にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

知多半島ウルトラマラソン 完走記 その2 スタートから折り返し

いよいよ80キロの旅が始まります

スタート前にロビーで参加者方にHRMのストラップをキネシオで固定してもらい
いざ外へ

外にに出ると雨と風が凄い!!
こんなEXTREANMな状況でも予想よりも多くの参加者が集合しています
スタート地点に移動してGARMINの電源を入れます
ところが位置を特定する前にスタートとなってしまいました
しばらく立ち止まって一を特定させようとしますがなかなか電波を捉えることが
出来ません
そうこうしている内に最下位に(笑)
20120422025.jpg
スタート地点 まだ夜明け前なので暗くてボケボケ


ブリーフィングの際に最初の部分は先導するので後に付いてきて下さいとのことだったので
見失うわけにはいきません
それで少し走っては止まるをしているとようやく電波を捕捉しました
これで本当のスタートです
そのため約1キロ弱GARMINの距離は少なくなってしまいました
どうせエイドの位置も正確な距離にはないらしいので問題はないはずと思って気
楽にスタートすることにします
実際に全く問題はありませんでした
20120422027.jpg
常滑競艇場を一周しているところ(右は海)

ウォームアップなしでのスタートだったので最初はゆっくりとキロ7分ちょっとぐらいで走ります
町中を走っている時にはあまり風を感じませんでしたが
海沿いにでると既に向かい風!!
つばの下にちょっとでも風が入ると帽子を飛ばされます
ただ帽子にはクリップが付いているので風で脱げてしまっても飛ばされてしまうことはありません
結局レース中に注意していても5回以上はつばの下に風が入って脱げてしまいました
本来であればキレイに見えるはずのセントレアも雨で霞んでいて
かすかに橋が見える程度で島自体は確認出来ません
20120422034.jpg
水平線左の突起のようなものがセントレア

ちなみに同じ日に伊勢湾をはさんで反対側で実施されたきちんとした大会
「志摩ロードパーティ−ハーフマラソン」は実施はしたものの
強風でコースが変更・短縮されタイム・順位計測なしの大ジョギング大会となったようです

市街地を抜けて海沿いの道に出ます
海沿いは伊勢と同様の凄い向かい風です
20120422030.jpg
堤防の歩道を走る

この辺でトイレに行きたくなってきました
探しながら走っていると漁港の施設のトイレがあったので貸してもらいます
これでやっと緊急にトイレを探す必要がなくなりました
しばらくは安心して走れます
20120422032.jpg
海に出るとまともな暴風雨

トイレ休憩した場所はちょうど盛田酒造(あのソニーの盛田さんの実家)の所でした
しばらく走ると最初のエイドに到着
何か通過チェックでもあるのかと思いスタッフに聞くと
本当はそうなんだけれど一人しかいないのでやりません
水分摂って頑張ってね!!と言われました
ちなみに各エイドにはスポーツドリンクと水が用意されていました
今回はラン中の水分補給用にスーパヴァーム(190ML)の空き缶を持って走りました
スーパーヴァームの容器はちょうど100均の携帯電話ポーチに入るサイズなので日頃から愛用しています
海岸沿いをしばらく走るとブリーフィングでも良く分からなかった
247号に出る左折ポイントにさしかかります
スタッフが誘導してくれたので無事通過
民家の間の予想以上に細い道を少し走ると国道247号に出ます
帰りはここを曲がらなければなりません
247号の目印をどれにしようかと思ったら
ラスタカラーのビルがありました
帰りはこのビルを過ぎたら曲がればよいということがわかりちょっと安心
247号に出るとポツポツとコンビニがあります
自販機はかなりあるので水分補充は問題なさそうです
20120422041.jpg
国道247号のラスタカラーのビル

247号に出ればあとは半島の先端を回って折り返し地点までひたすら一本道です
風は強いものの一時雨脚が弱まってきました
帽子は油断するとすぐに飛ばされるので結構ストレスになります
帽子を取って走ってみるとやっぱり快適!!
ポンチョも脱ぐとこれも楽!!

