にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

輪行の練習

土曜日にEDGE500を自転車に装着
日曜日にロングか峠にでもいきたかったのですが
悪天候のため自転車での遠乗りが出来ませんでした

日曜日の午前中は時間が余ったので輪行の練習
購入していた輪行袋はこれ
オーストリッチ ロード220輪行袋オーストリッチ ロード220輪行袋
()
オーストリッチ

商品詳細を見る


この輪行袋はボトルゲージにぎりぎり納まります
下半分まで仕切りがあるので
ホイールとフレームが傷つく可能性も少しですが減るはず

初めての作業でしたが
意外とうまく行きました
2010_0228RINKO0003.jpg2010_0228RINKO0002.jpg
ブルベでもこれでDNFが出来そうです

フレームはクロモリなので多少傷がついてもOK(もう傷だらけだし)です

輪行する自信もついたので
今後輪行を前提としたロングライドにもトライしてみたいと思います

近畿のブルベ(紀伊半島一周600キロ)にもいつか参加してみたい

また東海道を西進して伊良湖まで走ってみたい

以前年越しキャンプのために串本まで行っていたのですが
帰りはいつも鳥羽から伊良湖までフェリーを使っていました
そのときにクルマから見ていた渥美半島の太平洋岸自転車道を走り
フェリーで鳥羽へ出てお伊勢参り
名古屋まで自走し新幹線で戻ってくるということに一度トライしてみたいと思っています

ちなみに今日は午後から晴れたので
犬の散歩が終わってから
嫁と一緒に横浜まで夕食の買出しに行ってきました

買出しはサイドバッグのあるランドナーとなります
ケイデンスセンサーはロードに取り付けてあるので
edge500は胸ポケットに入れてHRMだけ装着して走ってみました

EDGE500のGPSは正確ですね
行き帰りに走った道路を見事にトレースしていました
HRMとケイデンスを見ながら走ると効果的にトレーニングが出来そうです
yokohama227.jpg

ただ、距離や平均時速などはサイコンの方が正確なようです
しばらくはサイコンとedge500を併用して走ることにしますが
いろいろ楽しめそうです





スポンサーサイト
  1. 2010/02/28(日) 21:19:08|
  2. Cycle Gear|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

edge500 到着!!

ブルベを走ってみて必要だと思ったもの
欲しくなったものが続々到着しています

ひとつはこれ
2010_0225GOODS0013.jpg

Garmin Edge 500 with Heart Rate and Cadence

初のハートレートモニター、ケイデンスセンサー です

ユピテルのハンディGPSマップ ASG-CM11に期待していたのですが
GPSマップでルート登録が出来ないのに40,000円はちょっと高い

edge705は予算オーバー

ということでedge500になりました

いろいろな機能があるので楽しみです
週末は天気も良くないようなので
いろいろいじってみます

GPSなので嫁のジョギングにも使えそうです





  1. 2010/02/26(金) 00:05:21|
  2. Cycle Gear|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

BRM403道志道200 のコース

AJ神奈川主催のBRM403道志道200 のコースが発表になりました

坂馬鹿向けのコースになっています
前半に峠が集中しています
これだと完走出来ない(PC3でタイムアウト)人がかなり出るのでは?
と思います

大垂水から秋山川で雛鶴峠までは分かりますが
何故に都留からわざわざ道坂峠で道志みちに戻って山伏峠で山中湖??

道坂トンネルを通る道はいつも八ヶ岳にキャンプに行くときに使っています
横浜から厚木に出て宮が瀬湖経由で道志みち、道坂峠経由で都留ICで中央高速に乗っています
  (この道だとGWでもお盆でも厚木から2時間以内で都留ICに着きます)

都留側からは道志側からよりは急斜面は少ないですが
それでもクルマでも2速で上っていくようなヘアピンカーブのある道です
ブラインドコーナーが多いので自転車で登るのはかなり危険なので
絶対に自分だけでは走らないと思っていた危ない道でもあります

ブルベだと自転車が多いのでクルマも気をつけてくれると思いますが
ちょっと安全面で不安が・・・

それよりもこれって獲得標高3000メートル越えちゃうんじゃないの??
と思ってルートラボで確認したところ3426メートルあるとのこと
実際でもやはり3000メートルはありそうです

200は貯金ができないのでちょっと膝でも痛くなったらタイムアウト必須です
PC3までの120キロまでに2000メートル近く登るはず
そんなルートでグロス15キロってかなり厳しいです

このコースは既に締め切られていますが
このコースだったら走れば良かったというような鉄人さん達も沢山いそうですね

私のレベルではPC3でタイムアウトDNFの可能性が高いです
すごく楽しみでもありますが
本当に頑張らなければ・・・










  1. 2010/02/20(土) 01:14:30|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

SRへの道はなかなか難しい!?

1月に二回ブルベを走ったのですが
リザルトでは名前が逆になっています

多分スポーツエントリーに登録する際に
ローマ字入力を間違えてしまったせいでしょう
既に認定も終わっているようなので修正はきっと無理

もしも
本当にもしもですが
SRまで目指すのであれば今後自分の登録名をどちらかに決めなければ・・・
ブルベカードにローマ字でサインすれば良いのかな?

ちなみにPBPは目指していないので
名前がどちらかで統一されていれば問題はありません

今のところ200と300はあと一回ずつ走る予定なので
運が良ければ二人の人間が200と300を完走したことになるのでしょうが
運が悪いと200を二回、300を二回完走した人になってしまう・・・
それではSRは無理
いきなり抽選です(笑)

もっとも400と600はエントリーもまだしていません
仕事の関係もあり今年はまず参加することもなかなか難しそうなので
全く要らぬ心配ではあるのですが・・・

青葉300の結果でその先が見えてくるかと思います
自分的には青葉300が今年の目標です(今でも)
400以上はあくまでも来年の目標にしています

2010のBRM417青葉300のコースはAJ神奈川のWEBによると
基本2009のコース(牧場峠、雛鶴、笹子、甲府、本栖みち、道志)のようです
過去の先人(鉄人)達のブログを拝見しましたが本栖湖から山中湖までの道が厳しそう
河口湖から山中湖は経験がありますが本栖みちなしでもヘロヘロだったし・・・

BRM515青葉400はどんなコースになるのでしょうか?
多分絶対完走が無理だと思えるような変態山岳コースのような気がするのですが発表が楽しみです

出走は青葉300の結果とコース次第かな?




  1. 2010/02/14(日) 01:12:23|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

BRM130鎌倉300キロ 後編

<前編からの続きです>

PC3を出発しました
調子はまずまずです
順調に進んでいくと先に出発していたアミノ酸をいただいた方に追いつきました
しばし後ろに付き途中の交差点から前に出させていただきました
引いているつもりだったのですが下田駅前の信号でちぎれてしまい
また一人旅です

しばらく順調に進んでいきます
PC1からPC3までの不調が嘘のようです
何人かパスさせていただきながら尾ケ崎ウイングでトイレ休憩
休憩中にまた皆さんに抜かれていきますが
この時は余裕でした

休憩を終え走り出してしばらくすると
自転車がガタンガタンと揺れだしました
しかも定期的にガタンガタンと振動があります
ロードノイズかなと思い走路を変えてみますが
振動は収まりません
荷物の収まりが悪いのかと思いサドルバッグを触ってみますが特に問題はありません
そうやって1キロ以上走ったでしょうか

ふと・・・頭の中に浮かんだこと
もしかしてパンク?
不安になり自転車を止めて後輪を触ってみると空気が抜けていました
やっちゃいました
しかも気が付くのが遅すぎです(お馬鹿です)

考えてみればロードバイクに乗り始めてから早二年以上経ちますが
スローパンクの経験は二回ありましたが
走行中のパンクは初めてでした

広い車回しがあったのでそこに自転車を止めて早速パンク修理を開始します
2010_0131BRMkamaukra3000066.jpg2010_0131BRMkamaukra3000065.jpg

パンクしてから長く走ってしまったので
チューブは何箇所パンクしているかわからないので迷わず交換することにしました
タイヤもチューブもパンク箇所は肉眼及び手でなぞってみますが原因がわかりません

チューブ交換は前の週にタイヤのローテーションをしたので特に問題なく出来ました

その際に100PSIまで携帯ポンプで空気を注入してみました
200回で大体100PSIまで入ることが分かっています
今回は少し多目の220回までポンピングをしました
幸いなことに空気漏れ、作業ミスはなかったようです

作業中に何人かのブルベ参加者の方から
「大丈夫ですか?」
「何か足りないものはありますか?」
などと声を掛けていただきました
嬉しかったです

気を取り直して再スタートです
PC3をスタートしてからブルベ参加者とほとんどすれ違っていません
ということはPC3に残っていた人を加えても後ろに10人もいません
パンク修理をしている間にブービーぐらいになっているようです

皆さんに追いつくべく漕ぎ出しますが5キロぐらい走ったところで
何げなく後輪を触ってみると
ガーーーン 空気が抜けています
スローパンクです
何かがタイヤに刺さっていてチューブに小さな穴を空けているようです
取り合えずポンピングして様子を見ます

また走り出しますが急に空気が抜けるようなことはありませんが
徐々に空気は抜け続けています
再度停止してポンピング

チューブはまだ一本残っていますが
タイヤにあるはずの原因が分かっていないので
また同じようになる可能性が大です
むしろ悪化する可能性もあります

今日はこのままポンピングで走り続けることにしました
PC4までの間に結局3回ポンピングしました
2010_0131BRMkamaukra3000068.jpg
アロエの花の下でポンピング@稲取あたり

空気圧が低いので路面抵抗が大きくなるからでしょうか
ペダルが重たいです
しかもこの頃からまた膝が痛くなってきました
泣きっ面に蜂です
つらいです
稲取からのアップダウンはほとんど記憶がありません
なんとか一つ一つ峠を越えていくという状態でした

PC4にはすっかり暗くなった17時35分に到着

グロス :11時間35分
走行距離:199.28キロ
走行時間:8時間46分35秒
平均時速:22.7キロ

平均時速がどんどん落ちていっています
大丈夫か?

2010_0131BRMkamaukra3000077.jpg
すっかり日が暮れたPC4

この段階で後ろには一人だったようです
ブービーです(笑)
今回のPC4は有人チェックでした
ここでスタッフの方が23時過ぎぐらいから逗子駅前のマックに待機していますと言われました
この調子だと多分日付が変わってしまってからのゴールの可能性が高いので
次はマックでお会いするに違いないとこの時確信していました
遅くなって何か申し訳ないななどと思っていました

PC4ではクエン酸入りのヘルシアスパークリングとお握りとサンドウィッチを購入
ポンピングを120回してからスタート

ここから109号に入ります
途中からは街灯もなく真っ暗です
ただ月はほぼ満月なのですが木立があるので道路は真っ暗です

ここで新兵器SUPERFIRE SF-532XXの登場です
これイイです
白っぽい明かりですが強烈に明るいです
フォーカスを調整することで路面を照らしながら道路の左右まで照射してくれます
全く問題なく走行できました
これ一本で暗闇は怖くないです

膝が痛いのとタイヤが多分もうつぶれてきているので
どうせスピードが出ないので
サイコンの照明は消したまま走行しました
スピードがわからないので遅くても気になりません(笑)
急ぐ気持ちもないのでゆったり漕いでいるうちに川奈のいるか浜まで到着
ここでまたポンピングをします
一緒に美しい月も撮影
2010_0131BRMkamaukra3000080.jpg
海面を照らす月@川奈

ここから宇佐美まではほぼ平坦なのですが膝の痛みと疲労のためもう20キロぐらいしか出せません
ぶよぶよなタイヤでの峠は厳しいので網代に向かう峠の手前でまたポンピング

峠に挑みます
このころには膝の痛みで立ち漕ぎをすることも出来ません
シッティングでよろよろと上っていきます
2往復目なのでなんとなくあそこに別荘が・・・とか
あそこにセブンイレブンが・・・などと思いながら
一つ一つカーブをこなしていきます

何とかトンネルまでたどり着きました
あとは下るだけで網代に着きます
大きな峠は熱海の前後の二つだけです
ちょっと安心しました

ポンピングもしなければならないので
一緒に休憩を取り暖まるために
いつもの(2回目ですが)多賀のマックに入りました
今回はプチパンケーキ、コーヒーにフィレオフィッシュを追加(いいんです食べたかったから)
幸いなことに食欲だけはずっとありました
この時点でスタートから230キロ、家からは255キロ走ってきています
でもまだ80キロ以上残っています
いつのまにか平均時速は22.2キロまで落ちています

20分以上休んだでしょうか
少し元気になって再びスタートです(もちろんポンピング120回をしてからです)

2010_0131BRMkamaukra3000083.jpg2010_0131BRMkamaukra3000089.jpg

熱海に向かう峠を上り始めますが
左ひざのお皿の少し上の部分に激痛が走りまったく力が入りません
一度休んでしまったため筋?筋肉?が固まってしまったようです
30メートルぐらい上ってところであまりの痛みに小休止

ここで本気でDNFを考えました
このまま下って再度マックかファミレスに入って
嫁に迎えに来てもらおうかと考えました

2、3分ぐらい休憩していたと思います
ただ迎えに来てもらうにしても多賀はちょっと遠いので
何とか熱海まで頑張ってみようと思い
激痛をこらえてペダルを回してみます

より強い痛みを経験すればそれより軽い痛みには耐えられるはず
その内に筋肉か筋も少しはあまり痛くない可動域が増えるはずと思って
痛みをこらえてパダルを回します
固まっていた筋肉・筋も少しづつ可動域が増えてきたのか
少し痛みが和らいでいきます

気が付けばある程度平坦なところまで上ってきていました
もう一頑張りです
何とか熱海の市街まで降りてきました

貫一お宮を過ぎると
熱海から伊豆山に向かう最後の厳しい上りが待っています
しかしこの坂は今の足では無理でした
痛みで力が入らないため回せません
ちょっと屈辱的ですが自転車を降りました
傾斜が緩やかになる地点まで自転車を押しながら歩きました

緩やかな部分からまた自転車に乗って漕ぎ始めます
伊豆山温泉を通過してさらに上っていきます
長く厳しい上りとなりましたが
ここはなんとか足を着かずに漕ぎ続けます
気が付けば下り坂に

自転車に乗って初めての押し歩きが入ってしまいましたが
やっと湯河原にたどり着くことが出来ました
PC5まではまた少し上らなければなりません
タイヤの空気は抜けていますが
取り合えずPC5までブヨブヨのタイヤで頑張ります

ヘロヘロになりながらもやっとPC5に21:00ちょうどに到着

グロス :15時間00分
走行距離:246.13キロ
走行時間:11時間16分43秒
平均時速:21.8キロ

PC4からPC5の平均時速:18.7キロ

PC5には当然のようにブルベライダーは誰もいませんでした
寂しいです
補給用にヘルシアスパークリングを購入
休んでしまうとまた足が固まってしまいそうなので
ポンピングを100回ぐらいしてすぐに出発しました

真鶴から小田原まではイメージでは下りです
ただ今回はアップダウンに感じました
ちょっとした上りも元気な時はダンシングだけで軽くクリアしていたのが
シッティングでインナーローで上ることしか出来ません
それでも小田原に到着
あとは1号です

酒匂橋の手前にドラッグストアを発見しました
鎮痛剤を購入するべく立ち寄りました
時間は22::00直前で店内には蛍の光が流れていました
あせりながらも何とか鎮痛剤を購入することが出来ました
ついでにポンピング100回

小田原から大磯までの国道1号は至る所で工事をしていました
高速で走ることができないので歩道に上がって低速で抜けていきます

国府津の駅を過ぎたコンビニで休憩
ポンピング100回

ここから先は上りもあと3回ぐらい
完走は大丈夫そうです
ただ、家までブヨブヨのタイヤへのポンピングと膝の痛みの二重苦で走るのは
精神的に持たないと思い
嫁にゴール地点まで迎えにきてもらうべく電話を入れました
自分の趣味で走っている(基本は遊びです)のに嫁の手を煩わせるのは
心苦しかったのですがもう限界です

嫁が迎えに来てくれるというので
多分ゴールは深夜12:00を過ぎると思うと伝えます
これで安心して残りの距離を走ることができます

途中大磯のコンビニでポンピング(買物はなし)
鵠沼で最後のポンピング100回
2010_0131BRMkamaukra3000094.jpg
ポンピング@鵠沼海岸のサーフショップ前

小坪の坂を越えて逗子海岸に入りました
やっと完走が見えてきました

川奈からゴールまでブルベライダーに一度も会うことがありませんでした
でも前を走っている人がいて
ゴールにはスタッフと嫁が待ってくれている
ということが支えとなって走りきることができました

ゴールは日が変わった午前0時30分を過ぎていました

グロス :18時間30分台
走行距離:304.45キロ
走行時間:14時間12分00秒
平均時速:21.4キロ

PC5からゴールまでの平均時速:19.8キロ
BRM117の同区間の平均時速は25.7キロでしたので5.9キロ落ちています
良くゴールできたものだと思います

PC4からの最後の100キロは平均時速20キロを割っています
前半の貯金がなければタイムアウトでした

2010_0131BRMkamaukra3000099.jpg2010_0131BRMkamaukra3000100.jpg
2010_0131BRMkamaukra3000101.jpg2010_0131BRMkamaukra3000102.jpg

総走行距離:329.41キロ
平均時速 :21.3キロ

2010_0131BRMkamaukra3000104.jpg2010_0131BRMkamaukra3000105.jpg


2010_0131BRMkamaukra3000096.jpg
翌日の後輪 空気が抜けてペチャンコです


厳しく辛いブルベでしたが
だからこそいろいろと学ぶことが出来ました
ブルベに参加して良かったと思います

ヘロヘロの時にアミノ酸をくれた方、パンクの際に声をかけていただいた方
寒い中ゴールで待っていてくれたスタッフの方
ありがとうございました
嫁にも感謝

今回の経験を生かして今後のブルベでは
このような経験をしないように自分の力をわきまえて無理せずに走ろうと思います

翌日は筋肉痛と膝の痛みで最初は立つこともままならない状況でしたが
2xuのコンプレッションタイツを履くと割と普通に動くことが出来ました

実はブルベ中もコンプレッションタイツを履いていました
膝の痛みがあってもコンプレッションタイツが膝をサポートしてくれているおかげで
何とか走りきることができたのだと思います
幸い膝に後遺症はないようで今週も無事出社し業務をこなすことができました
自転車に乗っていないので本当に後遺症がないのかどうかはわかりませんが
今は全く痛みがないので多分大丈夫だと思います

膝に痛みが出やすい方はコンプレッションタイツが垂直荷重をサポートしてくれるので
膝への負荷が減りますから有効だと思います

また、今回のようなスローパンク状態での長距離走行は厳しいので
次回からは予備タイヤも持っていこうと思っています
荷物は重くなりますが、タイヤとチューブを一緒に換えてしまえば
スローパンク地獄に陥らなくて済みます

今回のブルベを完走出来たことは
様々な困難を乗り越えたということでもありますが
自らそのような状況を作ってしまったということでもあります
反省多々です
途中辛くて辛くて何度も止めようと思いましたが
今は次のブルベのことを考えています

次のブルベはBRM403道志道200キロです
しばらく時間がありますのでもう少し体力を付けて臨みたいと思っています

長々と書いてしまいました
最後まで読んでいただいた方
ありがとうございます
本人の備忘録を兼ねているということでお許し下さいませ

ほとんど泣き言を連ねているだけで恥ずかしいのですが
このような経験をすされる方も今後いらっしゃるかと思います
こんなヘロヘロになっても完走は出来ます
これからブルベに出走される方の参考になれば幸いです

何があっても、辛いときがあっても

それでもブルベ楽しいです
















  1. 2010/02/06(土) 00:34:09|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:16

BRM130鎌倉300キロ 前編

2010年1月30日 BRM130鎌倉300に参加して来ました

前回のBRM117逗子200は日曜日開催でしたので
前日にゆっくりと準備をすることが出来たのですが
今回は土曜日スタートです

当然前日は会社です
18時30分頃に退社するべく業務を追込み
明日できることは明日するということにして
それでは後は任せた と言って退社しようとすると
隣の部のデスクからちょっと相談が・・・
まあビジネスアワーはないです
そんな会社です

もともとこちらが振った案件でもあり
明日朝早いんで・・・という訳にもいかず
結局30分ぐらい打ち合わせ
会社を出たのは19時を過ぎていました

東京駅に着くと東海道線が止まっていました
幸い京浜東北線は動いていたので
各駅停車で横浜まで
東京駅から横浜まで長かったぁーーー

結局帰宅したのは21時ちょっと前

今日も嫁にリクエストして夕食はパスタ
 なんちゃってカーボローディングのつもりです(笑)
    後でWEBで調べたところ
    1週間計画で前半は炭水化物を押さえ、後半に炭水化物を摂ることでエネルギーを蓄えることのようです
    前日だけではほとんど効果がない(少しはある)ようです

夕食後そそくさと準備をしましたが
結局就寝は23時過ぎ
2時40分には起きなければならないので
3時間ぐらいしか寝られません

それでもわりとすぐ寝たようで
目覚ましで今日もしっかりとお目覚め

朝食は今日も「お粥」
あとはマツキヨで安売りしているアサヒ「クリーム玄米ブラン」
食事を摂りながら「朝まで生テレビ」を少し見てしまい
出発は3時50分

鎌倉スタートなので
素直に鎌倉街道を走ります

今日は暖かいです(前回BRM117比)
これだと今日は楽しく走ることが出来そうだなと
明るい気持ちでペダルを漕ぎます
足先もシューズカバーを購入していたので
全く寒くありません

北鎌倉、鶴岡八幡宮を経て鎌倉駅に到着

2010_0131BRMkamaukra3000002.jpg
鶴岡八幡宮の参道  
2010_0131BRMkamaukra3000004.jpg
鎌倉駅東口には既に沢山のブルベライダーが

スタート前に境川のmasaさん信ちゃんを紹介していただきました
何度かブログも拝見させていただいていたのでお会いできて嬉しかったです

集団の端っこの方にいたので
今回も何故かトップでスタートしました

七里ガ浜で134号に出てひたすら大磯まで平坦の路を走るのですが
いきなりとんでもないスピードで走ります
江ノ島あたりで境川のmasaさんが先頭になったのだと思います
どんどん速くなります
masaさんのケイデンス凄いです
そして本当に速いです
さすがSR!! などと思い
後ろを走る方といつちぎれましょうか?などといいながら
4台のトレインで走ります
ずーーーっと境川のmasaさんに引いていただいていたので
ちょっと申し訳なく思い
自分はこの後いつものように大磯港でトイレ休憩をしようと思っていたので
平塚あたりで先頭に出させていただき大磯までと思い前を引かせていただきました
さっきまで大体37、38キロは出ていたよなと思い必死に引きますが
今日は全然駄目です
とても大磯まで持ちません
遅くなってきたところで他の方が前に出てくれました
私はそのまま最後尾に下がり一人大磯港に向かいトイレ休憩を取りました

平均時速は大磯でのストップ時点で29.1キロ
ブルベのスピードではないです
この時点で足に疲労が溜まっています
ちょっと危険信号です
2010_0131BRMkamaukra3000005.jpg2010_0131BRMkamaukra3000007.jpg

コースに戻りこれ以上疲労が溜まらないようにゆっくりと走りますが
早い集団と一般との間だったようで
前後に人が全くいません
ちょうど良いペースのトレインがこないかなと思いながら走っているうちにPC1に到着しました
2010_0131BRMkamaukra3000013.jpg


PC1到着時刻は7時57分ぐらい

グロス :1時間57分
走行距離:47.61キロ
走行時間:1時間45分30秒
平均時速:27.0キロ

まだスタートから2時間経っていません
前回(逗子)よりも鎌倉のほうが近いとはいえさすがに速すぎでしょう
などと思っていると続々と皆さん到着
別に自分が速いわけではなく極めて普通のようです
300参加者のレベルの高さを感じました

今日は熱海市民駅伝があるので
最低でも多賀までの峠は越えていたいと思い
短めの休憩で出発
峠は一人が好きなので(後ろに付かれてもお互い困るし気楽に上りたいのです)
ここからいつものように一人旅です

湯河原から熱海に向かう峠の入り口で集団が後ろから来たので
抜いてもらいます
PBPのジャージの方達はスタッフの方だったのでしょうか
ぐいぐいと峠をトレインで上っていきました

私は最初の平地で体力を消耗していたので
出来るだけ負荷をかけないように
ゆっくりゆっくり上ります

なんとか熱海に到着
今日は寛一お宮ではストップせず走り抜けます
途中トンネルの迂回路を抜けて行きます
2010_0131BRMkamaukra3000017.jpg
赤根崎から熱海城を望む

熱海から網代まで駅伝のスタッフの方が準備作業をしていました

駅伝開始前に多賀までたどり着けました
ほっとひと安心です
そのままだらだら走り網代に到着
前回チェックしておいたトンネルの迂回路にある「菓子舗間瀬」に立ち寄りました
ここで嫁へのお土産に「きんつば」を購入
あわせて自分の補給食として「虎やき餅」を購入します
「きんつば」はこの後の展開を考えるとベストな行動でした(謎&笑)
購入したお菓子は宇佐美の海岸で食することにしてスタートします
2010_0131BRMkamaukra3000026.jpg2010_0131BRMkamaukra3000020.jpg


「菓子舗間瀬」の先が駅伝のスタート地点でした
9時20分ごろにスタート地点を通り過ぎました
2010_0131BRMkamaukra3000022.jpg

このあと再び漕ぎ出しますが膝が痛くなり全く力が入りません
ヤビツTTのあとのような抜け殻状況です
原因の一つはSPDです
SPDを外す時にひねり方が悪かったせいかビリッとした痛みが走りました
ブルベに参加するためにこの1月からSPDを導入したのですが
うまく外せないことがあり、無理やりひねった際に負荷が膝にかかってしまったようです

それと共に完全にスタート後のオーバーペースによる筋肉疲労もあり力が入りません
坂道で沢山の人に抜かれていきます

余裕があってお先にどうぞではなく余裕がない状況での抜かれなので
今日は本当にやばいかもしれないと思いながら走ります

網代から宇佐見までの峠は長いトンネルがありクルマに気を付けなければならない場所なのですが
駅伝の交通規制のせいでほとんどクルマが走ってきませんでした
ちょっと無理をしたご褒美でした

坂を下りきってすぐ左にあるいつもの海岸沿いのスポットで休憩
先ほど購入したどら焼きを食べ嫁に写メールで無事出走していることを報告しました
2010_0131BRMkamaukra3000024.jpg
宇佐美の休憩場所から

ここからしばらくは海沿いの気持ちの良い道を走ります
BRM117では途中で伊東市街の方に迂回しましたが
今回はそのまま直進し道の駅を過ぎ途中の分岐で109号に入ります
2010_0131BRMkamaukra3000037.jpg
いるか浜と初島

いるか浜からの登りはきつかったです
インナーローでゆっくりと上ります
分岐点からはいつもの道です
でも一度走っているので落ち着いて走ることが出来ました
川奈のゴルフ場のあたりで啄木鳥の木をつつく音が聞こえました
止まって探しましたが見つけることはできませんでした(残念!!)

城ヶ崎の手前ではスタッフの方が写真を撮りつつ応援してくれていました(感謝です)
この看板の先がPC2です
2010_0131BRMkamaukra3000038.jpg

PC2到着時刻は11時20分ぐらい

グロス :5時間20分
走行距離:101.7キロ
走行時間:4時間16分42秒
平均時速:23.7キロ

BRM117(伊東で無駄な上り付き)より10分早いだけです
いかに脚力がなくなっているかが分かります
これでまだ1/3なんだよなと思い不安です
膝も痛いし・・・

カップヌードルとサンドウィッチを食べて再びスタートします
ほぼ同時にスタートした方に
どんどん置いていかれます
この方たちはペアで走っているので特に早く走っているわけではありません
本当に足が回りません
浮山温泉あたりの緩い傾斜でも25キロがやっとです

北川、熱川の上りをやっとのことでこなしていきます
このころDNFが頭の中で現実味を帯びて来ていました
ただこのコースは来年はないかもしれないので
取り合えず下田まで頑張ろうという気持ちでなんとか繋いでいった区間でした

稲取温泉を過ぎたところで一人の年輩のライダーさんと一緒になりました
着実に坂道を登っていきます
なんとかギリギリ付いていくことができたので
目標にさせていただき近づいたり離れたりしながら走行を続けました
そして尾ケ崎ウイングで共にトイレ休憩
しばしお話をさせていただきました
私があまりにヘロヘロだったからでしょう
持参されていた「アミノ酸顆粒」をいただきました
親切にしていただき本当に元気づけられました
2010_0131BRMkamaukra3000067.jpg

ほぼ同じタイミングでまたスタートします
いただいた「アミノ酸顆粒」の効果でしょうか足に力が戻ってきました

白浜では写真を撮るだけのちょっと心にも余裕が出てきました
2010_0131BRMkamaukra3000054.jpg
白浜中央海水浴場

白浜から下田への割ときつい上りでも力が戻ってきて
そこそこのスピードで上っていけます
この辺りで境川のmasaさんとすれ違います
ここですれ違うということは30キロぐらい先を走っているということです
凄いと思う反面自分がちょっと情けないです

自分はどん底からはかなり持ち直した状態で下田に到着
2010_0131BRMkamaukra3000057.jpg
下田港の巡視船

ここから下賀茂まではわりとすぐに着くような感覚だったのですが
どうしてどうして長かったです
しかも予想以上にアップダウンがありました
ただ、アミノ酸パワーで何とか走り続けやっとPC3に到着しました

PC3到着時刻は14時05分ぐらい

グロス :8時間05分
走行距離:150.4キロ
走行時間:6時間27分49秒
平均時速:23.2キロ

PC3で先ほど「アミノ酸」をいただいた方にお会いできたので
御礼を申し上げるとお守り代わりにといって更にアミノ酸を1パックいただいちゃいました
ブルベに参加して良かったと心から思いました

  ただお名前を聞きそびれてしまいました
  ご本人がご覧になっていれば書き込みいただければ嬉しいです
  ご存知の方がいれば教えていただければ有難いです

更にPC3では一度お会いしたかった方にもお会いできました
2010_0131BRMkamaukra3000063.jpg2010_0131BRMkamaukra3000064.jpg

痛ディスクでLEL(ロンドン-エジンバラ-ロンドン)1400kmを完走された方です
途中で不思議な音がしたと思ったらこの方に抜かれたのですが
まさかそのあとお会いできるとは思っていませんでした
写真撮らせていただきました(感謝)

この頃には、完走を含め足に力も戻ってきたので
まだ頑張れば16時間台でのゴールも可能と思っていました

この後の様々な苦難があるとも知らずに
PC3を出発
さあいざ鎌倉に向けて出発です

<後編に続く>  多分週末になると思います・・・

長くなってスミマセンここまで読んでいただいても結末には程遠いです(恥・・・笑)













  1. 2010/02/03(水) 01:02:38|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

| ホーム |