にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いよいよBRM1002埼玉600アタック日本海

今週末BRM1002埼玉600アタック日本海に出走します

これが今年最後のブルベです

初の埼玉ブルベです
完走出来ればSRを取得出来ます

今回は月曜日に休暇を取得しているので
全力を出し尽くしてみようと思っています

前回のBRM904神奈川300は悲惨なブルベでしたが
今回は気温は高くないので雨さえ降らなければ(多少はしかたないですが・・)
楽しんで走れるのではないかと思っています

コースのほとんどはクルマでも走ったことがありません
時間も読めないのですが
飯山線沿いのどこかで仮眠を取るのではないかと思っています
初の仮眠となります
不安でもあり楽しみでもあります

また先週までの暑さが一転してそこそこ寒そうです
服装は今も悩んでいます

参加されるみなさま
よろしくお願いいたします
7時スタート組みです

またツイッターでは「 NORIZO6 」で今回もつぶやきます
よろしかったらフォローしてみて下さい
BRM904では走行中にいただいたメッセージが完走の力になりました
本当なら自分の力で走りきらなければならないのですが・・・
今回はそうならないように頑張ってみます

銀のクロモリKHSでの出走です
オルトリーブのサドルバッグの下に青いビニールでくるんだタイヤが目印です(笑)

2010_0905BRM9040040.jpg
BRM904の時の写真です


スポンサーサイト
  1. 2010/09/30(木) 23:59:37|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:16

BRMの準備でラン(ジョギング)??

現在ジョギングに少しはまってきています

ブルベの直前はさすがに自転車に乗りますが
次のブルベまで間が空くと気分はジョギング(ラン)へシフトしています

何故なんだろう?

ジョギング(ラン)は自転車に比べて準備が楽!!
また短時間で終了するので会社から帰宅してからでも出来る!!
始めたばかりなので進歩が見えるので楽しい!!

自分なりに分析するとこの3点だと思います

また、自転車はブルベを走り出してから
非日常的な乗り方(1000キロとかの異常な世界は未経験ですが・・・)と
足代わりの乗り方と
二極分化してきてしまっていることもあるのかなって思います

今週末は
土曜日                ラン 2キロ(足が痛くなったので途中で強制終了)
日曜日    自転車 60キロ  ラン 9キロ
月曜日 休み
火曜日                ラン 5キロ

ジョギングは現在フォームを探しているところです
嫁に見て貰いながら徐々に直しています

癖はあっても良いと思いますが
全てのスポーツは基本姿勢に出来るだけ近づけていくとあとあとが楽になります
(ゴルフなんかもそうですね・・・もちろん自転車も)


現在は「骨盤の向き」「骨盤の重心位置」「腕の振り」「上半身の前傾」に注意しながら走っています
足の運びはわかっていても出来ないので後回しです

やっと骨盤の位置が決まってきました(しっくりしてきました)

本には膝の上に乗せるとあったのですが
どうもうまくいきません
自転車の要領で太股に乗せるような形で走ってみたらやっとしっくりきました
日曜日まではキロ7分半が気持ちよくはしれるスピードだったのですが
今日火曜日は6分半で気持ち良く走ることができました

まだ6分台で走るだけのフォームと筋力がないので無理は禁物ですが
やっと膝やアキレス腱に負担(ショック)をあまり感じないで走れるようになってきました
これで着地の負荷に体が順応したらもっと速く走ることが出来そうです
自転車のおかげで心肺・筋持久力はこのスピードでは問題ありません

ものごとって進歩している時は楽しいですね

って書いてきましたが

今週末は今年最後のブルベBRM1002「埼玉600アタック日本海」です

ランに嵌っている場合ではないのですが・・・
まあ筋トレだけはしているということで・・・(笑)

明日からは自転車(ブルベ)モードに移行します

既に会社には月曜日の休みを確定させているので
心置きなく全力を出し尽くせます
服装は雨対策と寒さ対策が必要となりそうです
荷物は増えちゃいますね
またクルマをスタート地点にデポするので
DNFしても絶対にスタート地点まで戻らなければなりません

どうせ戻るのであれば自転車で戻ってきたい!!
Qシート見ても土地勘がないのでよく分かりません
仮眠場所は長岡のガストか道の駅かコンビニになりそうです
意外と寝られない性質なので中野まで走っちゃうのかな?

とにかく出たとこ勝負ですね

BRM1002で出走する皆様
当日よろしくお願いいたします

銀のKHSのクロモリロードで走ります
目印はオレンジ色の小物入れです














  1. 2010/09/29(水) 00:04:58|
  2. ジョギング|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

三浦往復ロングポタ 二人が最後は三人に!?

9月18日 嫁と一緒にロング走ってきました
 (遅っ・・・笑)

当初は柴又帝釈天まで行く予定だったのですが
都心に向かう道が土曜日ということもあり
予想以上に混んでいました

気疲れするので
嫁に目的地変更を提案
取りあえず南下し
走りながら城ヶ島か観音崎か江ノ島か決めることにしました

目的地がないロングポタなので寄り道します
まずは八景島海の公園で休憩

2010_0920renkyuu0036.jpg
潮干狩り、海水浴も終わり人気のない海の公園から八景島シーパラダイスを望む

出発が11時ぐらいだったので
次の休憩は昼食になります
葉山の魚佐を頭に浮かべながら
逗子・葉山を目指すことにしました

田浦の交差点から逗子を目指します
いつものように渚橋の交差点に到着
このまま魚佐まで走ろうかと思っていましたが
交差点近くにある渚橋カフェ(旧デニーズの店舗)の雰囲気がちょっと良さげ
メニューを見てみるとサンドイッチ以外にパスタやカレーなどもあります
犬連れもOKなようなので下見を兼ねて入ってみる事にしました

店内はデニーズのまんまです(笑)
外にテラス席もあります(こちらが犬連れOK)
2010_0920renkyuu0037.jpg
良い眺め@逗子渚カフェ

2010_0920renkyuu0040.jpg
卵とエビのクラブハウスサンド

暑くもなく寒くもないちょうど良い天候だったので
迷わず外のテラスを選択しました
逗子湾を見ながらのテラスの雰囲気は○です

嫁はハンバーガー自分はクラブハウスサンドをチョイス
クラブハウスサンドは美味でした

ちょうどBRM917四国一周1000キロが開催中です
参加者のつぶやきを見ようと携帯でアクセス
ついでに自分も「逗子の渚カフェなう」とつぶやいて見ます

昼食も終了しました
時刻はまだ13時
嫁とこのあとどこに行くか相談
まだ時間があるので反時計周りだったら
城ヶ島まで行っても日没までには横須賀ぐらいまで戻ってこられそうだったので
南下することにしました

自分は三浦一週する時は時計回りの方が海岸沿いを走るので好みですが
嫁は路肩はむしろ陸側の方が常に広いので反時計周りの方が好みのようです
2010_0920renkyuu0043.jpg
30キロ以上で爆走する嫁@長者が崎

途中三崎口駅を過ぎたコンビニで休憩
四国100の状況を知ろうとしてツイッターを確認しました
なんとNaokiさんからレスが入っていました
いま城ヶ島とのこと、ぬまっこさんも一緒のようです
ただツイートされたのは20分以上前だったので
既に城ヶ島から動いてしまっている可能性もあります

”今三崎口のファミリーマートです”
とツイートし反対車線を注意しながら走ります

そして城ヶ島に到着
いつもは商店街まで行くのですが
今日は公園に行ってみました
2010_0920renkyuu0049.jpg
トイレ休憩のみ@城ヶ島の公園

早速ツイッターをチェックしましたが
Naokiさんからのツイートはありません
多分もう城ヶ島を出発してしまったに違いないと思い
城ヶ島を後にします
2010_0920renkyuu0050.jpg
今日は釣り人も少なめ@三崎港での定点チェック

宮川の風力発電を過ぎて毘沙門を越え
江奈についたところで嫁と少し離れたので
もう一度ツイッターで確認
なんと自分たちが城ヶ島にいた時にNaokiさんも
まだ城ヶ島にいたようです

ここでツイッターだと走行中には確認できないのでタイムラグが発生するので
自分の携帯番号をメッセージで送りました
またNaokiさんからメールも届いていました

すぐにNaokiさんから電話をいただきやっとリアルタイムでお話し(笑)
Naokiさんたちはこれから鎌倉に向けて走るとのこと
自分たちは江奈湾まで降りてきてしまっているので
坂を二回登り返さなければなりません

嫁に相談してみると追いかけてみても良いとのこと
ということで城ヶ島に向けて戻ります
坂を二回登ってやっと城ヶ島への入口
そこから三崎口までまただらだらと登っていきます

嫁がそこで疲れてしまい
三崎口からの下りを降りきったところのコンビニで休憩
嫁は久々のロングで足が売り切れてしまったようです
なのに嫁にハンガーノックか?と聞いて
普通の人は100キロ近く走ればそこそこ疲れちゃうのよ!!!
と嫁に怒られました(笑)

ここでNaokiさんと再び電話で会話
追いつかないかもしれないけれども
鎌倉で待っていてくれるとのこと

ここからは嫁とゆっくり走ることにしました
長者が崎を次の休憩場所に設定して走っていたら
なんとその長者が崎でNaokiさんに合流することが出来ました

Naokiさんは「三浦一周グルメポタ」で総勢7人で走られていました

参加されていた
Naokiさん、toyo3さん、だほ~んさん、旦那さん、せいのさん、ぬまっこさん、いぷ~さん
にご挨拶

ぬまっこさんBRM904のPC1以来なので二週間ぶりのご挨拶

あとの方は初めてお会いするかたでした

その中でもtoyo3はいつもブログを拝見し感嘆していた方です
今年関東で開催されたブルベで一番厳しかったと言われている
AJ埼玉のスーパーアタック奥志賀400とアタック北信600の両方を完走
RUNでもフルマラソンを完走しデュアスロンに参加されています
足はほっそり&しっかり
自分の目標となる筋肉の持ち主でした
自分も最近RUNも始めたのでよりその凄さを実感しています

ほかの方も何度かブログを拝見したことのある
いずれも立派な自転車乗りの方たちでした

tyoujyagasaki.jpg
Naokiさんのブログから拝借しました

本来ならば「三浦一週グルメポタ」は鎌倉解散の予定だったのですが
Naokiさんが離脱するためここで解散となりました
というのは
自走で参加されたNaokiさん(東京都心から)の帰る方向が自分たち夫婦と同じだったので
ここからご一緒することになったのです

三浦一週グルメポタのみなさま
急遽乱入した形になったにもかかわらず
暖かくお迎えいただきありがとうございました

長者が崎からは来た道で戻ります
自分が先頭で走行しますが
Naokiさんは全く心配ありませんが嫁が疲れているのと
ちょっと膝裏を痛めているのでゆっくりめで走行します

無事16号まで戻ってきました
野島のコンビニで休憩を入れ夕食の相談

嫁のひとことで馬車道の中華料理に決定(笑)
夕食を目指して先を急ぎます

八幡橋を曲がったところで
Naokiさんに危機一髪のトラブルが(詳細はNaokiさんのブログをご参照願います)

やっと中華料理屋さんに到着
三人で自転車談義に花が咲きます
嫁のロード購入意欲も促進されたようです(笑)
2010_0920renkyuu0052.jpg
五目ちゃーはん@生香園

我が家はここから6キロぐらいですが
Naokiさんはここから家までまだ30キロ以上あります

名残惜しいのですが散会しました
最後に15号までMM21を抜けて15号に出るところまでエスコートしてお別れしました

二人でスタートしたロングポタが最後は三人に
とても楽しい時間を過ごせました
Naokiさん、「三浦一週グルメポタ」の皆さま
お世話になりました
またどこかでご一緒できれば嬉しいです
その時はよろしくお願いいたします

走行距離:136.75キロ
走行時間:6時間25分26秒
平均時速:21.2キロ









  1. 2010/09/23(木) 23:14:00|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

久々の釣り@本牧海釣り施設

9月15日 久々に釣りに行ってきました

本来ならば長者が崎で青物狙いでボート釣りに行きたかったのですが
予報では波高が1~1.5メートル
自分は船酔いするタチなので1メートルが限界です

ということで本牧に行くことにしました
釣果をWEBでチェックしてみるとサバが少々アジはそこそこ来ているようです
平日なのでそんなに混んでいることもなさそうです

嫁にも一応声を掛けてみました
すると今日は同行するとのこと

一人だったらランドナーで自転車釣行なのですが
二人だと竿とか仕掛けとかが多くなるので
クルマになります

荷物を積み込んで出発
関内のGOOZで昼食を仕込み
地下の上州屋でコマセを購入しました

本牧の駐車場はそこそこの混雑具合
釣り場もそんなに混んでいません
沖桟橋の空いているスペースに入れてもらい
いざ釣り開始
本命は青物とアジです
アジは夕方からなので昼間は青物狙いです
2010_0920renkyuu0017.jpg2010_0920renkyuu0018.jpg
写真では曇っているように見えますがそこそこ良い天気でした@沖桟橋

ところが・・・
今日は青物はいません(悲)
釣れるのはサッパのみ
TORIMING.jpg
サッパ大漁(笑)

西日本ではママカリの魚として重宝されているようですが
我が家ではあまり嬉しくない魚です

最初はリリースしていましたが
他に釣れるものがないので
サキ(ラブラドールもうすぐ14歳)のオヤツにすることにして
途中からキープすることに

夕方になり底狙いの竿がおおきくしなりました
結構重たいです
ひょっとしてアジ?
と期待しながらリールを巻きます
水面近くに魚体が見えてきました
銀色に少し金まじり
アジにしては少し太いかな?
と思った時にオートリリース
お魚は海に帰っていきました

多分ボラだったようです

その後もう一度竿がしなりました
今度は浅めの竿です
青ものかな?
と期待が膨らみましたが
これも巨ボラ
こちらは一生懸命オートリリースしようとして竿を操りましたが
なかなか針が外れてくれません
外そうと竿を強引に振っていたら
仕掛けごとリリースとなりました

夕方になり嫁は寒くなったので
一足先に管理棟に引き上げました
一人で釣りを続行します
陽も翳ってきたのでアジで一勝負です

竿がいい感じでしなりました
ボラでもなくサッパでもなさそうです

キターーーーッ

やっとアジを一匹ゲットできました
嫁にアジが釣れたので釣りを再開する?とお誘いの電話をしましたが
今日は寒いいのでもういいとのこと

自分もその後20分ぐらい粘りましたが
結局釣れたのはサッパが二匹でした

釣りが終わったのですが
夕食のオカズにはちょっと足りません

ということで今日はそのまま外食に

平日なので空いているだろうということで
今日は中華街へ

散策しながら店を探します
最近の中華街はオーダーバイキングが主流になっているのですね
でも何となくそういう店ではないところで食事をしようと探して入ったのは
いつもの梅欄

名物の梅欄やきそばの入ったセットを注文
このやきそばは胡椒の風味が効いていてお気に入りです
フカヒレスープ、点心、マンゴープリンもおいしくいただけました
2010_0920renkyuu0030.jpg2010_0920renkyuu0023.jpg

2010_0920renkyuu0026.jpg2010_0920renkyuu0028.jpg



ただ、お箸に書いてあるお店一覧にいつも行っている横浜ららポート店や渋谷店が入っていません
あとで家に帰って調べてみると
同じ梅蘭でも違う系統の店のようです
特にもめている気配もないので兄弟とかなのでしょうか
知っている方がいれば教えてください

今日の釣りは
さっぱばっかりでしたが
釣れない時間が余りなかったので
それなりに楽しめました
アジがもっと釣れれば言うことなしだったのですが

唯一釣れたアジは翌日刺身で食しました
少ないのでサブ扱いですが・・・(笑)
でも美味でした

でも青物釣りたいな
今シーズン中に
波のない週末に長者が崎でボート釣りがしたいな


本日の釣果

サッパ 50匹ぐらい
アジ   1匹
ボラ   2匹(二匹ともオートリリース)

2010_0920renkyuu0031.jpg


記事アップが追いつかない
早く三連休の記事をアップしなければ・・・

  1. 2010/09/23(木) 13:24:10|
  2. 釣り|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

BRM904神奈川300相模原  その2 PC2からゴール

その1からの続きです

再び富士五湖めぐりの旅が始まります
河口湖と西湖は標高が違うのですね
河口湖と別れてからしばらく走ると予想以上の急な坂が登場
登りきるとそこは西湖でした
西湖沿いの道は気持ち良く走ることが出来ました
2010_0905BRM9040033.jpg2010_0905BRM9040034.jpg
西湖沿いを走る

途中で以前BE-PALの犬連れキャンプイベントで宿泊したことのある
キャンピングリゾートWANの入り口を通過します
2010_0905BRM9040035.jpg
西湖の真ん中あたり@14時54分

西湖沿いの気持ちの良い道に別れを告げ
139号に合流します
ここから本栖湖へは結構下ります

ここは本来であれば来週開催される青葉300のルートの逆走です
今回は残念ながら仕事の都合でDNSが決まっています(もしDNSが決まっていなければ今日は当然申し込んでいません)
気持ちよく下れるということは一生懸命登る道だということです

厳しいコースの逆走での下見ってしない方が良いかもしれませんね
いきなり出走直前からめげます
ただし下りで感じた傾斜よりも実際に登ってみると楽ということが良くあります
ヤビツも登りは途中で感覚が麻痺してきているせいで平坦なところがあるように感じますが
下ってみると平らなところなんかなくてちょっと緩やかになっただけなんですよね
何事も慣れと比較対照の問題のようです
2010_0905BRM9040039.jpg
ここを曲がると本栖湖@15時20分

さて本栖湖に到着しました
PC2からまだ20キロちょっとしか走っていませんが
右折してすぐのところにある御土産物屋さんで休憩
ここはテーブルと椅子が置いてありました
アクエリアスとコーラを補給します
短い休憩(ドリンク補給と写真撮影)のはずだったのですが
なかなか居心地が良く椅子に座るとなかなか動けません
しかもこれから一気に本栖みちを下ります
下ればまたあの暑さに逆戻りすることがわかっているので
ここまで走ってきた自分へのご褒美としてしばし(20分ぐらい)まったりします
このころは時間に余裕があると思っていました(遠い目・・・汗)
いつもの休憩の長い怠惰なブルベに逆戻りしていました
2010_0905BRM9040040.jpg
根っこが生えてしまった@本栖湖畔の御土産物屋さん

根っこが生えそうになっていましたが気持ちを入れ替えて出発
本栖湖畔を走ります
トンネル手前の定番の富士山撮影ポイントに到着しましたが
やはり富士山は見えませんでした
トンネルを過ぎるとあとは一気に富士川まで下ります
2010_0905BRM9040043.jpg
富士山はどこ?@本栖湖のビューポイント

本栖みちは下っても下ってもなかなか下に着きません
これを登るのはやっぱり変○だよなって妙に納得しながら下っていきます
本栖湖で中休憩をいれていたので道の駅はパス
波高島を左折するとBRM508で走った道で下流に向けて走ります
2010_0905BRM9040049.jpg
波高島@16時25分

この道は川沿いではあるのですがアップダウンだらけです
それでも知っている道なので心の準備が出来ているので
素直に受け入れて走ります
このとき走りながら考えていたのは
富士山スカイラインのことではなく富士宮やきそばのことでした
前回食せなかった富士宮やきそばを夕食にしようと頑張って走り続けます
モチベーションはたっぷりです

そして今日の目的地内船の小林やきそば店に到着!!

あぁーーーーっ!!!!!

残念!!!
閉まってました
時刻は17時を少し回ったところです
休みだったのか、閉店だったのかわかりませんが「富士宮やきそば」はオアズケになりました

しょうがないので隣にあるデイリーヤマザキ(BRM508のPC1)で水分補給兼夕食を摂りました
コーヒー牛乳とヤマザキといえばのランチパックピーナッツを購入
当然氷1.1キロも購入
しばし靴下も脱いで足を休ませながらまったりします
2010_0905BRM9040050.jpg
デイリーヤマザキ内船店@17時12分

中休憩も終了し出発の準備をしているとキノコさんが到着
キノコさんから「富士山スカイラインがあるから結構時間が厳しくなってきましたね」
と言われ
自分的には貯金が2時間弱あるから楽勝だと思っていたので
”またまたぁ、脅かさないで下さい”という感じだったのですが
このあとの悲惨な状況を見ればキノコさんの言われたことが
正しかったということがよく分かりました

ブルベは甘くはないです

ここまでの走行距離は173キロ、平均時速は23.0キロで走れていました
本人的には山岳ありでこの暑さの中結構健闘していると思っていたので
十二分に余裕があると思っていたのです
2010_0905BRM9040054.jpg2010_0905BRM9040055.jpg
残り130キロ@内船

再び走り出します
一度富士川を渡って蓬莱橋を左折してまた左岸へ
この辺は予習もしていません
地図を見ると一度市街地を通ってから富士山スカイラインを上っていくようですが
基本一本道のようです
2010_0905BRM9040059.jpg
ここで夜になった@蓬莱橋

橋を渡るとすぐに坂道です
照明もなく暗い道です
この辺で真っ暗になりました
勝手に富士山スカイラインが始まったと思い込んで上って行きます
そこそこ上ると道が下りになりました
ところが予想以上に下って市街地に入ります
あれっ?富士山スカイラインはまだなの?
と道をしらないブルベライダーはちょっとパニック、かなり凹みました

市の中心部を抜けて再び道は登りに
そろそろPC3が近くなって来ましたが
市街地なのでコンビニが沢山あります
どれが本当のPC3(サークルK)なのかちっともわかりません
走るほどに不安がつのります
こういうときに限って前後に誰もいません
そろそろ市街地も終わりかな?
大丈夫か俺??って不安がピークに達した時
左側にサークルKの看板が見えました
駐車場にはブルベ参加者の姿が・・・
ほっと一安心です
2010_0905BRM9040062.jpg
PC3@19時00分

PC3に到着しましたが
妙に達成感がありません
精神面でエネルギーを消費したせいか
ここにきて一気に疲れが出ています
テンションも下がってきました
食欲もゼロです
オニギリ一個食べるのがやっとです
水分を補給して完全にまったり(ぐったり)
ここで休憩されていた方が一人ここでDNF宣言
新富士か富士宮から輪行で帰るとのこと
ただクルマを置いてあるので高田橋まで戻らなくてはならないので大変そうでした
ブルベは完走も大変ですがDNFも実は大変なんですよね
自分も自走で来ていたら一緒にDNFしていたかもしれません
ただ高田橋まで戻ることを考えるとまだ走ったほうが楽だとこの時は考えていました

まったり休憩しているとAJ埼玉トレインが到着
5分も休まないでスタートして行きました
これは時間的にもやばいのか?
ちょっと焦って重くなった腰を上げて出発の準備を始めます
出発準備が整ったところにキノコさんも到着されました

結局30分以上休憩してしまい出発したのは19時30分を過ぎていました

ここからの富士山スカイラインは本当に厳しく
真っ暗な坂道を走ることが辛くて辛くて何度もDNFを考えましたが
何とか根性で走り切りました

て書くと3行で終わってしまうのですが
このブログではだらだらと50行ぐらいに引き伸ばして書きます(汗)・・・・(笑)
 (五年後の自分に向けての日記なのでご容赦願います)

PC3からずっと登りです
登るにつれて明かりも少なくなってきました
そろそろ明かりがなくなりそうだなと思い
ほうとう屋さんでドリンクを補充
座って飲んでいるとお店の人が出てきて「今日は何かの大会ですか?」と聞かれました
富士山一周していますと言ったら仰け反られました

再びスタートどんどん上っていくとついに明かりが全くなくなりました
富士山スカイラインのメインに突入です

PC3から富士山スカイラインの入り口までの標高差1200メートルを20キロで上るらしい
最高地点は1,466メートルということだけは頭に入れていました
まだ標高400メートルぐらいなので1,000メートル以上登らなければなりません
気持ちが切れないように(めげないように)ヘッドランプは消して
サイコンを見ないでこぎ続けます
たまにサイコンを見ると時速は大体9キロ
楽なところで時速12キロきついところでは時速7キロまで落ちています
EDGE500は怖いので一切見ませんでした

音もなく、明かりもなく、前後にライダーもいません
真っ暗な中一人です
たまに先のほうにブルベライダーの赤いランプが見えます

途中まではそこそこのペースで上っていたと思います
ちょっと疲れてきたので今どのぐらい上ってきているのかEDGE500でチェックしてみました
標高1,000メートルぐらいまで来ていたらいいな!!と思っていたのですが
表示された標高は800メートル
まだ半分弱です
あと700メートル近く上らなければなりません
一気にめげました
そのあとしばらく漕ぎ続けましたが
疲れてストップ。
標高は900メートル
EDGE500を確認してからまだ100メートルしか登っていません

ここで気持ちが切れました
路肩に自転車を止めて(明かりは危険回避のため点灯)座って休憩します
気が付けばドリンクもかなり消費しています
このままのペースではドリンクもなくなってしまいます

ドリンクが少ないことへの不安と精神的なダメージからだと思いますが
足に力が入りません(無理が出来なくなりました)
一度切れた気持ちはもう戻りません
自転車に乗っても耐える力とそれによって必要となる水が残っていないので
すぐに足をついてしまいます

疲れた頭で考えたこと
6%で標高差あと560メートルということは
1キロで60メートル上るので最高地点まで大体10キロ弱
押し歩きでも時速5キロぐらいなので止まらない限り
最大二時間で最高地点に到着する計算になります

とにかく休まない(止まらない)で進むことにします
自転車に乗って少しでも疲れたら押し歩きを繰り返します

途中からは傾斜が緩やかだなと感じたところでだけ自転車に乗りました

だれもいなかった道ですがさすがに押し歩きを入れていると
後ろから続々と抜かれます
途中で埼玉のトレインが休憩しているのを押し歩きで抜かします
そして押し歩いているのをまた抜かれます

それでも全く水を飲まない訳にはいきません
ただ気温が低くなっているのでそんなに汗はかきません
これが昼だったら大変なことになっていたと思います

水が少なくなってきていることへの不安はどんどん増大していきます
もう無理して自転車に乗る気もおきません
そうこうしている内に西臼塚の駐車場につきました
トイレがあるということなので
ひょっとして自販機はあるかな?
と思って立ち寄ってみます

東屋がありましたがAJ埼玉が睡眠休憩中でした
自販機のあるような気配はありません
諦めてまた走り出しますが
気力は3%ぐらいの残量です

明るければとりあえずあの先まで頑張ろうとか
目標を設定して自分を鼓舞することが出来るのですが
真暗闇を走っていると目標の設定ができません
サイコンは見ているとよりめげるので使えません

エネルギーに関してはパワージェルは持っていたのですが
飲んだ後に水で口をゆすがないと耐えられないので
水が足りない状況では使用出来ません

結局水がないと何も出来ないんですね
凹みに凹みながらとにかく最高地点を目指します

そんなこんなで1時間以上経ちました
ついに富士山五合目の分岐だと思われる照明が見えてきました
もう水の心配はありません
残った水を全部飲んで最後の力を振り絞って自転車に乗りました

やっと本日の最高地点にたどり着きました
こんなにつらい自転車は初めてです
時刻は22時02分
PC3を出発してから2時間30分以上かかっていました
2010_0905BRM9040066.jpg2010_0905BRM9040068.jpg
富士山スカイラインとの分岐@22時02分

頂上で写真を撮っていると途中で仮眠を取っていたAJ埼玉の方が到着
後続の方たちを待つとのことでなので自分は水分がないので先に下りますといって
下り道に入ります
ちょっと下ると右手に大きな駐車場が見えてきました
自販機を求めて、また着替えるために立ち寄りました
水ケ塚公園の駐車場でした

ついに自販機を発見
これまでの人生の中で一番嬉しい自販機との出会いでした
アクエリアスを二本(一本はその場で一気、一本はボトルに補充)
しばし脱力します
2010_0905BRM9040069.jpg
一生で一番嬉しかった自販機との出会い@水ケ塚駐車場

一人のブルベライダーさんが休憩中でした
二人でしばし会話
内容は愚痴ばっかり(笑)

着替えを持って来ていたので
インナーだけ着替えます
さすがに標高1,400メートルは寒いです
ホットコーヒーを追加で購入し暖まります

ここで20分以上は休憩していたと思います
これ以上休憩していてもしょうがないので
ウインドブレーカーを着用して一気に下ります
休みすぎたせいか体が冷えています
インナーは交換していてもジャージはびしょびしょなので下りで凍えます

下っても下っても着きません
SF-532XXは明るいのでルート確認は問題ないのですが
寒いのでスピードが出せません
凄いスピードのライダーにぶち抜かれます
それでも自衛隊の基地に着きようやく人間の生活地域まで戻ってきました
ほっとしました

7-11があったのですがもう少しあたたかい場所で休憩したかったので
さらに下ります
次のコンビニを目指して走りますが
このあとコンビニは全くありませんでした
古沢東を右折して246を越えてもコンビニはありません
やっとローソンの看板が出てきました
・・・3キロ先とのこと
ちょっと凹みましたがそれでも目標が出来たので
残った力を振り絞って走りました

やっと駿河小山のローソンに到着しました
体が冷えているのでここはカップヌードルを選択
コーヒー牛乳と水も購入しました
っすがにもう氷はいりません

ところが、上りで水分が足りなくなり頂上下で水分を一気に補給したため
完全に胃が壊れてしまいました
カップ麺を受付ません
無理して食べようとしましたが
結局一口ちょっとしか食べることが出来ませんでした
何とかスープだけは半分ぐらい飲みましたが麺と具はお店の人に下げてもらいました
2010_0905BRM9040070.jpg
食べられなかったカップヌードル@駿河小山

時間は23時40分過ぎ
タイムアウトまではまだ4時間以上あります
ここまで240キロ走っているので残り距離は約60キロ
平均時速15キロでも時間内にゴール出来ます

何も食べられない状況まで追い込まれてしまい体調は過去最悪です
疲れもピークだし精神的にも限界が近いです
DNFするべきかとも考えましたが
ここまで頑張ったのだからやっぱり完走したい
下り基調なのでなんとか完走は可能?
とにかくゴール目指して走ることにしました

スタートしてすぐに246に合流
清水橋から246の旧道である76号を走ります
夜中ということもあり旧道はクルマが一台も通らないので楽しく走ることができました
少し精神力は回復しました

蛇塚の手前の自販機で一度ストップ
デカビタを購入しエネルギーを補充します
既にこのときも胃が厳しかったのですが炭酸の力で何とか飲むことができました

ただこの後はスポドリは飲むと吐き気がしてきて全く飲めなくなりました
これ以降ゴールまでは水だけ飲んで凌ぎました

蛇塚で246に合流しますが
AJ埼玉チームは蛇塚でまた仮眠していました

246を走り続けてやっと秦野市に入ります
秦野・246と言えば名古木です
すぐに着くのかと思っているとアップダウンを繰り返しながらも
なかなか名古木に辿り着きません
それでもやっと名古木に到着
ここから先は知っている道です
もう大丈夫
2010_0905BRM9040072.jpg2010_0905BRM9040075.jpg
真夜中の名古木と新善波トンネル@1時20分

善波トンネルへの坂を上りきると
大好きな下りです
精神的なものもあるかとは思いますが
この辺から足もまた回りだしました

市役所入口から63号に入るのですが
ここでカップルさんに追いつきました
少し離れて走りますがちぎるほどのスピード差はありません
といってこの期に及んでカップルさんと一緒に走るのも迷惑でしょう
残る選択肢はコンビニ休憩です
東名をくぐったところにコンビニがあったので最後の休憩を取りました
もう何も食べられないので水だけ購入しました
残り距離は20キロを切っています
時間もたっぷり残っています
15分ぐらい休憩

63号はそこそこアップダウンがあります
地味に疲れます
川を渡って最後に相川への上りを登りきったところで
またAJ埼玉チームに抜かれました
3回目です
今回はPC1からゴールまで常にAJ埼玉チームと前後して走っていました
時間をたっぷり使って余裕を持って走るのと
時間をたっぷり使わないと走りきれなかった違いはありますが
ゴール時間はほとんど同じなんですね
最後は富士山スカイライン後の自販機休憩でご一緒したかととほぼ同時にゴールとなりました

時刻は午前2時53分
所要時間は19時間03分でした

またやっちゃいました
だったら18時間台で走りきりたかった

でも完走できただけでも正直御の字です
ゴール後F山さんにBRM905はDNSにしますと言ったら
ほとんどの人がDNSを選択しているとのことでした
ブルベカードが余っているので当日参加認めようかなんて話も出ていました
ワタリさんもゴールで出迎えていただきました
スタートからゴールまでお疲れ様でした
ありがとうございます

ゴール後わかったのですが
最後に追いついたカップルさんだと思ったのは
違ったようです
夫婦で出走されたのにもかかわらず女性一人で完走されたとのこと
このコースを単独で走ってしまうって素直にすごいなぁと思います

キノコさんも少し前にゴールされていました
多分最後のコンビニ休憩でパスされたようです

ゴール後キノコさんやワタリさんとしばしお話し
キノコさんは仮眠されるとのことで自分も仮眠しようと思い
目をつぶってみますが眠れそうにありません

自宅まで帰ることにします
クルマを運転すると眼が冴えてきて問題なく家まで戻ることができました

疲れきって戻ると、嫁から空気入れがおかしいから様子を見ておいてくれとのこと
余力は残っていませんが気持ちよく送り出してくれた手前
いろいろ調整してみましたがパッキンがいかれたようで空気が漏れて入りません

空気入れは壊れていますとメモを残し部屋に上がりました
シャワーだけ浴びてすぐに就寝
朝の9時まで4時間ぐらい寝ました

昼から嫁と一緒にマイクスに空気入れを買いにクルマで外出
ただ予想以上にブルベでの疲れがあったようで動けません
早めに家に戻り夕方まで昼寝

筋肉痛は今回ほとんどなかったのですが
全身の疲労感はこれまでで一番でした
筋肉よりも体にダメージを負ったというのが今回のブルベでした

目標を立てにくい暗闇での峠越えは精神力が必要です
今回途中まで絶好調だったのですが
蓄積された疲労もあり富士山スカイラインで限界を超えてしまいました

また人は水がないと何も出来ないことが良く分かりました
ハンガーノックでもあったかもしれませんが
それよりも水分が足りないこと即走行不能となります

補給の重要性を認識したブルベでした

富士山スカイラインは絶対にリベンジしたい
ただし明るい時間限定で・・・

午前3時ぐらいにスタートすれば可能かな?

長々と読んでいただいた方ありがとうございます

多かれ少なかれブルベに参加されている方は困難な状況に遭ってあるかと思います
その時は辛くても過ぎてしまえばやはり走って良かったと思えます

今回のブルベで精神力は出走前に比べて10%ぐらいパワーアップされたかな?
体力は筋肉を燃やしてしまったことと最後に負荷をかけられなかったこともありますが
それでも3%ぐらいはアップしたかな?
って思います

またロックアイスのバンダナ巻きはPC2までの暑さ対策として効果大でした
翌週のブルベでも早速活用いただいたようです
”のりぞー巻き”で商標登録しようかな(笑)
使用料も許可も必要ありません
真夏のブルベに出走される際にご活用いただければ幸いです

冗談はさておき

次のブルベはSRのかかったBRM1002埼玉600アタック日本海です
完走目指して頑張ります

完走のためにはまずは10月4日の休暇を確定させなければ・・・
600は全力を出し切らないと完走は無理だと思っています
月曜日の休みをゲットしてこれまでは出来なかった
翌日のことを考えないで全力を出し切りたいと思います

来年は千葉600とF山コースが重ならなければ両方走ってみたいです

最後にAJ神奈川のスタッフの皆様ありがとうございました

グ ロ ス:19時間03分
走行距離:306.75キロ(ミスコース分含む)
走行時間:14時間54分03秒(押し歩き含む)
平均時速:20.5キロ
最高速度:60.4キロ
獲得標高:約4,400メートル

今回走ったコース
BRM904 COURSE

ルートラボからお借りしました



  1. 2010/09/15(水) 22:16:59|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:19

週末はランドナー

今週の土・日は二日間ともランドナーに乗りました

土曜日は本来ならば延期となった青葉300(スーパー青葉300ではありません)に出走する予定だったのですが
仕事でDNSとなりました

仕事といってもオフィスの引越しです
当日は長丁場でしかも引越し作業日なので
取引先が来社することもないので私服でOKです
私服でOKならば当然ジテツウです

ただ長時間自転車から離れてしまうので
盗まれても良い(盗む価値もない)ランドナーで通勤しました

ランドナーならサイドバッグに着替え等も入れられるので
着替えも持っていくことが出来ます

9時に横浜の自宅を出て東京のオフィスに着いたのが10時50分
距離は35キロあるので通常なら2時間10分を見ているのですが
追い風だったこともあり最短記録更新(これまではロードで2時間ちょうど)
少しはブルベの成果も出ているのかもしれません

引越しは無事終了
まずは荷物を搬出
搬出がスムーズに動き出したのを確認して引越し先へランドナーで移動しました
移動時間は地下鉄よりも速いです

そして引越し先で荷物を受け取り机等を配置し
LAN・電話・IT機器等の設置・テスト
結局終わったのは20時過ぎ

ゆったり気分で15号から国道1号
最後は環状二号の坂を登って土曜日は終了

翌日曜日はフリーです
五反田のTOCでゴールドウィンのファミリーセールがあるので
嫁と一緒に買物へ

鶴見川CRから中原街道で向かいました
今日は休憩なし
2年前は途中の鶴見川CRを新横浜から鷹野大橋までノンストップで走るだけで
疲れて休憩していたのが嘘のようです
夫婦ともども脚力が付いてきたことを実感します

今日のバーゲンは珍しく狙いがありました
それはC3fitのハーフパンツ
レーパンはブルベなど300キロを超えて走る時には股ずれ等が発生する可能性が高くなります
自分は長距離の場合はコンプレッションタイツの上にレーパンを履いています
これは賛否両論あるかと思いますが
「皮膚に当たるところがずれて擦れない」ことを自分は最重視しています

2XUだとお尻に全く問題がないので現在のところベストなのですが
コンプレッションがきついため膝が圧迫されて痛くなってしまいます
CW-Xは膝には良いのですがお尻周りが緩くお尻が多少こすれてしまいます
C3fitにはハーフパンツ(膝上)があるのでそれを購入したかったのです

無事目的だったハーフパンツを購入することができました
色はちょっと不満ですが安いので我慢します(笑)
ついでにGWのロングスリーブもゲット
現在夏のインナーとして使っているものの色違いが激安価格だったので思わず購入
あとラグビー系のブランドのノースリーブ(コンプレッション)をラン用に購入
嫁も購入意欲はなかったはずなのにランスカ二着購入してました(笑)

その後中原街道を戻って
嫁のロード候補と自分のロード候補のフレームを見にサイクルキューブへ

残念ながら嫁のロード候補のフレームはサイズが小さすぎて無理でした
ただアンカーよりもそのメーカーのフレームが気に入ってしまったようです
予想外のブランドなのでバーゲンじゃないととても買えない価格です
嫁のロードフレームの行方が・・・
一年待つ?・・・(笑)
ということは自分のフレーム更新も先送り???

自分の欲しいフレームも少し小さめなのですが
ステム調整で乗れないことはないようです
一生もので取り扱いが楽なのでブルベに最適なのですが・・・
これも・・・しばらく待ちましょう
縁があればいつか自分のところに来るでしょう

サイクルキューブを出て鶴見川CR経由で帰宅したのですが
鶴見川CRに入る鷹野大橋で驚くことが・・・

「のりぞーさんですか?」
と声を掛けられました
ブルベでは何度かありますが一般道では初めてです

嫁と同じMARINのクロスバイクのユーザーさんで
いつもブログを読んでいただいている方でした
嫁のMARINとおんぼろランドナーの組み合わせで判別していただいたのだと思います

余り気の利いたお話も出来ませんでしたが
今後もお付き合いいただければ嬉しいです

その後家に戻り夕食後に
軽くジョギングをしたのですが
1キロぐらい走ったところで左のアキレス腱のやや上の所に痛みが走ったので即中止となりました
幸い家に近いところだったので自分だけ終了し嫁はジョギングを継続してもらいました

どうやら軽度のシンスプリントのようです
走り出した時に土踏まずにちょっと違和感があったのですが
そのまま走り出したところでやってしまいました

土日のランドナーでの走行で疲労が溜まっていたようです

今週の自転車とランは様子を見ながらとなってしまいました

ということで釣りかな?・・・(笑)

週末の運動は
 自転車(ランドナー) 約130キロ (土曜日75キロ、日曜日55キロ)
 ラン         約1キロ (故障で途中リタイヤ)

でした


BRM904その2 は・・・・・・・もうしばらくお待ち下さいませ(汗)



  1. 2010/09/12(日) 22:57:08|
  2. ランドナー|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

BRM904神奈川300相模原  その1 スタートからPC2

9月4日BRM904神奈川300相模原に参加してきました
今年七回目のブルベです

予定では翌日のBRM905神奈川200相模原とのニ連荘です
もっとも試走の感触と当日の天候(暑さ)で既に一本勝負の予感が・・・(汗)

今回は300キロなので一回で終わらせようと考えていましたが
また長くなってきたので取りあえず前後二回に分けてアップしていきたいと思います
お許しいただきお付き合い下さいませ

当日は午前5時に起床しました
ニ連荘の予定(しつこい?)なので今日は自走ではなくクルマです
タイヤに空気を入れてクルマに積み込みます
自走じゃないので、ヘルメット、ボトル、手袋などを忘れないように
一度装着してから積み込みました

6時ちょっと前に出発、
保土ヶ谷バイパスも16号もガラガラだったのであっという間に相模原へ
これでは早く着きすぎです
トイレに行きたくなったこともあり
先週の試走で立ち寄ったマックでトイレ&ドリンク休憩

スタート地点の高田橋には7時ちょっと前に到着しました
時間に余裕があるのでまずは自転車をセッティングします
ブレーキの位置調整などをしていると集合場所で動きが・・・
ブリーフィングが始まったようです

急いで受付地点に向かいます
ブリーフィングの最後だけちょっと聞いてから受付
ワタリさんとeiryさんが受付のお手伝いをされていました
いつもご苦労様です

今回は7時30分から10分おきのスタートです
自分は第三便の7時50分となりました
もともとスタート直後は遅いので今日もまた一人旅になりそうな予感
2010_0905BRM9040001.jpg
7時50分スタート組み

スタート地点でMATOさんとHUNAさんにご挨拶
minoさんにもご挨拶ができました
他の方はわからず・・・残念

今日も日差しは強く既に気温も30度近くまで上がっています
これは無理をするとあとがきつくなりそうです

いよいよスタート
7時50分組みは大体20人ぐらいだったと思います
スタート直後は5人ぐらいのトップ集団で走りますが
自分は無理をせず走ったので小倉橋までの間にトップ集団からちぎれました
久保沢の交差点で一度追いついてしまいましたが
川尻を左折したあとの信号で再びちぎれて一人旅が始まりました
結局ここからPC1まではほぼ一人旅でした
2010_0905BRM9040003.jpg
川尻の交差点で信号待ち このあと予定通り信号でちぎれる

あとから考えれば良いスタートが出来たと思います
無理なペースで走ることなく武蔵五日市までのアップダウンをこなすことが出来ました

城山大橋を左折してしばらく走っていると
戸沢峠の手前で10分前にスタートしたMATOさんに追いつきました
MATOさんは信号の関係もあるとは思いますが
先週直江津まで走られていたので体調が万全ではないようです
ご挨拶をして先行します

武蔵五日市から檜原街道に出てPC1には9時15分ぐらいに到着
ここまでは順調に走れたせいか今日はまだ沢山の人がいます
これまでのブルベでは大体PC1までに何か無駄なストップをしていたりするので
自分的には寂しいPC1が基本です
だからちょっと嬉しいPC1でした
ここでぬまっこさんにお会いしました(見つけていただきました)
自分は野菜ジュースとどらやきと氷1.1キロを購入
氷は保冷ボトルと普通のボトルに詰められるだけ詰めて
残った氷はバンダナに包んで首に巻いて走ることにしました
2010_0905BRM9040014.jpg2010_0905BRM9040015.jpg
ロックアイスをバンダナで包みます これを首に巻くと格好悪いが気持ち良いです

ここから甲武トンネルに向けての上りが始まります
檜原街道は日陰も多く走りやすいです
先週の試走よりも一時間以上早いので気温も低く走りやすいです
一度走っているのでオーバーペースになることもなく
また先のルートへの不安もないので快調に走ります
前回は途中で二回休憩しましたが今回は休憩なしで甲武トンネルまで到着しました
2010_0905BRM9040009.jpg
檜原街道

上川乗からトンネルまでの上りで4人ぐらいパスしましたが
縦溝が切ってある道はやっぱり怖いのでゆっくり目で下っていると一人の人にパスされました
上りの調子はまずまずですが相変わらず下りではスピードが出せませんね
そのまま20号まで走り合流してすぐの7-11で休憩を入れます
まだ11時前なので約1時間の貯金が出来ました
ここまでは下手すれば貯金なしかな?って思っていたので
予想以上に早く走れています

ここから都留市街まではそんなに厳しいところはないので
さらに貯金が出来るのでゆっくり休憩します

ツイッターで「上野原到着」と呟こうと思いアクセスすると
千葉600に出走されている知り合いの方が事故にあったとの一報が入っていました

心配ですが離れたところにいるので特に出来ることもなく
激励のメッセージだけ送信しました
また神奈川300を走っていたやんさんは機材トラブルでリタイヤされたとのこと
ブルベに参加していても皆さんが何をされているか(どれぐらい先を走っているかとか・・・笑)
フォロー出来るのでツイッターは便利ですね

ここでも氷1.1キロを購入
あわせてソイジョイを補給します
まったり20分ぐらい休んでからスタートします

しばらく走っていると信号ストップでAJ埼玉のトレインに追いつかれます
ちょっと逃げてみました(笑)が実力差は歴然ですぐに吸収されてしまいました
しばらくそのままトレインの中で走らせていただきました

自分はブルベ中は基本一人で走ろうと思っています
ブルベは自分への挑戦であり
体力と精神力のバランスを取りながら
時に自分自身と相談しながら休憩を入れたりペース配分をしたりして
走り切ってこその完走に意味があると考えています(初年度なので・・・)

といっても自分の実力以上のトレインだと
結局オーバーペースになってしまいあとで大きなツケを払った経験もあるので
リスク回避をしているということもあります
スピードに対応して自由自在に走れるだけの実力(自信)が備わっていないということですね
逆に遅いトレインに乗って走ることは楽なのですが
だったら自分のペースで走りたい(わがまま?)ということもあります

とか偉そうに言っていますが
AJ埼玉のトレインは違いました
リュウさんの引きは絶妙です
傾斜に応じてスピードを可変して無駄な脚力を使わせることなく走らせてくれます
といってもトレインの速度は決して遅くはないのであっという間に単独走者をパスしていきます

自分も猿橋付近の信号で脱落してしまいましたが
10キロぐらい楽に走らせていただきました

ここからはいつもの一人旅です
大月市内に入りいつものトンネルを抜けると
富士みちです
2010_0905BRM9040012.jpg
左折すると富士みち@12時5分

そろそろお昼です
水も減ってきてトイレにも行きたい
何より首に巻いていたバンダナの氷が融けてしまい体が熱を帯びてきています

都留を過ぎてからの登りに備えて
休憩を取りたいところです

ところがみんな考えることは同じようで
都留市内までのコンビニは結構ブルベ参加者で繁盛しています

自分は靴を脱ぎたかったことと煙タイムが欲しかったので
他の参加者に迷惑をかけないように
混んでいないコンビニを探しながら走っていました
誰もいないコンビニがあったのでそこで休憩を入れます

ここでオニギリ二個を購入
コーヒーと氷も合わせて購入しお昼にしました
でも体がまだ水分を欲していたので
更にクエン酸入りのサイダーを追加しました

しっかり休んだせいか
足は快調です
ここから金鳥居までの区間で7から8人ぐらいをパス
誰にも抜かれることはありませんでした

前回7月にこの道を走った時はEDGE500の表示した気温は41.8度
今回は39度台でした
自分的には2度ぐらい低いんだから
前回よりも楽だと思い込むようにして走りました
実際日差しは前回の方がきつかったように思います
 (ニコタマさんと走った修行の成果が出ました笑)
疲れもないまま富士見バイパス北まで到着しました

これは氷をバンダナに包んで首に巻いて走ったことの効果があったせいかもしれません
首に巻いた氷で血液と体を冷やしさらに解けた水が蒸発することでさらに体温を下げてくれます
氷が融けてしまうと体が熱を帯びてくるのですぐにわかります
前回の修行と氷のおかげで
みなさんが苦しんだ富士みちをあまり苦労せずに走りきれたのかなって思います

その後金鳥居の交差点を右折して河口湖へ向かいます
ここからは初めての道ですが道なりに走っていると
ほどなく河口湖畔に到着しました
2010_0905BRM9040017.jpg
今日はここを右折(正直嬉しい!!)@13時40分

2010_0905BRM9040021.jpg2010_0905BRM9040022.jpg
船津三叉路と河口湖畔のホテル街への入口

ここから富士五湖めぐり(今回は三湖)の旅が始まります
湖畔を少し周回してからPC2には14時ちょっと過ぎに到着しました
貯金は1時間以上出来ています
上出来です
2010_0905BRM9040024.jpg2010_0905BRM9040028.jpg
河口湖

いつもだとこのあたりのPCは人気がない(到着が遅いからです)のですが
今回は良いペースで走れているせいか
自転車を立掛けるスペースがないぐらい人があふれています
しょうがないので自転車は地面に寝かせました

そして昼食第二弾です
今日は出来るだけパンではなく米を摂ろうと思っていたので
ここでもおにぎりを購入
氷1.1キロとヘルシアスパークリングで脂肪をエネルギーに変え
ハンガーノックを防ぎます(笑)

PC2にはminoさんやAJ埼玉トレインも休憩中でした
今回は予想以上に良いペースで走れているようです
2010_0905BRM9040026.jpg2010_0905BRM9040027.jpg
人も自転車も一杯で自転車を立掛ける場所がない@PC2


今回のヤマだと思っていたPC2に一時間以上の余裕を持って到着したことで
この時は今日は大丈夫
明日も走れるのではないかとちょっと余裕を持っていました

でもF山さんコースがそんなに甘いはずもなく
このあときっちりと辛い目に合うのですが・・・

それはその2で・・・


  1. 2010/09/09(木) 23:28:07|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:12

BRM904神奈川300相模原 完走!!

9月4日 BRM904神奈川300相模原に参加してきました

かなり危機感を持って臨んだブルベでしたが
想像以上に厳しいブルベとなりました

何とか完走できましたが
ゴール時間もギリギリ
しかも体力が残っていない状況だったので
当初考えていたBRM905神奈川300相模原はDNSとなりました
2010_0905BRM9040023.jpg2010_0905BRM9040044.jpg
富士五湖めぐりは楽しかった

富士スカイラインは本当に厳しかったです
休憩する場所も補給地点もありませんでした
予習不足で心の準備が出来ていなかったため
真っ暗な中ひたすら上り続ける気力と体力が持ちませんでした
2010_0905BRM9040068.jpg2010_0905BRM9040069.jpg
つらかった富士スカイラインと一生で一番嬉しかった自販機との出会い

標高差は一回600メートルが今の自分の限界ですね
あと今回初めて胃をやられてほとんど補給が出来ませんでした
最後に200キロは常にハンガーノックのような状況で
(固形物以外で補給はしていたので本当のハンガーノックではありません)走らなければなりませんでした
きつかったです

グ ロ ス:19時間03分
走行距離:306.75キロ(ミスコース分含む)
走行時間:14時間54分03秒(押し歩き含む)
平均時速:20.5キロ
最高速度:60.4キロ

GARMINはブルベとの相性が悪いのか
今回もデータが取れていませんでした

詳細は今週中にはアップしたいと思っています




  1. 2010/09/05(日) 22:08:27|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:20

BRM904相模原300の試走

8月29日BRM904の試走で甲武トンネルを走ってきました

前回(8月10日)は雨や暑さに負けて時間切れとなってしまったので
今回こそ目的を達成しなければということで今日は8時30分には出発

天気はいつものように良すぎるので雨の心配はありません
前回は高田橋を目指したので16号から50号に入りましたが
今日は20号の町田街道入口が目標なのでそのまま16号を走ってみました
旧道は走りやすいですね
バイパスと合流するとさすがに交通量も多くなりましたが
それでも快調に相模原まで走ります

途中でいつものようにマックに吸収
昨日のリベンジで朝マックです
今日はソーセージマフィンに加えて最初からホットケーキを注文しました(笑)
補給は充分です
2010_0829koubuTN0001.jpg
朝マック@相模原のマクドナルド

橋本五叉路を過ぎてから左折し津久井湖を目指すように走り
川尻の交差点からBRM904のコースに合流しました

20号の町田街道入口を10時30分ごろに通過
城山大橋を左折すると霊園巡りです
アップダウンを繰り返し最後に戸沢峠(そんなに厳しくはないです)を越えると秋川街道に出ます
前回は初見だったのでアップダウンがきつく感じましたが
二度目は心の準備ができていたせいかさらっと通過
2010_0829koubuTN0003.jpg
そんなに厳しくないのですが一応峠の標識あり@戸沢峠頂上

ここから先は初めての道です
またアップダウンが続いたら正直いやだなって思っていましたが
秋川街道から先は厳しいアップダウンはありませんでした
なんとなく標高を稼いでいく道です
武蔵五日市を過ぎるとPC1の戸倉の7-11はすぐでした

暑いのでゆっくり休憩します
今日も日差しが強いです
休憩していると反対方向から見慣れた緑色のAJ埼玉ジャージを発見
りゅうさんでした
思わず「ヤナギさん!?」と口走ってしまったのは内緒です(笑)
もう奥多摩周遊道路を一周してきたのでしょうか?
やはり夏の自転車は早出が基本ですね

たっぷり休んで再びスタートします
PC1から上川乗までは南側が山になっています
そのため午前中は日陰が多く楽に走れます
またきついアップダウンもほとんどありません
ブルベで走る時は
ここを坂だと思うのかちょっとした上り傾斜だと思うのかで
所要時間は大きく変わってきそうです
自分はつい坂だと思って緩傾斜でつい一息いれてしまうので速く走れませんが
ケイデンス派の人は良いペースで走れるのではないでしょうか?

上川乗を左折するといよいよ甲武トンネルに向かって上っていきます
傾斜がきついですが無茶苦茶厳しいということはありません
最後の方にある大きなヘアピンカーブを戻ってくるとトンネルに辿り着きます
2010_0829koubuTN0006.jpg
信号を上野原方面に左折すると甲武トンネル

2010_0829koubuTN0010.jpg
甲武トンネルは二つ目のトンネルだった

トンネルを抜けると一気に下ります
ここの下り道は路面に縦溝が切ってあるので怖いです
タイヤをとられそうでブレーキに気を使います
時速40キロ以下で恐る恐る下っていきました
少し登り返して街中を抜けると20号に合流しました
2010_0829koubuTN0011.jpg
20号との合流地点@上野原

町田街道入口からここまでEDGE500のログではネットでちょうど2時間かかっていました
信号待ちとPC1での休憩を入れると
坂に弱い私で約2時間30分はかかる計算になります
今回の試走はPC1でゆっくり休んだ(途中でも二回休憩)ので約3時間かかっています
まああれだけ休んでもグロス3時間なので貯金は出来なくても借金はしなくて済みそうです
20号に出てからPC2までの距離は約50キロ残っています
富士みちも結構厳しいのですが
上野原から都留市街までで再度貯金が出来るので熱中症とかパンクとかのトラブルがなければ
何とかタイムアウトの心配はなさそうです
ちょっと安心しました
PC3からPC4は下り基調なので時間的には問題ないと思いますので
あとは富士スカイラインで時間を掛けすぎなければ完走も見えてくると思います
今日の試走はここで終了です

あとは帰るだけです
上野原(20号)から横浜に戻るルートは思考能力も減退していたので
素直に大垂水峠を越えにしました
でも大垂水峠って相模湖側からでも200メートルぐらい上るのね (はぁぁぁーっ)
峠の気温表示は36度
やっぱり今日も自転車に乗ってはいけない日でした(笑)
2010_0829koubuTN0022.jpg
午後2時過ぎだからしょうがない?@大垂水峠上り口

それでもやっとこさっとこ上りきって大垂水峠から高尾まで一気に下ります
下り道は思っていたよりも快適です
道志にはなかなか行けないけれども大垂水の下りでもたまには良いかなって思いました


このあと思考停止第二弾
本来は町田街道を右折しようかと思っていたのですが
信号のタイミングでそのまま20号を直進しちゃいました
町田街道のアップダウンを本能的に避けてしまったようです
八王子の繁華街に入り道路標示に従って取り合えず16号に出ます
ところが16号は橋本までの間に坂があります
途中北野街道に逃げようかとちょっと悩みましたが
トレーニングも兼ねてそのまま16号で帰ることにしました
これはちょっと失敗でした
クルマの感覚よりも東京工科大学の登りはきつかったです
それでも何とかこなして途中から町田街道に出て
あとは鶴見川経由で自宅まで戻りました

BRM904で一番不安だったのは
奥多摩ルートの難易度・所要時間が読めなかったことでした
今回の試走の結果町田街道入り口から3時間以内で20号(上野原)に出られそうです
(それ以上時間がかかるとタイムアウトとの戦いになる?)
無理せず人のペースに惑わされずに自分のペースで走れれば良いのですが
今回出走する人たちはブルベの猛者(変○)さんが多そうです
実力以上に頑張って付いて行かないことが完走の秘訣になりそうです

BRM904相模原300に出走される皆様
スタート地点でご挨拶出来るのを楽しみにしています
多分その後お会いすることはないかと思います

今回は二連戦と高い目標を設定していましたが
現在の気候・暑さの中で二日間走るのは正直今の自分の実力では無理そうです

BRM904の完走一本に絞って走ろうと思います
BRM905は一応準備はしておきますが多分DNSになりそうです

千葉600を走られるみなさんもSR目指して(持っている人はそれなりに)頑張って下さいませ
ちなみに自分のSRはBRM1002がラストチャンスとなりますので今回はSRには関係ありません


走行距離:146.91キロ
走行時間:6時間20分58秒
平均時速:23.1キロ
獲得標高:1,497メートル  (100キロ1,000メートル超えてました)

20100829 ROUTE
今日のルート(全体)

20100829 ROUTE2
今日のルート(奥多摩方面)

  1. 2010/09/01(水) 00:19:05|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:12
wiggle
www.wiggle.co.uk

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。