今日は同行されたメンバーさんがホットサンドを作ってくれるとのこと
自分は家にあったbawlooだけ持って行きました
具材は全てお任せです
他にもサラダなどをご馳走になります

20141221040.jpg
持参のbawlooでホットサンド♪
20141221044.jpg
お湯を沸かしてスープで暖まる♪

美味い♪

20141221038.jpg
メスティンで棒ラーメンな方も!

すっかりお腹も一杯になりました
ここからは風祭までは下り基調(上りがない訳ではありません)です

ここでスイッチが入った2人がトレランモードでかっ飛んで行きました
一人が追随し3人はあっという間に視界から消えてしまいました(笑)

残った3人は登山靴の方もいたのでハイキングを継続するようです
自分はどうしようか?
最初はトレラングループに参加しようかと思ったのですが
つくばで傷めたひらめ筋の具合もあまり良くなっていないので
今日はハイキング組みで歩くことにしました

天気はまた復活してきました
日差しの中をのんびり下っていきます

20141221048.jpg
強羅あたり?

20141221061.jpg
ちょっとだけ坂トレ!!

明星ヶ岳でトレラン組みが待っていてくれたので
再び合流
そしてトレラン組みはまたかっ飛んでいったのでまた分かれる(笑)

20141221066.jpg
小田原市街が左に見えた!

20141221067.jpg
林道を横切り再びトレイルへ

箱根湯本への分岐を直進して風祭に向かいます
ここから先は余り人が歩いていないようでした
迷わないように注意して進みます

最後は林道を歩いて無事風祭に到着!!
トレラン組みは敢えて遠回りをして時間調整をしていたらしく(笑)
風祭の到着はそれほど変わらなかったようです

20141221073.jpg
まずは温泉♪

ところがここは湯船が小さいため一度に4人ぐらいしか入ることが出来ません
大広間で休憩しつつ順番に入浴しました

そして今日一番の目的だった鰻屋さんに向かいます
メンバーの一人が事前に予約していてくれていました
お店に到着するとこのような表示が。。。
本当に人気店みたいです

ワクワク♪

20141221079.jpg
予約しないとアウト!

全員が電車なので
まずはビールで乾杯!!
その後は日本酒なども。。。
そして肝焼き、白焼き、鰻重と食べ捲くりました!!

美味~い!!

20141221082.jpg
肝焼き♪
20141221084.jpg
白焼き♪
20141221087.jpg
鰻重♪

安くはないですが
お値段以上に美味しかった♪
堪能しました♪

お誘いいただき感謝です
またご一緒していただいたみなさまありがとうございました
楽しい時間を過ごせました
また誘ってくださいませ!!

嫁さんは今回故障で参加できませんでしたが
一度連れて行かないと、許されないかしら(笑)

こういう楽しいことばかりしていると
ますますランから遠ざかってしまう。。。


  1. 2015/01/18(日) 22:33:56|
  2. トレラン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

「お山でキャンプ♪」デビュー@丹沢

12月の13、14日丹沢のキャンプ場で
「お山でキャンプ♪」デビューをしました!!

20141214106.jpg
天気は二日間とも概ね快晴!

20141214090.jpg
夜明けのキャンプ場からの眺め

最初はソロでと思っていたのですが
okuさんがお山でキャンプデビューにご一緒してくれました♪

20141214051.jpg
ツエルトにエスケープヴィヴィでトライ!!

一人で恥ずかしいミスをしながらも
経験を積むキャンプで良いかと思っていたのですが
経験者と一緒だったので安心してキャンプデビューが出来ました

オートキャンプはこれまで15年以上やってきたので
テント泊は慣れていますが
装備を担いでのシンプルキャンプは初めてです

装備はokuさんやwajuさんに教えてもらいながら
ツエルト2ロングとエスケープBivvyだけ購入しました
後は大きさを別にすればオートキャンプで持っているギアで賄えます

今回は野営場でテントを張ってから山に上るプランだったので
荷物は大きくなりましたが外付けにすることでなんとかなりました

20141214001.jpg
マットは外付け!(海用のドライバッグがデカくて重いw)

今回は泊まりが目的です
しかも近場なので朝の弱い自分に合わせてもらい
超ゆっくりの渋沢8時45分集合(笑)

20141214003.jpg
ランじゃないので生脚ではないokuさん!

