にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

久々のロング&峠 11月のことですが・・・

11月27日
超久々に自転車でロング走ってきました

予定では200キロ弱の予定です
BRM1001道志みちが諸般の事情でDNSとなったところAJ西東京のキノコさんから
スピンオフでのブルベ形式でのツーリングに誘って頂きました
当初は10月の下旬予定だったのですが天候が悪くこの日に延期となったものです

午前7時ちょっと前に集合場所の二俣川駅前に到着。
キノコさんもほぼ同時に到着。
しゅう坊さんは用事が入ってDNSなので今日は2人です
ちなみにこのときはデジカメ紛失中だったので写真は基本ありません
 (その後デジカメは無事出てきました)

スタートしてしばらくは厚木街道を走ります
自分が先頭になって走りますが平地なのに30キロで走ることがほとんど出来ない状況
向かい風を差し引いてもかなりのヘタレです
今年1年間はブルベ以外では1回も100キロ以上走っていないという状態
標高100メートルすらブルベ以外では登らないという超平地走行しかしていません

20日にフルマラソンを走り足首の腱鞘炎が悪化しランは出来ないのですが
自転車を漕ぐ分には全く問題はありません
筋肉はすっかり回復していたと思っていたのですが
それは勘違いだったようです

厚木基地を回り込むように海老名を通り厚木市内へ
一度トイレ休憩を挟み清川から宮が瀬湖に向かいます
実は飯山温泉までは板東三十三観音めぐりで走ったことがありますが
土山峠は下ったことはあるものの初めて上ります

BRM1001のPC3だったコンビニできっちりと休憩し補給

久々のロードは軽くて楽しいのですが太腿は既に疲労物質が充満しています
キノコさんのペースについて行けないのでキノコさんには先行してもらい追い掛けます
といってもあっというまに姿が見えなくなり追い掛けるどころではなくソロツーリング状態に(笑)
土山峠を上るのは初めてですが34-27tで追い込まずに上ったので
距離は長くないので何とかクリアします

そのまま宮が瀬湖沿いを走るとキノコさんがやまびこ大橋の交差点で待っていてくれました
ここからはしばらくは急な坂もないので一緒に走行します
道志みちは最初は旧道を走行しました
久々でしたが道志みちは楽しいですね

ただ太ももに今まで自転車では感じたことのない乳酸系の痛みが・・・
ヤビツTTの最後の方よりも酷い感じです
急な坂ならあきらめもつくのですが
ちょっとの坂や平地で飛ばそうとするともう駄目です
やはりフルマラソンの疲労が筋肉の根っこに残っているようです
普段遣いでは問題なかったのですが自転車で負荷をかけたら駄目でした

そのため両国橋で予定外の休憩をリクエスト
オレンジジュースを飲んでクエン酸を取得するも痛みが治まりません
余りの痛みでスピードも出せないのでキノコさんに先にヤマザキまで行ってもら
うことにします
再びの一人旅はまずハッピードリンクショップでストップ
太ももにサロメチールを塗りたくりました
さすがサロメチール!!
しばらくすると有り得ない疲労感がかなり疲れた状態まで復帰(笑)
ヘロヘロでもすこしだけ復活してヤマザキに到着

ここで再度サロメチールを塗りまくる(笑)
サロメチールのダブルは効きました
足も慣れてきたのかやっと疲れた状態まで復帰
ただ山伏峠までのだらだら上りが一番脚に厳しいので
ここでもキノコさんに先行してもらい
山中湖のコンビニで合流することに

走り出すとスピードを上げなければなんとかなるレベル
まだ先は長いのでキャンプ場があるあたりはゆっくりと走ります
直線が出てきてきつくなってからは即座に34-27で無理せず回していきます
力が入らないので呼吸も苦しくならず
気温もちょうど良い感じなので汗もかきません

無理せずだらだらと上っていると左にいつもの休憩ベンチが出てきますが
つらくはないのでパス(ここまでに3回休憩入れてますから)
気がつけば無事山伏峠に到着
トンネルを超えてから下り装備を着込みます

結局ユルユル走っても道の駅から47分でした
普通でも45分なので実は二分しか違わない
来年からも急坂はこの漕ぎかただな

それでもコンビニに着くとキノコさんは既にお弁当を広げようかという状況
食べ終わるまでについて良かった
今日は富士山がきれいです

標高1000メートルなのにポカポカ陽気です
このコンビニは外にテーブルとベンチがあるので
富士山を眺めながらのランチとなりました

いよいよ帰路ですが今日はこのあとUターンではなく
籠坂と足柄峠を通る予定です
山伏峠を登る前まではここで離脱やむなしと思っていましたが
遅いなりにも筋肉も言うことをきくようになってきたので
予定通り走ることにします
山中湖を反時計周りに周回し旭が丘から籠坂へ
籠坂から足柄駅まではひたすら下りです

ここで秘密兵器を投入してみました
今回は新聞紙1枚(4P)を小さく折りたたんだものを持参していました
下りは寒いのでこれをアウターとジャージの間に挟んでみました
風を防ぎつつ汗で濡れたジヤージの水分を吸収してしまおうという狙いです
これは大成功でした
新聞一部持っていくのはかさばりますが2.3枚折りたたんでしまえばバッグに差
し込めます
しかも使い捨て
これで寒さを感じることなく一気に標高差700メートル以上を下りました

足柄駅手前のコンビニで休憩し
一気に足柄峠の頂上を目指します
キノコさんからは50分有れば着くでしょうとのおことば
その言葉を信じて50分漕げばとにかく頂上には着くんだと信じて漕ぎます

途中こんな坂シッティングでは無理ですというような急斜面もありましたが
無事頂上へ
ログで確認すると43分ぐらいで少しだけ早く着くことが出来ました

展望台からの富士山の眺めは絶景でした
20111127 ashigara
感動の伝わらないガラケー写真(笑)


実は神奈川県民歴は30年以上あるのですが
足柄峠は初めてです
富士さんもこれまでいろいろな所から見てきましたが
ここから見る富士山はベスト3に入ります
もっと早くこの景色を見ていれば・・・でもないかな?

また一気松田まで下りますが足柄峠は神奈川県側からの登りは本当にきついですね
でもみんなが上りたがる・・・自転車海苔って本当に不思議な人たち・・・

松田市内の渋滞を抜ける頃に日が暮れました
暗くなった77号を走ります

このころはフルマラソンの疲れではなく
今日の疲れで目一杯
緩やかで短めのアップダウンでもキノコさんに付いていけません

このままだと自分はもとよりキノコさんの帰宅時間も遅くなってしまいます
県道71号のバイパスとの交差点で
キノコさんに強制的に切り離してもらいました
ファミマで休憩がてら折角持参したウエアに着替えて少しリフレッシュ

キューシート通り走ったはずが
小田原厚木道路に戻ってしまい
厚木まで側道を走ることに・・・
夜の側道は本当に怖い!!
怖さのあまり時速40キロ近くで巡航し(やれば出来るじゃん)
疲れてまたコンビニで休憩
その後は角沢橋から用田を経て環状4号で帰宅しました

久々のロードでのロング&峠は楽しくもきつかったです
フルマラソン一週間では筋肉のダメージも抜けていなかったので
まともに走れずキノコさんにはご迷惑をかけてしまいました

日記を書いている時点(12月中旬)で
やっと自転車を漕ぐ行為が筋肉にも伝わったようです
今ならもう少し速く走れたかな?

キノコさま今回はお世話になりました
来年もよろしくお願いいたします


総走行距離 195.23キロ
総走行時間 9時間24分37秒
平均時速  20.7キロ
累積標高  2822m


20111127 route






スポンサーサイト


  1. 2011/12/16(金) 23:39:44|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

2012年の予定 | ホーム | たいじゅうが・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |