にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

チャレンジ富士五湖 参戦記 その1 スタートまで

4月21日チャレンジ富士五湖100Kmを走ってきました

結果は低体温症になってしまい30キロ地点でDNFとなりました
フルマラソンより短い距離でのリタイア

ランを始める時の目標だった大会だったので
本当に残念な結果に終わってしまいました

20130421P1010190.jpg
たどり着けなかったゴール。。。

参戦記を書く前に今回は『自分とラン』について少し書きます
それはこの大会こそが自分にとってのランの始まりだったから。。。


なぜこの大会が目標だったのか

それは。。。

チャレンジ富士五湖を二人の尊敬するアスリートが走っていたから

昨年は二人ともチャレンジ富士五湖112㎞を完走しています

今年も一人はチャレンジ富士五湖112㎞を完走!!
もう一人はステージを上げてUTMFを走り完走!!

目標は常に先に進んでいるのでいつまでたっても追いつけない目標です
凄いです!!

自分は自転車に乗り始めるまではジョギングすらしたことはありませんでした
フルマラソンは遠い世界のこと
ウルトラマラソンに至っては違う宇宙のものだと思っていました

本格的にランに取り組んだのは2011年の6月から
目標は当然ウルトラマラソンの完走です
フルマラソンはあくまでもウルトラ完走へのステップという位置付けでした

ランは好きだけれども今でも正直苦手なスポーツです
フルマラソンはタイムを追い掛けて走らなければならないので特に苦手!!
たとえファンランでもフルマラソンは自分には長すぎます(笑)

それでもウルトラマラソン完走のためには
フルマラソンから逃げるわけにはいきません

幸いフルマラソンも地脚が出来るまでは苦戦しましたが
地脚が出来てからは自転車(ブルベ)で丸1日動き続けている効果もあり
筋肉が衝撃に耐えられる時間が課題というところまで来ることが出来ました

ランに割けるリソースには限りがあります
少ないリソース(練習時間)は全てウルトラマラソンの完走に振り向けていました

それでも耐衝撃力とのバランスで
キロ5分10秒ぐらいであれば
フルマラソンの距離は耐えられるところまで来ました

直近の東京マラソンでは
距離の短いウルトラというイメージで40キロのペース走
最後10㎞をロングスパートという走り方で3.75でフィニッシュ

マラソンのタイムを縮めるためのスピード練習などはほとんどしていない割には
それなりのタイムでまとめられるようになりました
フルマラソンは大会中ずっと高負荷の時間が続きます
追い込みが苦手な自分としてはもう充分過ぎます!!

今後はタイムよりもコースなどを楽しみながら完走を目的として走る
ウルトラやトレラン大会で楽しく苦しみたい!!

そして今日は新たなランナー生活に入るための区切りとなる日
2年間のランの集大成の日でした




ウルトラを走るのは今回で3回目です

1回目のウルトラは2012年4月の『知多半島ウルトラ遠足80キロ(実質77キロ)
チャレンジ富士五湖にエントリーが出来なかったために同日開催の大会に参加

当日は大会開催が危ぶまれるほどの暴風雨(向かいの志摩ロードパーティーは短縮して開催)の中でしたが
歩くことなく無事完走することが出来ました

思えば最初がうまく行きすぎていたのかも?


2回目は10月の『四万十川ウルトラマラソン』直前まで故障に悩まされて満足な練習が出来ないまま出走

20キロを過ぎた峠の下りで足首を痛めてしまい
そこから40キロ走り続けたものの
最後は足を付くことすらままならず71キロ地点でリタイア
練習不足ではあったものの故障さえなければ完走は出来たのではと思える内容でした

今回が3度目の正直になるはずでした

1月以降は大きな故障もなく
2月にフルマラソン(東京マラソン)、3月に65キロのマラニックも無事完走
長時間トレーニングとして
自転車で山中湖往復200キロのブルベは走ったので(300ブルベは悪天候で走れなかった)
ちょっと不十分ですがまあ許容範囲

全てがうまく行ってました

ところが木曜日の夜から急に体調が悪化
喉の痛みと副鼻腔の痛み
金曜日に会社の診療所で抗生物質を貰ったものの
熱は下がったが喉と鼻は全く駄目
体調は戻らず

金曜日の夜の時点ではとても日曜日に運動出来る状態まで戻らなそう
このままの状態でチームと一緒に行動すると風邪をうつしてしまうのではないか
取りあえずチームには帯同せず土曜日の午後まで様子を見て
走れそうだったら自分でクルマを運転して宿泊場所まで向かおうかと考えていました

そのため走るかどうかもわからないという状態での準備には当然身も入りません
なんとなくだらだらと最低限の準備だけして土曜日の朝を迎えました

幸い土曜日の朝には抗生物質のおかげで体調もかなり回復
そのままチームと一緒に富士五湖まで移動することにしました

とはいえ抗生物質で無理やり体調を維持しているだけなので
クスリの効果が切れてくると少し辛い状態
でもクスリが効いてくるとそれなりに元気
クスリって凄いっ!!

天気は予報通りどんどん悪化
夕方には雨が雪に変わってしまいました
明日本当に開催されるのか?
という状態

20130420P1010142.jpg
受付会場


北麓公園の体育館で受付を済ませてから近くのキャンプ場にチェックイン
土砂降りの雨ですがゼッケンを貰うとさすがに気分は盛り上がってきます

20130420P1010147.jpg
たどり着いたら土砂降りの雨!!

