にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

BRM326千葉400(4月29日開催)完走 速報

4月29日 BRM326千葉400 に参加してきました

2011_0430BRMchiba4000057.jpg2011_0430BRMchiba4000060.jpg


5月に600のブルベが二本予定されています
それ以外に自転車でのロングの予定はないので
今回は600のためのトレーニングのつもりで走りました

目標は
 ・真面目に(余り休まずに、最初からきちんと走る)走る
 ・仮眠は取らない
 ・目標タイムは21時間

結課は
 ・途中までは真面目に走れましたが、結局最初からそこそこで休まずに走った分最後に垂れてしまいました
 ・仮眠は取りませんでした
 ・目標タイムは、最後に垂れてしまったため、遠く及ばず

今回は前回DNSした青葉400と違って好天の中のブルベでした
なかなかお会いできなかった方にもリアルでお会いすることが出来ました

600に臨むための自信を付けるまでは無理でした(最後へたれた)が
今の筋肉痛が少しは実になっていることを信じて走ろうと思っています

詳報はGW明けになる可能性が高いので
珍しく速めに速報だけアップします


本日の記録(ブルベ)

正式タイム 22時間40分

<ネット>
総走行距離 409.59キロ
総走行時間 18時間30分34秒
平均時速  22.1キロ
最高速度  53.0キロ
休憩    PCストップ7回、休憩8回(往路3回/予定2回・予定外1回、復路5回/予定1回・予定外4回)      予定外の休憩5回が余計でした

今回のブルベで五回続いていた一桁分のフィニッシュは無事記録が途切れました
ほっとしています

今回はブルベ中は余り楽しめませんでした
最近自転車が仕事、ランが趣味っぽくなっているのも良くないな

やっぱりブルベは何か楽しめる目的を持たないと道中辛いですね
400以上は特にそう感じます(それじゃ駄目という話もありますが・・・笑)
ブルベは楽しく苦しむものだと今回実感しました









スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 22:42:43|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:18

MIZUNOで足型測定

昨日は歯の治療のために夕方から御茶ノ水へ
後の予定がキャンセルとなったのですが会社には直帰宣言をしていたので
時間が空いてしまいました
それで一度行ってみたかったエスポートMIZUNOに行ってきました

目的は足型測定です

実は前の週に自宅近くのスポーツショップでアシックスの足型測定を受けたのですが
以前嫁が受けた詳細な足型測定ではなくただ上から撮影しただけのの簡易版でした
しかもその結果が自分がこれまで思っていた自分の足型とは違う結果が出ました
果たして信用して良いものかどうかちょっと不安です
それで本格的に計測をしてもらいたくなったのです

3階のシューズ売場に到着すると他にお客さんはいませんでした
すぐに店員さんが寄ってきたので
今MIZUNOのWAVERIDERを履いているのだけど
次のシューズの候補をちょっと見にきたというような会話をします

すると店員さんがそれでは足型測定してみますか?
と狙い通り(笑)のお誘い

足型測定は無料です

まずはその場で立って、少し歩行します
そのあと靴下を脱いで足型測定器へ
測定器の上でしゃがんだりしました

そしてこれが測定結果です
2011_0418run0060.jpg
生まれて初めての足型測定結果(A4一枚)

自分はこれまで幅広だと思っていたのですが実はむしろ細いぐらいでした
左右とも足幅は9.3センチ弱でした
しかもノーマルアーチ
2011_0418run0062.jpg
実は幅広ではなかった自分の足

2011_0418run0061.jpg
土踏まずが完全に浮いているため足型になっていない(笑)

計測結果ではノーマルアーチと書いてありますが
これってハイアーチ気味(実は完全なハイアーチ?)でしょう!?
だって全く土踏まずが地面に接していない
足が完全に前後に分かれています
これじゃアーチで衝撃を吸収出来る訳がありません

また、走り方はオーバープロネーションではなくサピネーションタイプとのことでした
2011_0418run0059.jpg
予想外のサピネーションタイプとの診断

今履いているWAVERIDERはノーマル仕様です
サピネーションはノーマル仕様の靴(サピネーション仕様は存在せず)となるので
靴選びは合っていました

自転車ではほとんど故障も痛みも出ないのに
RUNは練習するとすぐに痛みが出てしまいしかもかくもあっさりと故障を連発しています

勿論走り方(未熟)にも問題はあるのでしょうが
今回の測定結果で今までの故障の原因のほとんどがわかりました

自分の場合膝にはほとんど痛みが出ず
腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)の上方となる大腿筋幕張筋に痛みが出ます
しかも慢性化してしまい一時は大腿神経痛にまで至りました

これは下腿が外側に外旋してしまうのを抑えるために大腿筋幕張筋が張ってしまうためのようです

またハイアーチは足底のアーチを上手に利用出来ていないため着地衝撃は大きくなるようです
前頸骨筋やアキレス腱が痛くなっていたのは耐衝撃能力が人より著しく劣っているためのようです
思えば最初に出場した横浜月例マラソンで足の甲に痛みが出たのもハイアーチ特有の痛みの出方でした
慢性化している踵痛(足底筋幕炎)も同様だと思います

これまでEEとか4Eとか履いていたのは一体なんだったんだろう
でもその履き味に慣れていたので、実際に履いてみると幅広が合っているように感じます
多分そこから変えていかなければならないんだと思います

またカーフレイズとトゥーレイズは毎日実行していたのに
なかなか耐衝撃能力が向上しなかった理由もわかりました
ただこれといって他に方法がないのでこれからもカーフレイズとトゥーレイズも地道に続けていこうと思っています

でもやっと5分30秒で走れるようになってきたのに
衝撃吸収の強いシューズを履き続けないといけないようです
これじゃ軽量シューズは一生履けないな(笑)

最後に足型計測してもらったのに何も買わないで帰れるほどの大物ではないので
MIZUNOのショップでオススメしているインナーソールを購入してきました

買ったのは「DSISソルボランニングエア」(2520円)

これまではショックドクターの薄くて固めのものを使っていましたが
衝撃に弱い自分にはソルボの方が合っているのではないかと期待しています
土踏まずのサポートも見た目と違って結構ありそうです

お店のWAVERIDERに入れてもらったものを履いてみたところ結構良さげでした
早く実際に試してみたくなってきました

今週末は天気が悪そうなので
ブルベに出ないで走っちゃおうかな(笑)
なんなんだか・・・















  1. 2011/04/19(火) 23:30:49|
  2. ジョギング|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

BRM402青葉300本栖みち スタートからゴールまで

BRM402青葉300本栖みち に参加してきました

東日本大震災の影響で関東エリアのブルベは延期が続出しています
参加予定だったBRM312青葉200道志みち、BRM326千葉400も延期されています
多分今回のブルベも延期されるのではないかと思っていました

そのためいざ開催が確定しても正直モチベーションが上がりません
それでも主催者がこのような状況下で開催を決断したのですから
参加しなければと思って準備を進めます

当日は午前3時45分に起床
簡単な朝食を摂り午前4時30分に出発

いつものように鶴見川沿いで市ヶ尾に向かいます
ところが足先が予想外に寒いのです
この程度の気温で寒いとは・・・

実は今回からシューズを新しくしました
今回購入したのはSHIMANOのRT-52です
これまではSHIMANOのMT-60という劇重のシューズを履いていました
これはゴアテックスブーティ内蔵シューズなので雨が降っても安心ということで選んだのですが
さすがに重いんです

靴買い換えたいなって思っていたところにちょうどRT-52がmyxsで30%OFFで売っていたので
思わず買ってしまいました
SPD-SLに換えればもっと軽くなるのでしょうが
歩きやすさを犠牲にしてまでということは自分的には不要なので今回もSPDにしました
それでもMT-60が930g→RT-52が630gなので約300gの軽量化が達成出来ました

クリート調整は、靴の造りが全く違うのでかなり苦戦しましたが
MT-60の最前部よりも少し前にしてみました
この方が力がより伝わるようです
また紐からマジックテープに変わったのですが
足首の遊びが減り引き足でのパワーが少しアップしたような気がしています

ところがRT-52は裏がプラスチックなんですね
インナーソールのショックドクターとプラスチックが直接当たっているため
インナーがどんどん冷えてきます
足先も冷たくなってきました
このまま走ると夕方以降はかなり足先が冷えてしまいそうです

スタート地点までもうすぐという市ヶ尾の青葉区総合庁舎の前の歩道にあったベンチで防寒対策を施します
といっても今持っているのはガムテープのみ
ガムテープをソールに貼り付けて摂りあえずインナーソールとミッドソールが直接触れないようにしました
かなりいい加減な処理ですが何とか冷気が上がってくることもなくなりました
ソールからの冷えの遮断対策は皆さんはどうされているのでしょうか?

靴の応急処理を終えて市ヶ尾東高校東を右折して集合場所に向かいます
靴対策で時間を浪費してしまったため到着とほぼ同時にブリーフィングが始まりました
そしてブリーフィング後に受付
受付はチコリンさんとボンゴさんでした
信ちゃん、みのいちさん、PIKAさんもスタッフでいらっしゃいました
みなさん早朝からお疲れ様です

参加者ではまこたさんにご挨拶
チーム亀太郎の高速3トップのtoyo3、だほーんさん、はじめましてのすーさんにご挨拶
すーさんは本物のランドナーでの出走です
今時の軽量クロモリのランドナーではありません
それで獲得標高4,000メートルに出走するなんて有り得ないです
ちなみにこのあと亀太郎の高速3TOPとはゴール後まで(すれ違い除く)お会いすることはありませんでした(笑)

自分は受付が遅かったので第2WAVEでのスタートとなりました
信ちゃんとお話ししたりしながらゆっくりと準備します
それでも6時ちょっと前ぐらいにはスタートすることが出来ました

スタートから馬駆の交差点まで10台以上の長いトレインになってしまいました
自分はトレインには乗らず最後尾からちょっと離れて走りますが
それでも信号で追いついてしまいます

途中で一足先にスタートしていたまこたさんが着替えでストップしていました
その後信号ストップでトレインと離れて走っている時にまこたさんと一緒になりました
相模川までご一緒します
今日はまこたさんとその後もずーーーっとずーーっと一緒でした

宮原からいよいよアップダウンが始まります
412に入りしばらく走った青山への登りの途中にある7-11で最初の休憩を取りました
2011_0403BRM4020004.jpg
最初の休憩@412の7-11 7時48分

今回はPC1が混んでいる可能性があったので予定通りの休憩です(本当です)
野菜ジュースとブラックサンダーとおにぎり一個を補給
15分ぐらい休憩してから出発
青山を左折して道志みちに入ります

実は道志みちをきちんと青山から自転車で走るのは初めてです
そのためPC1のセブンイレブンの場所はよく分かっていたはずなのに
大き目の橋を渡っても出てきません
途中ぼーーっと走っていたのでひょっとして見落としたかな?って心配になり
思わずUターンしてしまいました

戻っている途中で参加者の方がいたので
「PC1はまだ先ですか?」って聞いて「そうですよ!!」
と教えていただき再び道志方面に向けて走りました
意味不明な動きのあと無事PC1に到着しました
PC1には8時20分ぐらいに到着

ちなみにPC1について教えていただいた方はいつもブログ等で拝見しているガクさんでした
あらためて初めましてのご挨拶
ここではチョコパン一個といろはすを購入
8時30分ぐらいにPC1を出発しました

道志みち自体はブルベで何回も下っていますし
キャンプの時のルートなので道は頭に入っています
ただPC1の位置が不安になるなど傾斜は実際に自転車で走ってみないとわかりません

初めての道志みちの感想は・・・

往路も意外と下っている場所もあるのね
また道の駅まではクルマで思っていたよりもそんなに厳しくはないんだということでした
多分一回で登る距離が長くないからだと思います
適度に足を休められるのでまあまあのペースで走れました

両国橋までは自転車でもすぐでした
山梨県に入っても順調に走り続け道の駅を9時44分に通過しました
予定ではここで少し休憩を入れても良いかなと思っていたのですが
山伏峠をTTモードで登る訳ではないので
そのまま途中のベンチのあるところまで走ってしまうことにしました
昔通っていた「とやの沢オートキャンプ場」を過ぎると
だんだん傾斜がきつくなります

でもスタートしてから最初のきつい峠ということもあり
足も厳しくないのでそれなりに上がって行けます
昔よりも出力が上がっているので
特につらく感じることもありません
それでも途中から急になるところからは
さすがにきつくなりますが
足をついて休もうかというところまでは追い込まれませんでした

ここで水源の碑がある場所のベンチで一旦休憩を入れます
ここまでだれも前後にいなかったのですが
休んでいると集団が登ってきます
その中に女性ライダーが・・・
多分「ユメ」さんかなと思い声をかけてみました
ビンゴでした
さすがトライアスリートだけあって余裕で登っていました
いつものように10分以上休憩
2011_0403BRM4020009.jpg
山伏峠の途中のベンチで休憩@10時23分

ここから峠まではすぐです
汗をかく前に頂上に到着したのでそのままノンストップで一気に山中湖まで下ります
2011_0403BRM4020010.jpg
山伏峠から下っていく途中で見えた富士山

途中で富士山がキレイに姿をみせてくれました
早く湖畔から見てみたいと思いながら走ります
神奈川のブルベはやっぱりこれですね
湖畔につくとどどーーんと美しい富士山が迎えてくれました
記念写真だけ撮り湖畔を富士山を見ながら半周してPC2に向かいます
2011_0403BRM4020015.jpg
やっぱり山中湖と言えばこの写真@10時52分

順調に走り続け明神下から少し登って下りだした時の事
スピードは多分40キロぐらい出ていたと思います
突然パキーンという音が
ホイールにまで石が当たったようです
ああーーーっ!!パンクしたかと??
少し減速しながらそれでもしばらく走ります
大丈夫かなって思い出したところで
タイヤに違和感が・・・
やっぱりパンクしていました
2011_0403BRM4020017.jpg
部品を失くさない様に注意しながらのパンク修理@11時9分

多分リム打ちだろうと思いながら
チューブを交換します
路肩のあまりない場所だったので
松の木の下での交換作業となりました
何人かにお声を掛けていただきましたが
取り合えず無事空気も入りました
2011_0403BRM4020019.jpg
パンクしたのはこの辺り@山中湖から河口湖への下り道のどこか(笑)

そろそろと走り出しましたが
何とか大丈夫そうです
そのままゆるゆると走りPC2に到着しました
今回はポンピング修行はしなくて済みそうです(笑)
PC2で休憩しているとまこたさんとmatoさんも到着されました
2011_0403BRM4020020.jpg
PC2に到着@11時48分

今回はPC2を出来れば12時ぐらいまでに出発したいと思っていました
そうすればオプションプランで内船のPC3の横にある小林やきそば店で富士宮やきそばが食べられそうです
ところがパンクで時間を使ってしまったため、時間的な余裕が失われてしまいました
折角オプションプランを行使出来そうだと盛り上がってきたところだったので
モチベーションがた落ちです

結局30分以上だらだらと休憩しました
昼食はシーフードヌードルとランチパックピーナッツ
補給食としてブラックサンダーを二個購入
出発は12時20分過ぎ
貯金は15分になっていました

ここから鳴沢までは初めての道です
そんなにきつい上りではないのですが
向かい風が強くてほとんどスピードが出ません
パンク+向かい風でこの辺が精神的に一番きつかったです
へたれました
一度本栖みちを下ってしまうと後戻りが出来ないので
DNFしようかな?って思いながら走っていました

道の駅を過ぎると下りに入ります
もう戻れません
ここまできたら行くっきゃない
やっと精神的に吹っ切れました

本栖湖では前回休んだ場所はパスしてトンネル前まで走ります
やっと有名な本栖湖からの富士山の姿を見ることができました
記念撮影&トイレ休憩をしてからいよいよ本栖みちとなります
2011_0403BRM4020023.jpg
去年のブルベでは見えなかった富士山@本栖湖畔 13時20分

ここを下るのは昨年のBRM904相模原300以来です
ただ今回は後で登って帰ってこなければなりません
下りだすとやっぱり長いです
道の駅下部を過ぎたところで早くも先頭走者とすれ違います
もう50キロ以上の差がついています(笑)
なんと先頭の方はこのあともう一度本栖みちを下り再度登ったとのこと
そのレベルの方たちはこれを「おかわり」というらしいです
貧脚の私には「おかわり」は想像すらつかないです

下りきると結構な向かい風です
富士川の支流沿いに出るとさらに強くなりました
大体遅い自分がここに戻ってくる頃には何故か追い風ではなく向かい風になるんだよなぁ
って思いながら波高島を目指します
この辺は桜が咲いていました
2011_0403BRM4020028.jpg
桜@富士川沿い(ピンボケ)

トンネルの手前を左折しいよいよ富士川沿いに出ます
この道は沼津シリーズを含めて4回目です
すっかりおなじみの道となりました
相変わらず川沿いのはずなのにアップダウンの連続です

身延駅に立ち寄りトイレ休憩
ついでにいつもの小休止で都合15分ぐらい
ここのトイレはキレイでした
2011_0403BRM4020029.jpg
身延駅でトイレ&コーヒータイム(ピンボケご容赦)@14時27分

身延の街並みを過ぎたちょっとした峠(炭焼きのあるこの峠は川沿いの道では普通無いでしょう、大嫌い!!)で
トイレ休憩中に先行されたMATOさんをパスします
ところがそのあとのゆるいアップダウンであっという間に再度パスされます
坂は辛そうだったのですが平坦基調(平坦ではありません)のところではMATOさん速いです
全く追いつけませんでした

この辺からすれ違う人が沢山います
自分がいかに遅いかがわかります

それでも何とかPC3に到着しました
今回はヤマザキではなくA-COOPにしてみました
到着は15時05分ぐらい貯金は1時間半弱ありますが
これから本栖みちを登り返すことを考えるとあまり余裕がありません
本当は小林やきそば店で食事したかったのですが
こんなに遅いのでは無理です 諦めます

A-COOPは思ったよりもパンがありませんでした
それでもアクエリアスと野菜ジュースとパン(何か忘れました)を購入します

PC3の出発は15時20分すぎぐらいだったと思います
いよいよ復路に入ります
途中でtoyo3とすれ違います
多分思いっきり遊んでいたのでしょう(実際に身延山に観光に行かれたようです)
追い風貴重でもあり余裕のない自分はそこそこのペースで走ります
身延駅の手前の登りで再びMATOさんに追いつきました
先行させてもらい再び逃げます
今度は逃げ切れました(笑)
そのまま走っていると下部温泉を過ぎたところでまこたさんが路肩に停車していました
あとで聞いたら脚が攣っていたようです
2011_0403BRM4020034.jpg
前を行くまこたさんとてびちーさん@常盤バイパス南

本栖みちの上りに入る前にドリンクを補給しておきたかったのですが
結局なかったので道の駅に吸い込まれます
また小休止(実際は中休止でした)
先に到着していたてびちーさんにご挨拶
ゆず○○(名前わからず)をいただきました(美味しかったです)
すぐにまこたさんも到着しました
こうなるとまったりしちゃいます
自分は名物の味噌アイスを食べずにひたすらのコーヒーブレイク(笑)
脚にサロメチールを塗りこみ峠仕様で軽装になります

結局出発したのは17時を過ぎていました
しかもまたすぐにストップして飲み忘れていたコムレケアを本日始めて投入(途中で脚が攣ったらいやなので・・・)
いよいよ本日のメーンの本栖みちの登りです
あせらずゆっくりと登って行きます
ただ本栖みちは九十九折の道です
=急坂はないのでしばらくは34-21ぐらいで登っていけます
途中からは無理しないでインナーローに落として行きますが
このぐらいの傾斜までは楽に上がって行けることが分かりました
ちょっと安心してケイデンス60台で回しながらゆっくり登っていきます
70台ではまだ回せませんでした
残念ながら持久力に難があり途中一度休憩しましたが
それでもちょうど一時間ぐらいで何とかクリア
中の倉トンネルに到着しました
2011_0403BRM4020038.jpg
このトンネルの先が本栖湖@18時01分

日没ぎりぎりでしたが富士山をみることが出来ました
ここで冬用装備に着替えて再びスタートします
2011_0403BRM4020039.jpg
目を凝らせば富士山が見えるはず(多分)@上り返した本栖湖

139に出た時には真っ暗になっていました
途中で走るのに飽きてきて無性にホットコーヒーが飲みたくなってきました
ちょうど交差点のところに自販機とテーブルと椅子が置いてあったので
そこでストップします
ここは赤池の交差点で青葉600で順調に走っていられればここを通るはずです
5月もこの交差点にたどり着きたいなぁ(願望)

コーヒーブレイクしながらツイッターでヘタレ休憩中などと打ち込んでいたら
まこたさんが通過して行きました
また抜かれちゃいました
ということは追いつかなくちゃです
すっかり暗くなった道を再び走り出します
ここは上り基調です
しばらく走っているとまこたさんらしき赤いテールランプが見えてきました
今の休憩で足は軽くなっていたのでまた先行させてもらいます

そのまま走って行きますが上りのはずなのにそんなに辛くありません
多分追い風の影響だったんでしょうね

やっと道の駅に着きました
ここからは下りです
今回の実プランとしてBRM108に続いてすき屋(富士吉田)で夕食を摂ろうと思っていました
19時30分頃にすき屋の前を通過はしたのですがまだ山中湖への上りが残っています
今日は一度パンクしています
またパンクなどのトラブルがあると困るので
今回はすき屋を諦めて山中湖の近くのローソンまで走り続けることにしました

山中湖への上りは止まってすぐに夕食となるので
汗をかくと標高1,000メートル以上あるので一気に体が冷えてしまいます
そのため出来るだけ汗をかかない様にゆるゆるで走りました
汗ばんできたら速度を落としてさらにゆっくり
全く追い込まずに走りました
GARMINのログではここを平均時速13から15キロぐらいで走っていました(笑)
その結果ほとんど汗をかかずに無事明神前手前のローソンに到着しました

夕食は食べられなかった富士宮やきそばの代わりということで
焼きそばにしました
ローソンでもブラックサンダーが討っていたので4個購入
一個はその場で食べてあとは補給食にします
ここは30分ぐらいの中休止
この頃にはいつものまったり休憩になっていました

夕食も取ったのでPC4に向けて出発します
ちょっと下れば明神前なのですぐに山中湖に出ます
ママの森の要らぬ坂を上りPC4には20時52分に到着しました
ここには6.7人のライダーが休憩中でした
久々に三人以上の参加者に遭遇しました
まこたさんも食事中でした
自分はここはいろはす一本だけ購入してすぐに出発します

いつものように200キロ越えてくると足が安定してきます
山伏峠までに二人組みをパスするなど快調に上ります
無事山伏峠に到着しそのまま往路で休んだベンチのところまで下ります
そこでこれからの長い下りに備えて着替えます(着込みます)
ただ予想よりは暖かかったのでここではフリースの登場には至りませんでした
2011_0403BRM4020043.jpg
山伏峠道志側から@21時10分

道志みちは走りなれているのですが夜だと少し記憶とコースが合いません
そのため急がず(ゆっくりではないです)下っているとあっさり一人に抜かれます
そして道志村の未舗装区間で二人目に抜かれました
まこたさんです
いつものようにあっという間に視界から消えて行きました
ちなみにこのあとまこたさんにお会いしたのはゴール地点でした

まこたさんに抜かれたあとは誰にも抜かれることもなく道志みちを走り切りました
両国橋から先の上り返しもそんなに厳しくは感じませんでした
自分200キロ過ぎてくると調子が上がってきます(実は感覚が麻痺しているだけかも・・・笑)
その後PC1だった7-11で休憩されていた方に直後に付かれしばらく一緒に走りましたが
自分が遅かったようでヤマザキを過ぎたコンビニの先の上りでパスされました

青山を右折して最後の厳しい上りとなります
意外と足は残っています
頑張れば17時間台で走りきれる可能性が出て来ました
ここから少し頑張ってみました
青山からの登りも自分比ではそんなに厳しく感じずに登りきれたので一気にペースを上げます
ここからゴールまでに六人ぐらいはパスしたと思います

それでも馬駆の交差点では残り距離が5.4キロ、残り時間は10分
さすがにこれは無理!!
一気にダラダラモードへ
結局ゴールして買い物をして受け取ったレシートの時刻は0時19分
また1桁分フィニッシュとなりました(笑)
一桁分フィニッシュのために頑張ったという結果に終わりました
これで五回連続です
毎回追い込んだり緩んだり道に迷ったりということで理由は違うものの
続いています
このまま続くといつか一桁分でのタイムアウトになっちゃいます
次回は断ち切らないと・・・

ゴール地点で再びまこたさんと合流ししばしぼーっと雑談します

今回は受付地点まではあと10キロぐらい走らなければなりません
自分はちょっとぼーっとそてしまい準備が遅かったのでまこたさんは先にゴール地点に向けて出発されました
自分も10分ぐらい遅れて出発しました
すでにブルベマジックは消滅しているので急に寒さが身に染みます
持参していたフリースを羽織ります
これで何とか寒さを感じずに走ることが出来ました

途中で一度小休止をしましたが無事ジョナサンに到着
ジョナサンにはスタートで見送っていただいたスタッフの皆さんが
お迎えしてくれました

スタッフの皆さんに気の利いたことが言えれば良かったのでしょうが
既に最後に無駄に追い込んだせいで全体に余裕ありません
しかも珍しく睡魔に襲われています
やっとのことで受付をしてもらいます

まこたさんと同じテーブルに座って一品を注文します
食欲はなかったので豚汁をいただきました
オーダー後瞬間的に寝落ちしました(笑)
まこたさんはパスタを食べていました(さすがに少し残されていました・・・)
自分は疲れきっていたので食事が終わると長居せずに撤収することにしました
本当に疲れて眠かったんです(スタッフの皆さんスミマセンでした)
まこたさんもつき合わせてしまいました

まこたさんとお店の前で別れて市ヶ尾までの坂を上ります
もうへろへろです
ただ坂だったので少し汗をかいて暖まったので
その後はゆっくりですが何とか走れました

スタッフの皆様早朝から深夜までスタッフ作業ありがとうございました
来年も是非このコースで開催して下さいませ
今回自分が苦労したのは準備不足とブルベの順番が狂ってしまったことで
長距離・坂への耐性が出来ていなかったためです
来年はもう少し余裕のある形で走りたいと思っています
「目指せ小林やきそば店!!」で走りたいと思っています

長くなってしまったので今回は完走記のみで一度アップします
感想等は別の記事で書きます(待ってるといつになってもアップ出来ないので・・・)
しばしお待ちを・・・

BRM402の記録

<ブルベ>
(グロス)
正式タイム 18時間09分
総走行距離 303.24キロ
(ネット)
総走行時間 14時間42分03秒
平均時速  20.6キロ
最高速度  57.8キロ

<全体>
(ネット)
総走行距離 342.12キロ
総走行時間 17時間02分21秒
平均時速  20.1キロ
最高速度  57.8キロ

ブルベ以外がいかに遅いかがわかりますね




  1. 2011/04/09(土) 01:16:24|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:12

BRM402青葉300本栖みち完走!! (ご報告)

4月2日 BRM402青葉300本栖みち に参加してきました

2011_0403BRM4020015.jpg
快晴@山中湖


無事完走することが出来ました
タイムは・・・

相変わらずの一桁分フィニッシュでした

一体なんなんだろう?
ちょっと御祓いに行ったほうが良いのではないか?
とも思いますがそれが今の自分の実力なんだろうと思っています

青葉200道志みちが延期となったため
春のブルベがいきなり山岳300からのスタートとなりました

しかも3月はほとんど自転車に乗っていなかったため
予想通りの厳しいブルベとなりましたが
それなりに収穫のあるブルベでもありました

登坂力はRUNの効果でアップしていたことを実感できました
持久力は自転車での走りこみ不足のせいでむしろ退化していました
持久力はこれからですね

ただ実力不足のため時間に追われてしまい温泉入浴は無理でした(笑)


今回初めて富士山を見ることが出来ました
これまで何回か自転車で富士五湖方面を訪れていますが
裾野までくっきりとした富士山を見ることはかないませんでした

2011_0403BRM4020026.jpg
やっと見られた富士山@本栖湖畔

パンク(リム打ち)に見舞われたり
向かい風にめげたりもしましたが
久々のブルベ楽しめました

2011_0403BRM4020017.jpg
パンク@山中湖と河口湖の間

世の中が自粛モードにある中で開催することに関して
主催者であるVCR青葉の関係者さんはかなり悩んだことと思います

被災者への支援をすること=通常の活動を継続し、その中で生じた利益(給与)から支援していく

ことだと思います

経済活動が収縮してしまうと被災者への支援も出来なくなってしまいます
ただ”言うは易く行うは難し”の環境の中で
開催されたVCR青葉の関係者の皆様に敬意を表します
お世話になりました
ありがとうございました


詳細は後日アップさせていただきます
今回は坂ばっかりだったことと残り30キロを真剣に走った(目標タイムがあったので・・・笑)こともあり
600を走った後のように疲れています

こんな状況で青葉400は大丈夫なのでしょうか?


本日の記録(ブルベ)

正式タイム 18時間09分
総走行距離 303.24キロ

<ネット>
総走行時間 14時間42分03秒
平均時速  20.6キロ
最高速度  57.8キロ


  1. 2011/04/03(日) 22:31:20|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:26
wiggle
www.wiggle.co.uk

| ホーム |