にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

2015信越5岳110km その2 スタートまでから4Aまで

信越5岳がスタートしました!!

走り出してみないと脚の調子は分かりません
今のところ膝は問題無さそうです
このまま行けるところまで無理せずに行くことにします
上りはゆっくり、下りもゆっくり(笑)
シングルトラックだけは前と空かないようにペースを合わせました

20150924043.jpg
恒例のゲレンデでの応援♪

20150924045.jpg
石川さんとハイタッチ!

問題は無いとは言え、脚の筋肉は固まってくるので
5kmおきぐらいに樹木とか人工物を見つけては1分ぐらいかけてストレッチをします
そのたびに50人ぐらいに抜かれました

気にしない、見なかったことにして。。。
先を急がない!!(笑)

ストレッチとマッサージをしれないと膝に違和感が出てくるものの
本番でアドレナリンが出ていることも有るのでしょうか?
ストレッチさえすればなんとか普通に走れます♪

それだけでも感動してしまう自分!!!

20150924049.jpg
ゲレンデからの風景その1

20150924054.jpg
ゲレンデからの風景その2

途中で自転車友達のSさんと一緒になりました
Sさんは去年も完走しています
途中で蜂に刺されて応急処置をしている間に一度抜いたようです

脚の調子が良ければなんとか一緒に走れるのですが
今回は無理しないのんびりモードなので
先に行ってもらいます
走れる林道も無理せず歩きます

20150924057.jpg
ロングの序盤なので無理せずに歩くのです!

20150924058.jpg
はるか向こうに見える妙高と黒姫

たどりつけるのか?
限りなく遠くに感じました(笑)

無事1Aに到着
7時38分(2時間18分)

20150924060.jpg
1A ぼけちょりますW

水は2L持ってスタートしたのですが1L以上余ってました
要らぬハンデを背負っていました(笑)

バナナだけ頂いて斑尾山の上りへ

上りは、丹沢登山や日々会社の階段を1段抜かしで上ってトレーニングしているので
唯一準備がそれなりに出来ているパートです

既に沢山の人に抜かれて後方集団いるせいか(笑)、ちょうど良いぐらいのペース
息が上がることなく着いていけます
ここで蜂に刺されてA1で治療をしていたSさんと再び一緒に
最後の岩場はちょっとだけ息が上がったものの
それ以外はお話ししながらの状態で無事頂上へ到着

20150924064.jpg
斑尾山の上りはSさんと一緒♪

この後A2までの区間はゲレンデの激下りが有ります。ここで故障するといきなりレースが終了となってしまいます
Sさんには先に行ってもらい(この後は会えず)
一人になって5分ぐらいかけて臀部と脚を入念にストレッチをしました
しばらく尾根を走ってからゲレンデの激下りへ
ここは3回目です
慣れてきたとはいえ、やっぱり苦手
途中で膝に違和感が出てきたのでまた止まってストレッチ
抜かれる抜かれるW
20150924067.jpg
急すぎる!

20150924068.jpg
そしてみんな行ってしまった!

後でリザルトを見たら、頂上で一緒だったS氏と2Aの出発時間は7分しか違わないのに順位は100位ぐらい違ってました。ちょうどボリュームゾーンに居たようです。
脚にダメージを受けることなくなんとか2Aに到着しました

2A到着 9時01分(トータル3時間31分)
ほぼ目標通りでした

20150924071.jpg
2Aではチップスターとじゃがいもを補給!

2013年の斑尾50Kは3時間20分だったので
わずか10分程度の遅れで済んでます
前回はそれなりにきつかった思いがあったのですが、今回はゆるゆるで10分遅れ
ストレッチタイムを除けば実はそんなに変わらない(笑)
トレランに慣れてきたということとランエコが出来てきたということなのでしょう
今までどれだけ無駄にエネルギーを消費していたのか(笑)

2Aまで4時間かかるようであれば5Aの関門に引っかかり完走は無理だと思っていましたが
ほぼ想定通りの時間です。

2Aには約8分滞在
2Aを出たのは3時間39分でした

ここから袴岳までは一昨年の斑尾50kmで走ったことの有るコースです
記憶を辿りながら、ゆっくりと走っていると結構ランナーが来ます
コースを譲りながら進んで行きます
一旦ロードに出て今日二回目となる袴岳の上りです

上る前に道路に座って溝に脚を下ろし
椅子に座ったつもりになってしばしストレッチ(笑)

何回か傾斜が緩くなるという記憶だけ有ったので
頂上を期待せずに淡々と上って行きます

20150924073.jpg
袴岳の気持ちの良い登山道

ほどなく頂上に到着♪
頂上にはベンチが有りました
ここで下りに備えて再び入念にストレッチ
ログで確認すると7分ぐらい(長いってw)滞在していたようです

20150924079.jpg
ベンチが有れば座ってストレッチは欠かさない @袴岳山頂

20150924081.jpg
山頂からは妙高か黒姫が見えているはず?

