にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

BRM710ぐるっと房総400 その2 PC3からゴール

その1から続く

PC3に到着しました
ここでもウワンさんとNaokiさんと一緒になりました
ばらばらで走っているのですが大体同じペースで走っています

Naokiさんにさっき太股が攣っちゃいましたとお話をすると
コムレケアというお守り(薬)をいただきました
BRM130のアミノ酸(しゅう坊さん)に続き
皆さんの親切が本当にありがたいです

まだまだ日が落ちるまでに時間があるので
ここでは食事を摂りませんでした
ガリガリ君と水と補給食だけ購入しました

どうせ次のPC4までは80キロ以上あるので
ノンストップで走りきれる訳はないので
次のストップで食事を摂ろうという気持ちでした

PC3を単独で出発

やっと涼しくなってきました
追い風でもあり快調に走ります

20キロほど単独走行でしたが
東浪見の交差点でオレンジジャージの3人組に吸収され2キロぐらい一緒に走ります
ところが後ろの方がちぎれてきたので
先頭を走っていた方が後ろの方のペースに合わせるのでお先にどうぞとのこと
また一人旅になります

だんだん暗くなってきます
PC3からは走っても走っても景色が変わりません
精神的に辛いです
修行です
2010_0711brm7100038.jpg
変わらない景色

また太股は快調なのですが
左足の裏がまたジンジンしびれてきました
靴の中で指先を動かしたりするのですが
すぐにまた痛くなります

でも今日は修行ついでに休憩を少なくしようと出来もしない目標を掲げてみたので
(ウアンさんにそそのかされた・・・・・・笑)
休憩を一回で乗り切ろうと思い50キロぐらいは走ろうと思いしばらく頑張ってみます
PC2からPC3のことは忘れて下さい(笑)
日があるうちに走れるだけ走っておこうという気もありました

ついに日も暮れました
PC3からも50キロぐらいは走ったので自分に設定したノルマもクリアしました
次のコンビニを発見したら休憩を入れることにします

右側にコンビニが見えてきました
距離を見ると215キロです
ミスコース分を除くと213キロぐらい

食事ドリンク補給食を購入し
店の前にあったベンチに座り靴下を脱ぎ足を休めます
2010_0711brm7100042.jpg
靴下も抜いで足を休ませます@各PC

今回は走行中の補給食は薄皮あんぱんを止めてソイジョイ、デスクの朝食などにしました
あんぱんだとどうしても胸焼けを起こします
前回のBRM508ではパワージェルも試した(今回も緊急用に一個持参)のですが
必ず手がベタベタになってしまいます
ソイジョイなどは手がベタベタにならないので良いです
今回のメイン補給食にしました

パッケージの上の部分をちぎって空けておいたものを背中に入れておきます
これだと食べたいときに走行しながら補給できるし
一気に全部食べる必要もありません
多分皆さんされていると思いますが
これは結構快適でした

再び走り出すとすぐに片貝漁港のクランク
左折しなきゃとわかっていながらこの先にもう一つ交差点があると思い直進
先は海でした(笑)
またミスコースです

クランクのところのコンビニでは何人かのライダーさんが休憩中でした
ここからは街中を走ります
変わらない景色(暗いのであたりまえですが・・・笑)の中
サイコンの距離表示と看板の距離だけが支えです
足は相変わらず快調で気が付けば海沿いに
ここからPC5まではあと15キロぐらいです
やっと完走が見えてきたかなとちょっと安心

イオン(サティ?)が出てきて都会っぽくなってきました
ドーバーラインの風はブリーフィングでもコミットされていたので
心配していましたが今回はほとんど無風でした
路面状況は悪く気を使いますが久々のアップダウン
平地に飽きているくせに登りが出てくるとそれはそれで・・・・・・
人間我がままです

ついに犬吠崎灯台への入り口を過ぎて下っていくと
前方に7-11のネオンが見えてほっと一安心
やっと到着しました
2010_0711brm7100045.jpg
PC4@21時51分

到着するとウワンさんがすでに食事中
自分の晩御飯はミートソースにします
食欲はあります
ほどなくNaokiさん、オレンジジャージさんたちも到着

神奈川のブルベと比べると千葉のQシートは倍ぐらいあります
一回では入らないのでQシートの中身を入れ替えます

スタートはまた一人です
いきなりどっちに出ていいのか分からずスタッフの方に確認
なんとかスタートしましたが
銚子漁港を出て市街地に入ると道に迷ってしまいました
ここで同じく道に迷ってしまった人と合流
以降二人で迷いながら走りますがなんとか356に出ることが出来ました

いよいよ今回一番不安に思っていた利根川CRです
356でもう一人一緒になり三人で走ります
先頭を引いているので責任重大です
何とか入り口の信号を見つけることができました
右折してから大丈夫なのか?って思うような細い道を走りぬけると
土手に到着、CRへの入り口も無事発見

ここからは他の二人に先頭をまかせて後ろから追い掛けますが
途中でまた左足の裏しびれてきます
CRは20キロあります
休む場所もなく一人でCRを走るのもつらいので
一度大きく遅れるぐらい足を休め
その後急いで追いつくなどをしながら
佐原に到着しました
一人は道の駅で休憩、もう一人の肩もトイレ休憩で離脱され一人でPC5に向かいます
今回も休憩なしです
エライ!!!

PC5には既にウワンさんが先着していました
自分も靴下を脱ぎマッサージをしながらしばし足裏を休めます
ここのローソンの店長さんは氷、水、テーブルなども用意してくれていました
感謝です
2010_0711brm7100047.jpg
PC5@1時03分

ウワンさんは仮眠を取るつもりのようだったのですふが
自分は眠気は全くないので足が楽になったのでスタートすることにします

香取大神宮前まではなんとかいけたのですが
次の曲がり口がわからず往生しました
それは何故かというと・・・
サイコンの時間表示と距離表示を間違えていたのです
サイコンは10時間を過ぎると表示上はゼロになります
走行時間が13時間を越えていたため表示上は3:20:00のような表示
距離も320.00のような表示で走行時間を距離と勘違いしていたのです

悩んでいるところにリカンベントさんが通り過ぎます
声をかけたところこっちですよとのこと
ルートをしっかりと把握されているようなので
追い掛けさせていただきます
ところがこの方が速かった
30キロ以上で走行されています
次の交差点に着くまでは離されないように必死でテールランプを追い掛けます
やっと三叉路に到着これで今自分がどこにいるかがわかりました
このあとは自分一人でも走れそうではあったのですが
またミスコースしそうなので(土地勘ゼロだし)出来るだけ離れないように
追い掛けます
一度ロスト(ちぎれるとも言う)しましたがPC直前の信号で追いつきました
PC6に到着した時に御礼を言ってから休憩します
2010_0711brm7100049.jpg
PC6@3時15分

ちょっと長めに休憩しましたが足の裏のシビレはなかなか取れません
今日はずっと足の裏のシビレと付き合うことで観念しました
仮眠の必要はなさそうです

ゴール直前の市街地は住民が動き出す前に通過したい
日が出れば暑くなる(もう暑いのはイヤ!!)
早くゴールすれば早く家に戻って寝られる

上記の理由もあり出来るだけ早くゴールしちゃおうと思い
20分ぐらいは休憩しましたが痛みが和らいだ足に靴を履き再びスタート

この時間はさすがに冷え込んでいます
スタートすると風で汗が冷えて寒く感じたので
ウインドブレーカーを羽織っている間に二人に抜かれます

先ほどの区間でちぎれないために一緒懸命走ったので
自分にしては珍しく足が売り切れています

目標時間はすでに達成不可能となっているので
たんたんと走り続けます

大草の交差点あたりで夜が明けてきました
笹目沢橋北の交差点を右折する時に
アクアラインが事故の為通行止めとの不吉な表示
まだゴールまで時間があるのでその頃には開通しているのではと
期待しながら走り続けます
2010_0711brm7100051.jpg
もうすぐ夜明け@千城台の交差点

2010_0711brm7100054.jpg
夜が明けた@笹目沢橋左折後の有料道路の側道

次のT字路はQシートでは左となっていたので指示通り左折すると
どうも次の道が出てきません
不安になり戻ると行き先方向が浜野方面と書いてあったのを確認できたので
Qシートが間違っているのではと思いながら
取り合えず間違った地点を通り過ぎます
すると次のQシートの地点を曲がったところ無事生実五差路に到着
これで一安心です
ここでかなり時間をロスしてしまいました

気を取り直して走りますがここからは信号地獄でした
大きな道を横切るときはほぼ全て信号にひっかかります
既にだれているので、休憩と思えば別に良いのですが
早くゴールしたい気持ちもあり少しイライラします

姉崎を過ぎたあたりでクロモリGIOSのライダーさんに追いつきました
ここからゴールまでご一緒させていただきました
線路沿いの気持ちよい道を走り右折して線路を渡ると
あとはゴールまでもうすぐです
2010_0711brm7100058.jpg

スタート直後の海沿いの道に出てついにゴール
グロス走行時間は22時間02分でした
最後のころは目標もなく走っていたのですが
あと二分で21時間台だと分かっていればもう少し頑張っておけば良かった(笑)
2010_0711brm7100063.jpg

今回のブルベはほぼ平地ということで、山岳ブルベよりも楽だと思っていました
正直ちょっと軽く考えていました

実はグロス20キロという目標も持っていましたが
<平地=楽>という安直な見立ては間違いでした

平地はとにかくこぎ続けないと進みません
また平地なのでどうしても時速30キロ以上を基準にしてしまいます

そのため、スピードを維持するために結局走行中はずっと漕いでいます
山岳系は下りで休んでいるので走行時間と漕いでいる時間はかなり違います

漕いでいるときに掛かっている負荷は峠の方が厳しいのですが
平地は常に負荷をかけている状況です

その結果は回復具合を見れば明らかでした
通常のブルベでは二日、この前の沼津400で三日で筋肉痛は消えましたが
今回は筋肉痛が退くまで四日かかりました
いかに筋肉がダメージを受けていたかがわかります
平地のブルベ恐るべしです

CR中心の方は休まず中距離を走りなれているので今回のようなコースでも
日頃の乗り方との相性が良いと思いますが
自分は街乗り+ロングが中心でCRなどはほとんど走らずストップ&ゴー+峠が中心です
平地をほとんど休まずペダルを回すということを経験していませんでした
たまには荒川や江戸川などで50キロノンストップなどの練習も必要ですね

ゴール後しばしまったりしていると後からゴールされた方の声に聞き覚えが
BRM508のゴール後にHUNAさんと三人でお話しさせていただいた方でした
今日はトレックではなくクロモリでの登場でした
この後は四国一周1,000キロに出走する予定でそうです
2010_0711brm7100067.jpg
Iさんのクロモリ(BRM508の時はトレックのカーボン)

そんなこんなで撤収の準備をしながら他の方のゴールを何となく待っていますが
しばらくゴールが途切れています
オレンジジャージさんがゴールしたのを見届けて
ゴール地点を後にします

クルマで出発するとPC3あたりで一緒に走っていた方がゴールに向かうのを目撃
あとで分かったことですがウワンさんとNaokiさんもちょうどこのころゴールされたようです
タッチの差で出てしまいました(残念)

アクアラインが通行止めになってからかなり時間がたっていたので
ひょっとして開通したのではないかと思い
アクアラインに向かいます
路肩でクルマが待機しています
自分も路肩にクルマを止めて
再開まで仮眠を取ろうとしますが
実は全く眠れません

30分ぐらい待っていたのですが
NEXCOから現場検証が長引いていてあと2.3時間はかかりますとのアナウンス

クルマでの仮眠が出来ないので
東京湾を一周して帰ることにしました

長いと思ったのですが一周しても約100キロ
1時間ちょっとで家に戻ることが出来ました
すぐに風呂に入り仮眠
13時ごろに起床しましたが
アクアラインは結局13時ぐらいに開通したとのことで待たなくて正解でした

このあとは青葉300が控えているのですが
仕事の都合で出走出来ないことが決まっています
ということで次のブルベどうしようか

座間200か300、BRM918北海道600も金曜日だけ休めば出走は出来るのですが
さすがに遠いしお金かかるしそこまでしてSRを狙うのも・・・
もしもSRを狙うのであれば10月にBRM1002埼玉600が残っています
ルートを見ただけでDNF確立70%ですが
頑張ってみようかな?

それともブルベは来年までお預けして青物狙い(釣り)に移行しようか
自転車と釣りはベストシーズンが重なるのでなかなか両立ができません
どうしようか悩みます

ブルベは6回出走しました
 BRM117逗子200  完走
 BRM130鎌倉300  完走(但し名前と名字が逆のため別人が完走)
 BRM403道志道200 完走
 BRM508沼津400  完走
 BRM612青葉600  DNF
 BRM710千葉400  完走
膝の痛みが無くなれば左の足の裏が痛くなる
お尻の痛みも出たり出なかったり

負荷の掛け方で違うのでしょうが
ノートラブルで走れることが出来たのは逗子200道志道200と沼津400
確率5割です

ブルベで鍛えるというのが今年のブルベ参加のコンセプトでしたが
ちょっとトレーニングモードが強すぎた(地力がないので余裕が無いということもあります)
という気がしています

時間にこだわって一所懸命走ることよりも
完走だけを目指してゆっくり走ることも有りかな?
など考えています
目標時間にトライする楽しさと休憩時間・食事などを楽しむことを
うまく両立させていければ良いかなって思っています

今回ご一緒させていただいた参加者のみなさま
AJ千葉のスタッフみなさま
ありがとうございました

修行ブルベ無事完走することが出来ました
来年は? 
修行モードかサイクリングモードかどちらかに割り切った上で参加したいと思います
今はまだどちらかわかりません・・・(笑)





スポンサーサイト
  1. 2010/07/19(月) 23:09:12|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:10

BRM710ぐるっと房総400 その1 スタートからPC3

2010年7月10日 BRM710千葉400ぐるっと房総に参加してきました

梅雨の真っ只中ということもあり
雨ブルベの可能性大です

天気予報をやきもきしながら見ていましたが
週半ばまでは週末の降水確率は50%以上
これは駄目だと思い雨ブルベの準備をしていました

ところが前日金曜日が悪天候となり
その結果台風一過のような好天に恵まれました

当日は午前5時に起床
5時40分ぐらいにクルマで出発
横浜からはアクアラインを使えば1時間かかりません
6時30分前には金田ICに到着しました
時間に余裕があるので近くのコンビニをカーナビで検索し
まずは買出し
スタート地点に到着したのは6時45分ぐらいでした
すぐに受付へ
それでもスタートは二番目の8時05分でした
皆さん早いです
2010_0711brm7100001.jpg
天気は良いのですが心配性なので雨具、輪行袋を装備

その後自転車をクルマから降ろしてブルベ用の準備をしていると
のりぞーさん?と声をかけてくれた方が
Naokiさんでした
これで今日の目標の一つは達成
しばしお話しをさせていただきました
2010_0711brm7100002.jpg
NaokiさんのTREK

その後eijitomさんを発見しご挨拶
また、青葉600でPC3まで前後して走っていた方や
まこたさんにもBRM508以来久々にリアルでお会いすることが出来ました
毎回知っている方が増えてきてブルベに参加することがより楽しくなります

ブリーフィングを経てスタートとなりますが
スタート直前にウワンさんが到着
ただ自分もすぐスタートとなりご挨拶は出来ませんでした
多分このあとPCで会うのではと思いながらいよいよスタート
2010_0711brm7100004.jpg2010_0711brm7100005.jpg
スタート地点

スタートからしばらくは集団で走ります
Qシートは見ているものの、土地勘がないので
出来るだけ集団からちぎれないように付いて行きます
だんだん集団がばらけて16号を曲がって鹿野山に向かう時には3人になっていました

途中のT字路を前の方が左折したので
付いていきましたがQシートには右折となっています
ちなみに自分はQシートを右折(赤)、左折(黒)、直進(青)で色分けし瞬間的にわかるようにしています
ただ今回は直進の色分けは忘れちゃいました(信ちゃんのQシートの使い方を参考にしました)
2010_0711brm7100069.jpg
いい加減ですがこれでも充分です(笑)

信号でストップした時に前の方にQシートだと右折ですけど・・・と聞いたところ
あっ!!間違えた とのこと
もう一人付いてきていたので3人でコースに復帰します
自分が先頭になりましたが今度は自分が左折するところを直進
なんとなく気配を感じて振り返ると左側の道にお二人が・・・・
危ないところでしたが見通しの良いところだったので事なきを得ました

しばらく走るといよいよ鹿野山の上りです
最近ブルベの前は水木のどちらかに一度夜錬をして筋肉に負荷をかけ慣らしを入れていたのですが
今回は雨のせいで夜練ができなかったため一週間ぶりの自転車です

そのせいかスタートからずっと重かった筋肉がもう疲労を溜めています
一皮むけるまでは我慢我慢と言い聞かせゆっくりゆっくり上っていきます
あっという間に後続からスタートした集団に追いつかれぶち抜かれます
それでも先は長いので自分のペースで走り続けますが
今日はちょっとやばいかな?と思っていました

だらだらと上っていく(本当に遅かった・・・笑)と
後ろから追いついてきた方が白のバッソに乗っています
ひょっとしてBilboさんかなと思いながらも声を掛けるほどの余裕もなく走っていると
ほどなくマザー牧場に到着
2010_0711brm7100006.jpg2010_0711brm7100008.jpg
鹿野山への坂
2010_0711brm7100009.jpg2010_0711brm7100010.jpg
ビューポイントへの坂と記念撮影するライダーたち 遠くに海が見えます

マザー牧場のビューポイントで写真撮影をした後は
下り坂です
一気に下っていくとPC1でした

今回タイヤをアルトレモDDに交換したのですが
下りではタイヤの実力を実感しました
50キロで下っていてもしっかりグリップしているのがわかります
ただ表現は変なのですがあまりにグリップが有りすぎてどこが限界なのかわかりません
クルマで言えば4WDと2WDの違いといった感じです
また遊びのあるハンドルと遊びのないハンドルというような感じです
ちょっとの挙動にもタイヤが反応します

ルビノプロは適度なグリップなのですべる直前の感覚もわかるし
多少のスライドもある意味織り込んで走れます
アルトレモは逆に限界点がわからないのでむしろ扱いにくく感じてしまい
いつもよりスピードを出せませんでした
ただ、だんだんとコントロール出来る幅が拡がってきたので
その後の下りではかなり楽に走ることが出来ました
とはいえ今回のブルベではアップダウンが少なく下りの練習とまでは言えず、
また濡れた路面での走行もなかったので
次回の峠でもう少し自分のものに出来るようにしなければインプレとはとても言えません
しばしお待ち下さいませ(実力的に無理かも・・・笑)

PC1に到着しました
今日は人で一杯です
PC1が盛況なのは久しぶりです(笑)
大勢の中にウワンさんを発見
ご挨拶させていただきました
2010_0711brm7100012.jpg
PC1@10時20分

ここではマスカット水と塩むすびを一個補給+煙でスタートします
一人で走っていると途中でオレンジジャージの3人組みに吸収されました
このオレンジジャージの方とはこの後も抜いたり抜かれたりを繰り返しました
峠の頂上まで引いていただいたのですが頂上付近でスローダウンされたので
先頭の方に御礼をいってから一人で下ります
次にまた登りが出てきました
多分これが最後の登りだと思いながら上ります
ただ暑いし無理をすることもないので
途中にしいたけ村があったのでここで一旦休憩します

ペットボトルを購入し皆さんが登って行くのをみながらしばしまったりします
ここから頂上までは実はすぐだったので一気に下っていきます
平坦路に出ると強い向かい風です
22キロぐらいしか出ません
下ハンや肘を落として上半身を出来るだけ低くして漕いでいきます
とにかく暑いです
途中の道の駅でまた小休止
ここにはたくさんのライダーさんが休憩していました
8283、AJ神奈川のスタッフさんたちも休憩していました
水道があったので腕や腿に水をかけ冷やします
またまったり
ここに有名なBINGOバーガーがあったのですが
まだお腹は空いていなかったので食べませんでした
次回来た時(あるのかな???)の目標にとっておくことにします
2010_0711brm7100013.jpg2010_0711brm7100014.jpg
道の駅三芳村鄙の里@12時03分

館山市内を抜けるとついに海にでます
東京湾のはずれですね
2010_0711brm7100017.jpg2010_0711brm7100020.jpg
北条海岸

海岸沿いから離れてしばらく走るとPC2に到着しました
ここでは水を買いたかったのですが既に安いものは売り切れていました
ということでまたマスカット水を購入
ランチパックピーナッツを購入し軽く補給します
ここでまこたさんに再会
Naokiさんとウワンさんにもお会いしました
お二人ともはPC2以降何度もお会いすることになりました
2010_0711brm7100021.jpg
PC2@12時50分

再びスタートしますがしばらく走っていると
太股の筋肉がバリバリと音を立てて収縮しているような感覚になりました
左の足の裏もジンジンしびれてきました
トイレにも行きたくなったので100キロ地点で休憩
PC2からまだ20キロも走っていません
休憩がデフォルトとはいえ調子が悪いための休憩なのでちょっと良くない傾向です
2010_0711brm7100022.jpg
相原 ちょうど100キロ地点@13時45分 裸足で撮影

靴下を脱いで足を休ませます
休んでいる間に20人ぐらいが走り抜けていきます
やっぱりブルベの基本は無駄に休まないことだなって思いながら
でもまったりと15分以上は休憩していました
靴を履きなおし再スタートする時に白いバッソの方が自販機補給のためにストップされました
話しかけてみるとやはりBilboさんでした
少しお話しをしてから出発します

中休止の効果があったのでしょうか太股のバリバリとした感覚はなくなりました
やっと筋肉を被っていた皮膜が取れたような感じです
追い風になってきたこともあり
ここからしばらくは気持ち良く自転車を漕ぎました
追い風参考記録ですが時速40キロ以上で巡航します
野島崎灯台を過ぎます
以前キャンプがてらノン(昨年逝去)とサキと一緒に来たことがあるな
などちょっと感傷にひたりながらも足が快調なのでそのまま走り続けます
2010_0711brm7100030.jpg
走りながらの撮影@野島崎灯台の先

ボトルの水がなくなってきたので千倉を過ぎたところのコンビニで休憩
ここでは2リットルの水を購入
まず飲んで、次にボトルを一杯にして、余った水は頭、腕、腿にぶっかけました

暑さのピークも過ぎたのでずいぶんと走りやすくなりました
調子が戻ってきたので40キロぐらいで巡航を続けます
もうすぐ日蓮というところで再び休憩
どうもこの休憩は余計だったようです
2010_0711brm7100032.jpg2010_0711brm7100033.jpg
勝浦の日蓮手前のコンビニ@16時15分

スタートしてすぐに右折して海岸沿いの脇道に入りますが
ちょっと登りがありました
お気楽にダンシングを併用しながら登っていくと
なんと左のももの内側が攣りました
だましだまし走ろうとしますが
こむらがえりを起こしそうな感じとなりやむなくストップ
10分ぐらい休憩しストレッチをしながら筋肉が落ち着くのを待ちます
実は自転車に乗って初めての足攣りです
太股が攣ったのは生まれて初めての経験です
以前micronさんが足が攣るぐらい追い込んで走ってみたい
というようなことを書かれていたのを読んで確かに自分も一回も足が攣ったことないんだよなって思っていたので
やっと自分も限界まで追い込んでいたんだとちょっと感慨に耽りました
ただ、ここからあと250キロ以上走らなければならないので
二度と攣らないように走らないといけません
ちょっと先行きが不安になります

痛みも遠のいたのでおそるおそる走りだします
なんとか大丈夫そうです
美しい風景をみながらゆっくりと走り景色を堪能します
千葉は砂浜というイメージが強かったのでここの景色は新鮮でした
2010_0711brm7100035.jpg2010_0711brm7100036.jpg
オセンコロガシ

ここからはゆったり流して走りちょうど17時の音楽が流れる中PC3に到着しました

続く


  1. 2010/07/16(金) 00:09:54|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:9

BRM710完走

今週の土日BRM710ぐるっと房総400に参加し
無事完走することが出来ました

2010_0711brm7100030.jpg2010_0711brm7100035.jpg

今回のブルベを一言でまとめると「修行」でした
また連続DNFにならずに済んで正直ほっとしています

いろいろと感じたことも多く
ブルベとの付き合い方も少し変わりそうです
自分の力不足を痛感したブルベでもありました

今週中には完走記をアップしたいと思っています
ツイッターや嫁のブログで応援いただきありがとうございました

グ ロ ス:22時間02分
走行距離:407.9キロ(ミスコース分含む)
走行時間:17時間23分16秒
平均時速:23.4キロ
最高速度:53.5キロ





  1. 2010/07/11(日) 20:24:07|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:13

BRM710の準備

今週末はBRM710ぐるっと房総400に出走します

雨ブルベっぽいのとゲリラ豪雨にCRとかで遭遇したら目も当てられないので
ライト・サイコン類はサランラップで巻いちゃいました

Qシートのカスタマイズも終了
あとは無駄な準備になることを祈ります

ブルベ中はツイッターでつぶやきます
興味のある方は
NORIZO6 か #BRM710 か BRM710 で探して下さいませ

一応現在のところ体調もまずまずなのでDNSはしないで済みそうです
ツルツルタイヤじゃなくニュータイヤなので雨ブルベでも少しだけ安心です(笑)

当日は参加者の皆様よろしくお願いします
ご挨拶出来るよう
早めにスタート地点についてお探ししたいと思っています
でも見つけられなかったら見つけて下さいませ

 

 

  1. 2010/07/09(金) 00:38:06|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:12

今年のツールドフランスのフィラーはひどい

ツールドフランスが開幕しました

昨日から JSPORTSプラス を一ヶ月間だけ契約しました
今も第一ステージを見ています
楽しい一ヶ月が始まります

レース自体はおもしろいに決まっているのですが
自分がツールドフランス中継で楽しみにしていたのがフィラーです

フィラーはスポーツ中継の空き時間を埋めるためにテレビ局が制作するもので
ツールドフランスのフィラーは10分です
昨年のダイジェスト映像に音楽を乗せて作られています

ちなみに昨年のはこれ
「ヘイ!ンマンマーー」 これで分かる人は分かるはず
ニコ動なのですが是非一度見てください

音楽と映像のバランスが良く
自分はこのフィラーをなんとなく疲れたときとか自転車な気分な時に良く見て(流して)います

今年のフィラーを楽しみにしていたのですが
昨日のプロローグの後に流されたものが多分今年のフィラーだと思うのですが
正直最悪です

パイレーツオブカリビアンのような音楽とインタビュー映像のブレーク
これじゃあ環境ビデオになりません

コンタ VS アームストロング という対決を煽るというコンセプトなのかな?
がっかりです

皆でクレーム入れてせめて音楽だけでも乗せ換えてもらえれば良いのになぁ
映像は日本人も入っていて良いのだけれど、日本人にあの音楽は合わないです

以上大クレームでした





  1. 2010/07/04(日) 22:01:21|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

アルトレモDDインプレ と チェーンをX9-Lに交換

今日は雨にいつ降られるか分からないので遠出は止めて
マイクスのセールに行ってきました
20キロぐらいしか乗っていませんがインプレ第一弾です

今週頭に届いたアルトレモDDは木曜日が早く帰宅出来たので早速装着してみました
2010_0703ULTREMO0006.jpg2010_0703ULTREMO0009.jpg
予想よりもおとなしめでした(フルクラムが派手ということもあるのでしょうが・・・)

まず最初に驚いたのがサイドウォールの固さ
スネークスキンというパンク防止フィルムのようなものが入っているせいか
しっかりしています
ルビノプロテック(比較対照が弱すぎる?)は同様にサイド強化されているのですが
全く違います
ルビノプロテックはサイドはいかにもゴムという軟らかさを持っていますが
アルトレモDDはサイドまで厚みがあります
しなやかではなくプラスチック的な固さです

ただ装着はすごく簡単でした
RACING3との相性は抜群です
最初なのにレバーなし嵌め込めました
これだとパンクした時はすごい楽になりますね

タイヤの性能ですが今日のショートライドでの第一印象ですが
このタイヤ良いです

何が良いかっていうと
ブレーキの効きが違うということ
これまでのようにブレーキングしようとしたらロックしそうになりました
ブレーキ本体・シューだけでなくタイヤのグリップ力っていかに重要かがわかりました

グリップは良いのですが転がり抵抗は少ないです
平地ではしっかりグリップを感じますがそれでも滑るように転がっていきます
平地巡航は古タイヤに比べて2~3キロは速くなりしかもスピードが維持出来ます

ロードノイズに関してもゴツゴツ感が減りました

今日は110PSIで走ってみたのですが
100PSIぐらいだとフワフワな乗り心地(グリップは感じられる)となりそうなので
ブルベでの疲労をかなり軽減してくれそうです

これまでミドルクラスかそれ以下のタイヤしか履いてこなかったので
トップグレードのタイヤの良さを初めて実感しました

あとは、アルトレモに付いて回るコブのようなものが出来なければ
ずっとこのタイヤを使いたいなって思っています

来週のブルベで400キロ走れば確かなインプレになるのですごく期待しています
あと耐久性が良ければ言うことなしです

今日は一緒にチェーンも交換しました
これまではKMCの9.93というものを使っていましたが
今回はもう1ラク上のX-9Lにしてみました
KMCはミッシングリンクも最初から付いてくるのでお気に入りです
2010_0703ULTREMO0003.jpg
犬の毛が付いていますが気になさらずに・・・笑

交換前のチェーンは全体で5ミリぐらい伸びていました
トルクを掛けるときに歯飛びしたりしていたのは伸びていたせいもあったのかなと思います

9速でも5000キロぐらいでやっぱり交換した方が良いみたいです
といっても
嫁は5,000キロ以上走ってもチェーンはほとんど伸びていないので
やっぱりトルクの掛け方なども影響するのでしょうか

今回走りとパワーに直接関係する部分を新品にしたので
ブルベが楽しみです


  1. 2010/07/04(日) 00:03:23|
  2. Cycle Gear|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

| ホーム |