にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

キャンプとお山 瑞牆山と甲武信ケ岳 二日目 千曲川源流ルートで甲武信ケ岳

キャンプとお山の二日目です

一日目は瑞牆山に登りました

201707076.jpg

201707078.jpg

廻り目平のキャンプ場で
鹿の鳴き声を聞きながら就寝

翌日はテントを叩く雨音で目覚めました

いきなりめげるW

一時間ぐらいどうしようかとテントの中でもぞもぞ
こういう時間は嫌いではないですが、この時は無駄に時間を浪費していただけW

うだうだうしている間に空も明るくなってきました
雨も小降りになってきたので起きて朝食を取ることに
珍しく午前5時には起床していたのに
結局活動を開始したのは午前6時を回っていました

今日の予定は寝る前の段階で甲武信ヶ岳に変更していました
金峰山は直接キャンプ場からアプローチできるのですが
甲武信ヶ岳の千曲川源流ルートもここから近いことが分かりました
千曲川源流ルートは以前テレビ番組で観たことが有ります
なかなか趣の有るコースで、行った人のブログでもみんな褒めています

金峰山は瑞垣山登山口からアプローチ出来るので、
行こうと思えばいつでも行けます

一方で千曲川源流ルートでの甲武信ヶ岳は登山口にたどり着くまでが大変なので
そう簡単にはこられません
今は登山口からかなり近いところにいます
この機会を逃す手はないかなということで
今日の予定は千曲川源流ルートで甲武信ヶ岳に決めました

ただ、朝方の雨で予定が狂い(狂わせた)スタートが遅れています
また、天気も微妙なので、予定は緩やかに変更
千曲川の源流までトレッキング
気持ちが乗れば甲武信ヶ岳に登るというプランにしました

廻り目平は日暮れ直前に到着してそのままチェックアウトとなっていまし
せっかくのキャンプ場内を探検・楽しむことが出来ませんでした
キャンプ&金峰山でまた来ようと思いながらチェックアウト

キャンプ場から20分ぐらいで千曲川源流ルートの登山口である毛木平に到着
クルマは15台ぐらいで空いています
トイレモ綺麗♪

201707082.jpg
千曲川源流ルートの登山口 毛木平 綺麗です

201707081.jpg
登山届を提出

201707083.jpg
駐車場はガラガラ


のんびり準備をして
7時48分に毛木平をスタート

最初は林道、そして川沿いの緩やかな道を上がって行きます
トレランな方々なら上りもほとんど走れそうです
自分は一歩たりとも走らず、トレッキングモードで進んで行きます

201707084.jpg
いきなり良い感じの林道からスタート

林道が終わっても川沿いの遊歩道という感じの道が続きます
昨日の瑞垣山とはえらい違いです
こういう道が好き!!

201707093.jpg

201707161.jpg
渓流沿いを進んで行く♪

201707104.jpg

201707110.jpg

201707167.jpg
緩やかな登山道が続きます

201707095.jpg
新緑が綺麗

201707099.jpg
新芽

201707107.jpg

201707110.jpg

201707159.jpg
苔の感じが素敵♪

気持ちの良い道です
ゆっくりと景色を眺めながら
そして何度も足を止めて休憩を入れながら上っていきます

201707168.jpg
そろそろ源流部も近い?


そして千曲川源流に到着
当たり前ですが急傾斜との切り替え地点でした

201707121.jpg
千曲川源流の碑

201707122.jpg
コップが置いてなければ分からないW

源流に下りてみると管とかは無く
そのまま水が湧き出しているところにコップが置いて有りました
ちょっと拍子抜けW

衛生観念は強くないので当然飲みます
普通の美味しい水でした

ここまで二時間ちょっと、結構遠かった

さて、ここまではなだらかなトレッキングコースでしたが
ここから一気に甲武信ヶ岳までは分水嶺の尾根に出るまで急傾斜となります

行くのか自分?
CTだと50分で山頂のようです

急な上りは大体50%から60%ぐらいで計算出来るので
約30分ぐらいで頂上には着けそう

時刻は9時50分ぐらい
ピストンしても時間的には問題なさそう
天気も持ちそうです

次にいつここにこられるか分からないので
折角なので登頂することにします

傾斜は急ですが左右にくねくねしながら上っていく道です
たんたんと歩くこと15分ぐらいで尾根道に到着しました

201707123.jpg
尾根道(分水嶺)に合流

ここから尾根道を歩いて15分ぐらいで甲武信ケ岳山頂に到着しました
時刻は10時31分
休憩込みで2時間45分の道程でした

山頂は昨日の瑞牆山とは打って変わって360度の眺望が開けています
風は強いものの富士山も綺麗に見えました

201707133.jpg
頂上手前は細かい岩

201707132.jpg
富士山を見ながら

201707139.jpg
甲武信ケ岳頂上に到着!!

ただ頂上は狭いので5分ぐらいで退却

途中にあった富士山ポイントで休憩することにしました
石に腰掛けて持ってきたパンを食べて補給
自分はあまり山メシ的なものには興味がないというか
それだったら荷物を軽くしたい方なので今日もストーブ類は置いてきました
暖かいものが必要なときはサーモスに下で沸かしたお湯を持っていくぐらい。
今日は寒くもないのでサーモスの中身は水W

201707154.jpg
甲府盆地越しに富士山が見える♪
201707157.jpg
寄ってみる!!

ここで15分ぐらい休憩してました
景色も堪能しました
さあ、帰りましょう

11時02分に休憩場所から下山開始

下りはやっぱり苦手ですが、ここの斜面は岩場ではないので
気持ちよく下れました

源流部まで下るとそこからはトレランモードで走れる道です
みんなは8割ぐらいは走るのだろうけど
自分は本当に走りやすいところだけ走りました

それなのに、、、
ちょっと木の根などが有るところだったので
走るのを止めて歩きだしたところでなぜか前方にダイブ

左脚で踏んだ枯れ枝が右足に引っかかり前方に脚が出ず
歩いていたのでスローモーションで前方に倒れてしまいました
特に危険な倒れ方では無かったのですが、
運悪く手をついたところに石が有ったようで
左手の小指だけ石に当たってしまい反るように体重がかかりつき指状態に
あまり良い感じではない

幸い隣に川が流れています
川に下りて指を冷やします
水冷たい!!
30秒も浸していると指の感覚が無くなってきます
でもそれが良かったのか、予後は順調でした
10分ぐらいストップ(休憩)してました

またその時に膝をついてしまったのですが
今日は膝とお尻が補強されているタイプの登山パンツを着用していました
補強されていないパンツだったら膝が破けてしまっていたと思いますが
補強されていたので身体もパンツもセーフ!!
もう元は取ったW

201707172.jpg
膝部分が補強されていたのでパンツは無傷!

ちょっと元気を失ってしまいました
ここからしばらくは走れる道だけど歩いてました(笑)

歩いていてのダイブという情けないことをやってしまったものの
走れるところは走って登山口まで帰ってきました

12時58分に毛木平に戻ってきました
所要時間はグロスで5時間10分でした
ネットは中休止は頂上周辺とダイブと源流部で30分ぐらい
その他休憩は多数取ったので
要は分からない(笑)

CT
登山:毛木平⇒甲武信ヶ岳 3時間55分(グロス2時間43分)
下山:甲武信ヶ岳⇒毛木平 3時間20分(グロス1時間56分)

15.6kmの山行でした


さて、どこで汗を流して帰るか。。
結局この辺には行ってみたい温泉も無かったので昨日と同じ増富の湯へ
もはや湯治のおっさんです

あとは無事帰宅するだけです
明野のJAの産直に寄って桃(千代錦)を購入
ちょっと小ぶりだったけど、だめならヨーグルトに入れちゃえば良いと思ったのですが
期待以上に甘い桃でした♪

今回の山行は、天候に翻弄されて
当日に予定を変更するなど行き当たりばったり

それでも、結果的には二つのお山にも登れました
行ってみたかったキャンプ場に泊まれ、温泉にもしっかり二回入っています

結果的には、充実した二日間でした

頚椎ヘルニアが完治しない状況でも有り
追い込むべき目標となる大会にもエントリーしていません

ただ、これまで猫背だった姿勢を
頚椎ヘルニアを機にかなり矯正出来てきました
 (多分久しぶりに会った人は驚くんじゃないかと。。)

その結果アとして、重心を前に崩すことが出来てきたようで
前傾でのバランスの崩れをを利用して走れるようになってきました
ランエコは良い感じになっているのは実感しています
今ならウルトラ系は前より楽に完走出来るのではと心密かに思っています!
スタミナと脚力は別ですが(笑)

これからもこんなゆるゆるな感じで
お山とキャンプをしていきたいな♪

201707175.jpg
201707173.jpg
毛木平の案内板

201707179.jpg
クルマじゃない人は、バス亭迄このレタス畑を4km歩くらしい。。。

スポンサーサイト
  1. 2017/07/26(水) 23:50:22|
  2. トレラン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

キャンプとお山 瑞牆山と甲武信ケ岳 一日目瑞牆山

当初この記事のタイトルは「お山でキャンプ@八ヶ岳」だったのですが
天候に恵まれずお山でのキャンプは諦め
「キャンプとお山 〇〇山」となってしまいました。。


ということで、久々の更新です

実は去年、今年と、身内に不幸が続きました
また自分自身も頚椎ヘルニアが再発したことも有り
まとも体を動かしたり遊んだりすることが出来ていません

去年はおんたけウルトラにエントリーしていたものの諸事情によりDNS
信越五岳110kmもエントリーしていたのですが、
こちらは頚椎ヘルニアが酷く、
会場には行ったものの、前夜祭でたらふく食べただけ、
当日は応援だけという状態でした

結局去年は大会出場ゼロに終わりました

そのような状況なので、2017年は大会へのエントリーそのものを控えることに
(お金も勿体無いしW)

ただ、頚椎ヘルニアに関しては、良くはならないものの、
特に悪化もせずという小康状態になっています
痛みや痺れも長く続くとなれてしまうもので(w)
2017年3月ごろからは、自転車に長い時間乗るのは無理ですが
何とかランは再開出来るようになってきました

とはいえ、まだ大会にエントリーするとか完走するとかを想定する感じではないので
ここ最近はお山に少しづつ通っています
でもトレランというよりファストハイク(下りも基本走らない。。)

6月一杯で、もろもろの処理もなんとか先が見えてきました
そこで、7月1日、2日は、リフレッシュも兼ねて””お山でキャンプ”に行くことにしました

そうは言っても、重いリュックを背負っての登山は
頚椎ヘルニア持ちにはちょっと厳しい
出来るだけ近いところにベーステントを張り、そこから軽装でお山に
登るということで行き先を探しました

今回の目的地は八ヶ岳オーレン小屋でキャンプに決定
そこを拠点に周囲を散策するプランを立てていました

ところが当日は悪天候
八ヶ岳勿論のこと、山梨、長野はどこのお山に行くことも厳しい状況です
普通だったら山行キャンプそのものを中止するレベルです

ただ、今回は心と身体をリフレッシュすることが目的なので
とにかくどこかで野宿はするのだ!!ということでとにかく出発することにしました

自宅を午前4時過ぎに出発
しばらくは曇天だったものの、中央高速の笹子トンネルを抜けたら土砂降り。。
ほのかな期待はここで砕かれてしまい、テンション下がります
疲労が溜まっている中での早起きだったこともあり
猛烈な睡魔に襲われてしまいました
天候の回復を期待して途中の高速のSAで仮眠することに

その間も外は土砂降りです
そして、一時間近く仮眠

起きたらやっぱり土砂降り。。
さらに酷くなってましたW

そんなことを呟いていたら、
「瑞牆山なら登山道が森の中なので雨や風の影響をあまり受けずに上れますよ!」
との助言をいただきました

ノン(ビーグル)とサキ(ラブラドール)の二匹とキャンプしていた時は
増冨の湯の先の元谷川でよく遊んでました
その際に瑞牆山山荘で何度か食事をしたことも有ります

瑞牆山は、もともといつか上ってみたいと思っていたお山でもあったので
その言葉を信じて、とにかく瑞牆山を今日の目標にして行動を開始することに

瑞牆山の登山口に着いたのは朝の九時ぐらい
天気予報も悪いし本当に天気が悪い(笑)ので、駐車場はガラガラです
外は相変わらず土砂降りW

201707000.jpg
土砂降りだからガラガラ@土曜日の朝

めげめげですが、早起きした分まだ時間もたっぷり有ります
上下ゴア、シューズもゴアの重装備で取り合えず9時半ちょっと前にのそのそとスタート

とはいえ、登山道は森林の中なので歩き出してしまえば、
雨はほとんど気になりません

30分弱で富士見小屋に到着しました
ここで登山届を提出します
ところが小屋の前は空が開けているので土砂降りです
屋根から水が滝のように流れ落ちています
雨に濡れながら富士見小屋で登山届けを提出しました

201707006.jpg
いやになるぐらい雨降ってます

そしてここで失敗してしまいました
雨が余りにも酷くて集中力を欠いていたんですね
ここから瑞牆山と金峰山の二つのルートに分かれます
それは知っていたのですが、
そのまま目の前にあった登山道を歩き出してしまいました

登山道は森の中、気持ちの良い上りが続きます。。。。。。
ここで分かる人はわかると思いますが、
実は金峰山へのルートを登っていました
気持ちよく30分ぐらい歩いていました(笑)

どうも東に向かっている気配
なんだかいやな予感がする。。
そして初めて出てきた案内標識
そこにはに大日小屋の表示が。。

やっちゃった!というよりやっぱり。。(笑)

ルートミス!!!

瑞垣山にどうしても登りたいということでも無かったので
このまま目的地を変えて金峰山にむかうという選択肢も実は有りです
一瞬そうしようかと思ったのですが、
頂上手前からは岩場で吹きっさらしだというのは聞いていたので
この悪天候の中、行く山ではないと思い却下
時間もたっぷり有るので引き返すことに

途中で抜かした人とすれ違い、素直にミスルートを告白し
笑われたりしつつ
再び富士見小屋に到着
上り25分下り15分のトレーニングおかわりとなりました

トイレを借りて、水場に一度降りて水を補給
改めて瑞垣山に向けて登山開始です

201707009.jpg
水は豊富♪@富士見小屋

富士見小屋からは平坦よりは少し上るぐらいの道が続きます
そして途中から一気に下ります
個人的には下った分上ることになるのでひたすら上る方が好き
下りきって天鳥川を渡ると有名な桃太郎岩が有りました♪

201707012.jpg
下りきって天鳥川を渡る

201707014.jpg
桃太郎岩

桃太郎岩から頂上まではCTで1時間30分とのこと

さあ頑張りましょう!

ここからは

”これが瑞牆山だよ!!”

という感じで岩場を登っていきます

少しですがはしごや鎖も有りました
個人的にはこういうアスレチック的なルートは苦手です
上っていけばいつかは着くと思いながら上っていくと
なんとなく頂上が近いのではと思わせる巨岩が見えてきました

201707016.jpg
麓から見えている岩かな?

この辺の岩は大きいです
ルートが良く分からず、戻って別ルートで上り直すこともしばしば

それでも上っていればいつかは上りも終わる。。
なんとか上りきって瑞垣山公園からのルートと合流
そこから頂上はすぐでした
201707023.jpg
頂上はガスでなにも見えず。。

頂上到着は11時55分
4Kmで着くはずなのに何故か6Km超(笑)

201707027.jpg

9時20分に駐車場ををスタートしているので2時間35分かかっています
ほぼCT(2時間50分)通り。。
コースミス関連の55分を除くと1時間40分でした

頂上につくと風も雨もそれなりです
当然のようにガスっていて噂の絶景は見えず
それでも一時的に雲が切れて川上村方面だけ一瞬雲が切れました

201707031.jpg
この一瞬だけガスが晴れた♪

それもつかの間
またガスの中となったのでさっさと下ります

下りは苦手だなあ
それでもなんとか下ってやっとこさっとこ桃太郎岩に到着
ここにベンチが有ったので少し休憩

そして富士見小屋に向けて今日最後の上り返し
こういう上りは
息を切らさないレベルでゆるゆると上っている間に標高を稼いでいく感じなので
好きです♪

上りきったところから富士見小屋までは
少しだけトレランモードで走ったりしてみました

そして富士見小屋に到着
雨はもう上がっていました

201707005.jpg
テント場@土砂降り

201707042.jpg
テント場@雨上がり

201707045.jpg
なぜ見落としたW

水だけ補給してそのまま下ります

駐車場に着くころには雨も上がっていました♪

瑞牆山荘(9:22)ー富士見平(9:50)ー大日小屋の手前(10:15)ー富士見平(10:37/10:45)ー天鳥川(11:05)
ー瑞牆山山頂(11:55/12:05)ー天鳥川(13:10/13:17)ー富士見平(13:34/13:38)ー瑞牆山荘(13:58)


標準タイム:登り 2時間50分/下り 2時間10分

純粋なコースだけ抽出すると、上り1時間40分、下り1時間40分 変わらない(笑)




まずはお風呂と食事です
ここから一番近い増富の湯に行くことに

201707048.jpg
増富の湯に到着!

増富の湯について、まずは食事!!
ところが食堂の営業時間中ではあったのですが
時間が遅かったため、揚げ物用の油は落としてしまったとのこと
唯一お蕎麦だけなら大丈夫だったので
一番カロリーが有りそうなとろろ蕎麦を食してからお風呂に

ここには何回か来ていますが、
ここのお風呂はいつも微妙な感じを抱いてしまいます。。
お風呂のお湯はいかにも効能が有りそうで有難味があるんですが
湯治的な作りなので気持ちの良い露天風呂とかは無いんです

今回はソロなので時間もたっぷり有ります
ヌルイお湯にじっくりと浸かり身体の疲れを癒します
また、ここの脱衣所には竹を割ったものを敷いた休憩スペースがあります
これは良いです
周りを気にせずにしっかりと寝転んだ体制でストレッチが出来ます
おかげで脚も回復しました

さて、今日の宿泊と明日の予定はどうしようか
当初候補に入れていた廻り目平のキャンプ場はここからまあまあ近くです
キャンプ場は金峰山への登山口でもあります
明日元気だったら今日間違えて行きかけた金峰山にも上れます
ということで廻り目平に宿泊して翌日金峰山に行くというプランで決定!!

信州峠を越えてスーパーナナーズで買出しをしてからキャンプ場へ
無事18時過ぎには到着
201707054.jpg
アプローチから素敵♪

フリーサイトなのでどこに張っても良いのですが
もうすぐ日暮れです
場内を見て回る時間はないので
駐車場周辺でテントを張るところを探します
すると駐車場の端っこに焚き火の跡があるところを発見
ここならオートキャンプも可能です
クルマが近いといろいろ楽なのでそこにテントを張ることに決めました
201707075.jpg
半径20mにだれも居ない

201707071.jpg
日暮れ前にテント設営完了!

そして食事
ここは直火で焚火が出来るのですが今回はパス

いつものおでんにソーセージを追加投入して汁系のおかずは完了
簡単だけど暖かいものが簡単に食べられるのでお気に入りです

201707060.jpg
お山仕様なので質素! でもいいんです♪

201707062.jpg
おでん+ソーセージと熱燗で身体を温める

キャンプとかお山とかでの食事は簡単で身体が温まるもので有れば良いタイプなので
これで満足です
ビールと熱燗を飲んでほろ酔い(酒に弱いから本当に酔ってるW)で寝る体制に
鹿のキューンッ!という鳴き声を聞きながらいつのまに就寝していました

201707076.jpg
キャンプ場の風景@翌朝

route mizugaki
一日目 瑞牆山登山

二日目は金峰山のはずが気が付くと甲武信ケ岳に登ってましたW

久々のブログは慣れなくて疲れました

二日目のアップはいつになるのか。。

  1. 2017/07/25(火) 00:11:59|
  2. トレラン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

| ホーム |