頂上から少しだけ九十九折のトレイルを下ります
少し下ったところで斑尾50kmのコースと分かれました
ここからは黒姫まではお初のトレイルです
トレイルから林道へと道が変わり緩い傾斜で下っていきます

20150924087.jpg
脚の調子が良ければタイムを稼げる下り その1

20150924088.jpg
下り その2

飛ばそうと思えば飛ばせますが、ここは自重
緩いとはいえ5kmも走っていると膝の爆弾にいやな感じが漂ってきます
走り込みが不足しているので、連続して走れる筋肉まで仕上がっていません
途中で止まって歩きを入れたり完全に止まってストレッチをしたりしながら下っていきます

そして一般道に出ます
20150924089.jpg
のどかだ!(笑)

20150924093.jpg
線路の下をくぐると3Aのエイド

3Aに到着
38.5km 6時間14分(2A-3A:2時間35分)

ここには冷やしトマトが有りました。一つご馳走に。。。
美味い!!!

20150924095.jpg

袴岳からの下りで膝の調子(特に鵞足)に少し痛みが出てきたので
救護所で相談してみることにしました

最初の治療は
ストレッチをしてから太股内側の鵞足の3筋肉にキネシオテーピングをすることに

ところがストレッチ中に別の人が来て脚を診てくれました
右脹脛の肉離れをした箇所が固くなっていて(平素から)左脚全体の状態が良くないことを指摘されました!
その結果、鵞足保護のテーピングを太股にしてしまうと、膝下への負担が強くなってしまい
脹脛が爆発してしまう可能性が有るとのこと
マッサージとストレッチで脚の状態をケアしながら
膝裏に注意しながら走ったほうが良いだろういうことになりテーピングは行わず

また、これからも左脚の膝裏と脹脛は
かなりしっかりとケアをしないと、まともに走れなくなるような怪我に繋がるので
常にストレッチとマッサージをするようにとのアドバイスをもらいました

30分ぐらい居たかと思いましたが、実際の滞在時間は20分でした
3Aのスタートは6時間34分
予定よりも遅れ始めましたがしょうがないです

ここからしばらくは川沿いを登って行きます
暑いといえば暑いのですが、夏に比べれば大したことは有りません
無駄に体力を消費しないように歩きを入れながらキロ7分ぐらいでゆるゆると進みます

20150924098.jpg
陽射しを遮るものが無い川沿いの道

20150924104.jpg
高速をくぐる!

20150924105.jpg
これは怖いって!!

そして噂の宴会隊の私設だけどほぼ公認されているエイドへ
実はこのエイドがある公園は、笹ヶ峰でキャンプしていた時に
ノンとサキといつも遊んでいたところです
去年の黒姫トレイルの大会後には蕎麦屋で購入したとうもろこしを食べた場所だったり(笑)

20150924109.jpg
ほぼ公認の非公認エイド♪

20150924112.jpg
20150924113.jpg
ノンとサキと遊んだ思い出の公園!

エイドではコーラを有り難くいただき、ベンチに座ってしばしストレッチ。
橋を渡って右岸に移り黒姫に向かいます

20150924115.jpg
蕎麦畑を抜けて林道を登ってトレイルへ

苗名の滝への道を通り
そ途中から黒姫に向けての走れるトレイルへ
ここは去年の黒姫トレイルで走ったことが有ります
ここぐらいは走らないとということで、ユルユルでは有りますがほぼ走りました

20150924116.jpg
コースは荒れていましたが注意喚起はバッチリ!!

20150924117.jpg
丸木橋を渡る

そして4Aに到着
51.5km 8時間44分(3A-4A:2時間10分)

20150924123.jpg
4Aは黒姫のスタートラインよりも近かった!

20150924125.jpg
じゃがいもも笹寿司も美味しくいただきました!

エイドでの食べ物は豊富です
いつもはレース中は固形物は欲しくなくなってくるのですが
今回は食欲が常に有ります
コース中でもお腹が空いてきてしまい持っていた補給食を
積極的に食べてしまうぐらい(笑)

心拍は全く追い込んでいない(基本110台、130台はほぼ無し)と
食欲は減退しないらしい(笑)
これは発見!!

ちなみに4Aには8時間ぐらいで着けるのではと思っていましたので
予定よりはかなり遅れています
ただ、ストレッチ&3Aでのマッサージで30分以上時間をロストしていることを考えれば上出来だとも言えます

なんだかんだ遅れてきてはいるものの
身体は元気なので大きく落ち込むことはなさそうです
5Aの時間内到着は大丈夫そうです
ただ、完走するにはちょっと時間が足りなくなってきています
うーんっ、ビミョウ!

流石に脚に負荷は掛かっています
椅子が有るのでここはしっかりストレッチタイム!!
座ってストレッチをしていると
去年斑尾50kmのボランティアでご一緒した方と一緒になりました
調子が悪いようで、リタイアを考えているとのこと
自分と同じようなところにいる時点で調子は良くないですよね(笑)

エールを交換して分かれます

<続く>

多少いい加減なので加筆修正するかも


スポンサーサイト


  1. 2015/10/01(木) 00:54:44|
  2. トレラン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

2015信越5岳110km その3 4Aから6Aまで そしてリタイア | ホーム | 2015信越5岳110km その1 スタートまで

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |