にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

BRM526名古屋600 完走記 その1  1日目

BRM526名古屋600丘と海に参加してきました

ってもう2カ月も経ってしまいました
ということで蔵出しです・・・

ちなみにこの時はデジカメを紛失中(あとで出てきた・・・笑)だったので
スマホのカメラなのでピンボケ&撮影枚数自体が少ないです

ここ2年間600ブルベはVCR青葉の鳥坂峠を走ってきましたが
2回とも体調不良でDNFでした
2010年はもともと体調不良だったので予定通りのDNFだったのですが
2011年は仮眠が上手く取れずにその結果胃腸も弱りという体調不良のDNF
一言で言えば仮眠時間を捻出できるだけの実力がなかったということです

さて2012年はどうしようか・・・
2011年からランも始めたので自転車に乗る時間が極端に減ってきており
自転車の実力は2011年と同じか少し退化しているぐらい
このまま鳥坂に出ても残念ながら同じ結果となる可能性が高い

600はダメージが大きいので走るのは年に1回か2回が限界!
でも今年はメダルも変わったのでSRも取りたい!!

今年の600のコースを検討した結果
完走させる600という触れ込みの名古屋600丘と海コースを走ることにしました

このコースはスタート地点に400キロ手前でスタート地点に戻ってくるので
宿泊しているホテルをベースキャンプのように仮眠場所に使える
しかも高速コースなので自分の実力でもホテルでの仮眠時間も捻出できそう
またコース的にも自分の大好きな高山と伊良湖を通るということで文句なし

ホテルは岡崎市内のスーパーホテルにしました
このホテルはコースから1キロちょっとのところにあり
スタート地点までの距離も10キロありません
またビジネスホテルなのに大浴場もあったことが決め手となりました
しかも料金もお手頃でした

今回は午前5時スタートなので前泊です
金曜日の10時ごろにクルマで横浜から宿泊する岡崎に向けて出発

横浜町田ICで東名高速に乗り裾野から新東名に入ります
すぐに駿河沼津SAを通過
ここからの21キロは昨年11月に「ふじのくに新東名マラソン」で走ったところです
クルマで走っていてもあのときのことが思い出せます
結構覚えているものですね
クルマでも上り下りがはっきりと分かります
こんなアップダウンのあるコースを走っていたんだ
これじゃああの時の実力ではあの悲しい結果もしょうがないかと一人で納得(笑)

市民マラソンの歴史に残る酷い運営の大会と評価されていますが
自分が走っていた時にはコップは無くなっていたエイドはありましたが水そのものは充分にあったので
個人的には大会自体にそんなに悪い思い出はありません
ただ、最後まで歩かずに走りきることが出来なかった大会なので
その忘れ物だけは2度と取りに行けないことだけがちょっと残念ではあります
多分これからも新東名を走るたびにこのマラソンを思い出すんだろうな

そろそろお腹も空いてきたのでSAで休憩&食事を摂ることにします
本当は駿河沼津SAに入りたかったのですが平日なのに満車だったのでスルーしていました

静岡SAは入れそうだったのでここで休むことに
それでも結構混雑していました
フードコートもそこそこ充実しています
最初はパンかコンビニ食でと思っていたのですが
ブルベでは胃腸の状態やタイムの問題があり絶対にグルメは堪能できないことが
わかっているので
前日ぐらいはグルメになろうと思い
静岡といえばの桜エビをいただくことに
桜エビのかき揚げと生の桜エビとシラスのどんぶりを頼みました
263.jpg
フードコートで昼食@新東名静岡SA

264.jpg
桜海老&しらすのてんぷら&生の丼ぶり

予想以上に美味しくいただくことが出来ました
最近のSAは本当に食に関してはしっかりまとめてきてますね
自分の場合これで充分
満足して再びスタート

新東名はトンネルばっかりでした
ここからトンネルが5本続きますなんていう表示もあります
それでも新規格ということで車線も広いので走りやすいです

新東名の現時点での終点まで走り東名に再び合流
岡崎ICの手前で明日からのブルベで走る側道を目視で確認し岡崎ICで高速を下ります

チェックインまではまだ時間があるので国道1号を走りホテルを確認
まだ時間があるのでスタート地点の下見にも行きました

カーナビを見ながら走ると特に迷うことなくスタート地点の東屋に到着
これでひと安心
271.jpg
スタート地点の東屋を確認

スタートしてからの2キロぐらいのコースを確認してからホテルに向かいます
途中ドラッグストアで明日の朝食や補給食ドリンクやパンを購入しホテルへ

チェックインして駐車場を確認します
当日の先着順かもと思っていたのですが
一番最初に予約していたらしく入り口に一番近いスペースを指定されました
これでブルベ中もスムーズに動くことが出来ます

自転車の装備とウェアなどをチェックしてから
夕食を取りに行くことにしました
向かったのはホテルからほど近い東岡崎の駅周辺
折角だから鰻でも食べようかと思いましたがそれらしい店が見つからず
スマホで検索して駅近くの鰻屋があったのでそこに行きます
鰻は高騰しているらしく結構なお値段だったのにちょっと寂しかった・・・(笑)
278.jpg
かなり寂しいうな重@2500円!! ピンボケご容赦

あとは寝るだけです
なかなか寝付けなかったけれどもそれでも4時間ぐらいは寝られました
3時15分に目覚ましをかけて出発したのは4時ぐらい
スタート地点には4時40分ぐらいに到着しましたが
既にブリーフィングは終了していました
287.jpg
スタート地点はのんびりムード@4時50分

なんとなく三々五々でスタートしていきます
今回は全部で17人しかエントリーしていなかったので
あっというまに人が減っていきます

自分も何となくスタート
ログで確認すると4時52分ぐらいだったのでで少しおまけしてもらいました

前日にスタート地点周辺は確認していたので迷うことなく走りましたが
何故か前後に人がいない状態
下見なしだったらすごく不安になっただろうな(笑)

途中でトヨタの本社前を通過します
さすが世界に冠たる大企業の本社ですね
威容にびっくりしました
288.jpg
289.jpg
トヨタの本社前を通過

途中で左折してやっとブルベらしい道に出ます
ここでやっと前走者の姿を捉えることができました
一安心(笑)

ここから多治見までは単なる繋ぎの道だと思っていたのですが
実はこの多治見までに二つぐらいの小さな峠を越えていきました
心の準備が出来ていなかったので
今回のブルベで一番きつかったかもしれません(笑)

この辺は余り道が良く分からないのですが
名古屋慣れした参加者さんがいたのでそのまま付いて行きます
お一人はシクロクロスにフラットペダルです
途中の信号ストップで
それで600走っちゃうんですか?
とお聞きしたらヒザの調子が悪いのでフラペにしたとのこと
凄い脚力です
291.jpg
シクロクロスにフラペで600に参戦するDさん@記念橋北6時24分

途中でブルベの応援者の方にエールをもらい
10%近い傾斜を上り下りしてやっと多治見市街へ

ここまでは順調に来たのですがトイレに行きたくなったのですが
一旦離脱し休憩
最近お気に入りのてりやきハンバーガーなどを食しました
もうここから先は道もあまり複雑ではないので大丈夫だと思っていたのですが
これが大失敗でした・・・
292.jpg
多治見のローソンで休憩@7時03分~7時20分

たっぷり休憩を取って再び走り出します
途中で正面に高速の入り口が・・・
直進はおかしいんじゃないか?と直感的に思ったものの
キューシートには何も表記がないので
一応直進してみました!?
言い訳ですがちょっと登っている道だったので先が見えなかったのです
登ってみるとそのまま高速道路の入り口でした(悲)
朝のラッシュ時間でもあり出入りのクルマが途切れません
向かい側に渡るのに約5分ぐらい(実際は2〜3分だったのかな?)かかりました

先ほどの交差点に戻るってみるとちょっと危険な交差点だったので一度直進して
100メートルぐらい先の横断歩道でまた交差点に戻って左折しました
このときに3人の参加者にこの情けないコースミスを見られちゃいました(恥)
きっと何やってるんだ?って思われたに違いない!!

多分これで最後尾になったのかな?
しかもこれでちょっと焦ってしまい
次ぎに右折する多治見高校の交差点を見落として直進してしまいました
1キロぐらい走るとなんだか峠に向かって緩やかに登って行くような感じで
とてもそこに高校があるようには思えません
道沿いにあったGSで道を聞くとやっぱり行き過ぎていました
これをもどるのにさらに時間を浪費
結局この二つのミスで15分ぐらいのタイムロスと精神ポイントを無駄に消費してしまいました
やっぱり集団を離脱せずにせめて可児市までは走るべきでした(反省!!)

ちょっとめげた精神で可児市を通過します
キューシートではこのまま福島段という交差点まで走るのですが
一本道を走っている内に道路表示が変わっているように見えました
(実際は変わっていないので交差する道路の表示を見てしまったのかもしれません)
だんだん不安になってきてしまいました
そのため途中で停止してスマホで現在位置を確認します
関東のブルベだとこういう時でも誰か参加者が通過するのですが
今回は参加者も少なく先ほどのミスコースで最後尾になっているはずなのでそれも期待出来ません
スマホの確認に結構時間がかかりましたがどうやら間違ってはいないようです

意を決して少し走ったら福島段の交差点に到着!!
あと少しの我慢が出来ませんでした(笑)
交差点を左折して飛騨川を渡ると国道41号です
299.jpg
新山川橋を渡り国道41号に出た@8時39分

国道41号に出るといきなりこの道路標示・・・
先は長くても普通は途中までの距離が出ることが多いのですが
今回のコースはここから高山までひたすら国道41号を走るため高山までの距離が表示されています
分かってはいるものの100キロのカウントダウンはさすがに精神的には厳しいです
300.jpg
新山川橋から高山まで113キロですって!!

41号は飛騨川沿いを走ります
基本平坦基調なので淡々と走ってやっとPC1に到着しました

PC1への到着は結局自分が出発するまでにだれも来なかったので本当に最後尾だったようです
ぼーっと休憩しドリンクなどを補充
301.jpg
PC1に到着@9時40分

かなり暑くなってきました
PC1の出発は最後から2人目ぐらいだったかな
しばらく走ると少し前にPC1をスタートした参加者達に追いつきます
このあたりは多分3%以下です
このぐらいの傾斜は自分にとって一番気持ちよく走れるようで
下呂温泉に着くまでに6人ぐらいをパス
これで中の下ぐらいになったので少し気楽になりました

下呂温泉までの国道41号には中山七里という風光明媚なところがあります
ただ往路は川が逆側が多かったので復路に期待しながら走りました

今回のコースは下呂温泉の手前で一度国道から外れて県道を走ります
国道とは違って尾根のへりを走るのでそこそこアップダウンがあります
暑さと相まって地味に消耗していきます
324.jpg
下呂温泉駅前を通過@11時31分 但し写真は復路

たまらずやっと見つけたベンチのある雑貨屋さんでドリンク休憩
一度抜いた参加者にパスされますが気にしない気にしない!!

先は長いので熱中症にならないことが一番必要なことです
途中でお話したかたの中ではなんとお二人が初の600とのことでした
かなり頑張って走っていたようだったので
あのままのペースだとこの暑さでは潰れちゃうんじゃないかと
人のことを心配している余裕もないのにちょっと心配してましたが
実際どうだったのかな?

たっぷり休憩(12時04分~19分)したのでかなり復活
走り出すとすぐにA-COOPがあったりして(笑)
この辺がリサーチの足りないところです

帰りはここで休めば良いなとチェックしつつ通過します
飛騨小坂を過ぎて再び41号に合流します
途中に以前訪れたことのあるスパー美輝の案内などがありました
そんな場所を自転車で走っていることにちょっと感動しつつ
なにバカやってるんだろうなんて自問したりもしました(笑)

さあ高山まで一本道です
徐々に傾斜もきつくなってきます
このまま高山まで走り続けるのが正しいブルベライダーなのでしょうが
(休憩が一番のロス)
自分にはそれだけの根性もなくトイレにも行きたくなったので
きっちり道の駅飛騨街道なぎさでドリンク&トイレ休憩(13時10分~23分)
ここから先は傾斜が少しきつくなりましたが
今回唯一の峠らしい宮峠には予想よりもあっさりと到着しました
これを下れば高山です
いつものようにおそるおそるゆっくりスピードで下りきるとPC2まではあと少しです

途中にあったスノーシェイドやトンネルで尾灯を点灯したのですが
結構灯りが弱くなっていたのでどこかで単4電池を購入しなければなりません

道路の右側にダイソーを発見したので折り返し後に寄ることにします
PC2直前でライダーに追いつき一緒にPC2に14時19分に到着
PC2にはRC名古屋のスタッフさんが待ってくれていました・・・(ご苦労さまです)
ここでもサーリーのシクロクロスのDさんに遭遇
フラペでしっかり先着されていました

高山にはこれまで3回来ていますが全てクルマでした
今回初めて自転車で来ることが出来ました
貯金は2間53分なので余裕もあります
高山の記念に高山陣屋ぐらいは押さえておきたいと思い
ランチはコンビニでさくっと済ませてしまいました
ちなみに塩焼きそばと今日二回目のピルクル(笑)
PC2を14時38分に出発します

ダイソーで乾電池を購入してから国道を左折して高山陣屋へ
既に朝市は撤収していました
陣屋には一度入ったことがあるので写真撮影だけしてコースに復帰します
315.jpg
自転車で来たぜ!!高山陣屋@14時57分

ところが5月とは思えない暑さと日差しです
先ほどのPC2での休憩が短かったので宮峠に登る前にコンビニで再び休憩(15時10分~20分)
高山で都合4回もストップしてました(笑)

峠への登りでMTBでの参加者をパスします
17人しか走っていないのに今回は参加者と良くすれ違います
高山側から宮峠はすぐです
峠を過ぎると今度は長い長い下りです
順調に走って(高山で十分休んだし・・・休憩なし)
往路でチェックしていたA-COOPでトイレ&補給休憩(16時36分~16時59分)
だんだんと休憩時間が長くなってきました

途中で中山七里を再び通過します
今度は川側を走るので写真撮影
325.jpg
326.jpg
中山七里を通過 復路は川側を走る

これでPC3まで行ければと思っていたのですが
A-COOPで水分を取りすぎたせいかトイレ休憩が・・・
PC3まではあと10キロもないのですがドライブイン飛騨金山でトイレ休憩約10分(笑)
止まったらドリンクも飲みたくなり結局またぐだぐだ
いつもの休憩が多くて長いブルベになってしまいました

PC3には18時57分に到着
貯金は下りだったのに休憩&寄り道で1時間ちょっとしか増えていません(笑)
フラペのDさんが先着されていましたが
膝の痛みが取れないのでDNFされるとのことでした
またよろしくお願いします!!

327.jpg
PC3で日が暮れた@19時

ついに日が暮れてしまいました
ここからはナイトランになります
少し冷えそうなので長袖を夏用からアンダーアーマーのコールドギアにチェンジ
これは今回ぐらいの温度ではベストの選択だったようで
寒さも暑さも感じずに走ることが出来ました
帰りは暗くなったとは言え一度走った道なので安心して走ることが出来ます

19時20分にPC3をスタート
41号は真っ暗です
ライトを2灯全開にして走ります
暗かったせいか41号は感覚的にはあっという間に通過した感じ?

行きは厳しいと思えた多治見から豊田までのアップダウンも
帰りは何となく通過します
途中で2回コンビニ休憩(多い!!)を入れて豊田の中心部に戻ってきました

時刻は23時を過ぎていますが
豊田市内は活気に満ちている感じです
なぜだろう?
考えて気がついたのはネオンが全て点灯しているということ
道路の照明も明るいです

関東はいまだに店の看板などは証明を落としています
だからそのように感じたのかもしれません
トヨタの業績も回復してきて深夜まで働いている人が多いのか
街もクルマも多く賑わっていました

PC4に到着したのは日付が変わった深夜0時01分に到着
360キロを19時間なのでまあ予定通りです
サプライズはミスコースと数多くの休憩でなし(笑)
それでも貯金は5時間20分
さすが高速コース!!
軽く補給食とトイレを済ませて出発しようとしたときに
ちょうど参加者が一人飛び込んできました
これでここまで全てのPCで参加者と会うことが出来ました

さあここから少し頑張って早くホテルについて休もう!!
ところが岡崎市内は信号地獄でなかなか進みません
やっとホテルに向かう欠町の交差点に到着
時刻は12時40分
Qシートでは375キロ地点なので制限時間は午前6時です
貯金は5時間20分(PC4となぜか変わらず)あります

欠町の交差点を左折してホテルに向かいます
さぁブルベ初のホテルで仮眠です

その2へ続く

スポンサーサイト


  1. 2012/07/26(木) 21:40:03|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

BRM526名古屋600 完走記 その2 2日目 | ホーム | 2012年6月の走行距離

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。