にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

BRM1002埼玉600アタック日本海 その1 スタートからPC4

10月2日BRM1002埼玉600アタック日本海に参加してきました
今年最後(8回目)のブルベです

これまで200、300、400は各2回完走していますが
600はBRM612青葉600に体調不調の中参加し予想通りのDNFとなっています
今回の600は完走すればSRを取得出来ます
目標はしっかりあるのですがモチベーションがあがりません
ちょっとブルベに疲れているのかもしれません
厳しいに決まっているし・・・

でも参加すればそれはそれで楽しいので
粛々と週前半から準備をします

出来れば水木あたりに少し自転車に乗っておきたかったのですが
あいにくの雨で乗ることが出来ませんでした
しかも今回は当日クルマでスタート地点に向かうのので
ウォームアップなしでのスタートとなります

一応体力づくりとして火曜日にRUN(5キロ)はしていますが
自転車は全く乗れなかったので体力面での準備はちょっと不安が残りました

装備は今回は悩みました
昼はそこそこ暑く峠を越えるので夏用の装備で充分です
ただ夜は冷え込みそうです
また仮眠のことも考えるとそこそこ暖かい服も欲しいところです
また峠の下りでの着替えも欲しいし
天気予報では雨具も必須です

とはいえ、リュックを背負いたくはないので
オルトリーブのサドルバッグLとその上にビニール袋で括り付けられる量に収めなければなりません


結局用意したのは
スタートから着用する
夏用長袖ジャージ(インナー代用)、半そでジャージ、レーパン、膝用サポーター(100均もの)

携行荷物は
アームウォーマー、レッグウォーマー
コンプレッションタイツ、ゴアのズボン、ウインドブレーカー(ポケッタブル)、
半そでウインドブレーカー、雨用ゴム手袋、シャワーキャップ、靴下
up.jpg
着替えとチューブや工具はサドルバッグと青いビニール袋に全て収納

前日木曜日までに自転車の整備は終了
チェーンに加えてスプロケも洗浄
ホイールのブレーキ面も専用の消しゴムでキレイにしました
準備は万全です

当日は午前3時45分に起床
4時20分過ぎに家を出発しました
第三京浜、環状八号、関越自動車道を経て圏央道鶴ヶ島ICへ
ICから一般道を経てゆうぱーく越生に到着したのは6時ちょっと過ぎでした
既に6時スタート組みは出発していたのでお見送りは出来ず(残念)

駐車場にクルマを止めて自転車をセッティング
スタート地点ではeijitomさん、サーチ男さん、ぬまっこさんにご挨拶ができました
他にも今回出走されるのでご挨拶のお約束をしていた方がいたのですが分からず

今回の目標は完走です
目標時間は設定していません
完走するために体力を出来るだけ消耗しないように走ろうと思っていました
そのため特に200キロまではゆっくり休みながら走ることに決めていました
ホテルの手配もしていないので
仮眠は体調とそのときに貯金時間を元に考えることにしました

ブリーフィング後トイレに行っている間に
車検が開始されどんどんスタートしていきます
いきなりの出遅れです
既に残っている人は10人ぐらい
サーチ男さんは既にスタートされていて
結局このあと一度もお会いできませんでした
2010_1003BRM10020018.jpg
7時スタート組み

スタート直後は足慣らしが出来ていないのでゆっくり走ります
トレインに連結せずに走っていたのですが
それでも信号で追いつきます
しばらくは先行者の姿が見えなくならないように注意しながら
マイペースを保ちます
Qシートっで各ポイントをチェックしながら走ってはいたのですが
土地勘が全くなく地名をみていても良く分かりません
それでも付いていくことでミスコースはしないで済みました
ただ、一人の時ほど注意して走っていたのではないため
記憶があいまいで帰りに痛い目にあってしまいました
といってもそれはあと30時間以上も先の話です(笑)

小前田駅前を左折しました
ここから先はしばらく一本道です
古桜町から先は青葉600で走ったことがあるので一安心です
2010_1003BRM10020019.jpg2010_1003BRM10020020.jpg
小前田駅からは一本道で254へ

254の途中で大きなトレインに追いつきました
中にぬまっこさんがいました
しばらく連結せずに追走します
PC1までは80キロ以上あります
休まないで走ることも出来ますが
精神的にも肉体的にも余裕を持たせるために一回休憩を入れることにしました
ちなみにこのあたりでみのいちさんが登場
普通であれば既に見えないところに行っているはずですが
今日はスタートが遅かったようです
ただあっというまに見えなくなりました(笑)

コンビニでトレインから離脱
向かいにある幼稚園では運動会が開催されるようです
ちょうど開会式の時間だったので
無駄に長い挨拶を聞きながらしばし休憩

今回は一日以上走るので
補給については糖質や炭水化物などの成分にこだわらず
脂質が多く含まれていてもその時に食べたいものを食べることにしました
だからいきなりコーヒーも解禁(笑)
ただ、ハンガーノックの防止用に久々に薄皮あんぱんを補給食に追加しました
やっぱり薄皮あんぱんは良いですね(安いし)
今回は胸焼けもしなかったので補給食として重宝しました

まったりと休憩し何人かのライダーが通り過ぎるのを見送ります

15分ぐらい休憩し再出発です
出発してすぐにAJ埼玉のジャージの人ともう一人のペアに追いつきます
ここも連結はせずに自分のペースで少し離れて走り自分のペースを維持します

今回わかった事
スタート直後もそうですが信号ダッシュしても街中ではそんなに差がつかないということ
だいたい信号ストップで追いつきます
一度完全に信号で千切れたかと思ったら1キロぐらい先の信号で結局追いついてしまいました

高崎市街ではあまりに信号待ちが長かったので
ツイッターで「高崎なう」なんてつぶやいてみます
そんなこんなでPC1まではマイペースで走り続け
ほとんど疲労を感じることなくPC1に到着しました

時刻は10時50分過ぎ
大体4時間での到着です

到着したらびっくりNaokiさんとクニリンさんが応援のために待っていてくれました
クニリンさんとは初めましてです
クニリンさんは
ブルベはもちろんのこと超ウルトラマラソンも完走されているスーパーな方です
2010_1003BRM10020029.jpg2010_1003BRM10020030.jpg
応援に来てくれたクニリンさんとNaokiさん@PC1

Naokiさんたちとお話をしながらまったり
軽く補給をしてドリンク等も補充しました
30分以上は休憩していたようです
名残惜しいですが再びスタート

ここからは山岳区間です
メインの三国峠に向かうまでに何故か別の峠を越えていきます
吾妻川を渡るといきなりそこそこの急坂が登場
最悪足付いてもイイヤって思いながら
とことこ登っていきます
2010_1003BRM10020033.jpg
最初の峠の頂上@11時45分

途中三国街道の表示がありました
三国街道ってこっちを通っているのね
2010_1003BRM10020034.jpg

高山村を通過します
この高山があるから飛騨高山っていうのかな?
なんてくだらないことを考えながら上り続けます
2010_1003BRM10020037.jpg2010_1003BRM10020035.jpg
山里の秋

ちょっと坂に飽きてきました
そろそろ終わらないかなって思ったちょっときつめの坂を上っていくと
トンネルが見えてきました
どうやらこれで上りは一旦終了し17号まで下れそうです
気持ちよく下ってやっと17号に到着しました

いよいよ本日のメインディッシュ17号の三国峠越えです
17号に出たところでミスコースから復帰されたぬまっこさんと合流
しばらく一緒に走りましたがぬまっこさんはドリンク補充のために離脱
自分も休憩をいれるつもりでしたが
とりあえず三国峠までの半分以上は上ってから休憩しようと思い
走り続けました
また一人旅です

17号はそんなに急な箇所はありません
だらだらと上っていると猿ヶ京温泉の看板が出てきました
そろそろ休憩しようと思ったら
すぐに赤谷湖が左に見えてきました
写真撮影とトイレ休憩をを兼ねて立ち寄ることにしました
2010_1003BRM10020040.jpg
赤谷湖@13時25分

自販機はなかったのですが
ここには一メートル×2メートルぐらいの大きなベンチがありました
腰掛けながら休んでいると
一人のブルベライダーさんが到着

眠いのでここで寝ますとのこと
自分も見習ってベンチに寝てみました
仮眠は出来ませんでしたが寝転がったことで
気分も肉体もかなりリフレッシュできました
2010_1003BRM10020041.jpg
寝ころんだベンチから見た空 気持ちイイ!!

再びスタートします
三国峠までの最後の集落っぽいところで
水を補給しました

このあとはノンストップで三国峠を越えるつもりです
走っていると再びぬまっこさんに遭遇
しばしお話をしながら上ります
また三国峠の標高も教えてもらいました

今回は峠の標高をきちんと把握してくることも忘れていました
勝手に1300ぐらいかな?って思っていたのですが
1,100メートルぐらいとのこと
予想よりも200メートル上らなくてよいことが分かったので
ちょっと得した気分になりました(笑)
ぬまっこさんがお先にどうぞとのことだったので先行させてもらいます

傾斜は5~6%ぐらいなので
立ち漕ぎなしでも上っていけます
クルクル・押し・引きを取り混ぜながら走ります
2010_1003BRM10020043.jpg
三国峠への登り道から

途中クルマからガンバレの声援
ゴールしてから分かったのですが
どうやら三国峠の頂上でのエイドステーションの方だったようです
のんびり走っていたのでこれ以上後ろはいないと思われたのか
すでに撤収されたようでした
そうこうするうちに三国峠の頂上に到着しました

ちなみに今回はデジカメの充電を忘れていました
電源をいれたらフルマークだったのでそのまま持ってきたのですが
使い出したらいきなり目盛りが減りました
そのため今回は写真が少ないです

それでも三国峠は記念にパチリ
2010_1003BRM10020046.jpg
本日のメインディッシュ三国峠クリア@14時40分

ここからは下りです
大きなトンネルを二つ通りぬけたのですが
特に二つ目の二居トンネルの路面状況は最悪でした
舗装がチェーンではがれていて丸い石が露出しています
ただクルマのタイヤが通ることのない真ん中は舗装が残っています
ミラーで後ろを確認しながら真ん中を走り
クルマがくると減速して端に寄ってクルマをやり過ごします

ついに苗場スキー場が見えてきました
あの苗場です
まさか自転車で来るとは思わなかった(しかも目的地ではなく単なる通過点)
600キロは果てしなく長いです
2010_1003BRM10020050.jpg
苗場を通過@14時55分

三国峠から先はひたすら下りだと思っていたのですが苗場を過ぎると
上りです
聞いてないよ???
と思いながら上っていきます
再び下ると越後湯沢でした

三国峠から越後湯沢まで予想以上に距離がありました
コンビニがあったので当然のように吸い込まれます

もう今日は上りはありません(とこの時は思っていました)
ここは中休止です

みたらしだんご、おでん、コーヒーでまったりします
ただおでんをおつゆもしっかり飲んだらお腹が一杯になり
みたらしだんごは残しちゃいました
100均で買った自転車紐に挟んで補給食として持っていくことにしました
2010_1003BRM10020051.jpg
おでんが美味しい季節@越後湯沢15時40分

今回オルトリーブのサドルバッグの上に自転車紐(1個50センチぐらいで三個100円)で
雨具とかをビニール袋にくるんで括り付けています
また紐とビニール袋の間にティッシュやタオルなどを挟んでいました
そこにだんごも挟み込んじゃいました
これってすごく楽です
パッキングという作業ではなくただ挟み込むだけなので

ここから魚沼までは快適です
追い風でもあり40キロぐらいで飛ばします
魚沼でまたぬまっこさんに追いつきました
PC2までの残り10キロぐらいをご一緒させていただきました
PC2には17時40分に到着
ちょうどPC2で日没となりました
予定よりも早いぐらいなのにすでにPC2は閑散としています
600の参加者は速いですね

2010_1003BRM10020054.jpg
ぬまっこさんのコラテック@PC2にいっしょに17時40分到着

ぬまっこさんはここで夕食
自分はどこか途中のすき屋で夕食を摂ろうと思っていたので
先にスタートします
もう完全に真っ暗です
夜間走行です

走行距離はちょうど200キロを超えました
ずっとマイペースを保っていたので疲れはありません
いつものようにこの辺からペースが上がります
何人かのライダーをパスします

ところが渋川の交差点を左折して栃尾まで向かうのですが
照明は一切ない真っ暗な道です
しかもそこそこ傾斜があります
ちょっとした峠だったんですね
これも全くリサーチしていなかったので
聞いてないよ攻撃第二弾です(笑)
頑張るのをやめてまた省エネモードで登っていきます

まだ19時前なのに星が綺麗に見えます
ただあまりに暗いので下り道に入ってもスピードが出せません
峠を明るいうちにクリアしておくのと暗くなってから走るのでは
走行時間に差がでますね

下っていると寒くなってきました
そろそろ夜間走行用に服装をチェンジしないといけません

道の駅”とちお”があったので
立ち寄りました
すでに営業は終了しているので誰もいません

トイレの前のベンチを利用して着替えます
夏用の長袖ジャージを脱いで冬用のアンダーアーマーのランニング用の長袖を着込みます
アームウォーマーとレッグウォーマーも装着しました
これで寒さを感じることなく走ることができました

先ほど買ってあった”みたらしだんご”一串とデカビタを補給し出発です

すぐに栃尾の商店街に入ります
新潟は豪雪地帯だからなのでしょうか
商店街の歩道はアーケードとなっています
もう夜なのでシャッター通りなのかどうかはわかりませんでしたが
栃尾の商店街はなかなか良い雰囲気でした

ここからは市街地−田舎−市街地−田舎という形で走っていきます
ここは快調に飛ばします
途中コンビニでトイレ休憩を取った以外は止まらずに走り続けました

PC3まであと20キロぐらいのところで国道8号を横切りました
右に吉野家の看板が見えたのですが
できればすき屋の炭火焼き鳥丼(最近のマイブーム)+豚汁が食べたかったので
もう少し進んでみることにしました
これが大失敗でした
結局すき屋を含めた次の食事処を見つけたのはPC4を過ぎた長岡市内でした
後の祭りでした

もうすぐPC3の弥彦というところで
一人のライダーさんに追いつきました
自転車は白のBASSOです
Bilboさんでした
少しお話しをしながらPC3まではBilboさんと前後しながら走りました
2010_1003BRM10020055.jpg
弥彦神社の大鳥居

PC3には21時40分に到着しました
水分とオニギリを補給してここはすぐにスタートです
だって夕食はすき屋ですから・・・(笑)
ところが首都圏とは違いこのあとすき屋どころかお店が全くありません

しばらく走ってようやく海に出ました
寺泊です
海鮮食事処やお土産処が並んでいますが
すでに営業は終了しています
ここから海沿いを走りましたが
海沿いもお店なんか全くありません
右は海だったり漁港だったりしますが
真っ暗なので海沿いを満喫できません
明るいうちに通過できた人は気持良かったんだろうなって思いながら走ります
いよいよ海と別れ三国街道に左折するところで
一回ストップ

海が名残惜しかったというほどのこともないのですが
ただ通り過ぎるのもなんだかなぁと思い
日本海に着いた感慨を噛締めることにしました
潮騒を聴きながらしばしまったり
空にはオリオン座をはじめとした冬の星座が見えます
シリウスも輝いています
もう夏はおわったんだなって実感しました
2010_1003BRM10020056.jpg
日本海との別れを惜しむ@23時10分

さああと20キロでPC4です
先を急ぎましょう(急がないけど・・・)

PC4までの間はほとんど真っ暗で何もお店のない道路でした
結局夕食は摂れずじまいでした
こうやって日記を書いていて気づいたのですが
今回は補給少ないですね
それでも走れ切れているということは日ごろ補給のしすぎだったということでしょうか?
もちろん暑くないので体力の消耗が少ないということが一番の理由ですが
それでも少なかったですね

PC4には途中海沿いでの休憩中に抜かれたお二人に追いつき
三人で到着しました
少し遅れてBilboさんも到着されました
PC4の到着は23時55分でした

何とか日付が変わる前に到着できました
ここまで306.7キロ(ミスコースもありサイコンでは310キロ)を16時間台で走れました
上出来です
貯金も3時間半あります

疲れや体の痛みもほとんど出ていません
あとはこのあとどこで仮眠を取るかだけが問題です

さあどうしようか・・・


その2へ続く

スポンサーサイト


  1. 2010/10/09(土) 00:21:39|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
wiggle
www.wiggle.co.uk

BRM1002埼玉600アタック日本海 その2 PC4からゴール | ホーム | 600キロはやっぱり長い!! ブルベの後遺症

コメント

三国トンネル通って苗場!と言っても関西の私にはピンと来ないんですが、米津さん著の「ロングライドへでかけよう」に全く同じ記述がありました。
自転車でこんなとこまで来れるんだ、苗場までこんな近かったんだ・・・って。
のりぞーさんも同じようなこと感じられたみたいですね~
しかし三国トンネル怖そうです・・・

すき家の炭火焼き鳥丼、今度食べてみよ~っと^^
  1. 2010/10/10(日) 01:31:18 |
  2. URL |
  3. ひで #- |
  4. 編集

おはようございます。
実はPC1では、のりぞーさんのスピードだともっと早く到着されるだろうと思っていて、ちょっと心配してました。長く走るためのペースだったんですね。自分にはペース配分が課題です。
ブルベでは何人か知っている人がいれば、途中で何回も会えるのは楽しいですね。ぬまっこさん、Bilboさんとも会えてよかった^^。
すき屋と吉野家。私は両方好きですが、意外と店舗は少ないですね。確かご一緒した千葉400の時も1~2軒しかなかったような。喜多方の時も全然ありませんでした。もっと出店して欲しいです^^。
  1. 2010/10/10(日) 08:48:40 |
  2. URL |
  3. Naoki #L1ch7n1I |
  4. 編集

Re: タイトルなし

ひで さま

苗場ってやっぱり学生時代にスキーを楽しんだ世代にとっては
象徴的な場所です
なので米津さんも私もつい同じような感慨に耽ってしまたのだと思います

すき屋の炭火焼き鳥丼はそんなにオススメするようなものではないです
自分すき屋のカレーと牛丼がそんなに好きではないのでむしろ消去法です
牛丼はやっぱり吉野家か松屋が好きです(笑)

> 三国トンネル通って苗場!と言っても関西の私にはピンと来ないんですが、米津さん著の「ロングライドへでかけよう」に全く同じ記述がありました。
> 自転車でこんなとこまで来れるんだ、苗場までこんな近かったんだ・・・って。
> のりぞーさんも同じようなこと感じられたみたいですね~
> しかし三国トンネル怖そうです・・・
>
> すき家の炭火焼き鳥丼、今度食べてみよ~っと^^
  1. 2010/10/11(月) 01:06:27 |
  2. URL |
  3. のりぞー #- |
  4. 編集

Re: タイトルなし

Naokiさま

PC1やっぱり遅すぎですよね
ご心配をおかけしました
ただBRM130逗子300で最初に飛ばして痛い目にあったトラウマがあるので
それ以降は自重して走っています
今回は600だったのでさらに自重していました

PC1でのNaokiさんを筆頭にして
途中で知っている方にお会いできてお話しが出来ると
元気になってモチベーションも上がりますよね

本当にありがとうございました
折角力をいただいたのだからということで
PC2までの登りは頑張れました

でも来年は一緒に走りましょう!!


> おはようございます。
> 実はPC1では、のりぞーさんのスピードだともっと早く到着されるだろうと思っていて、ちょっと心配してました。長く走るためのペースだったんですね。自分にはペース配分が課題です。
> ブルベでは何人か知っている人がいれば、途中で何回も会えるのは楽しいですね。ぬまっこさん、Bilboさんとも会えてよかった^^。
> すき屋と吉野家。私は両方好きですが、意外と店舗は少ないですね。確かご一緒した千葉400の時も1~2軒しかなかったような。喜多方の時も全然ありませんでした。もっと出店して欲しいです^^。
  1. 2010/10/11(月) 01:09:48 |
  2. URL |
  3. のりぞー #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。