にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

BRM526名古屋600丘と海 完走(速報)

BRM526名古屋600に出走し無事完走することが出来ました

今回は600なので苦しい時もありましたが
完全なヤラレブルベにならずにそこそこ元気に完走することが出来ました

そこそこ元気に完走出来た理由は仮眠が上手く取れたこと
いつもは苦労する2日目も疲労はあっても眠気を感じて辛いということはありませんでした

317.jpg
高山陣屋@初日

372.jpg
浜名湖弁天島@二日目

600を完走したのは2010年秋のアタック日本海に続いて2回目です
前回は完走はできたもののホテルを取らず行き倒れ仮眠作戦でなかなか寝られず大苦戦
最終的に昼前にうまく気絶仮眠できたからという結果オーライでの完走

2011年はその行き倒れ仮眠がうまく行かず
胃腸が完全にやられてしまい無念のDNF

今回はコース設定の妙で前泊したホテルを仮眠場所にして
第1部375キロ、第2部230キロに分けて走りました

第1部はほぼ想定していた通りに走れたので仮眠時間をしっかり確保できました
ホテルに4時間以上滞在して2時間は寝ることが出来ました

第2部はスタート直後に胃腸がおかしくなったことと
天候が良すぎたため軽い熱中症のような症状になってしまったことはありましたが
大きな問題を抱えてることなく最後まで走ることが出来ました

なるほど・・・
きちんと仮眠が取れれば400よりも600の方が楽なんだ
ってやっと気がついた次第です(笑)

コース的には高山へ向かう国道41号に出てからは予想よりもむしろ楽だったのですが
そこに至るアプローチが予想以上にアップダウンがあり苦しめられました
コースミスは当然のように(?)ありましたが
大きなタイムロスにはなりませんでしたた

クルマで何度も訪れていた高山に自転車で行くことが出来たのが今回一番嬉しかったことかな?
乗鞍600で行ければ最高だったのですがそれは今の自分には多分無理だったかな
今回のコースで充分です

名古屋600は途中信号が少ない高速コースだったので仮眠時間も充分に取ることができました

速い人はいつもこんな感じで時間に余裕を持ってブルベを走っているんだな!!
今まで自分が見ていたのとは違う景色をみていたんだなと実感することしきりです

RC名古屋のスタッフのみなさま一緒に走っていた中部エリアの参加者のみなさま
楽しく走ることが出来ました
ありがとうございました

ただ時間に余裕があり楽しかったからといって
600はやっぱり600でしかなくきつかったです

これで一番問題だった600をクリアしたのであとは400を走ればSRになります

詳報はいつものようにしばしお待ちを・・・
次回出走予定のBRM623西東京400までにはアップします

BRM526名古屋600丘と海の記録

ブルベ
(グロス)  
 総走行距離 607.4キロ
   総走行時間 37時間25分
   累積標高   4245m(GARMIN) 

(ネット
   総走行時間 25時間43分06秒
   平均時速   23.6キロ
   

BRM52601.jpg
初日のコース(豊田市-高山-岡崎市のホテル)

BRM52602.jpg
二日目のコース(ホテル-新城-浜名湖-渥美半島-豊田市)


スポンサーサイト
  1. 2012/05/31(木) 11:23:58|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8

今週末はBRM526名古屋600丘と海

今週末はBRM526名古屋600丘と海コースに出走します

SRを取得するには1回は600を完走しなければなりません(当たり前)

ブルベでも400と600に関しては人によってどちらが厳しいと感じるかに差があります
自由に仮眠が取れる人は仮眠時間の捻出が難しい400の方が厳しく感じるようです

一方で仮眠がうまく出来ない(すぐに寝られない)人は
400は仮眠なしで走りきってしまえるので400の方が楽に感じます

自分は後者です
400でもさすがに最後は眠くはなりますが仮眠なしで走りきれるので特につらいとは思いません
一方600は仮眠が絶対に必要なのですが
ホテルなどで仮眠出来るだけの時間が取れるほど速くはありません
しかも必要なとき(準備した時間)にすぐに仮眠が取れず
結局悶々として無駄に時間だけが過ぎていき
再びスタートしてもさらに眠くなり胃腸にもダメージが出てきて
最後はDNFということになってしまいます

去年は600の中でもチャレンジングな鳥坂600に出走して
仮眠が取れずで胃腸にダメージを受けてDNFになってしまいました
脚は残っていたので本当に残念な結果でした

今年はもう600は走るの止めようかとも思っていたのですが
名古屋600だったら自分でも完走出来る可能性があるのではと考えて
今回出走してみることにしました

なので同日開催の鳥坂600は今年はパス(笑)
来年頑張ります!!

キノコさんやまきさんは今年もエントリーしているようですね
頑張って下さいませ!!


名古屋600はシクロツーリストVol.6によれば主催者が完走させるために作ったコースらしいです(笑)
コースも自転車で訪れてみたかった高山、浜名湖、伊良湖を一気に制覇出来ます
これで残るは伊勢神宮だけかな?

シクロツーリストVol.6 旅と自転車シクロツーリストVol.6 旅と自転車
(2012/05/07)
グラフィック社編集部


       シクロツーリストはブルベを走ってみたいと思う人には是非読んでもらいたい本です
       これ一冊あればブルベも大丈夫!!
       参加者も沢山載っているので(私は載っていませんが・・・)すぐに知り合いも増えます♪

名古屋600はスタート地点に370キロぐらいで一度戻ってきて
また離れていくという8の字コースです。
そのためスタート地点周辺がちょうど仮眠のタイミングとなります

しかも獲得標高が大きくもないのでそこそこ時間の貯金も出来そうです
これまで走った400キロは21時間台だったので一応ホテルまでの375キロを20時間で想定しています
そうするとホテルに4時間ぐらいは滞在出来そうです

今回は遠征ブルベでスタートが午前5時ということもありもともと前泊が必要です
そのために今回の600キロはこのコースでしか使えない超裏技を使います

それは宿泊したホテルをベースに使い仮眠を取る!!!

これなら荷物や着替えもおいておけるし翌日の天候が変わっても
宿に戻れるので装備の変更も可能です
しかも大浴場付きなので風呂にも入れる!!

これで完走できなかったらもう600を走ることは絶対に無理という出走体制が構築できます

イメージは400ブルベと200ブルベの連チャンですね

折角なのでゴール後もそのホテルに宿泊します

心配なのは参加者が20人しかいないこと
しかも中部エリアは速い人が多いらしいのでずーっと一人旅の可能性大です
チューブはいつもより一本多く3本持参
地図とキューシートを見ながらコースの確認と大まかな都市の位置関係を把握するようにしていますが
いかんせんこのあたりの土地勘はゼロに等しいので若干不安が残っています

ただ昨年との違いは
この3月からスマホに変えたので
GPSで現在位置がわかるようになりました
迷ってもこれで何とかなるのではと期待しています

  1. 2012/05/22(火) 22:21:40|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:12

久々にメンテ

BRM318道志みち200は土砂降り
次のBRM407本栖みち300も雪が降ったため路面がWETだった
ということでブレーキシューが寿命になってしまいました

変速も登りで変速するとガタガタって歯飛びが凄い状態だったのでチェーンもかなり伸びてきている模様

ということで久々にメンテすることにしました

ブレーキシューはより効きの良いものということで
前輪はスイスストップのグリーンに
後輪は勿体ないのでR55C3に(笑)

SWISS STOP(スイスストップ) FLASH PRO GHP2SWISS STOP(スイスストップ) FLASH PRO GHP2
(2011/10/21)
SWISS STOP(スイスストップ)


チェーンは前回と同じKMCのX9−L(X9SLの廉価版)に
チェーンは2010年の7月に交換していたので約2年もたせてしまいました(笑)

KMC 9スピード用軽量チェーン X9SL 116LINK CPKMC 9スピード用軽量チェーン X9SL 116LINK CP
(2012/03/09)
KMC



ついでにブレーキワイヤも交換することにしました
ここまでは特に問題なかったのですが
ブレーキワイヤの交換の際にシフトワイヤを見てみるとSISの中の部分でワイヤ
がほつれています
気がついて良かった!!

大雑把な調整でも問題の出ないメンテラクラクの9速だったので
変速関係はいじりたくなかったのですがしょうがない
シフトワイヤも交換することにしました

恐る恐るのワイヤ交換でしたが特に問題はなさそうです
ワイヤ交換でディレーラー調整は必要ないのかな?
そのまま普通に変速しています

ブレーキワイヤは特に後輪はフリクションロスが大きかったようで
見違えるほど良く効くようになりました

今までと同じようにブレーキをかけたらタイヤがロックしそうになるほど・・・
これまでの力の6割ぐらいはフリクションロスだった模様(笑)

みなさんもブレーキの効きが悪くなったと思ったらまずワイヤ交換をしませう


機械いじりはキライではないものの
好きでもないので今後も9速で良いかな?

実は15Tより小さなギアはほとんど使っていないので6速でも充分な私(笑)

やっぱり9速は耐久性が長くてメンテも楽なのが○だな!!
でもTIAGRAも10速化されてしまいました(悲)
ついにSHIMANOもコピー・プリンター型の交換で儲けるになってきたのかな?

ついでにタイヤも交換
いつもならローテーションするのですが
今回は後輪だけ新品に交換
次回前後輪とも交換することにします

タイヤはGP4000Sにしようかとちょっと悩みましたが
アルトレモDDに特に不満もなくGP4000Sよりもサイドまでフィルムが入っている分
バーストの心配が少ないので今回もアルトレモDDにしました
シュワルベ アルトレモディーディー700×23Cシュワルベ アルトレモディーディー700×23C

SCHWALBE(シュワルベ)



アルトレモDDはサイドが強い分良いと思うのですが
アルトレモコブ事件の後遺症かなかなかユーザーが拡がっていきません(笑)

これで今年1年はメンテフリーのはず(笑)

BBは来年交換しようっと






  1. 2012/05/21(月) 22:29:55|
  2. Cycle Gear|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

2012年4月の走行距離

かなり遅くなりましたが4月の走行距離です

<ラン>人生初のウルトラマラソン完走!!!

3月は200キロ走ることが出来ましたが
4月は初ウルトラマラソン(80キロ)に向けての調整(レスト)になったので走行距離は
ウルトラを除くと100キロどころが50キロをちょっと超えただけでした

ウルトラ中は特に問題なく走れたのですが
左足の甲を痛めてしまったようで大会後はランは封印状態


<自転車>・・500キロに届かず  ブルベ1回のみで距離伸びず 

4月はブルベの300キロBRM407青葉300本栖みち(登戸-笹子-甲府-富士川-本栖湖-道志みち-あざみ野)に参加してきました
これだけで360キロ(笑)

それ以外はランと同様ほとんど走れず・・・

5月はBRM526名古屋600を走る予定です
でもこれを完走しても1000キロには届かないかな?


4月の走行距離

 トータル : 608.0キロ
 ラ  ン  : 137.4キロ(50キロ以上1回)
 自転車  : 470.6キロ(300キロブルベ1回のみ)


201204 月間


  1. 2012/05/16(水) 22:11:21|
  2. ジョギング|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

BRM512青葉400御坂みちはDNS

今週末はBRM512青葉400御坂みちを走る予定でしたが
結局DNSとなりました

以下言い訳です(笑)

前の週から出走に向けて自転車のトレーニングも開始し
全く走れなかったBRM407に比べれば足の調子もかなり良くなってきています

天気予報は雨予報はなし
寒いとは言えBRM407よりは暖かいので走れないというほどではないです
夜通しとなるのでかなり厳しいとはいえ
氷点下での下りもダウンジャケットを着れば凍えないということも勉強したので
特に問題はありません
東北1700を走られたライダーも参加するし碓氷峠も走ってみたいし・・・


これまでであれば喜び勇んで出走していましたが
今回はそうはなりませんでした

ブルベも300までは深夜には終了するのである程度修行だと思えばなんとかなります
400以上になると間違いなく早朝まで走らなければなりませんが
完走するにはナイトランを楽しむだけの精神力が必要です
今回はそのような精神状態に至りませんでした

こんなことはブルベに参加して以来初めてです

先月ウルトラマラソンに参加してから既に3週間経過していますが
耐久スポーツに関してはちょっとバーンアウト状態になっているようです

ランのイベントはウルトラで全て終了したのですが
幸か不幸か最後に目標を達成してしまいました
そのため忘れ物がありません!!

次に目標となるのはSRです
といっても2010年に獲得しているので新規の目標ではありません
難しいものだし認定受けたいものですがそれだけではモチベーションが上がりませんでした


困ったな!!


とはいえ、次のBRM526名古屋600は絡みが出来たので
出走へのモチベーションはあります

また日曜日に嫁と一緒にランチポタで60キロぐらい走ったのですが
久々に自転車の楽しさを感じることが出来ました
ペダリングに関しても去年の漕ぎ方をある程度思い出すことが出来たので
やっと以前のように楽しく走れそうな感じです

400の完走なしで600を走るのはちょっと無謀ですが
あと二週間あるのでなんとかそこそこ走れるようにコンデイションを上げていければと思っています

青葉のスタッフの皆さま
折角準備していただいたのにDNSとなり恐縮です
またよろしくお願いいたします








  1. 2012/05/13(日) 23:47:15|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

知多半島ウルトラマラソン 完走記 その3 折り返しからゴールまで

さああとは来た道を戻るだけです
ということはあの向かい風が今度は追い風に!?
期待大です(笑)

折り返すと当たり前ですがすぐにまたエイドに着きます
補給用にバームクーヘンを一つもらってスタート

大体この辺で42キロが近づいてきました
フルマラソンの距離です
11月は遠かった42.195キロも今日は単なる通過点に過ぎません
タイムは特に狙ってはいませんでしたがこのまま走れば4時間55分は切れそう
エイドストップが本番状態であれば4時間50分は切れたかなという状態
わずか5か月で随分進歩しました

GARMINでのフルマラソンの通過タイムは4時間52分30秒ぐらいで
初フルマラソンとほぼ同じ結果でした(笑)

普通だとここからが未知の距離となるのですが
3月に多摩ランで52キロ走っています
そのためあと10キロは一度走っているので大丈走りきれるはずと信じてそのまま走ります
なぜか調子は落ちません
ここから師崎までは向かい風ですが
向かい風になると相対的にペースが速くなるようで何人かをパス
師崎を過ぎてからは完全に一人旅となりました
20120422064.jpg
看板の常滑までの距離がゴールまでの距離

師崎を過ぎてからの海沿いは相変わらずのひどい暴風雨ですが自分には追い風となるので楽です
向かい側を走っているランナーは大変な状態です
帰りは追い風ですよ!!頑張って!!
と声をかけます

なのに・・・
そのすれ違うランナーのかなりの方から拍手をもらいました
ランナー同士での挨拶は普通にありますが
今回のように参加者から拍手されたのは初めてです

多分同じ辛さを共有しているからなのだと思います

自分が疲れているのに心からエールを送ってくれるランナーたち
感動しつつ素直にありがとうって思いました
それ以降どんなに自分が疲れていても対向車線を走るランナーに手を振り声をかけるようにしました

追い風でラップタイムは上がってて6分前半で走っているようです
追い風とはいえ脚へのダメージが心配なのであまりペースを上げないように気をつけて走ります
いま思えば追い風参考タイムだと思ってもう少しペースを上げても大丈夫だったかも・・・
20120422067.jpg
この辺は誰もいなくて寂しかった・・・でも追い風♪

途中で水がなくなったので自販機ストップ
ウェアはビチョビチョですが雨と汗が入り交じっているので
どれぐらい汗をかいているのか分かりません
アクエリアスを購入し塩タブレットも合わせて飲んでおきます

52キロを過ぎて人生未経験の距離に突入しました
足裏や筋肉に張りはあるもののまだ大丈夫走れないということはありません
そのまま走っていると55キロのエイドに到着
ここでドロップバッグを受け取ります
靴下は履き替えるのが面倒だったのでそのままポーチに
アームウォーマーは必要ないかとも思ったのですが
持ち歩くのも面倒なので腕に装着します
東京マラソンでもらったサロンパスの冷却スプレーで筋肉をアイシング
最後にジェルを飲んで補給用のSAVASのゼリーとグリコのワンセカンドを持って
再びスタート
20120422061.jpg
水が浮いている道路 靴もウェアも全てビチョビチョ


55キロのエイドステーションはそこそこの休憩となりましたが
少し身体が冷えてしまったようです
トイレに行きたくなってきました
ということでコンビニを探しながらのラン(笑)
ちょうど右側に7-11を発見し入店
まずはトイレに

今日走りだしてから初めてきちんと座りました
ここで気づく自分のビショビショさ
笑うしかないです

トイレを借りたので何か買わなきゃ・・・
エイドでそこそこ補給しているので食欲はなし
ちょっと寒いのでなにか暖かいものでもと思ったのですが・・・

ここは7-11!!
ということはやっぱりレッドブルしかない!!
実は飲んだからといって何かが変わるというほど効果を実感したことはないのですが
お守りです
レッドブルを飲みながら今日は一回もつぶやいていなかったので
50キロぐらい走ってきましたと経過報告してから再スタート
ここには10分以上滞在していました

ところが走り出すと下半身の筋肉が硬直しています
攣っているとかではないのですが筋肉がもうこれ以上は働きたくないという
強い意思表示をしています
残りはまだ25キロあるのでこんなところで歩いてしまったらいつゴールできるか分かりません
少しペースを落としつつまだもうしばらく頑張って!!と筋肉に話しかけながら走ります
500メートルぐらい走っていると体も温まってきます
下半身の筋肉も渋々ながらも走ることを受け入れて動きだしました
この辺は村上春樹の「走ることを語るときに僕が語ること」の文章そのままでした(笑)

7-11と20キロの補給地点は近かったらしく
脚に気を使っている間に気がつかないで通過してしまいました
次のエイドはゴールまで残り10キロぐらいの地点です
そこまでは絶対に歩かないと心に誓います

初フルマラソンでは35キロ地点で一度歩いてしまったあと
心が折れてしまいその後も何度も歩いてしまいました
とにかく歩くきっかけは絶対に作らない

歩けば絶対に後悔します
この知多半島に忘れ物はしたくない!!(リベンジに来るのは大変)

そして歩けばこの暴風雨の中で動き続ける時間が更に増えてしまう
走って痛いものは歩いても痛みが弱くなるだけでゼロになることはない

こんなことを考えながら走っていました
実は最後の苦しい時間が長引くだけ!!というのが一番効果的だったかも(笑)
20120422068.jpg
野間灯台に帰ってきた

野間灯台前の駐車場でドリンクを補給します
この辺りからは遅い時間にスタートした50キロのランナーとすれ違います
すれ違うランナーも自分が早い時間にスタートしたランナーであることが分かるからか
(ヘロヘロだから?)
ガッツポーズや手を振ってくれます
一時途切れていたランナー同士の絆をまた感じることが出来ました
自分も行き交うランナー手を振りながら走ります

60キロを超えたあたりから左足の甲と足首にはかなり強い痛みが出てきています
足裏は両足とも痛みが出ています
幸い膝には痛みはありません
足の甲の痛みを軽減するために靴紐を結びなおそうと屈んだら
さすがに太腿が変な感じで思わずこけそうになってしまいました
走るという単純行為以外の動きには耐えられなさそうな状況です

2週間前に走ったブルベでは18時間のうち14時間は自転車漕いでました
それに比べればまだたった7時間弱しか運動していないんだから
大丈夫!!

実際には全く違う負荷がかかっているのですがそうやって心に言い聞かせて走ります

痛いのは気のせい!!
ウルトラは頭で走る!!

そんな言葉を頭の中で繰り返します

足が前に出なくなる前にゴールするんだ!!

再び筋肉が普通に運動をしてくれるようになってきました
あとはひたすらゴールに向けて走り続けます

常滑までの道路標識の数字が減っていきます
そろそろあのラスタカラーのビルが見えてきても良いんだけど・・・
ここが一番長く感じたかもしれません
走っているとついにラスタカラーのビルが見えてきました
やっとここまで帰ってきた!!もう大丈夫!!
20120422070.jpg
これで247号とはしばしお別れ

足は痛いけれども
まだしっかり前に運べています

さあラスタカラーのビルを過ぎて次の信号を左折だ!!
交差点に着いたらスタッフが誘導してくれました
しかも高校生の男の子!!
ありがとう!お疲れさま!!
と言って左折
20120422071.jpg
こんな狭い道を抜けて海沿いの道路に出る(笑)

狭い道を抜けると海沿いの道に出ます
海は朝は一面海だったのに今は潮が引いています
それなりに時間は経過しているんだと思わされます
20120422072.jpg
6時間経ってすっかり潮が引いた海

そしてついに最後のエイドに到着
スタッフは高校生の女の子一人
御礼を言いながらドリンクを補給&補充
頑張ってください♪と応援をもらいながら最後のスタート

もう残りは10キロ弱のはず
ところがGARMINではまだ68キロぐらい
あれっ?
このままじゃ80キロ行かないな?

折角なので次につなげる為に80キロきっかり走っておきたいという気持ちと
正直出来るだけ早くこの苦しみから解放されたいという気持ちが半々でした

海を離れて市街地に入ると信号が増えてきてそこそこ止められます
そうこすしていると50キロの速い人に抜かれます
とても追いつけないので自分のペースを維持
すごく遅くなっていると思っていましたがあとで確認すると
この辺りでも6分50秒ぐらいでは走れていました

残り距離を考えると9時間ちょっとでゴール出来そうな感じです
当初の目標は11時間切りだったので
1時間30分以上は短縮できそうです
ここまできたら絶対に歩かないという気持ちをさらに強くします

ただこの時点で”まだ”なのか”もう”なのかで残りの走りは違ってくるのですが
今回は残念ながら”まだ”になっていました

弱いです!!(悲)

そのため最後のほうはペースが落ちてしまい7分台になっていました
ホテルに向かう交差点にも高校生のスタッフが雨の中誘導してくれています
残りは2キロは切っているはず
あとすこしだけ頑張ろう!!
ちょっとだけペースを上げます
ホテルが右に見えてきました
そしてついにゴール!!
ゴールテープはなくスタッフにゴールですといわれてストップ
残念ながら感動のゴールにはなりませんでした(笑)

それでもこころの中では

やったぁ!!これでウルトラマンだ!!

と密かに自分を褒めてあげました


時刻は13時58分ぐらい
タイムは9時間切れています
おかしいなって思ってGARMINを見るとまだ75キロ
あとでルートラボにコースインプットしても76.5キロしかありませんでした
実際に走ったのは多分77キロぐらいだったのかな?

それでも休憩を入れてもグロス7分ぐらい
休憩を除けば6分台で走れています
予想外の好結果でした

受付でタイムを記録されたカードを提出します
なんと40台で4位とのこと全体でも10番前後だったようです
ただほとんどの人が100キロに参加しているので80キロを走ったのは全体でも30
人もいなかったようです(笑)

メダルと完走証とタオルをもらい大会が終了しました

前日のオリエンテーションでは80キロはTシャツと聞いていましたが
数が足りなくなったのでタオルに変わったようです
これもこのイベントらしいところかもしれません
20120422075.jpg
ゴール受付 手作りイベントっぽさが堪らない(笑)

体はビショビショです
早く着替えないと風邪を引いてしまいます
当初お風呂は17時からということだったのですが
天候が悪かったからかホテルの好意で入浴させてもらえることになっていました

早速お風呂に入るべく服を脱ぎますが
服もポーチもビショビショで重たくなっていました(笑)

湯船は温いものの蛇口からは熱いお湯も出ます
温くいといっても全身浸かっている間に身体を温めることが出来ました
冷水風呂もあるので下半身だけ冷水に浸してアイシングも実行
これで翌日以降の筋肉痛はかなり軽減されるはず

脱衣場では濡れたウェアやウエストポーチとGARMINやデジカメなどをきちんと仕分けしてしまうのに
大きなお店を広げてしまいました
他の方にちょっと迷惑だったかもしれません
既に身体に硬直が始まっていたので動きがのろかったということでご容赦いただきたく
この場を借りてお詫び申し上げます

着替えも終わり荷造りをしてホテルを後にします
本来であればこのぐらいの時間がゴールタイムでした
ランナーが続々とゴールしています

ホテルを出れば駅はもうすぐ目の前です
名鉄電車もすぐに来ました
座れたので金山まではゆったり♪♪
金山駅でJRに乗り換えます
既にこのころには歩くのがかなり不自由になっていました
アドレナリンも出ていないので一気に疲労困憊状態です(これもブルベと同じ笑)
駅前の出店で名物らしいあんこ巻きと名古屋ブッセだったかな?
お土産を購入し名古屋駅へ

指定を取っていなかったのですぐに来たのぞみに乗車します
新大阪発だったので自由席はがらがら

前日に購入しておいたパンを食べコーヒーを飲みながら新横浜までぼーっとします

車中で嫁に迎えに来てもらうべくメールしましたが
予想よりも帰宅時間が早くなったので嫁はまだ横浜にいるとのこと
出発前には多分新横浜には20時ぐらいになるのではと言っておいたのでしょうがないです
自分へのご褒美でタクシーで帰宅(たまには良いよね!!)

帰宅してからはどっと疲れが出てしまいましたが
もう一度風呂に入ってアイシングとマッサージをしてから就寝
翌日は階段を下りるのも辛かったのですが
いつもの日帰り温泉に行って入念にマッサージ&冷水風呂でアイシングをして就寝

すると火曜日には筋肉痛はほぼ回復しました

ウルトラは未体験だったので歩けないことも想定して火曜日まで休暇を取っていたのですが
出社するのにも実際は問題ありませんでした
なので嫁と一緒に昼食を食べに横浜まで自転車に乗って出かけました
天気が良かったので臨港パークでデザートピクニックをしてから帰宅しました

去年の6月から本格的にランに取り組みはじめました
そのため6月以降は自転車は交通手段としてのランドナーのみでロードはほとんど乗りませんでした

練習も積んで
ある程度自信を持って望んだ初フルマラソンの「ふじのくに新東名」は
33キロ地点で歩いてしまうという大惨敗

リベンジで臨んだ2月の東京マラソンは「歩かないで完走」を達成し
自分で設定していたウルトラへの出走権利をゲット

そして今回目標としていたウルトラマラソンは
歩かないで完走することが出来ました

その間自転車でもBRM107鎌倉300、BRM318道志みち200、BRM407本栖みち300と
3本のブルベに出走しました

ラントレの一環での出走だったので
全くブルベ向けの準備はしていませんでした
何とか完走は出来たもののタイムも脚力も去年に比べるとかなり低下していました
やはりブルベに参加するにしても調整ではなく
それなりにトレーニングしたり目標を持って走らないと・・・

脚力の劣化をこれでもかと思い知らされながら走るのはつらいです

楽しく達成感のあるブルベを走るために
今後は自転車もきちんと準備してから走ろうと思っています

今回ウルトラマン(80キロだから小学生かな?)になるという当初の目的を達したので
しばらくは自転車を中心に頑張ります
ランはずーっと続けていきます

レベルはまだまだですが
自転車とランのデュアスリートの初級者にはなれたかな?

来週末はBRM512青葉400御坂みちです
去年よりもコースはやさしくなっているようですが
軽井沢まで行って野辺山から御坂みちで河口湖というコースは今の自分にはかなり難易度高いです

ランを始めてからランニングチームにも参加しました
いろいろな人と知りあい刺激をもらい東京マラソンではサポートもいただきました
ランのチームの皆さんに感謝です

またブルベ関連の方も自転車から離れていく自分を変わらず応援していただきありがとうございました

自転車もランも楽しいです
ランの方は自転車を!!自転車の方はランを!!
両方楽しんでほしいな!!って思っています

自分は二つでお腹一杯なのですが
スイムを含めてトライアスロンまで行くのも当然アリだと思います

「ウルトラマラソンを完走」

という自分でも無謀とも思えた目標を達成することが出来ました
最初は1キロもまともに走れなかった人間でも
わずか1年でここまでたどり着くことが出来ました
誰でも出来るはず!!

ウルトラ&フル完走のためゆっくり長く走ることで地脚は出来たと思います
来年100キロを歩かないで完走するために
スピード練習もしてもう少し脚力を鍛えていきたいと思っています

ここまで書いてきて何ですが・・・

GWはキャンプ!!
ブルベが一段落する6月以降は釣りも再開する予定!!

一番足りないのは時間ですね(笑)




1年間のランの総括や気づいたことは改めて書きます

20120422110.jpg

20120422101.jpg


  1. 2012/05/04(金) 22:51:51|
  2. ウルトラマラソン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:12

知多半島ウルトラマラソン 完走記 その2 スタートから折り返し

いよいよ80キロの旅が始まります

スタート前にロビーで参加者方にHRMのストラップをキネシオで固定してもらい
いざ外へ

外にに出ると雨と風が凄い!!
こんなEXTREANMな状況でも予想よりも多くの参加者が集合しています
スタート地点に移動してGARMINの電源を入れます
ところが位置を特定する前にスタートとなってしまいました
しばらく立ち止まって一を特定させようとしますがなかなか電波を捉えることが
出来ません
そうこうしている内に最下位に(笑)
20120422025.jpg
スタート地点 まだ夜明け前なので暗くてボケボケ


ブリーフィングの際に最初の部分は先導するので後に付いてきて下さいとのことだったので
見失うわけにはいきません
それで少し走っては止まるをしているとようやく電波を捕捉しました
これで本当のスタートです
そのため約1キロ弱GARMINの距離は少なくなってしまいました
どうせエイドの位置も正確な距離にはないらしいので問題はないはずと思って気
楽にスタートすることにします
実際に全く問題はありませんでした
20120422027.jpg
常滑競艇場を一周しているところ(右は海)

ウォームアップなしでのスタートだったので最初はゆっくりとキロ7分ちょっとぐらいで走ります
町中を走っている時にはあまり風を感じませんでしたが
海沿いにでると既に向かい風!!
つばの下にちょっとでも風が入ると帽子を飛ばされます
ただ帽子にはクリップが付いているので風で脱げてしまっても飛ばされてしまうことはありません
結局レース中に注意していても5回以上はつばの下に風が入って脱げてしまいました
本来であればキレイに見えるはずのセントレアも雨で霞んでいて
かすかに橋が見える程度で島自体は確認出来ません
20120422034.jpg
水平線左の突起のようなものがセントレア

ちなみに同じ日に伊勢湾をはさんで反対側で実施されたきちんとした大会
「志摩ロードパーティ−ハーフマラソン」は実施はしたものの
強風でコースが変更・短縮されタイム・順位計測なしの大ジョギング大会となったようです

市街地を抜けて海沿いの道に出ます
海沿いは伊勢と同様の凄い向かい風です
20120422030.jpg
堤防の歩道を走る

この辺でトイレに行きたくなってきました
探しながら走っていると漁港の施設のトイレがあったので貸してもらいます
これでやっと緊急にトイレを探す必要がなくなりました
しばらくは安心して走れます
20120422032.jpg
海に出るとまともな暴風雨

トイレ休憩した場所はちょうど盛田酒造(あのソニーの盛田さんの実家)の所でした
しばらく走ると最初のエイドに到着
何か通過チェックでもあるのかと思いスタッフに聞くと
本当はそうなんだけれど一人しかいないのでやりません
水分摂って頑張ってね!!と言われました
ちなみに各エイドにはスポーツドリンクと水が用意されていました
今回はラン中の水分補給用にスーパヴァーム(190ML)の空き缶を持って走りました
スーパーヴァームの容器はちょうど100均の携帯電話ポーチに入るサイズなので日頃から愛用しています
海岸沿いをしばらく走るとブリーフィングでも良く分からなかった
247号に出る左折ポイントにさしかかります
スタッフが誘導してくれたので無事通過
民家の間の予想以上に細い道を少し走ると国道247号に出ます
帰りはここを曲がらなければなりません
247号の目印をどれにしようかと思ったら
ラスタカラーのビルがありました
帰りはこのビルを過ぎたら曲がればよいということがわかりちょっと安心
247号に出るとポツポツとコンビニがあります
自販機はかなりあるので水分補充は問題なさそうです
20120422041.jpg
国道247号のラスタカラーのビル

247号に出ればあとは半島の先端を回って折り返し地点までひたすら一本道です
風は強いものの一時雨脚が弱まってきました
帽子は油断するとすぐに飛ばされるので結構ストレスになります
帽子を取って走ってみるとやっぱり快適!!
ポンチョも脱ぐとこれも楽!!

ところが雨脚が弱かったのはこの15分ぐらいだけでした
時間が経つに連れて(南下するに連れて)雨脚もどんどん強くなってきました
野間から先は集落を抜ける以外はずーっと海沿いです
海沿いに出たらやっぱり暴風雨!!
再び帽子をかぶらざるを得なくなりました
ポンチョをかぶり直そうとしますが風が強すぎてうまくかぶれない!!
結局走りながらではかぶることが出来ず一度止まってポンチョをかぶり直して
厳重に雨装備をしてから再スタートします

野間灯台を通過します
野間から先は集落を抜ける以外はずーっと海沿いです
晴れていたら本当にキレイな景色だと思いますが
今日はどんよりとグレーな景色です
晴れた中走ってみたいなと思うことしばし
20120422045.jpg
野間灯台を通過


この辺で追いついた女性がなんと5フィンガーで走っていました
ベテランさんなんでしょうな
ウルトラを5フィンガーで走るだけの足
うらやましいです
20120422046.jpg
5フィンガーで走る女性ランナー

一度内部に入るとまもなく20キロのエイド
ここからは補給食も用意されていました
バナナ、あんパン、クリームぱん、ドーナッツ、バームクーヘンにおにぎりやお
稲荷さんなどがありました
自分はあんパンを一つだけもらい後は水分を補給&補充
雨が凄いので座ることも出来ないので2,3分滞在しましたがすぐに出発

ずーっと海沿いです
まともに正面から風と雨が吹き付けてきます
20120422049.jpg
風に吹き飛ばされそうな幟(伝わらないかな?)

ただラップ的にはそんなにペースは落ちていないようです
「ようです」というのは風が凄くてラップを知らせる音が全く聞き取れないので
きちんとしたラップを把握することが出来ません
距離とタイムで常に概算計算しながらの走りとなりました
心拍は数字を見ればよいので問題なしです
140以下をキープするようにだけ気をつけました

今日のランはいかに効率よく脚に負担をかけずに走るかが勝負です
気をつけたのは太腿とふくらはぎを使わないで走ること
特に太腿は着地の衝撃に耐えるだけで精一杯のはずなので
脚を運ぶ仕事までさせないような走りにしました
ハムストリングとお尻の筋肉と腕を振り骨盤を前後させることで脚を前に運ぶように意識
足裏も地面の反発を生かして跳ねるようにはせず
ただ地面を離れて前進するようにイメージしました

最初は少しぎこちなかったのですが10キロも走れば慣れてきます
5分台ではとても走れませんが6分後半だと前太腿の筋肉は使わないで(使っていないわけはないです)
走れるようになってきました

また向かい風も日頃苦手な上半身の前傾トレーニングに利用するんだと無理やり
ポジティブに捉えるようにしまいした(笑)
普通に立っていると後ろに体重を持って行かれるような風だったので
かなり前傾しても問題なしです
重心の前移動ができて結果オーライだったかもしれません

25キロのエイドではバナナを食べて水分を補給
ここから10キロはエイドはありません
そのためアンパンを1個エネルギー補充用にもらってすぐにスタート
走る方も大変ですが凄い風と雨でスタッフも大変だったと思います
20120422050.jpg
25キロ地点のエイド


たまに海から離れると少し風が弱まるので一息付けます
海沿いに出ると暴風雨(笑)
だんだん師崎が近づいてきました
豊浜の水産試験場を過ぎてからの海沿いは本当に凄かったです
雨も風も台風のような感じ
道路も川のようになっていて水たまりをよけるということも出来ないので
靴の中もビチョビチョで水が抜ける暇もありません
前もまともに見られないような状況でした

それでもなんとか突端までほぼ到着しました
師崎は以前夏休みを篠島で過ごす際にクルマで訪れたことがあります
フェリー埠頭はコースのさらに少し南にあります
20120422063.jpg
フェリーターミナルを横目に見ながら走る

本当ならちょっとでも寄りたいところだったのですが
さすがにこの天候では寄り道する余裕は精神的にありませんでした
ここからは半島の東側を北上していくことになります
この辺が雨が一番強かったと思いますが
追い風のような横風のようなという状態ですが少しは楽でした
20120422055.jpg
ウルトラ用の走り(?)で走っていた女性


東側はすこしだけアップダウンがあります
この辺から70キロと80キロの先頭グループの人たちとすれ違い始めます
みんなと手を振りエール交換します

しばらく走ると左側のJAのところにクルマが止まっていて
エイドになっていました
ここで初めて通過チェック水分とパンをもらって再びスタートします
そしてしばらく走ると次のエイドが・・・
あれっ短か過ぎないか?
スタッフに聞くと暴風雨なのでこの先にエイド出来るところがないので・・・
と言われたが確かにサークルKの駐車場なのでもともとこの位置じゃない???

スタッフに悲惨な自分を撮影してもらいました(笑)
20120422059.jpg
折り返し地点(40キロ地点)の明るいスタッフ

20120422062.jpg
外見なんて気にしない(笑)

折り返しまで走ってきましたが
天候はひどいものの足の調子は悪くありません
まだ余裕がありました

その3へ続く



  1. 2012/05/04(金) 22:03:31|
  2. ウルトラマラソン|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

| ホーム |