にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

BRM130鎌倉300 皆さんの助けでなんとか完走

BRM130鎌倉300に参加しました

パンク、その後のスローパンク状態での130キロ走行、膝痛、オーバーペースによる自爆が重なり
自転車に乗ってから一番辛く悲惨な一日でしたが
なんとか完走できました

途中参加者の方にいろいろ助けていただきました
膝の痛みがひどくなりペダルを回せなくなった時には DNF も考えましたが
なんとかだましだまし漕ぎ続けて
最後逗子のゴールまでたどり着くことが出来ました

ゴール後は嫁の出してくれた回収車での帰還となりました

超長文な日記になりそうです(笑)

2010_0131BRMkamaukra3000051.jpg2010_0131BRMkamaukra3000054.jpg

2010_0131BRMkamaukra3000080.jpg

ブルベ記録 18時間の真ん中ぐらい
        PC4伊豆高原から逗子ゴールまでは7時間以上かかっています
        貯金がなければアウトでした

        ポンピング1,000回以上(笑)


ブルベ 走行距離:304.45キロ
     走行時間:14時間12分00秒
     平均時速:21.4キロ
     最高速度:53.8キロ

家から 走行距離:329.41キロ
     走行時間:15時間24分32秒
     平均時速:21.3キロ

2010_0131BRMkamaukra3000066.jpg2010_0131BRMkamaukra3000097.jpg

    










スポンサーサイト
  1. 2010/01/31(日) 10:45:25|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:16

ブルベ専用スペシャルライト購入

BRM117逗子200に参加して思ったこと
というよりもゴールしてからの帰り道で思ったことなのですが・・・

それはライトを購入しなければということ

普段は幹線道路を中心に走っています
都心で食事をしてから戻ることも多く夜間走行は普通のことではありますが
街灯があるところばかり走っていましたので
ライトの明るさには余りこだわっていませんでした

ただ、逗子からの帰り道で走った一般道では街灯のない所は暗い(当たり前ですが)

ブルベで走る道は当然街灯のないところが普通にあります
今のライトでは30キロ以上での夜間走行にはちょっと足りない

ということでライトを購入することにしました

ここから無間地獄に陥って行く訳ですが
そんなに時間もないのでとにかく何か購入するべく
ネットで情報収集しました

今回購入するライトは
ブルベ専用ライトなので

条件は

第一に 明るいこと 最低でも100ルーメン以上出来れば150ルーメン
第二に ランタイムが長いこと
第三に 大きく重くないこと
第四に 操作が簡便なこと

 コストはブルベスペシャルなので安いにこしたことはないけれどということで多少は目をつぶることにします

今回のターゲットは、GENTOS、ULTRAFIRE、FENIXなどです
取引先が淡路町にあるため、仕事ついでに秋葉原をちょっと探索してみました
上記の点を勘案して買ったのがコレです

GENTOS(ジェントス) スーパーファイアXX SF-532XX
GENTOS(ジェントス) スーパーファイアXX  SF-532XX



  ●仕様光源   高輝度チップタイプ白色LED×1個
  ●明るさ    約150ルーメン
  ●電源     CR123Aリチウム電池×2本(テスト用付属)
  ●本体サイズ  約φ37×141mm
  ●本体重量   156g
  ●照射距離   約180m(スポットビーム最大時)
  ●実用点灯   (Highモード)約7時間、(Lowモード)約28時間、(点滅)約15時間
  ●フォーカスコントロール機能
  ●スポットビーム12°~ワイドビーム40°(無段階調節)
  ●防滴仕様●ストラップ、オリジナルポーチ付●インスタントオフスイッチ

FENIXの狙っていた商品は店頭にはなく、ULTRAFIREは三月兎で発見しましたが、WF606は品切れ中でした

SF-532XXは、当初は電池がCR123Aなので、
ランニングコストが馬鹿高い、コンビニには売っていないなどという理由で真っ先に却下したのですが
秋葉原でCR123Aが国産メーカーでも一個300円、中華電池では4個700円以下(品切れ中でした)で
売っていることがわかり一気に急浮上しました

自転車乗りの方のインプレはほとんどなかったのですが

個人的には
・(Highモード)約7時間、(Lowモード)約28時間ということであれば
 常にhighモードで使用することはまずなく
 まあ一晩は持ちそう、電池交換はあっても一回で済みそうなのが                ◎

  <2時間に一回も電池交換するようなものはストレスが溜まるので出来れば避けたい>

・操作が簡単、ワンプッシュでhighとLowの切替えが出来、フォーカスが付いているのが    ◎

  <FENIXは照明の変更が複雑で運転中には操作出来なさそう>
  
・CR123Aが2個600円は普段使いでは高いけれどもブルベだけ考えれば           ◎

・秋葉原では3,000円以下で買えるのが                               ◎
  
  
FENIXは現物を見ていないので取り合えず今回は除外しました

家でミニマグライトLED3Wと比べて見ましたが比較にならないぐらい明るいです
照明の切り替えもワンプッシュだし、大きさもミニマグライトと同じような大きさです
電池も軽いので重量もありません

30日の鎌倉300はこのライトとミニマグライトLED3Wと安い自転車専用ライトの3装で走る予定です

あと、皆様からいただいた助言を参考にさせていただき
シューズカバーを購入しました

購入したのはこれ
南町田のモンベルショップで購入しました

モンベル サイクル フットウォーマー ショート BK/M(28-30cm)
モンベル サイクル フットウォーマー ショート BK/M(28-30cm)


つま先だけでも良かったのですが、値段がどちらも2,400円だったので、甲の部分もカバーしてくれる
この商品を選びました
あとはホカロンを準備すれば足先の冷え対策も万全です

天気予報では最低気温も5℃ぐらいと117の1℃よりも高いのでちょっと安心しています
このまま天気予報が変わらないといいな




  1. 2010/01/26(火) 00:36:29|
  2. Cycle Gear|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:9

BRM117逗子200キロ 後編

<前編からの続きです>

PC2を出発しました
スタートは先ほど苦労して登ってきた坂道を下ります
下ってみれば何であんなに辛かったのかと思うような傾斜です

城ヶ島で一度海に出て富戸に向けて今度は登っていきます
これは結構キツイです
帰りではここが一番きつかったです
何とか登りきり右側にあった自販機のところで休憩
ジャケットを脱ぎまたアタックジャージ姿に

ここからはアップダウンはあるものの下り基調であっという間に川奈へ
2010_0117BRM0117zushi2000029.jpg
いるか浜と初島
2010_0117BRM0117zushi2000030.jpg
いるか浜には今日も釣り人が

海女の小屋を横目に見ながらしばらく走って135号に合流
そのまま135号を走り宇佐美を過ぎてまた峠に入ります

ここからはアウターで頑張るのを止めてインナーで漕ぎました
シッティングで疲れてきたところで立ち漕ぎに
立ち漕ぎで3漕ぎ 惰性で進んで失速する直前にまた3漕ぎ
という省エネ走法で走りました
無事峠を越えたところで
どこかで休憩されていたのでしょうか
いつのまにか追い越していた境川のmasaさんにパスされました
BD-1なのに下り速いです
追走できませんでした

PC2からほとんどノンストップで走っていたのでちょっと休憩がしたい
出来れば建物の中で休みたかったので下多賀のマックに入りました
2010_0117BRM0117zushi2000031.jpg
ホットコーヒーとプチパンケーキ@下多賀マック
初ブルベなのにちょっと余裕かましています(笑)

まったりと20分以上休憩していたでしょうか
沢山のブルベライダー、集団が通過して行きました
また抜かれてしまいました

コーヒーを飲み干してから外に出ますが
休みすぎたせいで寒さが身に染みます

すぐに走り出しましたがマックで飲んだコーヒーのせいかまたトイレに行きたくなり
行きと同じ上多賀でトイレ休憩
10分も走っていません(休みすぎ?)

折角ストップしたのでここで持参していたパワーバーとパワージェルを
この先の二つの峠を越える前に使ってしまおうと思い一気食いしました
高級補給食は初めてだったのですが
正直な感想はパワージェルはまだ何とかなるけれども
パワーバーは寒かったせもあるかと思いますが固いスニッカーズのようで自分には合わなかったです
半分残しちゃいました

ここからPC3までの間に熱海までの峠と湯河原までの峠を二つ連続で越えましたが
予想以上に楽に登れました(パワーバー効果?)
湯河原から少し登って真鶴駅手前のPC3に到着しました

PC3には14時23分ぐらいに到着

グロス :8時間23分
走行距離:151.28キロ
走行時間:6時間32分16秒
平均時速:23.1キロ

ここではお汁粉缶があったので購入
一気飲みをしてすぐに走り出しました

また一人旅です
ここから先は勝手知ったる道です
峠ももうありません
パワーをセーブすることなく気持ちのままにペダルを廻します
すごく快調
あっという間に早川口に到着

もう安心です
そのまま35キロ前後で快調に走ります
どんどんブルベ参加者の方をパスさせていただきます
ただしトイレには行きたくなってしまい
いつもの大磯西のコンビニでトイレ休憩
2009_1129yabituoiso0036.jpg
休憩した大磯西のコンビニ(今日の写真ではありません)

ここでマックで休憩されていた方とまた一緒になりました
しばしお話をした後でほぼ同時に走り出しました

このときちょうど16時ぐらいでした
頑張れば17時前(日没前)にゴールできるかもしれません

実は30日の鎌倉300のことを考えると
今日は11時間ぐらいでゴールしたいなと密かな目標を立てていました
密かな目標も達成が可能かもしれません
ちょっと頑張ってみよう

大磯から134号に出ます
自分が先頭になってマックでお話した方を引きます
茅ヶ崎あたりでその方は離脱されてしまいまた一人旅になりました

134号は時速35キロから40キロで走行
家からの走行距離は既に200キロを越えているのに自分でも信じられないぐらい快調です

ただし、実はこの時は引き足での走行でした
これまでハーフクリップで引き足を使って走行していたことが
大リーグボール養成ギブスのような効果があったのでしょうか?

たまにトルクを掛ける走り方をしてみると
やはり疲れているようで35キロを維持して走るのも厳しいのですが
SPDだと40キロまで引き足で回せました

江ノ島を過ぎて稲村ガ崎に差しかかります
稲村ガ崎には夕日を見物する人が一杯いました
自分は写真を撮ることよりもなんとか17時前のゴールを目指して走りますが
材木座で16時50分
あと9分でのゴール(逗子駅前着)はさすがにちょっと無理
あきらめて自転車を止めてパチリ
2010_0117BRM0117zushi2000035.jpg
夕焼け@材木座

逗子海岸では行きに応援していただいたご家族がまた応援してくれていました
寒い中本当にありがとうございました

134号では20キロぐらいの間何故か一人のブルベライダーさんにも会いませんでしたが
田越橋の交差点でやっと信号待ちをしていた方に追いつきました
なんと境川のmasaさんでした
最後は一緒にゴールさせていただきました

2010_0117BRM0117zushi2000043.jpg2010_0117BRM0117zushi2000045.jpg
ゴール@逗子駅前

グロス :11時間とちょっと
走行距離:209.43キロ
走行時間:8時間48分04秒
平均時速:23.7キロ
獲得標高:1719m まこたさんのブログから拝借しました 意外と登っていたんですね

PC3からゴールまでは

走行距離:58.15キロ
走行時間:2時間15分48秒
平均時速:25.7キロ

最後は自分でも信じられないぐらい調子よく走れました
上出来です

2010_0117BRM0117zushi2000037.jpg2010_0117BRM0117zushi2000038.jpg
2010_0117BRM0117zushi2000039.jpg

コンビニでチョコレートパンとホットコーヒーを購入し最後のレシートをゲットしました
あとはブルベカードの提出です

ボールペンは財布に挟んでおいたのですがどこかで失くしてしまい
先にゴールされた方にお借りしました
レシートは持参していたホッチキスでブルベカードに留めました
最後に境川のmasaさんにブルベカードの記入方法を教えてもらいポストに投函し
初のブルベが終了しました

ブルベは終了しましたが
このあと日が暮れて一気に冷え込んだ中自宅まで自走で戻らなければなりません
体が冷えてきたので皆さんにご挨拶をして一足先に帰路に就きました


ちなみに帰路ではあまりの寒さに耐え切れず逗子市内を抜けられずに
コンビニに入りトイレ休憩&コンポタで手を暖めました(笑)

気を取り直し気合を入れて再スタート
とにかく家に戻らなければお風呂にも入れません

来た時と同じ池子・六浦経由で16号に出てその後はひたすら16号で家に戻りました
何故か足はまだまだ余裕でした
家の風呂を目指して35キロ以上で飛ばしに飛ばし
19時過ぎには家に戻ることができました

嫁が用意してくれていた風呂に飛込みやっと人心地がつきました

総走行距離:266.44キロ
平均時速 :23.2キロ
総走行時間はサイコンがおかしくなっているためよくわかりません
計算すれば出るのでしょうが まあいいでしょう(笑)
2010_0117BRM0117zushi2000046.jpg2010_0117BRM0117zushi2000047.jpg


翌日からの会社がきつかったです
30日のブルベに参加するためには絶対に休めません
何とか今日(金曜日)まで会社を休むことなく過ごすことが出来ました(エライ!!)
これで鎌倉300に参加できます

ブルベの総括としては
初めてのブルベでしたが思っていた以上に楽しめました
いろいろな方とお話したり、一緒に走ることで今の自分の走力が把握できました

峠はTTではないのでインナーローで無理しなければなんとかなる
平地は引き足中心で走ればそこそこのスピードで長距離をこなせる
意外と粘れるタイプかもしれない

反省点は
・足先の冷え対策はやっぱり必要
  ホカロンを靴にはる、シューズカバーを購入するなどきちんとした対策が必要
  靴下では駄目なのかな?どなたか教えてください
・ライトはきちんとしたものが必要
  街中では充分でもブルベでは本当に明るいものが必要なので鎌倉300までに準備しなければ・・・
・休憩の回数(トイレの回数)が多すぎる、しかも休んでいる時間が多すぎる

というところでしょうか

鎌倉300は夜間走行時間が長いのが不安ですが
体力的にはなんとかなりそうです

天気が良くて、ちょっと暖かいといいな

わずか200キロのブルベなのに長文となってしまいました
最後まで読んでくださったかたありがとうございました

ブルベあるいはどこかでKHSのクロモリロード、モストロの赤いヘルメットを見かけましたらば
お声を掛けていただければ幸いです








  1. 2010/01/23(土) 01:10:44|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8

BRM117逗子200キロ 前編

2010年1月17日BRM117逗子200に参加しました

今回が初のブルベです

試走(青葉200)もしたし、2週連続で100キロ走ったし
ハーフクリップもSPDに換えたし、準備は万全!!
と思いながらもちょっと興奮、ちょっと不安

前日は2時30分に目覚ましをセットし22時頃には就寝
寝付きもよく、目覚ましでパッチリと目が覚めました
40過ぎても子供の遠足のようです(笑)

朝食は「梅干入りのお粥」と薄皮あんぱん1個
いつもはコーヒーとパンなのですが
ブルベ(極寒)仕様です
夜明け前で寒いので、暖かい食べ物を胃に入れました
ちなみに前日の夕食は嫁にパスタをリクエスト(なんちゃってカーボローディング)エネルギー充填120%です

5時過ぎにはスタート地点の逗子に着かなければなりません
ところが、出発したのは3時30分過ぎ
折角早起きしたのにそんなに余裕がある時間ではありません

気が急いていた訳ではないのですが
スタート地点の逗子までは16号を使って金沢八景経由で行く予定でしたが
気がついたら何故か浜松町を右折して鎌倉街道を目指していました

戻るのはいやなのでそのまま鎌倉街道に出て南下します
上大岡を通過した頃に
環状3号で金沢文庫に行けるじゃんと気が付きました
この道は何故かスタート地点までの試走の際には全く想定しなかったコースなのですが
クルマの走っていない時間は上大岡も狭い商店街も安心して走りぬけられるので結果的には良かったです

5時には逗子に到着しましたが
ブリーフィングまでに着けば良いのでまずはコンビニでトイレ休憩&補給&煙タイム
今日は最低気温が0度近くになると想定していたので服装は充分な防寒をしていたのですが
心配していた足先は保温クリームの効果はなく凍えました
コンビニで靴を脱ぎ手で足先を暖めます
合わせてコンポタで体の中からも暖めます

今日はコンポタとお汁粉三昧の一日でした

何とか足先の感覚も戻ってきたのでスタート地点である亀岡八幡宮に向かい5時15分に到着
受付を済ませます
既に参加者で一杯です

今日は事前に参加される方にブログでメッセージを送らせていただいていました
”境川のmasa”さんはBD-1で登場されたのですぐにわかりご挨拶をさせていただきました
”サーチ男”さんにもご挨拶をしたかったのですが
ヘルメットの色と自転車で探しますが
自転車はメジャーブランドなので特定できません
また照明の下ではヘルメットの色は全くわかりません
2010_0117BRM0117zushi2000001.jpg
自力では探せないとあきらめていたところサーチ男さんから声を掛けていただきました
今日もKHSのロードは私だけでした
ちなみにケルビムを始めとしてクロモリの方は結構いらっしゃいました

体が凍えてきて限界が近くなってきた頃にスタートとなりました
私はちょうどスタート方向の端にいたのでパレードランの最初の方でのスタートです
先導されるままに走るとあっというまに134号へ、いってらっしゃいの声でいきなり先頭集団でスタートしました
スタート直後の逗子海岸ではブルベ応援(帰りも応援していただきました)を受け力をもらいます
応援はその後江ノ島水族館のあたりでもいただきました(有難く嬉しかったです)

江ノ島までは先頭の集団で走ります
付いていくことは出来るのですが私には少しオーバーペースです
ちょっとトイレに行きたくなってきたこともあり
最後尾に下がりトイレを探しながら走ります
そのうちに信号でちぎれてしまいました
辻堂からは一人です
後ろも信号の関係なのか全く追いついてきません
しばらく自分のペースで走ります
湘南大橋の手前でやっと空が明るくなってきました
今日は天気が良いので富士山も見えているのではと思い歩道に上がります
2010_0117BRM0117zushi2000006.jpg
初の湘南ライドのような写真(笑)
2010_0117BRM0117zushi2000008.jpg
少しだけ富士山がピンク色@湘南大橋
富士山の写真を撮っていると後続のTMRの方たちに抜かれます
車道に戻り再び走り出すと信号ストップでTMRの方たちに追いつきました
この後大磯まで後ろを走らせていただきました
2010_0117BRM0117zushi2000009.jpg
朝焼け@大磯海岸

自分は大磯でコースを外れいつもの大磯港でトイレ休憩、薄皮あんぱん一個補給、煙タイム
10分ぐらい休んでから1号に戻り復帰

二宮あたりで後続から来た10台以上の大集団に吸収されます
そのままPC1までは集団走行でした
集団は35キロ以上のペースで走りますが体感的には30キロぐらいのスピードに感じます
集団はやはり楽ですね

PC1には8時10分ぐらいに到着

走行距離:51.05キロ
走行時間:1時間55分45秒
平均時速:26.4キロ
2010_0117BRM0117zushi2000015.jpg

野菜ジュースとお握りを補給、しばしまったしていると
周りの人がどんどんスタートして行きます

自分は一度止まると、トイレ、補給、一服の3つのルーティーンを必ずこなすので
どうしても10分以上の休憩となります大体15分ぐらいは休憩していたでしょうか

PC1からは気楽に走りたかったので(峠もあるので)一人で走り出しました
途中真鶴から熱海まではまたTMRの人の後ろとなりました
少し距離を空けて走りますが、前に人がいるので無理をしなかったので疲れを溜めずに登ることができました
熱海に着いたのでお約束の貫一お宮像でストップ
2010_0117BRM0117zushi2000017.jpg
午前中は逆光です
2010_0117BRM0117zushi2000016.jpg

別にストップしなくても良かったのですが癖になっているのでつい・・・(笑)
嫁に写メールで熱海に着いた(無事スタート出来た)ことを知らせます
  嫁のブログにコメントいただきありがとうございました
ブルベな方々は走りなれているせいか誰もここでストップしませんでした

ここでジャケットを脱ぎこのあとPC2まではアタックジャージで走行しました
日が差しているのでアタックジャージで充分でした

ここから先は自転車では初の走行です
熱海から伊東までは2回峠を越えます
今回のブルベでは出来るだけトンネルを避けるため迂回路を何回か走りました
各迂回路はそれもトンネルを通るよりも景色も良く快適でした
途中上多賀でトイレ休憩&補給&煙タイム

またシークレットポイントがこの迂回路の中にあったのですが熱海(貫一お宮)での休憩がハンデとなり
シークレットポイントの通過順位はかなり後方(40位ぐらい)になっていました
さすがに皆さん速いです

網代からの峠を越えると伊東市内に入ります
伊東ではマラソン大会があり
海沿いではなく市街地を抜けて川奈に向かいます
殿山までの坂は結構きつかったです
ただ思っていたよりも足が厳しいということもなく
楽に登れたので何人かの方をパスさせていただきました
 坂には滅法弱く坂は抜かれるもので抜くものではないと思っていたので
 (ヤビツ50分切れないヘタレなのです)意外でした
殿山の交差点から134号をちょっとだけ走り川奈口から109号に入ります
109号は抜け道として昔からよく使っていた道ですし、3年前には城ヶ島に宿泊し川奈港のいるか浜で釣りをしたこともあるので、よく知っている道です(クルマでは)
ところが自転車で走ってみると全く違う道を走っているようでした
記憶以上に起伏が激しく坂が多いです
昔キャンプしたことのある4Hキャンプ場を過ぎるとやっと登った標高を一気に消費し富戸へ
最後は城ヶ島で海っぺりまで出ます
2010_0117BRM0117zushi2000025.jpg

ここからまた伊豆高原まで登るのですが
PC2までの登りがこの日一番きつかった所でした
傾斜よりもエネルギー不足だったのが効いたようです
上多賀での補給(薄皮あんぱん1個)以来全く補給をしなかったため
伊東市内のアップダウンでグリコーゲンを使い果たしていたようです

事実このあと戻りの登りでは充分すぎる補給をしていたせいか
遅くても足が動かないというようなことはありませんでした

最後はヘロヘロになりながらPC2に到着しました

2010_0117BRM0117zushi2000020.jpg2010_0117BRM0117zushi2000021.jpg

走行距離:104.27キロ
走行時間:4時間25分08秒
平均時速:23.6キロ

昼食はシーフードヌードル(これぞブルベ食?)とチョコレートパンとヘルシアスパークリング(クエン酸入りです)

食べ終わった頃に境川のmasaさんが到着されました
BD-1で100キロです(凄すぎます)
しばしお話させていただく中で
これまでどうしても気になっていたことを質問させていただきました
ブログを拝見させていただく中で
一般の方とかなり違う出勤時間・勤務体系であったり、帰りがクルマでの深夜送りがあることなど
ひょっとして同業の方ではないか?とずっと思っていました

もしかしてお仕事は○○○ですか?と不躾であったのですが思い切って聞いてみました
いただいた答えはビンゴでした
自分と同じ業界の方でした

私? 私は営業職なので幸いなことに一般のサラリーマンの方と一緒です(笑)

そんなお話をしながらまったりしている間に境川のmasaさんはスタートして行きました
私も休んでいる場合ではないので帰路につきます

<後編に続く>











  1. 2010/01/21(木) 01:37:35|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

BRM117逗子200 完走!!

今日BRM117逗子200に参加して来ました

寝坊することもなく無事出走
しかも完走出来ました
タイム(グロス)は11時間とちょっとでした

ブルベ十二分に堪能いたしました

すごく寒かったのですが
天気は良く湘南の日の出と夕日も見ることが出来ました

2010_0117BRM0117zushi2000009.jpg
日の出@大磯海岸

2010_0117BRM0117zushi2000035.jpg
夕日@材木座

ブルベ 走行距離:209.43キロ
    走行時間:8時間48分04秒
    平均時速:23.7キロ
    最高速度:53.7キロ

家から 走行距離:266.4キロ
     平均時速:23.2キロ

一日の走行距離としては初の250キロ超えでした

家に着くまでは元気一杯であと100キロぐらい走れそうな勢いだったのですが
お風呂から上がった途端に全身筋肉痛です
明日がちょっと心配です(笑)

嫁のブログにコメントいただきありがとうございました
詳細は今週中にはアップできるように頑張ります

私でも完走できるのだから
みんな4月のブルベに出ませんか? (但し自己責任で・・・笑)

最後に AJ神奈川のスタッフの皆様ありがとうございました



  1. 2010/01/17(日) 21:09:19|
  2. ブルベ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:14

小田原往復のはずが勢いで芦ノ湖まで 

10日の日曜日今日は終日自転車です

出発は7時過ぎ
本当は6時ぐらいに出発するはずだったのですが・・・

ちなみに今日の目的地は小田原です
その後は、体調と時間で決めることにします

いつものように境川CRから藤沢橋、浜須賀で134に出て西に向かいます

今日は良い天気
2010_0110hakone0002.jpg
境川CR

2010_0110hakone0004.jpg
茅ヶ崎サザンビーチ 小さく烏帽子岩が見えます(笑)

今日は久々に太平洋岸自転車道を走ってみようと思い
大磯港の先からCRにコースイン
ところが、走り出してすぐに工事中で通行止め
しょうがないので1号に戻ります
ちょっとしか走れませんでしたが相変わらずこのCRからの景色は良いです
2010_0110hakone0006.jpg
太平洋岸自転車道からみた大磯港と飛込み磯
海岸には等距離で釣り人が


多少追い風基調でもあり足も順調に周っています
小田原ももうすぐです

今日はこのあとどうしようか
小田原で戻るのであれば早川港で刺身定食でも食すか
あるいは時間もあるので網代や椿ライン経由で大観山・箱根まで足を伸ばそうか
などと考えながら走っていると
前回嫁と熱海に行った時に朝食を摂ったガストが目の前に
時刻は9時50分 モーニングが10時までだったら次のガストでは時間切れになってしまう
と思い吸い寄せられるように入店

これで、小田原での昼食リターンはなくなりました
ちなみにモーニングは11時まででした(笑)

ガストでは、普通のモーニングをチョイス
前回はバナナヨーグルトパンケーキという自転車乗りのための朝食を食べましたが
今日は補給食と食事は完全に分けました
というよりも食べたいものを食べました(一人だし、ブルベでもないので・・・)
2010_0110hakone0008.jpg
目玉焼きとソーセージ&ベーコン トースト、スープ、コーヒー 523円也

たっぷり休憩(約40分)しました
来週はブルベで熱海方面に行くので今日は箱根に行くことに決めました
時間がないので(休みすぎです)大観山経由ではなく直行することにします

再スタートしいつもは左折する早川口を直進します
道路情報では「宮ノ下渋滞中」・・・すでに箱根湯本までの道も渋滞しています
渋滞の中を走るのは厳しい(坂道だし)ので旧道で行くことにします
 これがこのあとの苦行を決定しました
 今思えば余りに浅はかな決定だったかも・・・

箱根路の玄関口である三枚橋に11時過ぎに到着 
2010_0110hakone0011.jpg
ここまでの走行距離:64.4キロ、走行時間:2時間40分53秒、平均時速:24.0キロ

取り合えず登ることは間違いないので
サイクルジャケット(モンベル)、長袖ジャージ(パールイズミアタックジャージ)を脱ぎました

上:半袖シャツ(CW-Xのハーフジップ)、アンダー(アディダスTechfit)、アームウォーマー
下:2XUサーマルコンプレッションタイツ、ウインドブレークビブパンツ(パールイズミ)

脱いだ服をパッキングするのに手間取ったりしたのでスタートは11時30分ごろ

走りだせば寒くないとわかっていますが、さすがに走り出しはアームカバーに半袖では寒い!!!
旧道はクルマでも走ったことがないので全くのお初の道です

スタートしてすぐの箱根湯本の温泉街でいきなりの急坂
このあと大丈夫なのか不安になります
温泉街を走り抜けると右下に「ホテルおかだ」が見えてきました
 「ホテルおかだ」は取引先との懇親会・忘年会で何度か宿泊したことがあります(今思えばバブルですね)
温泉街がほぼ終わり、日帰り入浴の天山を過ぎるとやっと峠道らしくなってきます

しばらくは緩めの坂でしたが
大天狗山神社あたりからまた急坂が出てきました
TTではないので東京電力の畑宿発電所の入口で休憩
しばらく休んでからまた走り出します
なんとかかんとか畑宿まで到着

何でこんな苦行をしているのか、今日はもう戻ろうと何度も脳裏に浮かびましたが
次はいつ来られるかわからないのでもう少し頑張ってみることにしました

いよいよ七曲です
2010_0110hakone0038.jpg

2010_0110hakone0016.jpg
七曲から畑宿、小田原市街
フレッシュな足であればなんとかなるのでしょうが
疲れた足ではとても無理
ほぼ二曲がり毎に休憩を入れます(笑)

なんとか七曲を越え見晴らし茶屋へ
まだまだ坂道は続きます
やっと甘酒茶屋に到着
2010_0110hakone0019.jpg

予習をしてこなかったので
甘酒茶屋が峠の頂上近辺にあると思っていました
ところがまだまだ坂道が続きます

ちょっと気持ちが切れました
旧東海道の入口でたまらず休憩 ついでに写真も撮りました(笑)
2010_0110hakone0021.jpg

次のカーブを越えれば!!
という思いを何度何度も裏切られながらも
やっと道が下りになりました

もちろん予習もしないで行った自分が悪いのですが・・・
峠を越えた時の気持ちは「いい加減にしろ!!!」という感じでした

下りで寒くなるので(本当に寒いし)
お玉が池でストップしアンダーを着替えジャージ、ジャケットを着込みました
今日はアンダーの着替えは持って来ていました

2010_0110hakone0023.jpg
お玉が池 一部は凍結していました

ここから芦ノ湖はすぐでした
連休中でもあり湖畔は観光客で一杯でした
外国人の姿も多かったです(犬連れも・・・)

芦ノ湖では特になにもすることはなく
しばし湖畔で休憩
暖かい缶コーヒーを購入(缶お汁粉は見つからず)飲む前に充分に手を暖めました
2010_0110hakone0026.jpg2010_0110hakone0030.jpg

芦ノ湖までの走行距離:76.3キロ、走行時間:3時間43分34秒、平均時速:20.4キロ
三枚橋からの走行距離:11.9キロ、走行時間:1時間02分41秒、平均時速:11.3キロ

さあ寒いし日暮れまでに家に着きたいので戻ります
間違いなく1号は渋滞しているので
来た時と同じ旧道で戻ることにしました

七曲までは、カーブがきつく、ちょっとコントロールミスするとはみ出してしまいそうです
また舗装もローリング族対策の縞々舗装のためスピードが出せず20キロぐらいでゆるゆると下ります
畑宿を過ぎてからは道も広くわりと真直ぐなので気持ちよく下れました

三枚橋から1号に合流し、風祭のコンビニで休憩
小田原まで降りてくると暖かいのでジャケットを脱ぎました
あとは1号を横浜方面へ戻るので平坦基調です

峠を越えたにもかかわらず帰り道は予想以上に快調に走れました
30キロから35キロで巡航できました
頻繁に休憩を入れたことで足へのダメージは最小限で済んだようです

途中にある茅ヶ崎のラーメン屋さん「笑屋」さん
今日は営業していました
ここは寿々喜屋さんの暖簾分けのお店です
店長の体調が優れないようですが、はやく完全復活して欲しいです

家に戻ったときには日が暮れてしまいましたが
なんとか日暮れ前までに境川CRを通過できました

2010_0110hakone0039.jpg2010_0110hakone0041.jpg
2010_0110hakone0044.jpg2010_0110hakone0042.jpg

走行距離:152.2キロ
平均時速:22.0キロ
走行時間:6時間54分45秒
最高速度:50.0キロ
グロス走行時間はちょうど10時間でした
朝食(ガストで40分)と芦ノ湖(約30分)以外は
小休止(ただし旧道の登りでは合計15分ぐらいは休憩しました)のみでした

ブルベに換算すると
単純計算ではこれだけ休憩を入れてもぎりぎり時間内に完走出来たようです

当日はもうちょっと気合も入るし、一緒に走る人もいるので
引いてもらえたりパワーももらえると思いますので何とかなるかな?
あとは当日寝坊してDNSにならないことが一番大事かもしれません(笑)

ウエアに関しては今日の服装で大丈夫そうです
ただつま足は朝と夕方に二回真剣に指が凍えました
MTB系のシューズなのでそんなに風抜けが良いとは思わないのですが
ちょっと対策が必要かと思いました
シューズカバーが必要なほどでないと思いますので
何か血行を良くするクリームなどを足の指先に塗っていこうかな

ちなみに、今回は峠越えのロングをこなしたのですが
膝の痛みは出ませんでした

ブルベ当日はSPDで走ろうと思います

次に芦ノ湖に行くときには
大観山経由で行きたいと思っています
1号はその次
旧道はもっと脚力がついてからのお話しですね




  1. 2010/01/11(月) 20:22:29|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

初乗り 今更ですが○○○を導入

1月4日初乗りで三浦半島一周してきました

今回は、年末年始に乗っていないので
ロングの調子を見ることと年末年始の沖縄での飽食三昧で増えてしまった体重を落とすことが目的です

が、今回はもう一つ目的があります
実はペダルを変えてみました
ロードに乗って早二年以上経っているのに今更初SPDです

これまではハーフクリップで走っていました
もともとランドナーも所有していましたので
二台ともハーフクリップを付けていました

IMG_0012.jpg2010_0104miura0020.jpg

特にロングでも問題はなく
また引き足もシューズの固定が割としっかりと出来ているので
多少のロスはありますが、普通に使えています

ただ、300キロとか400キロのブルベに出るのに
さすがにハーフクリップはいかがなものか?
とも考えていました
常連さんが試しにトライするのは有りでしょうが
ブルベ初心者がハーフクリップはちょっと舐めていないか?
と思いWiggleでペダルとシューズを購入しておきました

  ペダル  Wellgo WPD-823
  シューズ シマノ MT-60

ハーフクリップに不満はないので
本当に移行するかどうか本人も自信がないので一番安いペダルをチョイス
シューズはゴアブーティが欲しいのでシマノにしました

シューズは12月上旬には届いていたのですが
SPDペダルは年末に届いたため、簡単な調整は年末にしておきましたが
今日が初のSPDでのロングライドとなりました

クリートの位置は大体母指球に合わせて、多少外に開いた形で取り付けてみました
あとは走りながらペダリング、膝の痛み等が出て来たら修正することにしてスタートします

今日は八幡橋から357を走ります
しばらく走るとちょっと右ひざの内側が痛くなってきたので
ベイサイドマリーナのマックで休憩 兼 クリートの調整
2010_0104miura0017.jpg
ほぼ真直ぐに修正したところその後右ひざは帰りまで痛みが出ませんでした
右はこれで問題がないようです

左は今でも膝の前面がちょっと痛くなることがあるのですが今回も出てしまいました
左もほぼ平行にしてみました
直した時には痛みは止まったのですが最後の方ではトルクをかけると少し痛みが出ます
これ以上ひどくならないといいのですが・・・・・・
左のクリートはもう少し調整が必要そうです

ベイサイドマリーナを出てからは、夕照橋を通り、日産の工場前を通り、追浜で16号に出ました
あとは一本道です
横須賀では大津港に寄って釣り場のチェック
ヘチとふかせの釣り場のようです
三春岸壁はカレイ狙いの投げ竿が一杯でした

観音崎へは寄らず久里浜港、野比海岸から三浦海岸へ出ました
2010_0104miura0022.jpg
金田、江奈のどちらかで昼食と思っていたのですが
どちらの食堂(漁協直営)も残念ながらお休みでした

そのまま城ヶ島へ
2010_0104miura0031.jpg2010_0104miura0028.jpg
三崎港にはそこそこ釣り人がいます


昼食場所を探すのもだんだん面倒になり葉山方面まで戻ります
途中佐島のすき家で昼食
炭火焼き鳥丼を食しました
意外と美味でした


2010_0104miura0039.jpg
長者が崎から江ノ島方面を望む

葉山から渚橋を左折し134号を江ノ島方面へ
134号はいつもと同じような混雑具合でした

その後は、藤沢橋から境川CR経由でサガミサイクルで補給食を購入してから家へ戻りました

SPDで今回初めてロングライドを経験しました
特に脱着でトラブルことはありませんでした

ハーフクリップとの比較ではギア1枚分出力が上がった感じでした
トルク系の走りではそんなに大差がなかったような気がしました

ただ、今回初めて足の筋肉が攣りそうになりました
ペダルと足が固定されるために使う筋肉の向き等に遊びがないので攣りやすいのでしょうか
ハーフクリップはかなり自由に足の向き等を変えられるのでその点では筋肉には優しそうです

今週末もう一回ロングに行って
その際にも膝の痛みが出るようであれば
17日にブルベはハーフクリップで参加するかもしれません

ただ平均時速はギア1枚分でいつもより1キロ以上早くはなっています
これまで100キロ以上で平均時速が25キロを越えたことは多分ないと思います
速さを取るならSPDですね
悩ましいところです

2010_0104miura0045.jpg2010_0104miura0042.jpg
2010_0104miura0043.jpg2010_0104miura0044.jpg


走行距離:125.7キロ
平均時速: 25.2キロ
最高速度: 50.1キロ
走行時間:4時間58分 グロス走行時間は約7時間30分 








  1. 2010/01/04(月) 21:55:07|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

年越し

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

2010年はいつものように沖縄で迎えました
この時期の沖縄は天気が悪く(勿論暖かいことは暖かいのですが)太陽を拝めることがほとんどないのですが
今年はこれまでで一番天気が良くほぼ太陽が顔を出してくれました

そのため今回は釣り(釣れなかったけど)、食事、風景などの全てが
これまでで一番充実していました

ただ、体重は1.5キロ増加してしまいました
体脂肪率も12%台から13%台へ
17日のブルベまでに走りこんで体重を落とさなければ・・・・・・



詳細は嫁のブログでアップされるはずですので、興味がある方はそちらをご覧ください
私はイメージだけ・・・(笑)

2010_0102okinawa0099.jpg
釣りをしながら夜明けを迎える@名護

2010_0102okinawa0015.jpg2010_0102okinawa0075.jpg
モーニングビュッフェ@万座ビーチ

2010_0102okinawa0052.jpg2010_0102okinawa0027.jpg
大晦日は奮発してディナービュッフェ@マリオット、部屋で年越しそば(ラ王沖縄そば)

2010_0102okinawa0019.jpg2010_0102okinawa0039.jpg
和牛ステーキ250グラム@88、そーきそば@なかむらや

正月でも20度はあるのですが、写真だけ見ると夏のようですね
2010_0102okinawa0083.jpg2010_0102okinawa0114.jpg

2010_0102okinawa0123.jpg2010_0102okinawa0143.jpg
沖縄のビーチ@正月

今年は天気が良かったせいか、58号ではローディさんを沢山見ました
沖縄にせめてクロスでいいからレンタルしてくれるところがあればと思いました

また行きの飛行機では自転車ウェアのカップルさんを機内で見かけました
那覇空港では早速自転車を組み立てていました
空港から自走でスタートされたようです
荷物は宅急便などで送ってあるのでしょうか?
LOOKとKONAでホイールはシャマル!!
輪行でこの仕様ですから、決戦用はBORAとかなのでしょうか?
格好イイ!! うらやましいです

自分もいつかは沖縄に自転車も持ち込んで58号を走ってみたいな!!

自転車はまだまだ先のことですが
とりあえずまた次の年末も沖縄に行ってしまいそうです







  1. 2010/01/03(日) 20:10:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
wiggle
www.wiggle.co.uk

| ホーム |