にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2014東京マラソン 完走記

今年も東京マラソン走ってきました

楽しみにしていたはずの東京マラソンだったのに
今回は直前まで参加をためらっていました

2月上旬に17年間いつも一緒だったサキ(ラブラドールの女の子)が遠くへ旅立ちました
とてもランをする気になどなれません
最後は介護もあったのでまともに練習もしていません


いろいろ考えた末
「今回は走るの止めようかと思っている」と嫁に言ったところ
「それでも私は走るよ!!」
と言われ
なんとなく参加を決めました

その代わり
当日はサキとノン(3年前に亡くなったビーグルの女の子)の写真を持って
サキとノンと東京の街中を一緒に走ることにしました



迎えた当日

予想通り全く盛り上がってきません

それでも東京マラソンは去年も走っているので
流れは分かっています
昨年と同じように準備だけはきっちりと行って新宿に向かいます

往きの湘南新宿は座れなかったので
ちょっと贅沢をしてグリーンに移動して着席

今回は入場前に工学院大学の校舎で時間を調整することに

暖かくて良かったのですが
トイレに並んだものの全く進みません
途中で諦めて会場内でトイレに行くことに

これが大失敗
ボストンマラソンのテロの影響で警備が強化されていたようで
入場チェックで大行列!!

作業が追いつかないため列が全く動かなくなり
参加するランナーからの怒号が飛び交い一時は騒然とした空気に

最後は将棋倒しを恐れたのか
逆に手荷物検査なしで入場W

やっと入場!!
既に荷物預けの時間は過ぎています
それでもこのような状況だったので荷物預けは普通に出来ました

トイレだけはどうしても行きたい!
最悪整列に間に合わなくなって最後尾からのスタートになることも覚悟したのですが
既にほとんどのランナーはスタートブロックに移動していたので
ほとんど行列することがなかったので無事自分のスタートブロックに入ることが出来ました

ただ、嫁さんも同じブロックだったのですが前に行くことも出来ず結局合流出来ませんでした

今回はEブロック(昨年はFブロック)
Dブロックではスタート出来るかもと思っていたのですが
こればかりはしょうがない
また障害物競走になるのかしらとこの時は思っていました

まともに練習しておらず走り込みが圧倒的に足りないのは走る前から分かっています
それでも新フォーム効果でひょっとしたらというかすかな期待を抱いて
目標は”PB更新&3時間40分切り”に設定

プランは
①25kmまではキロ5分ペースで押していく
  (心拍155を上限にそれ以上になったらペースは落とす)
②25kmから30kmまで少しペースを落として身体を休ませる
③30kmからゴールまではロングスパートする

最近はいつも同じプラン(笑)
昨年の東京マラソンは上手く行きましたが
つくばでは②以降が出来ず(笑)

前回のつくばマラソンは気温が高かったので
25kmまでのキロ5分ペースでは心拍が160を超えてしまいました
脚よりも前に心肺が潰れてしまい30km以降は失速

今日は寒いので心肺には余裕があるはず
脚が最後まで持つかどうかだと思っていました
後は足りない精神力で果たして自分を追い込めるかどうか

スタートまでの待ち時間は
お腹と背中にホッカイロを貼り、ゴミ袋を被っていたので
特に寒さは感じませんでした

いよいよスタートです

最初の入りは5分超えても良いけど3キロぐらいからは5分に上げていく予定
思ったより周りのペースが速いです
ほとんどストレスなく(むしろ抜かれるぐらいw)走ります

2kmを過ぎたぐらいでオヤジ朝錬のジャージの方に追いついたので少しだけお話
サブ4狙いだそうですが
キロ5分ペースでした(@@)

3km地点ぐらいでサブ4のペーサーに追いつきました
キロ5分ペースちょっとで走っているのに
なぜか抜いたり抜かれたり(笑)
ペース速すぎないか?

サブ4のペーサーの周りは混雑するので早く抜け出したいのですが
ペーサーが速いのでしばらくは近くを走ることになりました
精神衛生上良くない時間でした(笑)

サブ4のペーサーと離れたかったので飯田橋の給水所はスルー
やっとサブ4のペーサーとお別れすることが出来ました!!

さて、脚の調子ですが
2kmぐらいからお約束の右足のスネの筋肉に痛みが発生!!
5Kmを過ぎても痛みが消えません
我慢の走りが続きます

竹橋から内堀通りに入った辺りでやっとスネの痛みが消えて快適に走れるように
  (いつも思うのですが、なぜ途中から痛みが消えるのか?実はいまだによく分かりません)

祝田橋を左折するとナイトランの応援団がいるはず!!
歩道沿いに進路を取ります

そしてチームの幟を発見!!
みんなとハイタッチ!!
テンション上がります♪
ここまでは淡々と走ってきましたがちょっとやる気モードに突入!!

このあたりでも心拍は155以下でした
気温の低さが幸いしています

脚に自信(練習での裏付け)があれば
ここでペースをあと10秒ぐらい上げたいところですが
今回は走りこみ不足で脚が持つか自信が有りません
とりあえずキロ5ペースを維持して走ることにしました

この辺りは気持ちよく走ることが出来ました
品川の手前にはJOY隊のまきさんが応援に来ているはず!
ハイタッチで元気を貰おうと思っていたのですが
折り返し地点が予想より近かった(もっと品川駅寄りだと思っていた)ので
そこで視線を折り返し地点に向けたためだったと思うのですが
会うことは叶いませんでした
残念!!

品川の折り返しでちょうど15kmぐらい
ここまでほぼキロ5分弱のペースです
ここまでは予定通りでした

品川を折り返すとチームの応援が有ります
歩道沿いに進路を変えます
そしてチームの大応援団とハイタッチ!!

2014tokyo110.jpg
楽しそう♪@16kmぐらい

応援で力を貰い
スタート時点では10の目盛りで2ぐらいしかなかったモチベーションも5ぐらいまで上がってきました♪
このまま行けるところまで頑張る!!
まずは次の応援地点となっている銀座のハーフ地点を目指そう!!

そして品川から日比谷までは特に問題なく走り続けることが出来ました

20kmの通過は1時間42分ちょっと
キロ5基準での借金は2分(120秒)ぐらい、3時間40分切りの貯金は約7分(420秒)
このあと5分15秒を維持出来れば3時間40分は切れる状況です
心肺は余裕、脚に余裕はないけどまだ可能性は残っています

そしてハーフ地点を通過
多分1時間47分前半ぐらい
これまでのPBは1時間48分だったので
ハーフのPBは間違いなく更新しました
 (※ハーフの正式タイムは完走証が来るまで分かりません)

一応一つ結果が出ました!!
これで参加した成果を一つゲット!!

銀座は相変わらず凄い応援です
ハーフ地点で無事仲間とハイタッチ♪

そして銀座4丁目を過ぎてしばらく走った23km地点

ここには長崎金太郎さんが23kmのプラカードを持って立っていると事前に聞いていました
リアルでお会いしたことがないので
プラカードのところで「金太郎さん?」と声を掛けてみましたが
ボランティアスタッフからの反応なし。。。

ちょうど休憩時間だったようです
お会いできず残念でした

ここまでは想定通りの走りが出来ていました
この後25kmぐらいからはロングスパートに備えて
少しペースを落とそうかと思いながら走っていました

ところが24km地点を過ぎた辺りでいきなり脚が重くなってきました
予想よりも早い!!
走りこみ不足のツケが早くも出てしまいました
ペースを落とすのではなくペースが勝手に落ちてしまいました

表面上のタイムは一緒ですが
中身は大違い!!
この時点で3時間40分切りに赤信号が点滅し出しました

今回のシューズはアシックスのスカイセンサーNEO3
前回のつくばはアディゼロジャパン2で走りました

アディゼロジャパン2で問題は感じなかったのですが
フラットソールのNEO3の方が今の新フォームに合っているような気がしたのと
前足部のクッションの感じがこちらの方が良かった(ショップでは逆の説明でした!)ので
今回はNEO3を選択しました

といっても元々自分は足裏が弱点なので
NEO3は実力的にちょっと上のレベル
脚が早くに終わってしまったのが
練習不足からなのかシューズが原因なのかは実は今も分かりません

走っている感じではロングスパートなどとても無理
なんとかゴールまで脚を持たせられるかどうかという感じです

ひょっとすると復活するかも?
と期待して30kmまでは粘るしかありません

30kmを過ぎればあとはゴールまで12km
先が見えてきます

そんな状態で30kmを通過
タイムは2時間34分56秒
残り12.195kmを65分で走らないと3時間40分は切れません
余りの195mをおおまかに1分で計算すると
キロ5分ペースで余裕が4分(240秒)
キロ5分20秒で走りきれれば3時間40分切りは可能です

ただロングスパートでペースアップ出来る脚の状態ではありません

多分無理かな?と思いつつも
とにかく粘るしかない!!

ただ脚がどんどん重くなってきているので
31km地点で1度だけストップしてしっかりとストレッチをしました

再び銀座に戻ってきました
残りはあと7km

去年は気持ち良くここからさらに加速出来たのですが
今年はとにかく耐えている状態
いっそ思いっきりペースを落としてファンランにしちゃおうかとの思いも頭の中を掠めました
でもそうするとゴールまでの時間が延びます
人によってはもうフルマラソンが終わっちゃうのかと思ったりするようですが
この時の自分にはそんな風にはとても思えませんでした

30km以降は
 ①苦しむ時間を短くして早く楽になるのか
 ②苦しみのレベルを引き下げて長く苦しむのか
の2択

やっぱり早く楽になりたい!!
ということでそのまま苦しみ続けることを選択しました(笑)

佃大橋に曲がるところで
チームの仲間から大きな声援!!
全く予想していなかったので凄いサプライズでした♪

力を貰います
そして佃大橋を上りきると
ラン仲間が応援してくれているはず

それを希望に上り坂をなんとかクリア

そして仲間を発見

みんなとハイタッチ!!

最高!!

あと5kmこれで頑張れる!!
目指せ3時間40分切り!!

テンションだけは上がってきました

ところがその直後
豊洲を過ぎた39kmあたりでいきなり脚に力が入らなくなってしまいました
ペースもガクッと落ちてしまいました
脚に力が入らないので
骨盤を振るだけというウルトラの走り方でかろうじて走ってますという状態
こんなところでウルトラの経験が活きるとは(笑)

今思えばハンガーノックだったのかもしれません
東京マラソンのバナナは皮剥いてあるんです
手がベトベトになるのでちょっと手が伸びませんW(ジェルは持って走ってます)

これでは3時間40分切りは無理です

テンションも一気にダウン
心が折れてしまい
歩いちゃおうかなと思ったところに
Kくんの姿が。。。

思わず近づいて少し休もうと多分思ったところ
さすがサブ3ランナーです

こちらの気持ちを見透かしたように
「あと少しで給水有るから頑張って!!」
と声をかけてもらいました

そうか、給水ではどうせ止まるから
そこまではユルユルでも頑張って走ろう!!

という気になり
給水所目指して走ることに

ところが。。。

給水所遠いです!!

結局2kmぐらい有ったのかな?

モチベーションをくれたんでしょうね
うまく乗せられました
ありがとうKくん!!

ということでなんとか給水所に到着
残りはもう2kmありません
もうひと頑張りです

脚に力が入らない状態は変わりません

PB更新はまだ可能ですが
それを目標に頑張るほどの気力は既に有りません

ここからは完全なジョギングペースに
残り1キロ地点でまた仲間の応援♪

2014tokyo111.jpg
疲れてます!!@41km地点


エネルギーは貰えました!!

でもタイムの目標がないのでもう無理っす

せめて歩かずにゴールはしよう!!
今回はこれで充分!!

正面にビッグサイトが見えてきました
ビッグサイトに突き当たって左折してからゴールまでの間
周囲のランナーは最後の力を振り絞って走っています

沢山抜かれました(笑)

去年は自分もハイテンションでここを駆け抜けていったんだよなと思いつつも
悔しいという気持ちは湧いてきません

脚は最後まで持たなかったけど
何とかそれなりに完走出来ちゃうものなんだ!!
と思いながらユルユルとジョギング
心拍なんか150切ってました(恥)

全力を出し切っていない後ろめたさで
ゴール手前の沿道からの応援が有難くもあり
なんだか申し訳なく感じてしまったりもしました

でもここまで曲がりなりにも走ってこれたのは
やっぱりチームのみんなの応援があったからこそ
応援の力って凄いよね!!

沿道の知らない人たちに「ありがとう!!」と
声を出して感謝しながら走りました

最後に右折してゲートに入ったところで時計を見ると
3時間44分弱でのゴールとなりそう
最後の100mだけ帳尻合わせで少しだけペースを上げました!


ゴール!!


3時間43分48秒

なんとか43分台は死守(笑)


tokyo marason2014
オフィシャルのタイム

2014tokyo lap
最後はストップするのを忘れてました!

2014tokyo hrm
最後は心拍150切ってる(笑)


最後はジョグペースだったので
今回はゴールしても心肺は余裕です
むしろ止まった寒くなってしまうほど

軽くストレッチをしてから
メダルやタオル
ソイジョイや果物、ドリンクを貰い
そのまま荷物を受け取ります

前回のつくばとは違って普通に歩いてました
それはそれでなんだかなぁ
と思わないでもなかったですが。。。

チームの仲間とは
着替え終わった時に何人かに会えました

痛いのは股関節の付け根だけ
歩く分には特に問題はありません

スマホで確認すると嫁さんも無事ゴールしたようです
ラップタイムを見ても特に大きな故障(昨年はレース中に疲労骨折していた!)はないようなので
脚が固まらないように
ゆっくり歩きながら建物の外まで出て嫁を待つことに

無事合流

嫁さんはフルマラソン後とは思えないぐらい普通の人でした(笑)

帰りは「りんかい線」に乗り大井町駅で下車
京浜東北線で横浜までと思ったら
例の川崎駅での脱線事故で蒲田までの折り返し運転とのこと
一度品川まで戻り東海道線で横浜に向かいました

おなかも空いていたので食事を取るべく
帰りもグリーン車を使っちゃいました!!
プチ贅沢!!

帰宅してからは
明日は仕事なので出来るだけ疲れと筋肉痛を軽減するべく
自転車に乗って近所のスーパー銭湯に行き
水流マッサージと水風呂でアイシング
かなり疲労も取れました

翌日はそれなりに筋肉痛あったはものの
予想以上にダメージは残りませんでした

無理しなかったことと風呂での疲労抜きとアイシングが良かったのかしら
これまでで一番ダメージが少なかったかも

今回は当日スタートする時ですら
走る気力がほとんどない状態でした

走りながらチームの仲間や沿道の人からの応援、ボランティアからの応援
そして一緒に走っているランナーの頑張り、
走っている間にゼロに近かった気力は走る毎にどんどん増えていきました

応援がなければ
途中28kmぐらいで止めていたか
そのまま走り続けていても39km地点以降で多分歩いていたと思います

応援の力って凄い!!
結局最後まで走りきれちゃいました

会場で応援してくれたチームのみなさまボランティアの方々
沿道の一般の人たちツイッタなどで応援してくれた人たちみんなに感謝です!!



後になって振り返ると
あと50kmぐらい走りこめていれば
脚もあと5kmぐらい持ったとのではないかと思います
そうすれば39km以降の落ち込みが出る前にゴール出来ていたはず
目標があればつくばのように最後に追い込んだはずなので
あと5分は縮められたかな

実際前回の東京マラソンは37km以降が37分01秒、今回は41分10秒もかかっています
ここだけで4分09秒もタイムを失っています

フルマラソンのタイムはあと少しは伸びしろが有りそうかな?

ただ、2014年はトレイルとウルトラ中心に走るので
フルマラソンは走ったとしてもメーンレースとして調整したりはしません

その時に精一杯走ってタイムが更新出来れば嬉しいですが
それでPB更新できるほどフルは甘くはないので
これでタイムは打ち止めかも



直近3回のタイムは
 ・2013年02月 東京マラソン   3時間45分00秒
 ・2013年11月 つくばマラソン  3時間43分31秒
 ・2014年02月 東京マラソン   3時間43分48秒

1年間でわずか72秒しか伸びていない
停滞してます(笑)

もちろん中身は
 2013東京マラソン  最後追い込むぐらい余裕があった会心のレース
 2013つくばマラソン 気温が高かったため脚より前に心肺が潰れて失速
 2014東京マラソン  走り込み不足で脚が持たなかった

と2回ともなんらかの失敗をしています
去年はサブ3.75が限界でしたが
今年は全てが上手く行けば3時間36分切り(サブ3.6)は可能な状態まで進歩はしています

それでもその通りにはやっぱりいかない

フルマラソンはやっぱり難しい!!





次のランの大会は
5月の野辺山100kmです

昨年低体温症でDNFとなったチャレンジ富士五湖も走りたいのですが
いろいろ考えて野辺山にしました

自転車は3月にBRM322アタック日光東照宮300とBRM329道志みち200
にエントリーしています

全く自転車に乗っていません
どうなることやら。。。



スポンサーサイト


  1. 2014/03/08(土) 12:30:50|
  2. ラン 大会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

箱根までランのはずが・・・ | ホーム | 2014年02月の走行距離

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。