まずはキャンプ場までゆっくり上ります
キャンプ場は予想以上に近く
あっと言う間に着いてしまいました(笑)

まずはツエルトを張って身軽になることにします
ポールも持ってきていたのですが
今回は木が有ったので木を使って張ることにしました

20141214012.jpg
意外と簡単に張れた♪

20141214013.jpg
ツエルト2が二張りw

ちなみになぜテントではなくツエルトなのかと思われるかもしれません

自分は真剣に山でテント泊をするかどうか決めていません
今回はそのテストです

ゆくゆくはテントを購入して縦走してみたくなるかもしれませんが
基本は3シーズン中に天気が良くて野外泊が可能だったらツエルト泊
天候が悪ければ山小屋泊で良いかというぐらいで考えています
 (寝つきが悪いので、出来れば山小屋泊は避けたいのですが。。。)
ということで有っても困らないツエルトをまずは購入してみました!

ご理解のほどお願いいたします(決して山をなめている訳では有りません!!)



無事ツエルトを張ることが出来ました
時刻はまだ10時前です

初日は鍋割山の鍋焼きうどんを食べることにしていたので
バカ尾根を上ります

20141214016.jpg
立派な霜柱♪

20141214023.jpg
okuさんの後を一所懸命付いて行く!プチ修行w

20141214021.jpg
絶景です♪

20141214029.jpg
上は冠雪してました!

今日は鍋割山が目標なので金冷しで左にルートを取りました
そして尾根筋をしばらく歩いて無事鍋割山荘に到着!!

20141214034.jpg
鍋割山に着いたよ♪

鍋焼きうどんは寒かったので小屋の中で食べました

20141214033.jpg
美味い!!

山の上でこれだけのものが食べられて大満足でした!!

同じ道を辿ってキャンプ場まで戻ります
ところが途中でキャップを落としたことに気づき
ルートを1.5kmぐらい戻りました
そこだけ2往復w

流石お山の人は素敵です!
落としたキャップは木の上に掛けてくれていました

20141214037.jpg
親切な方とokuさんに感謝!!

鍋割山ピストンはokuさんにぎりぎり(?)で引っ張ってもらったので
自分的には良い練習になりました

キャンプ場には15時前には戻れそうです
たっぷり時間が有るので
途中の山小屋でビールを購入してキャンプ場に到着!!

20141214057.jpg
戻ったらテントがそれなりに。。。みんなお山が好きなのね♪

20141214058.jpg
もっと凄い人が!!

20141214051.jpg
ツエルト内を就寝仕様に!

20141214049.jpg
まずは陽が有る間にビールで乾杯! つまみはokuさん自作の燻製チーズ♪

20141214059.jpg
okuさん自作のベーコン♪

20141214060.jpg
暖房器具も完備♪

そしてそのままだらだらと夕食に突入(笑)

夕食は最初はテントサイトで準備したのですが
それなりに風が有ります
管理棟の前なら風裏になるので途中でそちらに移ることにしました

標高は600mぐらいと低いのですが
街が近いので夜景が綺麗!!

20141214071.jpg
写真では伝わらない夜景w

夜景を楽しみながら二人でヤマ御飯を楽しみます
okuさんはメスティンで一人鍋!
自分は安心のパスタ料理!

20141214063.jpg
7-11で購入したパスタと明太子ソース!

ところが。。。
隣のテーブルでは山とは思えない豪華な宴会が行われていました
なんと鉄製のジンギスカン鍋を使った本格的なジンギスカンです!!

声を掛けていただき
ジンギスカンに加えてなんとヒレ酒までご馳走になっちゃいました!!

20141214065.jpg
ジンギスカン♪

20141214067.jpg
ヒレ酒♪

その結果
当初は足りなくなるはずだった日本酒さえ余ってしまいました(笑)

たっぷりご馳走になりたっぷり飲みました!
そしてお開きになりいざ就寝!!

ツエルトはポールが無いので
風の影響を受けます
構造的には不安はないものの
風音がそれなりに大きいです

なかなか眠れないので
ツエルトの底を割って、意味も無くお湯を沸かしてみたり(笑)

今回はテントはツエルトですが(この言い方はおかしい?)
ダウンシュラフにエスケープヴィヴィをシュラフカバー代わりに使ってみました
マットはオートキャンプで使っていた厚さ38mmのサーマレストです
ついでにダウンパンツも履いてみました

結果朝まで寒さは全く感じず
むしろ暑くて夜中に靴下を脱いだぐらいでした
エスケープヴィヴィは+5度ぐらいの保温効果があるのではないかと
素人ながら思いました!!

翌朝okuさんは別件が合って夜明け前に出発です
なんとか自分も目覚めたのでお見送り

20141214079.jpg
夜明け前!
20141214083.jpg
夜明け!
20141214087.jpg
夜が明けた!


朝ごはんは昨日鍋割山荘で購入したおにぎりと
余ったソーセージのボイル
20141214093.jpg
お山で食べると何でも美味しい♪

だらだらと準備していたら結局出発は午前8時
当日日帰りバス組みよりも遅い出発となりましたw

今日はソロなのでのんびりと上ります

20141214105.jpg
花立山荘からの富士山♪

20141214117.jpg
塔の岳まで1時間50分(9時50分)で到着!

10分ぐらい休憩してから丹沢山へ

20141214121.jpg
丹沢山への日陰の道は凍結中!

20141214128.jpg
丹沢山には約1時間(11時ちょっと前)に到着

トレイルランナーも何人かすれ違いましたが
今回自分は走らず(笑)

丹沢山で昼食にしました

今回生まれて初めてアルファ米を食べました
キャンプ場を出るときに水を入れておいたのですが
既にしっかりと赤飯になっていました
モチモチしていて美味しかった♪
同じくキャンプ場でサーモスに沸かしてお湯でホットコーヒーを煎れてきたのを飲みました

ストーブは使いませんでしたが
赤飯とホットコーヒーの昼食は大満足♪

20141214130.jpg
アルファ米普通に美味い♪

この後塔の岳から道を間違えて1回ヤビツ方面に下ってしまい
途中でなんとなくおかしいと思い登ってくる人に聞いて間違いに気がつき
塔の岳に戻るなどのミスなども有りました

また、
途中から天候が悪化してきた(途中で少し雪が舞いました)ので
最後だけ少し走ったりしましたが
なんとかキャンプ場に13時30分に戻って来ることが出来ました

20141214151.jpg
二日目の午後から不穏な黒雲が。。。

キャンプ場では天気も回復してました
折角だからホットコーヒーでも煎れて一服しようと思ったのですが
水源の整備をしていた(昨日の夜に聞いた)ため
水が濁っていたのでコーヒーは諦めてのんびりと撤収

出発は14時20分を過ぎていました(笑)
大倉には14時45分ぐらいに到着
そのまますぐに来たバスに乗って渋沢まで

余り汗もかかず寒くも無かったので
結局お風呂には寄らずに家まで直帰することにしました

帰宅後に近くのスーパー銭湯に

入浴後に奈良マラソンを疲労骨折で走れなかったため
関西旅行に行っていた嫁さんを新横浜まで迎えに行き
この日は終了!!

初めてのお山でキャンプはokuさんにご一緒していただいたこともあり
楽しく安心に過ごすことが出来ました

エクストリームやULを極める気はさらさら有りませんが
ツェルト泊は天候が安定さえしていれば全く問題がないことが分かりました

もともとリスクには臆病な自分です
天候やコースの難易度などを勘案しながら
今後もツエルト泊でのキャンプも楽しんでいければと思っています

こんなスタイルでの
”お山でキャンプ&トレランかハイキング”
みんなで行くとさらに楽しいですね

ちなみに二日間の歩行距離は約40Kmでした
バカ尾根2往復は良い練習になりました!


20140190.jpg
二日目 丹沢山ピストン









  1. 2015/01/02(金) 21:14:18|
  2. トレラン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ハセツネは体調不良でDNS

明日はハセツネ(日本山岳耐久レース)です

残念ですが
今回はDNSすることに決めました!!


今年はエントリー日が週末だったので
エントリー合戦に参加し無事エントリーすることが出来ました♪

秋のメーンレースとして9月から(8月からではないw)ハセツネに向けて
トレーニングを積んできました
ここまでは順調でした

ところが。。。

9月の下旬に左下の奥歯が突然欠けてしまい歯医者に行ったところ
親知らずが奥歯に食い込んでいて、しかも虫歯になっていました
このままでは奥歯が駄目になってしまうということで
急遽親知らずを抜くことになりました

親知らずを抜いたのが10月1日
下の親知らずは大変なことは知っていました
それでもこの時点では
ハセツネまで10日以上有るので練習不足になることを除けば
特に問題にはならないだろうと楽観していました

手術自体は無事成功しました
患部の腫れも三日ぐらいで引いたのですが
痛みだけが引きません
夜中も痛みで目覚めてしまうことがほぼ一週間続きました

痛みがある間は運動禁止です

斑尾50Kのボランティアは4時間毎に
痛み止めを投入するという荒療治でなんとかクリアしましたが

結局今日時点では痛み止めを飲まないでも耐えられる時間が増えてきてはいますが
完全に痛みは引いていません

強度の高い運動(ハセツネは当然そこに含まれる)をすると
血圧も上がるので患部の痛みは強烈なものになります

ロードだったらそれでも無理して参加してもと思いましたが
トレイルで夜間走があるハセツネにそんな状態で参加し良いものか。。。

斑尾50kmのボランティアで学んだこと(改めて深く実感したこと)

ロードと違ってトレイルの場合は
なにかあった場合は単なる自己責任ではなく
スタッフがクルマに乗せられるところまで参加者を運ばなければならない
トレイルは自己責任という言葉で無駄にリスクを冒してはいけないんだと

現在の体調ではハセツネに参加するにはリスクが大きすぎると判断し
今回は残念ですがDNSいたします

走りたくてもエントリーが出来なかったランナーのことを思うと
無駄に参加枠を浪費してしまい
申し訳ないと思っています

それでも現在の自分が走ってはいけないと思っています

来年はエントリー日が週末ではないので
エントリー合戦に参加することすら多分出来ません

ハセツネは縁が無かったかも


でもきっと後悔するんだろうな。。。


参加されるみなさま
無理はすると思いますが
楽しく苦しんで頑張って下さい

応援しています!!!





  1. 2014/10/11(土) 23:55:43|
  2. トレラン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

黒姫トレイルランニングレース 完走記 その2 <完結>

<その1>から続きます

ここまで3時間07分
関門は無事通過しました
後はゴールするだけです

5分ぐらいの休憩で再びスタート!

堤防を渡って急な階段を上ると夢見平の遊歩道です
階段を上りだしたところで雨が降りだしました
そして上がりきったところで土砂降りに!
ギリギリセーフでした♪

20140628129.jpg
階段の上から見た乙見湖とエイド


森の中だと土砂降りの雨もさほど気にはなりません
気持ち良いトラックをしばらく走ります
この辺りは前後の適度に離れているので自分尾ペースで走れました

20140628132.jpg
夢見平遊歩道を走る♪

そして夢見平遊歩道から離れて林道に出ました

この林道は辛かった!!

今回のシューズはサロモンのセンスマントラをチョイスしました
このシューズはトレイルやロードでは最高の履き心地なのです
フラットで着地すると
地面と喧嘩するのではなくお友達になれた感覚で
本当に気持ち良く走れる(反発が少ないので速くは走れません)のですが
林道だと駄目駄目です

ソールが固めなのに薄いので
出っ張った石の上にシューズが乗っているのが分かる
 →つまり一点に体重が乗ってしまう感覚
足裏にダメージが積み重なって行きます
林道が終わる頃には足裏が痛くなってしまいました
おんたけで履けるかというレベルではないです

20140628136.jpg
雨も降ってテンション落ちまくる!

20140628137.jpg
なかなか終わらない!!

この辺はかなりだれていました
林道なので雨もそれなりに身体に当たります
平坦と下りだけゆるゆると走ってました
弱かった!!

それでも走って(歩いて)いればとにかく前には進んでいます
いつのまにか往路で走った林道部分に入っていたようで
往路でも居た『お馬さん』の指示に従って
左折してトレイルへ
抜けると往路のあの直登の上に出ました
今度はあの急階段を下らなければなりません

20140628139.jpg
空は真っ暗!

ここは樹木が無いのでトレイルは雨で水分を含んでいてドロドロです
ただでさえ危ないのにずるっ、ずる~と滑ってしまいます

斜め降りを多用しながら下りましたが
それでも二回ぐらいは滑ってしまいました
前後の人もみんな滑っていました(笑)

20140628144.jpg
なんとか降りてきた!!

今回の目標タイムは6時間切り
あわよくばタイムは制限時間の80%の5時間36分切りに設定していました
林道を走っていたときは
あわよくばタイムもなんとかなるのではと思っていましたが
ここの下りで時間を使ってしまったので
そのタイムはほぼ無理
目標は6時間切りとなりました

20140628141.jpg
やっと30km!! 

再びトレイルへ
ずっと下りだったと思っていましたが
忘れていた上りもあったりして(笑)
どんどん時間が過ぎて行きます

これは6時間も厳しいかな?
と思っていたのですが

この辺りはシングルトラックです
前も走っているし後ろも走っています
たまにとんでもない速い人も来ます
道を譲るのも大変なので
周囲のスピードに合わせて走らされます
残り2kmで水切れになってしまいましたが
早くゴールして水分補給するため頑張って走りました

そんなこんなで最後ゴールまでの3Kmはしっかり走りました
そしてトレイルを抜けると少しゲレンデを走ってゴールです
男の子や既にゴールした参加者からの応援を受けます

20140628151.jpg
ゴールに向けてデレンデを上る!!

20140628152.jpg
ゴールが見えた!!

ゴール!!

5時間46分(36km)

今回はゴールテープはありませんでした
無くても良いのですが
やっぱり有ったらもっと嬉しかったかも!

ゴール地点ではすぐに完走証を発行してくれました

最後にしっかり走ったので
グロッキー状態です

最後へたれずに走れたから
嫁さんと15分ぐらいは離れているはず!
雨もしっかり降っているので
嫁さんのゴールを迎えるのに当たり
風邪を引かないように着替えようと
一旦クルマに戻りました

そして着替えていると
ゼッケン○○○番 ○○ ○○ さんお帰りなさい!!
とのアナウンスが。。。

ゴールするの早い!!

ということで嫁さんの感動のゴールのお迎え&写真撮影は出来ませんでした

正式タイムでの嫁さんとの差はわずか8分
これなら一緒に走っても良かったね(笑)

嫁さんが戻ってきて二人でクルマに乗ってホテルにチェックイン
まずは風呂なのですが
自分は全身疲労でなにをするのも億劫な状態でしばしぼーっとしてました(笑)
嫁さんは元気一杯!

20140628168.jpg
和洋室の部屋は広々!!

少し落ち着いたところでお風呂に入ってアイシング
そしてホテルの夕食へ

夕食はしっかり食べることが出来ました

20140628157.jpg20140628158.jpg
20140628159.jpg20140628156.jpg
予想以上にまともな夕食でした♪

そして再びお風呂に入って就寝

疲れすぎていたせいか
何度か目が覚めてしまいました

翌日も朝風呂に入ってから朝食

20140628165.jpg
朝食もがっつり!!

チェックアウトしてからまずは
事前にチェックしていたブルーベリーソフトを堪能!!
幸い午前中は少し陽も射していました

20140628174.jpg
ブルーベリーは冷凍でしたがアイスは美味♪

20140628176.jpg
ブルーベリーまつき

帰りは高速ではなく一般道(18号)で長野まで戻り
善光寺をお参りしました

脚はアイシングと温泉の効果も有り
歩く分には問題有りませんでした

20140628188.jpg
お嫁さんも♪

お参りしている間は天気が持ってくれたのですが
昼食を食べている間に土砂降りに

20140628191.jpg
昼食は手打ちそば!!

20140628193.jpg
蕎麦屋を出たら土砂降りの雨!!

小降りになったタイミングでレンタカーを返却
駅のコーヒーショップでコーヒーと地元の有名店らしい洋菓子屋さんの
シュークリームを購入

20140628195.jpg
新幹線でスイーツタイム

帰宅する頃には
首都圏はゲリラ豪雨に見舞われていましたが
幸い自分たちは降られること無く無事帰宅出来ました!!


今回は久々に最後まで故障の予兆も無く走ることが出来ました
また前回のスリーピークス八ヶ岳では前後のランナーもやられている人が
多かったのでそれに迎合してしまいかなり手を抜いてしまいましたが
今回は周りが最後までしっかり走っていたので
それにつられて最後までしっかり走ることが出来ました

トレランの経験がまだ浅いので
ついつい周囲に影響されてしまいます
唯一へたれてしまった林道も周囲が走っていれば多分頑張れたはず
疲れてくるとやっぱり楽をしたいので周りに影響されて易きに流れてしまいます
やっぱり多少無理してでも
それなりの位置で走らないと駄目ですね

それが今回一番学んだことです

嫁さんも初のトレランのミドルのレースに参加しましたが
しっかり走れていたようです
上りと下りは自分の方が速いですが
林道パートなどで自分が歩いてしまったところも
しっかり走っていたようです

走った距離は裏切らないんですね

今回の完走者は男女合計で520人ぐらい
順位は300位以内にぎりぎり入れました♪

過去2回のトレランレース(斑尾50km、スリーピークス八ヶ岳38km)は
いずれも男性の下位20%ぐらいだったのが
今回は56%ぐらいとほぼ真ん中になりました

長距離になればもう少し伸びるはずなので
それなりにトレランも走れるようになってきたのかな?

順位も八ヶ岳では

故障がなければ真ん中ぐらいでは走れるということが分かったので
正直かなり安心していますロードのタイムから言えばもう少し上であっても良いはずなのですが
やっぱり下りが遅い。。。

トレランのスキルがもっと上達することでもう少しタイムは伸びると思いますが
やっぱり最後は脚力です

ロードをしっかり走りこんでいないとトレランのタイムも伸びない
フルマラソンのサブ3.5を狙うぐらい
ロードを真面目に練習しなくてはと今回思いました

練習しなくちゃ!!!


次の大会はいよいよ
夏のメーンレースおんたけウルトラ100Kです

信越5岳は落選してしまったので
年内の100Kレースはこれだけになってしまいました

このレースを完走しないと
来年走りたいと思っているトレランレースにエントリーすることが出来ません
タイムよりもまずは完走して3ポイントゲットを目標にします


秋以降は目標としていた信越5岳110kmが抽選に外れてしまったので
ちょっとモチベーションが保てるのか不安ですが

09月 第1回みなかみ町 スカイビュートレイル60K
10月 ハセツネ71.5km

の2大会に参加します
どちらもきつそうですが完走目指します

今回も給水で痛い目に遭いました
ハセツネは最初に4Lぐらい持たないと駄目っぽいです
タイムよりも水切れせずに走ることが目標となりそう(笑)

ハセツネは4Lぐらい持って走らないと駄目かな?
目標はサブ17ぐらいでのんびり走るしかなさそうです

もう少し力が付けば
もっと楽しめるようになるはずなので
そこまでは頑張りたいです!!




  1. 2014/07/02(水) 23:56:38|
  2. トレラン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

黒姫トレイルランニングレース 完走記 その1

“ROCKIN’ BEAR” モントレイル黒姫トレイルランニングレースを走ってきました

悪天候が予想される中でのレースでしたが
スタート時点では晴れときどき曇り
途中で雨に降られたものトレランは森の中なので
一部を除きそんなにトレイルも酷い状態ではなく
楽しく苦しみつつ無事完走出来ました

20140628014.jpg
スタート時は光が射してました♪

20140628017.jpg
ただこんな不吉な雲も。。。

黒姫トレイルレースは土曜日の11時スタートです
土曜日の深夜に家を出ればスタートには間に合いますが
今回は長野市内に前泊することにしました

当日は長野からJR+バスも可能だったのですが
レース翌日の観光なども考えて
大会前日の金曜日の夜にレンタカーを借りて
当日はクルマで会場入りすることにしました
気分は旅行&ラン♪

ただ、レンタカー会社の営業は午後8時までなので
嫁さんが先乗りしてレンタカーを借りてホテルにチェックイン
自分は仕事を終えてから新幹線で長野に入ることにしました

金曜日は会社を出たのが19時30分過ぎ
20時の新幹線に乗って長野まで

ホテルは駅から近いコンフォートインにしました
このホテルを選んだ理由は
朝食が午前6時30分からと他のホテルよりも30分早く食べられるから♪
駅からも近く快適に過ごせました!

当日は午前6時に起床
6時30分にホテルの1階で朝食を食べて
7時30分過ぎにチェックアウト

レンタカーは日産のmokoでした
今時の軽はキーレスでした
古いクルマに乗っているのでいまいち使い方が分からない!
スターターを押すもなかなかエンジンがかからない(実はブレーキ踏んでなかったW)などの
マイナートラブルで出発時間がちょっと押してしまいましたが
その分高速を使って無事黒姫の会場に到着!

受付を済ませたら特にすることも有りません
クルマに戻ってしばし待機
嫁さんはクルマで仮眠してました(笑)

20140628016.jpg
嫁さんは車中で仮眠中(笑)

自分は出店でおんたけウルトラ用のハンドライトと
今後必要になると思われる携帯コップを購入

トイレもしっかり済ませてから頃合を見計らってスタート地点へ
今回は知っている人は誰もいないかと思っていたのですが
チームの女性(凄く速い人!!)がエントリーしていてご挨拶!!
ご主人は今回はドライバーのみでレース中は適当に近場を走っていたようです

ブリーフィングが終わってスタート地点に並びます

20140628019.jpg
石川さんのブリーフィング!

20140628025.jpg
真ん中ぐらいに並んで。。。

20140628033.jpg
スタート!!

野辺山、八ヶ岳は膝裏の故障を抱えた状態で出場していたのですが
今回は久々の故障なしでのレースとなりました

スタート前までは嫁さんと一緒にゴールまで走っても良いかななどと
殊勝なことを考えていました
スタートしてしばらくは
嫁さんと一緒に走って写真を撮ったりしてましたが
折角脚の不安もなく走れそうなので
途中から嫁さんを置いてガチモードに変更しました!!

実は余り意味無かったかも。。。(笑)


20140628042.jpg
スタートしてしばらくは嫁さんと一緒!


スタートして1kmぐらい走ったところでトレイルに入ります
シングルトラックの上りだったのでちょっとだけ渋滞

再びゲレンデに出て上ります
上りきるとスキー場のゲレンデを横切り
トレイルとロードを経て再びスタート地点にもどります

20140628044.jpg
ゲレンデを上って。。。

20140628046.jpg
ここから森の中のトレイルへ

20140628049.jpg
BAJADA率高い!!

20140628053.jpg
再びゲレンデを上って。。。

20140628054.jpg
下りる!!

20140628057.jpg
この写真に嫁さんがいるはず(多分)

20140628059.jpg
ロードを走ってスタート地点に戻る!

スタート地点はいきなりエイド!!
まだ4kmだから正直要らない(笑)

そして笹ヶ峰に向かうトレイルに入りました!!