バイパス沿いのファミレスで夕食を食べている時には雨は雪に変わりました
宿に戻ったときには雪が積もっていました

20130420P1010151.jpg
雪積もってる(笑)

明日本当に大会が開催されるのか?
体調も悪いのでこんな悪条件では正直走りたくない!!
開催されてもこの体調で本当に走れるのだろうか?
リスクを背負って走って良いのだろうか?
不安は募るばかり。。。

21時には就寝体制に入ったもののなかなか寝付けません
結局寝たのは深夜0時過ぎ
それでも起床時間の午前3時まで3時間弱は寝られたので
自分的にはまずまずだったかな

朝食は今回は応援に回ってくれたメンバーが用意してくれていました
走らずにチームのメンバーのために午前1時過ぎには起床してサポートしてくれる
有難くて涙が出ます

豚汁とカレーライス美味しかったです
皆さんありがとう!!

外は土砂降り!!
ウェアはどうしようか

当初はアンダーアーマーのコールドギアの長袖を着用しようと思っていました
ところがチームのメンバーはみな薄着
自分は汗かきなので暑くなるとパフォーマンスが一気に落ちます

悩んだ結果
 上:タンクトップにTシャツ
   腕はアームカバーに緩めのレッグウォーマー
   ウインドブレーカーとゴミ袋
 下:アシックスのロングタイツ、ランパン
 他:キャップは首にもツバのついたアウトドア用(コロンビア)
   指切り手袋+炊事用ビニール手袋(超薄手)
 靴:アディゼロボストン2、ソックス:TRR-30G

手袋は指きりしか持ってきていなかったので
それにチームで用意してくれた炊事用の薄いビニール手袋という状態
山中湖の気温は0度近いことは分かっていましたが
かなりの薄着を選択

金曜日の準備段階で
モチベーションが低かったために備えまでの準備までに至らず
そのためホッカイロは忘れてしまったのでなし

今思えばこの時点でDNFは決まっていたのだと思います

ここまでに複数のミスをしています
 ①当初の想定通りアンダーアーマーのコールドギアを着用する
 ②フルフィンガーの手袋
 ③ホカロン
このうちの二つでもクリア出来ていれば今回の結果は変わっていたのかもしれません

宿からスタート地点までは500メートルもないので
スタート直前まで宿で待機してギリギリの時間でスタート地点に向かいました

<その2>へ続く
スポンサーサイト


  1. 2013/05/10(金) 00:09:57|
  2. ウルトラマラソン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
wiggle
www.wiggle.co.uk

【速報】 BRM511宇都宮300牛久 完走!! | ホーム | チャレンジ富士五湖 参戦記 その2 スタートから

コメント

お疲れ様でした。

DNFは残念でしたが当日のあの天候ではそれもいたし方無かったのだと思います。
東京でもひどく冷え込んだ一日でしたし。
そういえば同日開催の宮古島トライアスロンも開催以来初めて強風によるデュアスロン大会への切り替えとなっていましたしね。

わたしの場合も2010年にロードバイクを買うまでは
体重が増えたらランニングしてみたり思いつきで水泳してみたり、あるいは20年前に買ったMTBでそこいらをポタリングしたり…程度で大した運動をしていなかったので、目標を持って初めてそれなりのトレーニングをするということを始めました。
目標にしていた大会へのエントリー、チャレンジはやっぱり感慨深いものがありますよね。
奇しくもわたしの方も当面の目標としていた大会に今年エントリーがかないました。

集大成かつ新たなスタートとして走り切って次の目標に向かえたら良いなあと、今から先のことを考えていると足元を掬われそうなので控えますw
  1. 2013/05/10(金) 12:41:40 |
  2. URL |
  3. Trinity(@tri1021) #bi94IFRw |
  4. 編集

Re: お疲れ様でした。

tri さま

流れではいろいろ経験したり実績を積むことが出来ていても
なぜか目標はなかなかたどり着けないものですね
あまり簡単に達成できてもそれはそれで。。。ということもあるので
来年まで目標を継続出来たと前向きに考えることにします♪

ただ、4月はチャレンジ富士五湖があるので来年もフレッシュには参加できなさそうです
フレッシュも一度走ってみたいのですが
それはまた先の楽しみに取っておきます

野辺山100キロ頑張って下さいませ!!

> DNFは残念でしたが当日のあの天候ではそれもいたし方無かったのだと思います。
> 東京でもひどく冷え込んだ一日でしたし。
> そういえば同日開催の宮古島トライアスロンも開催以来初めて強風によるデュアスロン大会への切り替えとなっていましたしね。
>
> わたしの場合も2010年にロードバイクを買うまでは
> 体重が増えたらランニングしてみたり思いつきで水泳してみたり、あるいは20年前に買ったMTBでそこいらをポタリングしたり…程度で大した運動をしていなかったので、目標を持って初めてそれなりのトレーニングをするということを始めました。
> 目標にしていた大会へのエントリー、チャレンジはやっぱり感慨深いものがありますよね。
> 奇しくもわたしの方も当面の目標としていた大会に今年エントリーがかないました。
>
> 集大成かつ新たなスタートとして走り切って次の目標に向かえたら良いなあと、今から先のことを考えていると足元を掬われそうなので控えますw
  1. 2013/05/14(火) 22:44:24 |
  2. URL |
  3. のりぞー64 #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |