にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

BRM511宇都宮300牛久発 完走記

5月11日BRM511宇都宮300牛久を走ってきました

結果はぎりぎりで完走!!
今回は雨ブルベでしかも夜間走行が多かったので写真は少ないです

20130514P1010215.jpg
宇都宮300牛久はスタートから夜明けまで雨でした

20130514P1010232.jpg
ゴールは無駄晴れ!!


前日の天気予報はとにかく雨
夜は5㎜以上とかなり降りそうです
雨のナイトブルベがほぼ確定!!

スタートする意欲はどんどんと衰えてきます
普通なら間違いなくDNSなのですが
翌週にはBRM518名古屋600が控えています

今年のブルベはまだ200Km1本しか走っていません
さすがにそれで600Kmに出走するわけにはいきません
名古屋の参加資格に2013年に300Km以上を完走していることという規定もあるし。。。

ということで
気持ちは全くのらないもののだらだらと雨ブルベの準備をします

20130514P1010213.jpg
ガムテープで簡易ドロヨケを装備(後輪)

20130514P1010212.jpg
同前輪

今回のブルベは14時スタートです
起床はいつもと同じ午前9時
これが早朝スタートだったらやっぱりDNSしていたたと思います

今回のブルベは気持ちが乗っていないとこうなるよ!!
という典型のようになにもかもうまく行かないブルベとなりました(笑)

まずはガソリンがなかった
GSに寄るのにまず20分程度のロス

牛久に着いてから自転車を見ると尾灯がない!!
尾灯はジテツウなど普段使いのランドナーに付けたままでした
尾灯なしでは出走することが出来ません

そのため、牛久のスタート地点には13時15分には到着していたのに
急遽尾灯探しを開始

幸いAJ宇都宮は至れり尽くせりなので
近くのサイクルショップまで参加案内に入っています

一番近いサイクルショップの住所をカーナビに入力するも
そんな細かい住所はしらないよん!!
とカーナビに拒否られてしまいました

それでも近くまではナビで案内してもらいます
集合場所はひたちの牛久駅の西側ですがショップは東側です
なんとなく回ってみますがどこか分からない
雨が土砂降りなので誰かに聞こうとも地元の人も歩いていません

幸い目の前にホーマックを発見
北海道時代にお世話になったホームセンターです
もっともその頃は石黒ホーマでしたが

多分自転車は扱っているはずだから尾灯もあるだろうということで
寄ってみました

あった♪♪♪

無事尾灯を購入出来ました
もともと自転車に付いているのはキャットアイの製品です
同じ製品はなかったのですが
ブラケットは同じかもという期待を込めて何個か有る尾灯の中からキャットアイの製品をチョイス

そのまま付くことを期待したのですがブラケットの形状は違っていました
結局新しく取り付けることに。。。
ところがこのブラケットだとシートステイには取り付けられない
なんとかシートポストに取り付けた時には既に時刻は13時45分ぐらいになっていました

集合場所は雨なのでひたち野牛久駅雨に変わっているはず
駅前の駐車場にクルマを停めて急いで準備します

そして駅前に行くもブルベの気配はありません
駐輪場の中や駅の上に上がってみたけどやっぱり気配がない
ここで5分ぐらいロス
時刻は既にスタート時間の14時を過ぎてしまいました
スタートクローズは14時30なのでまだ時間に余裕はありますが
心に余裕はゼロ
雨の中横浜から牛久まで来たのに
スタート地点が分からずにDNSはさすがに厳し過ぎます

ということはやっぱり公園か?

急いで公園に向かいます
するとタープとスタッフの姿を発見
ひと安心!!

すでに参加者は影も形もありません

スタッフの方にお詫びをしつつ遅れた理由を説明しながら
チェックを受けスタート
今回のブルベはウェーブスタートを採用していたので
遅刻したにもかかわらず
14時10分スタートにしてもらえました

いつもならこの10分はあってもなくてもという時間なのですが
今回はこの10分に助けられることになりました

ただ受付地点からスタート地点までは自転車乗車禁止とのことだったので
公園の端のスタート地点に到着したときには既に14時20分を過ぎてました(笑)

当たり前ですが土砂降りです
自走ではないので脚も温まっていないのでゆっくり走ります

今回は以前ホームセンターで買っておいたレインフットガードを初めて装着しました

初めてなのでちょっと不安でしたが
今のところきちんと機能しています

それでもクリートにビニールがかぶらないようにするのに
一度停車してガムテープで固定しました

ちなみにこの商品
右側は最後まで機能したのですが
左側は途中で下のゴムが切れてしまい
足首がうまくカバーされなくなりそれなりに水が侵入してしまいました
微妙な商品ではありますが
最初にきちんとガムテープで固定しておけば意外と役立つ商品でした

初見のコースで土地勘もほとんどありません
本来ならばスタートしてから市街地を抜けるまではコバンザメ的に走れればと思っていたのですが
参加者の姿は全く有りません
一つ一つのポイントを間違えないように慎重に走ります

新治まではミスコースなしで到着することが出来ました
このあとは朝日トンネルから道祖神峠を越えていきます

田舎の山間部の道のようなのでコンビニがどこにあるかも分からないので
貯金もほとんどないくせにここで休みを入れることにしました
ココストアで休憩(15時25分~15時37分)

どこかで休んでいる参加者とかが通過しないかな?ってほのかに期待したのですが
結局参加者は来ず
また離れてしまいました(悲)

しかも休んだので他の参加者とは最低でも15分以上は差がついています
本当に独りぼっち!!

朝日トンネルは左側は少し路肩があったので
そんなに脅えることなく走れました

20130514P1010216.jpg
朝日トンネルを抜ける


次は良く話題になる道祖神峠です
だけど道祖神峠って何㎞地点から始まるのか何㎞の長さなのか
全く情報を持っていません

実は朝日トンネルからそれなりに距離がありました(笑)
ちなみに朝日トンネルから道祖神峠の間にはそれなりにコンビニがありました

雨は強くなるばかりです
どにょりとした気持ちででしばらく走っていると
やっと峠に良くある『降雨量で通行止めにするよん』という標識が出てきました
いよいよ道祖神峠のようです

最初はそれなりにきついけどちょうど脚も温まってきたところなので
まあなんとかなるじゃんと思って上り始めたのですが
なかなか終わらない
いつになっても傾斜が緩くなりません
きつかったです

だれもいないので藤の写真撮影という名目で1回休んじゃいました(笑)
それでも先週のジテツウでインナークルクルの練習をしたおかげで
シッティングでも我慢して上っていけます
最後は立ち漕ぎ入れちゃいましたが何とか無事峠をクリア
下りは雨も強く路面は水が流れている状態だったので
無理せずにゆっくり下ります

20130514P1010217.jpg
自生している藤@道祖神峠


宇都宮のキューシートは良くできています
距離はピッタリです
また目標物も明記してくれているので曲がる場所が合っているか確認出来ます
有りがたい!!

ここまでは順調にミスコースせずに走れています
ところが。。。
笠間市に近づいてきたところで
キューシーの指示に惑わされちゃいました
走った後だと「分岐があるけれども道なりに走る」という意味だと分かるのですが
これは「右」とか書かれていると
曲がらなければと思ってしまいつい違うところを曲がってしまいます

そして痛恨のミス!!
Y字を道なりに右というのを
その交差点を過ぎた次の交差点を間違えて右折
約2キロぐらい走ってさすがにこれは違うと気がつき戻ります

次の指示もまた間違えて狭い橋を渡ろうとしたりして
あっという間にサイコンの距離が合わなくなってしまいました

幸い笠間の市街地はミスコースせずに走れたので
PC1には17時15分に到着
14時スタートでの貯金が21分
自分の場合はプラス10分なので31分の貯金でした
予想以上に時間が掛かっています
ここで今日初めて2人の参加者に会いました

20130514P1010219.jpg
PC1に到着(17時15分~17時49分)

ゴアのカッパは腕の部分が身体に張り付いています
染みているのではないのでしょうが
汗が冷えて寒いので
夏用の長袖インナーを脱いでアンダーアーマーのコールドギアに着替えます
雨だとなにもかもがスローになってしまい気が付けば30分以上滞在していました
PC1を出る時はまた一人に(笑)

出発するときには貯金はマイナス3分になっていました
ゼロからのスタートです
自分の後にはだれも来なかったので
ビリ確定!!(笑)

ここからしばらくは田舎道なんだろうって思ってましたが
平坦な道ではなくちょこちょことコブが有ります
中山峠という小さな峠も有りました

PC1出発時点で借金状態なのでここは少しスピードを上げて走りたいところです
ところが交通量は少ないのですがトラックが横を飛ばして走り抜けていくのは怖い!!
路面も水が浮いているので結局あまりスピードを上げることが出来ませんでした

いろいろな地名が出てきますが
ちんぷんかんぷんです
サイコンの距離が進んでいくのだけを頼りに走り続けます

そして日が暮れました
キューシートを確認しようとしてヘルメットに付いているヘッドライトをオンにしようとしたところ

んっ?
なんとライトがない!?


出発時点では付いていたのですが
休憩でヘルメットを脱いだ時に外れてしまったようです

自分はGPSナビは使わずキューシートだけで走っています
サイコンはバックライトがあるのでライトがなくても確認出来ますが
キューシートはライトを当てないと全く見ることが出来ません

通常でも次のポイントまでの距離を呪文のように唱えているのですが
それでもたまにキューシートを確認しています
今日は常に唱えていなければなりません

しかも雨ブルベなので道路も水たまりや白線を避けながらの走りとなります
夜はさらに視認性も悪くなります
精神的には晴れの日の3倍ぐらい神経を研ぎ澄ましての走りとなります

ということで
当然のように再びミスコース(笑)

常陸太田市で市街地の手前で曲がるはずが市街地に出てしまいました
ところが幸いにもそこでダイソーを発見
ラッキー!!
早速ヘルメットに付けられるライトを探しますが
さすがに神様も尾灯の時のように甘くはなく便利なものは見つからず
とはいえ雨宿りしつつコーヒーブレイクで13分の休憩でした

一応予備にMOONのMETEORを持って来ていたので
ブラケットを外して胸のポケットに入れて懐中電灯代わりにキューシートを照らすことで
対処することにしました

といっても雨の中走りながらライトをかざすなどの芸当は出来るはずもなく
結局街灯と自販機の灯りでキューシートを確認することで走っちゃいました

なので一つ一つの交差点で止まって確認するのでスピードが上がりません
すると後ろから参加者が。。。
おおっビリじゃない!!(笑)
聞くとミスコースをされたとのこと

このあとPC3の手前までこの方とは何度かすれ違いました

PC2にたどり着く時に
市街地を看板を目印に曲がらないと着かないのですが
そんなもの暗くて雨が降っていたら確認出来ません

結局海まで出てしまいました(笑)
PC2は海沿いにあることは事前に調べていたので
海沿いを走って無事PC2に到着

時刻は20時13分貯金は27分
相変わらず貯金が出来ません

PC2には雨の中スタッフが待機していてくれました
あまり食欲がないのですが
パンとピルクルを無理やり補給して出発

あまり滞在していたつもりはないのですが
グローブを絞ったりウェアを調整したりしている間に結構な時間がかかり
PC2出発時点では再び貯金はゼロでのスタートに!

来た道を戻るだけの簡単なお仕事なのですが
もともと間違えているので戻れません!!

指定された道を走りだしたものの左折ポイントを行きすぎてしまい迷う!!
しかも後ろに2人付いてきてしまいました
申し訳ない!!
戻りながら大体こっちじゃない?
って走って見るも見たことのない線路などが。。。

ここで一人が携帯電話のGPSで位置確認するとかなり北に来てしまっているらしい
ここでお互いどちらが早くコースに復帰出来るか頑張ってみませう!!
ということで別れました
自分はなんとなく南に走り病院が見えたので病院を目指します
自転車しか走れないような道を経て病院を目指していると
見たことのある道路に出られ無事コースに復帰
わずか1キロ走るのに15分もかかっていました
PC2は結局マイナス15分でのスタートとなりました

ここから佐竹高校入口まででも何度かミスコース
この時はマイナスが30分ぐらいまで拡大していたので
このあとの田舎道はそれなりにアップダウンがあることを考えると
タイムアウトの可能性がかなり高くなっていました
常磐線に近いここでDNFしちゃおうかって真剣に考えていました

参加者も通らず電池が少なくなってきているスマホのGPSを起動させて位置を確認
実はコース上にいたなどというボケもかましてました
ここで佐竹高校入口にたどり着けたので走り続けましたが
変なところにいたらここでDNFしてました

自分の市が分かって少しだけやる気が戻ってきました
太田中学校以降はミスコースをすると市街地とは違って
すぐには気がつかないので大変なことになります
そのためPC2からPC4だけは事前に地図でコースを頭にたたき込んでいたので
何とか大きなミスコースなしで走りきることが出来ました

途中でトイレ&ビニール手袋内に溜まった水を絞るためにココストアで停車
時刻は22時50分
PC2手前でご一緒した方も5分後ぐらいに到着しましたが
到着直前に店が終了してしまいました
自分もギリギリでした!!

23時に最スタート!
その方としばらく一緒に走りますが
脚が若干合わないのと時間はやっとオンタイム程度なので先行させてもらいます

途中で一人抜きますが烏山の10キロぐらい手前の峠っぽいところで間違って右折してしまいミスコース
ミスコースから復帰したところでその参加者の少し前に入りました

自分は最終ウェーブのスタートなので多分10分ぐらいの余裕がある状態
すると後ろにいる人は多分ギリギリかな?
頑張れって思いながらも千切ってしまいました!

なんとか坂を上りきりました
下りで稼ぎたいのですがコースはくねっていて雨も降っているので
スピードが出せません

じりじりしながら走り続けるとやっと烏山の橋が見えてきました
150キロも走ってタイムアウトは洒落になりません
ほっと一安心のPC3の到着でした
PC3(24時01分~24時23分)

PC3には先着者が2人
一人は落車によるマシントラブルでここでDNFとのこと
どうするんですか?と聞くと
近くにレジャーホテルがあるらしいのでそこで朝まで休むとのこと

最後の峠で後ろにいた人はギリギリ5分前ぐらいに到着
途中のコンビニで一緒になった人は結局PC3には現れませんでした
大丈夫だったのかな?
ファミレスとかもないところだったのでどうされたのかしら

PC4まではアップダウンも有りそうだけれど
なんとなくここで一安心
さすがに雨にも慣れました
完走できる可能性が見えてきたのでモチベーションも少し回復

PC3は最後から2人目でスタート
貯金はマイナス5分
150キロ走って借金生活(笑)
多分初めての経験です!

このあたりからやっと脚が回ってきました(遅いって)
途中の上りで一人をパス
これで後ろから3番目
ブービー&ブービーメーカー脱出に成功!!

快調に走って氏家の周辺まで来ました
これまでは時間に追われていましたがある程度貯金も出きました
脚は順調です
もうそんな急坂はないはず(実はあったW)
ということでここで休憩をいれることにしました

183キロ地点の上田原町のファミリーマートで休憩(1時54分~2時15分)
PC4まで残り15キロで90分なので約30分あった貯金はまた10分に(笑)
20分の休憩でPC4に向けてスタート!!

パンクしたらタイムオーバーですが
なんとなくそういうことは起きないだろうという根拠のない自信と
自発的な休憩の結果
もしもタイムアウトになっても完走すればいいや!!
っていう開き直りが有りました(笑)

あと少し頑張ってPC4だと思って走り出すと
途中にちっちゃな峠がありました

予習してないし
コースプロファイルでは気づかない峠です
予想外だったので地味にダメージを受けました

それほど長い峠ではなかったので救われました!!
だんだんと道が広くなって徳治郎の交差点を通過しました

ここ知ってる!!

知っている道に出ると安心します

そして鶴ccに向けて右折
いよいよ宇都宮ブルベの参加者が必ず日記に書き
ジャパンカップでよく見る鶴ccの劇坂です
初見だけど楽しみ!!

走ってみると距離は短いですが
やっぱりきつい
一度脚を付いたら再びこぎ出すのは大変なぐらい

それでもシッティングと立ち漕ぎで無事クリア
3月ぐらいだったら時速10キロ切った時点で立ち漕ぎしてましたが
やっと脚を回せるようになってきた成果か
シッティングでの遅いスピードにも精神的に耐えられるようになってきました
自転車に慣れてきたのかな!!

PC4への曲がり口で参加者とすれ違います
やっと別の集団に追いついてきたようです

PC4には3時03分に到着(貯金はわずか17分)

PC4ではスタッフからみそ汁をご馳走になりました
ありがとうございました

ここからは平坦だからもう大丈夫ですよ
とのスタッフからの声

朝になるし雨も止むから大丈夫かな

森林公園の道を一人で下ります
途中で右に曲がる道もあり右手にも車が走っているのが分かります
ちょっと不安に

交差点に出たところで不安になり
角にあった7-11の店員さんに道を確認
「そのまま真っすぐで良いですよ」と教えて貰いお礼を言ってからスタート
ここから先は以前板東三十三観音巡りで走ったことのある道でした

追分の交差点を過ぎたところで夜が明けました
もうゴールするだけなのでタイムアウトの心配はなさそうです
例幣使街道のY字分岐の7-11で中休止(4時22分~4時37分)
雨もほとんど止みました

20130514P1010221.jpg
雨が止んだ@例幣使街道の分岐地点の7-11


既に胃がやられていて食欲はありません
補給しないと走れなくなるのでプリンを購入して
飲むようにして食べましたが
甘くて余計気持ち悪くなってしまいました
ちょっとぐったりしながらの休憩でした

ここから先は農道のような道を走ります
夜中だと不安一杯だったと思いますが
遅かった特典(笑)で補足された交差点にある表示を注意していれば
問題なく走れます
また夜が明けたのでいつでもキューシートを確認出来るようになりました!!

20130514P1010222.jpg
夜明けの一本道

20130514P1010223.jpg
雲はまだ低い

PC5に到着(5時31分~5時57分、クローズ6時26分)
貯金は約1時間
もう安心!!

だんだん見たことのない人が増えてきます
雨はもう降らなさそう
むしろ太陽が出て暑くなりそうです
上はゴアのカッパを脱ぎ
シューズカバーも外します
パンツは脱ぐのと仕舞うのが面倒だったので取りあえずはそのまま
結局パンツはゴールまで脱ぎませんでした

左足は途中でカバーのゴムが破けてしまったので水がかなり入っていました
靴下を脱いでみると足裏はしわしわで真っ白
しばらく靴下を脱いで足裏に外気をあてます

PC5をまた単独でスタート

何個か川を渡ります
鬼怒川ってこんなところを流れているんですね

20130514P1010231.jpg
川には鯉のぼり!!


時間には余裕が有ります
今更タイムを縮めてもあまり意味がないので
疲労を残さないように流して走ります

八千代町の7-11で休憩(7時19分~7時30分)
日なたぼっこしながらコーヒー牛乳でエネルギー補給
補給はもう液体に頼ります

愛国橋を渡りつくば市に入りました
この辺りはつくばマラソンのコースの近くです

何個かの分岐が心配でしたが無事ミスコースなしで走れました
万博記念公園から榎戸の交差点までも問題なく走れたのですが
榎戸の交差点でミスコース
ここからかなり迷ってしまいました

K'sデンキでは18時間56分
ところで大野屋旅館はどこ?
公園の外周を走ってみますが見あたりません
最後は地元の人に「大野屋旅館ってどこですか」と聞いて無事到着

ブービーでのゴールでした

20130514P1010233.jpg
遅くなりました!!@ゴール受付

タイムも300では最遅のタイム(笑)
18時間台でゴール出来ると思っていたのですが
結局19時間超えちゃいました

ゴール受付では「もう後ろが居ないから好きなだけ食べて!!」
とイチゴをいただきました

スタッフの方と少しお話とお礼を述べてから辞去するときに最終走者もゴールしました

今回のブルベはコースの難易度はそれほどではなかったかと思いますが
道祖神峠や鶴CCなど随所にスパイスが効いていました

PC2からPC4までの道は晴れた昼間にもう一度走ってみたいな?

この300を完走したので名古屋600の出走資格を獲得しました
300でこれだけ疲れたのだからいきなり600はやっぱりきつかったかも

クルマに戻って自転車を積みます
当初は駅前の温泉に入って入浴&仮眠をしようかと思っていましたが
眠気を感じません

高速が渋滞する前に戻っちゃおう!!
そのまま帰宅することにします
ところが運転していると少し眠気が襲ってきました
八潮のPAで30分ぐらい休憩&気絶

スッキリとしてから一気に横浜まで戻りました

200と300では装備も変わってきます
久々すぎて何を準備すれば良いか忘れていました
しかも雨

結構ボケボケのブルベでした

ウワンさんも出走していたのですが
スタートから遅刻してしまい結局お会いすることが出来ませんでした

今回はナイトブルベを楽しむというより修業ブルベでした

AJ宇都宮のブルベも終わってしまえば楽しいブルベでした

ただ一つだけ困ったのはキューシートがPDFだったことです
もし可能であればエクセルで公開していただければと思います
ブルベは本来キューシートを基本に参加者が『ここで川を渡る』などの情報を追加して走るものだと思います

キューシートがPDFでもGPSで走る人には全く関係ないと思いますが
キューシートだけで走ろうとする人には辛いです

今回は PIKA NEWさんにPDFのエクセル化の仕方を教えて貰って
エクセル化してから加工しましたが文字化け多数で結構大変でした
PIKA NEWさんありがとうございました!!

20130514P1010228.jpg
色分けや加筆しているキューシート(右折は赤、左折は黒、直進は青)

勝手なお願いですがもしも可能であればキューシートで走るライダー向けに
エクセルで公開して貰えれば嬉しいです!!

スタッフの皆様、後方で一緒に走った皆様
ありがとうございました&お疲れさまでした

twitterで応援していただいた皆様
途中で励ましていただきありがとうございました

(グロス)  
   総走行距離 317.0キロ
   総走行時間 18時間56分
   累積標高   1638m(GARMIN) 

(ネット)
   総走行時間 14時間26分47秒
   平均時速   21.9キロ


20130511宇都宮300


スポンサーサイト
  1. 2013/05/25(土) 22:48:55|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

【速報】 BRM518名古屋600完走!!

今年の600キロは昨年に続いてBRM518名古屋600を走ってきました

今回もなんとか完走することが出来ました

20130519P1010339.jpg
晴天@浜名湖弁天島

20130519P1010355.jpg
土砂降り@御油の松並木


前回は独りぼっちでの遠征ブルベでしたが
今回は事前のPRと本ブログの効果?(笑)で
東京から出走された方が何人かいたのでみんなで楽しく走ることが出来ました

ただ、前回はそれほど辛いとは思わなかったコースが
今回はかなり厳しいコースに感じました

2回目だとコースが分かっているので楽なはずなのですが
記憶が自分に都合の良いように改ざんされていたらしく
「あれっ!?こんなにこの峠ってきつかったっけ?」
って思うこともしばしばでした

またホテルでしっかりと仮眠を取ったにも関わらず
途中で今までに経験したことのない眠気に襲われ急遽仮眠休憩を取ったりもしました
多分スタート前に2時間ぐらいしか睡眠時間が取れなかったので
大会中に仮眠をしても足りなかったのだと思います
前日の仮眠は本当に重要ですね

タイムもミスコース多発の去年よりも悪くなっています
平均時速も1キロ(23.6km→22.6km)も落ちています

初日の強風(往路追い風、復路向かい風)と2日目の午後からの雨の影響も大きいですが
やっぱり完走とコースタイムの予測ができてしまうので
緊張感が足りず追い込めなかったことが遅くなった要因だと思います

1年間何してたの?っていうことは有りますが
まずは苦手な600キロを無事完走出来たので中身は深く問うのは止めておきます(笑)


いつもブルベでご一緒している方達と走ることが出来たので
楽しいブルベでした!!

20130518P1010282.jpg
ウワンさんと走る@下呂温泉


これでチャレンジ富士五湖(30キロ地点でDNF)が終わってからの1ヶ月という
短くも濃い自転車月間も無事終了しました
 『BRM511宇都宮300牛久』
 『BRM518名古屋600丘と海』
と2週連続でブルベを走り9日間で一気に約1000キロも走れました
久々にしっかり自転車に乗れたかな?

満足です♪


BRM324青葉200道志の完走と合わせてSRにもリーチがかかりました

大好きな西東京主催の『BRM622西東京400大きく富士山一周』を完走してSR達成!!
が今期の自転車での目標だったのですが
前週の6月15日に『風の谷ウルトラマラソン100キロ』(ラン)が有ります
チャレンジ富士五湖が予想外のDNFとなってしまい急遽参加することにした大会です

ウルトラマラソンの翌週にブルベ400キロはさすがに厳しいかな?
このままいくと2013年のSRは難しいかもしれません

ただ現在の最大の目標はウルトラマラソン100kmの完走なので
SRはひとまず置いておきます
BRM706茂木600クラシックか秋に400を一本走れたらSR取得出来るかも?


詳報はいつものようにしばしお待ちを・・・

まずは前週の宇都宮300牛久の日記書かなくちゃ(笑)



BRM518名古屋600丘と海の記録ブルベ
(グロス)  
   総走行距離 611.0キロ
   総走行時間 38時間02分
   累積標高   3929m(ルートラボ) 

(ネット)
   総走行時間 26時間56分38秒
   平均時速   22.6キロ

BRM52601.jpg
初日のコース375km(豊田-高山-岡崎)

BRM52602.jpg
2日目のコース230km(岡崎-浜名湖-伊良湖-豊田)

  1. 2013/05/23(木) 00:11:41|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:10

【速報】 BRM511宇都宮300牛久 完走!!

4月まではウルトラマラソンの完走を目指して
自転車はランのクロストレーニング的な位置づけでしたが
ウルトラの大会も終了

ランもまだ大会は続きますが5月は自転車頑張ります!!

ということで

5月11日BRM511宇都宮300牛久を走ってきました

『牛久-笠間-常陸大田-烏山-宇都宮-牛久』という周回コースです
激坂はあるものの基本は平坦基調でした
久々の300にはちょうど良い難易度かな?
って思ってエントリーしたのですが
悪天候で難易度高めでした(笑)


結果はぎりぎりで完走!!

20130514P1010222.jpg
明け方の農道を走る  ♪好きな時間♪


トラブル多発でスタート時間に間に合わず
遅れて独りぼっちでのスタート

結局最後までほぼ単独走行でした

スタート前から土砂降りの雨
夜半には止むはずだった雨は結局明け方まで止むことなく
夜の雨中走行ブルベとなりました

その結果タイムを稼げず
ミスコースもあって宇都宮までの200キロは
常にタイムアウトを意識しながらの走りとなりました

おまけにヘッドライトをどこかで紛失してしまったため
夜間走行ではキューシートを常時見ることが出来ず
街灯や自販機の明かりでキューシートを確認しながらの走行となりました

初見コースだったこともあり
304キロのコースを317キロも走ってました

キューシートでオリエンテーリング的に走るのもブルベの醍醐味だと思ってはいますが
今回だけはナビがあったらなって正直思いました


そんなこんなで今回は300㎞のブルベでは最も遅い
19時間10分(スタート地点からのタイムは18時間56分)での完走となりました

20130514P1010218.jpg

コースは平坦基調だと思っていたのですが
道祖神峠と鶴CCの劇坂や日立から宇都宮までのアップダウンなど
それなりに苦しめられました

天気が良かったとしても楽なブルベではなかったのではと思います
でもコースプロファイルとしては気持ちの良いアップダウンだったので
お気に入りのコースでした
是非とも晴れの日に走ってみたい!!

わずか300㎞なのに400㎞以上の疲労です
雨は精神的にも疲れます

次はBRM518名古屋600丘と海です
このコースは2012年も走っています

自分の実力でもホテルで仮眠できる観光コース&優しいコース設定です
天気予報はまたも雨模様ですが
宇都宮300ほど酷い雨ではないはず!!

ということで今週末もブルベなので
取り合えず速報ベースでアップします!!

詳報はしばしお待ちを。。。


ブルベ  計測はK'Sデンキ前から

(グロス)  
   総走行距離 317.0キロ
   総走行時間 18時間56分
   累積標高   1638m(GARMIN) 

(ネット)
   総走行時間 14時間26分47秒
   平均時速   21.9キロ


20130511宇都宮300
今回のコース ほぼ100kmの三角形

  1. 2013/05/14(火) 23:14:58|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

チャレンジ富士五湖 参戦記 その1 スタートまで

4月21日チャレンジ富士五湖100Kmを走ってきました

結果は低体温症になってしまい30キロ地点でDNFとなりました
フルマラソンより短い距離でのリタイア

ランを始める時の目標だった大会だったので
本当に残念な結果に終わってしまいました

20130421P1010190.jpg
たどり着けなかったゴール。。。

参戦記を書く前に今回は『自分とラン』について少し書きます
それはこの大会こそが自分にとってのランの始まりだったから。。。


なぜこの大会が目標だったのか

それは。。。

チャレンジ富士五湖を二人の尊敬するアスリートが走っていたから

昨年は二人ともチャレンジ富士五湖112㎞を完走しています

今年も一人はチャレンジ富士五湖112㎞を完走!!
もう一人はステージを上げてUTMFを走り完走!!

目標は常に先に進んでいるのでいつまでたっても追いつけない目標です
凄いです!!

自分は自転車に乗り始めるまではジョギングすらしたことはありませんでした
フルマラソンは遠い世界のこと
ウルトラマラソンに至っては違う宇宙のものだと思っていました

本格的にランに取り組んだのは2011年の6月から
目標は当然ウルトラマラソンの完走です
フルマラソンはあくまでもウルトラ完走へのステップという位置付けでした

ランは好きだけれども今でも正直苦手なスポーツです
フルマラソンはタイムを追い掛けて走らなければならないので特に苦手!!
たとえファンランでもフルマラソンは自分には長すぎます(笑)

それでもウルトラマラソン完走のためには
フルマラソンから逃げるわけにはいきません

幸いフルマラソンも地脚が出来るまでは苦戦しましたが
地脚が出来てからは自転車(ブルベ)で丸1日動き続けている効果もあり
筋肉が衝撃に耐えられる時間が課題というところまで来ることが出来ました

ランに割けるリソースには限りがあります
少ないリソース(練習時間)は全てウルトラマラソンの完走に振り向けていました

それでも耐衝撃力とのバランスで
キロ5分10秒ぐらいであれば
フルマラソンの距離は耐えられるところまで来ました

直近の東京マラソンでは
距離の短いウルトラというイメージで40キロのペース走
最後10㎞をロングスパートという走り方で3.75でフィニッシュ

マラソンのタイムを縮めるためのスピード練習などはほとんどしていない割には
それなりのタイムでまとめられるようになりました
フルマラソンは大会中ずっと高負荷の時間が続きます
追い込みが苦手な自分としてはもう充分過ぎます!!

今後はタイムよりもコースなどを楽しみながら完走を目的として走る
ウルトラやトレラン大会で楽しく苦しみたい!!

そして今日は新たなランナー生活に入るための区切りとなる日
2年間のランの集大成の日でした




ウルトラを走るのは今回で3回目です

1回目のウルトラは2012年4月の『知多半島ウルトラ遠足80キロ(実質77キロ)
チャレンジ富士五湖にエントリーが出来なかったために同日開催の大会に参加

当日は大会開催が危ぶまれるほどの暴風雨(向かいの志摩ロードパーティーは短縮して開催)の中でしたが
歩くことなく無事完走することが出来ました

思えば最初がうまく行きすぎていたのかも?


2回目は10月の『四万十川ウルトラマラソン』直前まで故障に悩まされて満足な練習が出来ないまま出走

20キロを過ぎた峠の下りで足首を痛めてしまい
そこから40キロ走り続けたものの
最後は足を付くことすらままならず71キロ地点でリタイア
練習不足ではあったものの故障さえなければ完走は出来たのではと思える内容でした

今回が3度目の正直になるはずでした

1月以降は大きな故障もなく
2月にフルマラソン(東京マラソン)、3月に65キロのマラニックも無事完走
長時間トレーニングとして
自転車で山中湖往復200キロのブルベは走ったので(300ブルベは悪天候で走れなかった)
ちょっと不十分ですがまあ許容範囲

全てがうまく行ってました

ところが木曜日の夜から急に体調が悪化
喉の痛みと副鼻腔の痛み
金曜日に会社の診療所で抗生物質を貰ったものの
熱は下がったが喉と鼻は全く駄目
体調は戻らず

金曜日の夜の時点ではとても日曜日に運動出来る状態まで戻らなそう
このままの状態でチームと一緒に行動すると風邪をうつしてしまうのではないか
取りあえずチームには帯同せず土曜日の午後まで様子を見て
走れそうだったら自分でクルマを運転して宿泊場所まで向かおうかと考えていました

そのため走るかどうかもわからないという状態での準備には当然身も入りません
なんとなくだらだらと最低限の準備だけして土曜日の朝を迎えました

幸い土曜日の朝には抗生物質のおかげで体調もかなり回復
そのままチームと一緒に富士五湖まで移動することにしました

とはいえ抗生物質で無理やり体調を維持しているだけなので
クスリの効果が切れてくると少し辛い状態
でもクスリが効いてくるとそれなりに元気
クスリって凄いっ!!

天気は予報通りどんどん悪化
夕方には雨が雪に変わってしまいました
明日本当に開催されるのか?
という状態

20130420P1010142.jpg
受付会場


北麓公園の体育館で受付を済ませてから近くのキャンプ場にチェックイン
土砂降りの雨ですがゼッケンを貰うとさすがに気分は盛り上がってきます

20130420P1010147.jpg
たどり着いたら土砂降りの雨!!

バイパス沿いのファミレスで夕食を食べている時には雨は雪に変わりました
宿に戻ったときには雪が積もっていました

20130420P1010151.jpg
雪積もってる(笑)

明日本当に大会が開催されるのか?
体調も悪いのでこんな悪条件では正直走りたくない!!
開催されてもこの体調で本当に走れるのだろうか?
リスクを背負って走って良いのだろうか?
不安は募るばかり。。。

21時には就寝体制に入ったもののなかなか寝付けません
結局寝たのは深夜0時過ぎ
それでも起床時間の午前3時まで3時間弱は寝られたので
自分的にはまずまずだったかな

朝食は今回は応援に回ってくれたメンバーが用意してくれていました
走らずにチームのメンバーのために午前1時過ぎには起床してサポートしてくれる
有難くて涙が出ます

豚汁とカレーライス美味しかったです
皆さんありがとう!!

外は土砂降り!!
ウェアはどうしようか

当初はアンダーアーマーのコールドギアの長袖を着用しようと思っていました
ところがチームのメンバーはみな薄着
自分は汗かきなので暑くなるとパフォーマンスが一気に落ちます

悩んだ結果
 上:タンクトップにTシャツ
   腕はアームカバーに緩めのレッグウォーマー
   ウインドブレーカーとゴミ袋
 下:アシックスのロングタイツ、ランパン
 他:キャップは首にもツバのついたアウトドア用(コロンビア)
   指切り手袋+炊事用ビニール手袋(超薄手)
 靴:アディゼロボストン2、ソックス:TRR-30G

手袋は指きりしか持ってきていなかったので
それにチームで用意してくれた炊事用の薄いビニール手袋という状態
山中湖の気温は0度近いことは分かっていましたが
かなりの薄着を選択

金曜日の準備段階で
モチベーションが低かったために備えまでの準備までに至らず
そのためホッカイロは忘れてしまったのでなし

今思えばこの時点でDNFは決まっていたのだと思います

ここまでに複数のミスをしています
 ①当初の想定通りアンダーアーマーのコールドギアを着用する
 ②フルフィンガーの手袋
 ③ホカロン
このうちの二つでもクリア出来ていれば今回の結果は変わっていたのかもしれません

宿からスタート地点までは500メートルもないので
スタート直前まで宿で待機してギリギリの時間でスタート地点に向かいました

<その2>へ続く

  1. 2013/05/10(金) 00:09:57|
  2. ウルトラマラソン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

チャレンジ富士五湖 参戦記 その2 スタートから

<その1>から続く


雨は土砂降りです

ただ、今回は首の後ろにもつばのついたキャップを被っているので頭や首に雨が掛かることはありません
また知多半島と違って風がないので雨もそんなには気になりません

20130421P1010165.jpg
土砂降りです!

直前まで建物の中にいたのでスタートはほぼ最後尾
まあ長い旅なのでスタートは関係ありません

スタートロスは約3分
参加者数の割にはみんながゆっくりスタートしていくので
それなりにロスタイムがありました

20130421P1010167.jpg
いよいよスタート!!

最初の湖である山中湖に向かいます
道はなぜか上ったり降りたり(笑)

道路は雨と前日に降った雪が溶けて川のようになっています
時折深めの水たまりも有ります

道路に溜まっている水は昨日からの雪解け水と凍えるような雨で氷水のような冷たさです
靴に入り込んでくるとキーンと冷えが伝わります
特に水たまりなどで一気に靴に水が入ると脳まで冷たさが突き抜けました(笑)

時折集団がストップします
最初はなんで?
って思いましたが実はこの水たまりを除けるためでした

このストップにはじき慣れました(笑)
止まったら水たまりがあるんだなって納得しながら走ります

残念ながら景色を楽しむ余裕は全く有りませんでしたが
途中桜花びらの上に雪が積もるというなかなかに珍しい景色もありました
晴れていれば最高の景色なんだろうなって思いながら走ります

20130421P1010174.jpg
桜と雪!!


今回の目標は最低でも12時間切り出来れば11時間40分(700分)での完走を目標にしていました

去年の知多半島の時のエコランペースはキロ6分35秒ぐらいで80キロ
歩きなし9時間で完走しています

現在のエコランペースはキロ6分20秒ペース
故障さえなければ80キロまでは6分30秒以内のペースでは走れるはず

1年で脚も強化されているので、出来れば最後の急坂以外は走りきりたい
スタートしてしばらくはそんな大それたことを考えていました(恥)

走っていると雨脚は予想以上に強くウインドブレーカーを着ているものの
本格的な防水仕様ではないのでビニール袋で覆われていない腕の部分はしっかりと水が染みてきます
しかも防寒用に腕に付けていたウォーマーが水を吸って重りになり腕を冷やします
その結果身体まで冷えが回ってきてしまい最悪の状態!!

身体の冷えに加えてウエアも中途半端に身体に張り付くので走っていて不快指数はMAX!!
当然トイレに行きたくなります
ところがみんな同じように身体が冷えているのでトイレはどこも混んでいます
山中湖まで行けばトイレは沢山あると聞いていたので
山中湖までは我慢して走ることにしました

国道に出ると今日初めての信号です
大規模なマラソン大会と違って
ウルトラマラソンは基本交通規制はないので信号遵守です

20130421P1010178.jpg
国道で信号待ち

山中湖に上っていく国道沿いの歩道は川のように水が流れています
ところどころに大きな水たまりがあるのですが二列がやっとの歩道なので逃げようが有りません
水たまりに何度も脚を突っ込んでしまいすっかり足が冷えきってしまいました

ようやく左折して忍野へ
雨はどんどん強くなっています
ファナックを過ぎてそろそろ山中湖という時に112キロの先頭とすれ違います

そしてやっとこさ山中湖に到着

トイレ!!トイレ!!
空いていそうなトイレを探しながら走ります

20130421P1010182.jpg
山中湖に到着 雨は土砂降り(笑)

最初のトイレは混んでたのでパス
二つめのトイレを発見!!
思わずトイレに向かって方向を転換したら
歩道(駐車場)と車道を分けるコンクリートの縁石に思いっきり躓いて転倒!!
手と足と強打してしまいました

ビニール手袋と指切り手袋を二重にしていたので
手のひらは大丈夫でしたが指切り手袋から出ていた左の小指はザックリとえぐれてしまいました

20130421P1010209.jpg
左足の膝と小指を負傷!


しかも目指したトイレは転んで起きあがった時には沢山の人が並んでいました
諦めて次のトイレを目指した走りだします

すると右側のレストランから出てくるランナーを発見
横に並んだ時に
『トイレですか?』って聞いてみると
『トイレ貸してくれましたよ!!』とのこと

屋内のトイレは貴重なので少し戻ってレストランのトイレに
外まで人が並んでいないので中には一人しかいませんでした

きれいなトイレに感謝!!
同時にウェアもきちんと身支度することが出来ました

気分は持ち直しました
再び走り出しますが10分近くストップしていたので身体は冷え切ってしまいました
普通なら500mも走れば普通なら身体は暖まるのですが
この日は走っても走っても身体が全く温まりません

20130421P1010184.jpg
ブルベでもおなじみの気温表示板  0度!!

ちょっとまずい!!
とにかく身体を温めないとということで
少しだけペースをあげてみます
といっても上げたつもりでも実際にはちょうど6分20秒ぐらいといういつものペースです
身体が冷えて筋肉も硬直しているのでいつもより遅くなっています
でも先のことを考えるとこれ以上ペースは上げられません

20130421P1010185.jpg
光っているのは水溜り(笑)


山中湖を半周してキララを超えたところで20キロ
トイレ休憩があった割にはそれなりのペースでした
エコランは筋肉や条件にはあまり左右されないようです

20130421P1010188.jpg
20キロ地点 @7時24分(スタートから144分)

そしてまたトイレに行きたくなり再びストップ
二度目のストップで完全に身体の芯まで冷え切ってしまいました

この時点で指先の感覚も無くなってきたのでこれ以降は写真は有りません

ママの森の上りも歩かずに走ってみたけれども
上り坂ですら身体は暖まらず

ログを確認すると上り坂を走っているのに心拍は140で固定されていました
心拍は上がらない状態
既に低体温症になっていたようです

山中湖に別れを告げるところでチームのサポートカーを発見
既に止まったらその時点で身体が凍りつく!!
という状態だったのでちょっとだけお話をしてから再びスタート

忍野に向けて先ほど走ってきた道を走ります
そして関門(8時45分)には8時19分に到着
8時10分到着予定だったのでペースはやっぱりそれなりでした

スタッフがガスバーナーから炎を出してくれていたのに手をかざしてみますが
全く暖かくない(笑)

止まっているとこの時点でアウトになるのは確定事項!!
リタイアも心をよぎりましたが
もう少し頑張ってみることにして再び走り出しました

道路は相変わらず川のようになっています
下りなのにペースは全く上がりません
指先は凍えて既に感覚が有りません
身体も悪寒がするほど冷えています

本当にまずい!!
とにかくまずは指先を温めないとということで
缶コーヒーで指先を温めようと思い
忍野の曲がり角にあったコンビニ(ローソン)に入ることにしました

既に指の感覚は全くないので
応援の方にお願いして
ウエストポーチを開けて貰い財布を取り出して貰いました
 突然のお願いに対応いただきありがとうございました

コンビニに入りホットコーヒーを購入しようとしますが手がまともに動かない
レジの人に財布を渡してsuicaで決済してもらいます(笑)

まずは両方の手でしっかりと缶コーヒーを抱きしめました
少しだけでも指が温まったところで缶コーヒーも飲んで身体を温めようと無駄に努力!!

当然ですが飲んだら暖房器具がなくなります
追加でもう1本購入して再び缶コーヒーで指を温めます(笑)
指先はかなり感覚を取り戻してきたものの缶コーヒーを飲んだぐらいでは身体は全く温まらず
全身の悪寒は酷くなるばかり

10分ぐらいそうしていたでしょうか
このままじっとしていても全身の悪寒は収まりそうにありません
動いて身体を温めるしかない!!

もう少しだけ頑張ってみようかと思って
ちょっと動いてみたら

脚は完全に硬直していました!!(笑)

動き出せばなんとかなることは分かっていますが
風邪で抗生物質と炎症止めを飲んでいての状態です

医者からは
クスリを飲んでいると心不全などを突然起こすこともあるので気をつけて!!
と言われて(脅されて)いました

体調が普通であればもう少し頑張るということも出来ますが

体調不良の中
低体温症になっている状態で無理をするのはリスクが大きすぎる
雨は昼には止むはずだし河口湖まで降りれば気温も少しは上がる
コンディションは今が最低でこれより悪くなることはない
というのは分かっていましたが

突然の心停止などはさすがに怖い!!

心も折れてしまいここでリタイアを選択しました


31.1キロ 3時間38分


短いけれどもラン人生の中で一番辛い3時間38分でした


後から考えれば
コンビニに入った時点で既に心は折れていたのだと思います

なのでこの時は悔しいという思いはあるものの
心底悔しいという程では正直ありませんでした

回収車を待っていてもいつ回収されるか分かりません
携帯は持っていないのでチームに連絡も取れません
コンビニの方にお願いしてタクシーを呼んでもらいました
コンビニの方には本当にお世話になりました
ありがとうございました!!

10分ぐらいでタクシーが到着
全身びしょ濡れなのでタオルを敷いてもらいその上に座ります

宿泊場所はスタート地点からすぐです
タクシーはコースに沿って走っていきます
車窓からはチームのメンバーが走っているのが見えました
頑張れ!!
って声をかけようかとも思いましたが
辛い中必死に頑張っているメンバーの心を折ってはいけないと思い
声は掛けませんでした

無事宿泊場所に到着!

お風呂に入れるということなので
まずはお風呂に飛び込みます

骨まで冷え切っているので湯船に浸かってもなかなか温まりません
面白かったのはくしゃみが止まらなくなってしまったこと
湯船の中でも外でもくしゃみを連発
この日は一日中くしゃみが止まりませんでした
多分70回ぐらいはくしゃみをしたと思います(笑)

人間身体の芯まで冷えると体温が戻るまでこんな状態になるのですね
良い勉強になりました♪

お風呂で身体が温まりひと心地ついたところで
やっと悔しさがこみ上げてきました

この時までは本当に生きて生還出来て良かった!!
あのまま走っていたら本当にヤバかったのでは?
という思いだけで悔しいと思う余裕すらありませんでした(笑)

2年間の集大成だったはずが
秋以降の練習の成果を試すことなくこんなかたちで終わってしまうとは

体調の問題も有りましたが
天候への対策が甘かったことが一番悔しくてしかたがありませんでした

こんな形でリタイアしたのは自分だけかと思っていたのですが
しばらくすると同じように低体温症でリタイアしたメンバーが戻ってきていました

グランドスラムを達成して月に500キロ以上走り込んでいる人
トレランの長距離大会を完走している人
自分からみれば雲の上のような人たちもリタイアしていました

もっともそのような速い人は常に薄着なので
これだけの悪天候だと低体温になってしまうのは
ある意味やむを得ないリスクだったのではと思います
自分のように運動量の少ない状態で走るランナーが低体温症になるのとは意味が違います

みなさんも悔しかったと思います

それでもみんなで明るく話していると
慰めになり少し明るくなりました

感謝です!!

その後も低体温症に起因する故障やスピードの低下などで
続々とリタイアしたメンバーが戻ってきました
チームで100キロを走ったチームの男性メンバー9人中完走3名という厳しい結果となりました
女性はしっかり完走していました
凄い!!

夕方になってそろそろ走っているメンバーがゴールしてきます

今日はmasaさんも112㎞を走っています
ランナーズアップデートを確認してみると
不具合が出ているようでスタートしていないことになっている。。。(笑)

SNSを確認してみるとまだ走り続けていてもうすぐゴールするようです
やっぱり凄い!!

WEBで応援されているとはいえ
コース上では一人で走っているmasaさん

これはお迎えに行かねば。。。

幸いクスリが効いているせいか
体調は外を歩けるぐらいまでに回復しています

着られるだけ着込んで外にでます
既に雨は上がっていますがそれでも寒い!!

masaさんとすれ違いにならないようにゴール地点からコースを逆送するように歩きます
コース上はこの悪条件の中もうすぐ完走という猛者たちが続々と帰ってきています
歩きながら戻ってくるランナー全員に『お帰りなさい!!お疲れさま!!』って声を掛けます

みんな辛いはずなのに笑顔になったり
嬉しそうに手を振ってくれたりしてくれます

応援しているはずなのにこちらが元気を貰います!!

坂を上り切り(ランナーは最後の下り)ました
そしてランナーが一番辛い上り坂の頂点にさしかかろうかというところで
ゴール目指して走ってくるmasaさんを発見

脚に痛みを抱えながらの走りだったそうですが
傍目からはとても110キロ以上走ってきたランナーには見えません

並走しながら先回りして写真を撮ろうかと思ったら
masaさんが速すぎて脚だけはフレッシュな自分が先回りするのが大変なぐらいでした

P1010192.jpg
これからもずっと追いかけ続けるであろうmasaさんの背中!!

一度分かれてゴール地点で再びお出迎えをすることに
そこにはSNSを見ているうちに居ても立ってもいられなくなり
突発的にゴールを迎えにきたa-rouさんの姿も!!

自分もmasaさんにインスパイアされてランを始めました
a-rouさんもいつかランナーとしてこのコースを走っているのかな?
いろんな人に影響を与えながら走る続けるmasaさん
格好良すぎる!!

P1010208.jpg
ゴール後のmasaさん 後ろの完走者が感極まって泣いている!!

P1010206.jpg
masaさんとa-rouさん

ゴール後masaさんとしばしお話してから解散!!

自分は改めてゴールする人たちに声援をおくるべくコースに戻ります
さきほど走ったことでかいた汗が冷えたことと
寒さの影響でちょっと体調が悪くなってきました
それでもチームのメンバーのゴールも何人か見届けることが出来たので
一度宿舎に戻ることにしました

結局そのまま動けなくなり
最後タイムリミットギリギリで完走したチームメンバーの感動のゴールには立ち会えず

帰りの車も100㎞を完走したメンバーに運転してもらうという体たらくでした


自転車とランを始めてからは風邪も引かなくなり
引いたとしても長引かずに治っていたのですが
今回の風邪はタチが悪く3週間たった今でも完全に治ったとは言えない状態です
本当に参りました!!

このままではランの二年目は消化不良で終わってしまいます

それは辛いので最後にもう一本だけウルトラマラソンを走りたい!!

急遽エントリー可能なウルトラマラソン100㎞を探したところ
『風の谷ウルトラマラソン100km』という大会があることが分かりました

福島県の猪苗代湖周辺を走るコースです
地元の人が主催するイベントなので
チップ計測などもなく自治体等の支援もほとんどない手作りイベントのようです

それでもWEBで検索してみると参加者の評判は悪くはありません
福島支援の意味も含めて参加することにしました

知多半島ウルトラやブルベを走っているので
必要最小限ののサポーでも充分です

最近大規模な大会やチームサポートがある大会ばかり走って
ちょっと過保護になりかけていたので
独りぼっちで地元の人や参加者と触れ合いながら走るのもちょうど良いかも

5月はブルベ(自転車)メーンなので
ウルトラに向けての特別な練習は出来ません
ロング走を1回ぐらい出来れば上出来という状態で参加します

風の谷のコースには布引高原へ往復と御御霊櫃峠と二つの大きなアップダウンがあります
四万十川ウルトラマラソンの最初の峠と同じような感じです

完走することよりも今の自分の力を素直に試しつつ
四万十川の峠の下り方の練習になればと思って走ってきます

脚に違和感を感じた時は無理せずリタイヤするつもりです


ちょっとエンデューロ系の運動に疲れてきているので
夏は少し自転車とラン以外の遊び(釣りやゴルフ)も入れていきたいかな?


でもオクム(奥武蔵ウルトラマラソン)にエントリーしてしまった(笑)



20130420 チャレンジrap
ラップタイム


20130420 チャレンジ心拍to
22キロ以降のママの森でも心拍は上がらず 低体温恐るべし!!

20130420 チャレンジroute2
忍野の曲がり角でリタイア

  1. 2013/05/10(金) 00:07:59|
  2. ウルトラマラソン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

【備忘録】メンテ

ブレーキの効きが悪くなってきたので
ブレーキワイヤーを交換しました

自分は握力が人並み以下なので
フリクションロスがあるとブレーキが効かせられなくなってしまうのです

前回交換したのはいつか。。。
記録が無いので分からない(笑)
多分一昨年ぐらいのはず

今回はちょっと張り込んでshimanoのPTFEにしてみました

アウターケーブルを交換すると当然バーテープも交換となります
最近自転車に乗っていないので
自転車に乗車しているだけで疲労してしまいます

折角なので手への衝撃を緩和するべくなにか挿もう!!

最初は耐震ジェルなども考えたのですが
イマイチ自転車には使え無そう

コーナンでなにか使えるものはないかと思って探していたら
コルクシートなるものを発見

今回2ミリを購入しました

バーテープの下に巻いてみたら結構良い感じ
それなりに効果はありそうです

実際に効果があると良いのだけれど。。。

合わせてタイヤも交換

今回もアルトレモDDをチョイス
余り人気がないのですが
グリップもあり、耐パンクフィルムも入っているので
パンクリスクはかなり軽減されていると思います

実際このタイヤにしてからブルベ中のパンクはないはず

もっと人気が出ても良いと思うのだけれど。。。

タイヤはいつものようにwiggleで購入
割引クーポンなどを使ううと一本4000円ぐらいだから
決して高くはないと思うのですが。。。

  1. 2013/05/05(日) 23:40:25|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2013年04月の走行距離

2013年04月の走行距離です


<ラン> 月間100キロ!! チャレンジ富士五湖DNFで距離が伸びず

チャレンジ富士五湖の調整で大会前も約70キロと少な目
そして本番は低体温症になってしまいわずか30キロでDNF

わずか100キロに終わりました

本当に情けない!!

ランシーズンはこれで一区切りの予定でしたが
6月に急遽風の谷ウルトラマラソンを走ることにしました


<自転車> 久々にヤビツTTもどき

BRM406青葉300本栖みちを悪天候によりDNSしたため距離を稼げず

チャレンジ富士五湖に向けて脚力強化で久々にヤビツTTもどきにトライしたものの
不完全燃焼!!

自転車もランも不完全燃焼に終わった4月でした

5月は300と600の二つのブルベを走ります

2013年はこのままだとSRは難しいかもしれないですが
600を一本は完走しておきたいところです


2013年04月の走行距離

 トータル :  395.8キロ
 ラ  ン  : 100.5キロ (チャレンジ富士五湖30キロW)
 自転車  :  295.3キロ (ヤビツ1回)

201304 月間走行距離




  1. 2013/05/05(日) 22:54:45|
  2. 月間記録|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

| ホーム |