ところが雨脚が弱かったのはこの15分ぐらいだけでした
時間が経つに連れて(南下するに連れて)雨脚もどんどん強くなってきました
野間から先は集落を抜ける以外はずーっと海沿いです
海沿いに出たらやっぱり暴風雨!!
再び帽子をかぶらざるを得なくなりました
ポンチョをかぶり直そうとしますが風が強すぎてうまくかぶれない!!
結局走りながらではかぶることが出来ず一度止まってポンチョをかぶり直して
厳重に雨装備をしてから再スタートします

野間灯台を通過します
野間から先は集落を抜ける以外はずーっと海沿いです
晴れていたら本当にキレイな景色だと思いますが
今日はどんよりとグレーな景色です
晴れた中走ってみたいなと思うことしばし
20120422045.jpg
野間灯台を通過


この辺で追いついた女性がなんと5フィンガーで走っていました
ベテランさんなんでしょうな
ウルトラを5フィンガーで走るだけの足
うらやましいです
20120422046.jpg
5フィンガーで走る女性ランナー

一度内部に入るとまもなく20キロのエイド
ここからは補給食も用意されていました
バナナ、あんパン、クリームぱん、ドーナッツ、バームクーヘンにおにぎりやお
稲荷さんなどがありました
自分はあんパンを一つだけもらい後は水分を補給&補充
雨が凄いので座ることも出来ないので2,3分滞在しましたがすぐに出発

ずーっと海沿いです
まともに正面から風と雨が吹き付けてきます
20120422049.jpg
風に吹き飛ばされそうな幟(伝わらないかな?)

ただラップ的にはそんなにペースは落ちていないようです
「ようです」というのは風が凄くてラップを知らせる音が全く聞き取れないので
きちんとしたラップを把握することが出来ません
距離とタイムで常に概算計算しながらの走りとなりました
心拍は数字を見ればよいので問題なしです
140以下をキープするようにだけ気をつけました

今日のランはいかに効率よく脚に負担をかけずに走るかが勝負です
気をつけたのは太腿とふくらはぎを使わないで走ること
特に太腿は着地の衝撃に耐えるだけで精一杯のはずなので
脚を運ぶ仕事までさせないような走りにしました
ハムストリングとお尻の筋肉と腕を振り骨盤を前後させることで脚を前に運ぶように意識
足裏も地面の反発を生かして跳ねるようにはせず
ただ地面を離れて前進するようにイメージしました

最初は少しぎこちなかったのですが10キロも走れば慣れてきます
5分台ではとても走れませんが6分後半だと前太腿の筋肉は使わないで(使っていないわけはないです)
走れるようになってきました

また向かい風も日頃苦手な上半身の前傾トレーニングに利用するんだと無理やり
ポジティブに捉えるようにしまいした(笑)
普通に立っていると後ろに体重を持って行かれるような風だったので
かなり前傾しても問題なしです
重心の前移動ができて結果オーライだったかもしれません

25キロのエイドではバナナを食べて水分を補給
ここから10キロはエイドはありません
そのためアンパンを1個エネルギー補充用にもらってすぐにスタート
走る方も大変ですが凄い風と雨でスタッフも大変だったと思います
20120422050.jpg
25キロ地点のエイド


たまに海から離れると少し風が弱まるので一息付けます
海沿いに出ると暴風雨(笑)
だんだん師崎が近づいてきました
豊浜の水産試験場を過ぎてからの海沿いは本当に凄かったです
雨も風も台風のような感じ
道路も川のようになっていて水たまりをよけるということも出来ないので
靴の中もビチョビチョで水が抜ける暇もありません
前もまともに見られないような状況でした

それでもなんとか突端までほぼ到着しました
師崎は以前夏休みを篠島で過ごす際にクルマで訪れたことがあります
フェリー埠頭はコースのさらに少し南にあります
20120422063.jpg
フェリーターミナルを横目に見ながら走る

本当ならちょっとでも寄りたいところだったのですが
さすがにこの天候では寄り道する余裕は精神的にありませんでした
ここからは半島の東側を北上していくことになります
この辺が雨が一番強かったと思いますが
追い風のような横風のようなという状態ですが少しは楽でした
20120422055.jpg
ウルトラ用の走り(?)で走っていた女性


東側はすこしだけアップダウンがあります
この辺から70キロと80キロの先頭グループの人たちとすれ違い始めます
みんなと手を振りエール交換します

しばらく走ると左側のJAのところにクルマが止まっていて
エイドになっていました
ここで初めて通過チェック水分とパンをもらって再びスタートします
そしてしばらく走ると次のエイドが・・・
あれっ短か過ぎないか?
スタッフに聞くと暴風雨なのでこの先にエイド出来るところがないので・・・
と言われたが確かにサークルKの駐車場なのでもともとこの位置じゃない???

スタッフに悲惨な自分を撮影してもらいました(笑)
20120422059.jpg
折り返し地点(40キロ地点)の明るいスタッフ

20120422062.jpg
外見なんて気にしない(笑)

折り返しまで走ってきましたが
天候はひどいものの足の調子は悪くありません
まだ余裕がありました

その3へ続く

スポンサーサイト


  1. 2012/05/04(金) 22:03:31|
  2. ウルトラマラソン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

知多半島ウルトラマラソン 完走記 その3 折り返しからゴールまで | ホーム | 知多半島ウルトラマラソン 完走記 その1 スタートまで

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。