走れるシングルトラックが続きます
まだランナーが走力別にばらけていないので
結構詰まります
自分も抜いたり抜かれたり
たまに走れないほどの上りや下りがあったりしますが
基本走れるトレイルなのでに楽しい♪


20140628064.jpg
気持ちの良いトレイル♪

20140628069.jpg
こんな橋も渡りました!



そしてトレイルが終わると送電線の下の直登地点に到着
そんなに標高差は有りませんが見た目エグイです

20140628076.jpg
階段をひたすら上る!

20140628078.jpg
和みます♪

とはいえスリーピークス八ヶ岳でロングの上りは経験したばっかりなので
淡々と登ることが出来ました
経験ってやっぱり大事♪

しばらく林道を走って再びトレイルに入ると
一気に下っていきます
下りきると発電所の吊橋でした

一度に二人しか通れないので
渋滞してました

20140628090.jpg
並んでます!!

20140628095.jpg
なかなか進まない!!

20140628103.jpg
やっと自分の番♪

自分の待ち時間は11分でしたが
参加者のブログを見ると後ろのほうでは
50分待ちまでになったそうです

大会関係者は予想していなかったと言ってますが
初めての自分でも
この吊り橋のことは信越5岳のルートでもあるので知っていたので
多分それなりに詰まるのだろうなと思っていました

なぜかスタッフがここには居ませんでした
ここに関してはもう少し対策が有って然るべきだったのでは?
と思います

ここで待たされた結果
関門に間に合わなかった参加者も多数いたようです
ゴール時間を延長すると暗くなってしまう(確かに暗かった)ので
延長は無理だったようですが
ちょっと残念でした

橋を渡ると水道管の横を登っていきます
角度は急なのですが九十九折の道になっていたので
歩いているので特に問題はなし

20140628106.jpg
発電用の水道管だから傾斜は急に決まってます!

20140628107.jpg
九十九折に上っていくので少しは楽♪

上り切るとそこは笹ヶ峰♪♪♪

急坂を登り切ると笹ヶ峰のドイツトウヒの森に入ります
笹ヶ峰はこれまで夏のキャンプで二回来ています
その時はまだランを始めていなかったのでワンコとお散歩していたのですが
お気に入りの場所だったのでここを走るのを楽しみにしていました
というよりもこの大会への参加を決めた一番の理由は笹ヶ峰がコースだったからなのでした

ところがこの時点で問題が発生!!

実は水が無くなってきてしまいました
水切れが恐いので自分はハイドレではなくフロントボトルを使っています
残り距離を考えると水が足りない状況です

無理できなくなりました

楽しみにしていた笹ヶ峰ですが
水が足りないので思いっきり走ることは出来ません
あまり心拍が上がらないように上りはゆっくり
下りも無理せずという状態で走ったり歩いたり

20140628112.jpg
やっぱり笹ヶ峰は良いね♪

なんとなく見覚えのある道を走って清水が池に到着
やっぱりキレイ!!

ここでトイレだけ済ませて乙女湖のエイドを目指します

20140628116.jpg
清水が池に到着!!

20140628117.jpg
今年の夏休みはここでキャンプかな♪

しばらく走ると以前クルマを停めたことのある駐車場に出ました
少しロードを下りきって乙女湖のエイドに到着

20140628121.jpg
ロードを下ると乙見湖のエイド!

20140628123.jpg
乙見湖のエイド

ここまで18.5kmを吊橋渋滞込みで3時間07分
グロスで時速6kmはキープ出来ました
それなりに頑張れたかな?

関門閉鎖までは53分の余裕でしたが
実はこれでも吊橋で50分待っていたらギリギリだったんですね

ゴールまでは下り基調で
残り時間は約4時間
なんとか完走できそうです!!

ここでコーラを3杯(コップは一つ)
ボトルに水(750ml×2)を補給
補給食はバナナとチップスターしかなかったのですが
ミドルだからこんなものでしょうね

しばらく休憩してからゴールに向かってリターンランへ

その2へ続く

2014kurohime route




  1. 2014/07/01(火) 00:43:05|
  2. トレラン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
wiggle
www.wiggle.co.uk

前のページ | ホーム | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。