にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新車到着!!

自転車を購入しました

ニューマシーンはこれ♪

P1020056.jpg
anchor RL8 !!

P1020057.jpg
ダイヤモンドブルーです

今までクロモリしか乗ったことがないので初のカーボンです♪

これまでは高校入学時から乗っている30年ものの丸石ロードエース(ランドナー)
とロードバイク(KHSクロモリ)の2台

普段使いはランドナーでロードバイクはブルベと遠乗りぐらいでしか乗りません

ロード(KHS)はロードとしては重いですが
ランドナーは改造してもまだ14kg以上有るので
それに比べれば圧倒的に軽いので特に不自由を感じてはいませんでした

それでも今回ロードを買い換えようと思ったのは
ブレーキ性能に限界を感じたためです

きっかけはSNSのイベントに参加したこと

ブルベは基本ソロで走っているので
急な下り坂などでも
ただブレーキが厳しいとしか思っていませんでした

ところがオフ会で走った時に
下りのブレーキ性能の違いに驚かされました

山北の尺里峠の下り坂ではみんなに全く付いていけませんでした
時速40km以上で下っているのであれば技量の問題だと言えるかも知れませんが
九十九折の急坂をゆっくり下りる際に
皆と同じようなスピードでは止まりきれず
止まってしまうようなゆっくりとしたスピードでしか下ることが出来ませんでした


握力が左右とも30kgぐらいしかないのもありますが
それにしてもブレーキが利かなさ過ぎです

重いのは遅くなるだけなので自分が頑張れば良いのですが
ブレーキ性能は安全の問題です
今後もブルベなど長距離を走ることを考えると
ブレーキ性能が高い方が怪我や事故のリスクを減らせます


秋以降は輸入パーツも値上がりするし
消費税も上がりそう(8月時点)だということもあり
買うなら今しかない!!
ということで新車購入を決定!

買うと決めたらさっさと決め手しまいましょう

メンテも含めてシュップだけはサイクルキューブと決めていました

いろいろな人に聞いたり最後はメカさんと相談して
ブレーキが効く、ブレーキが扱いやすい、そして予算、という3点でRL8に決めました

但し完成車ではなくフレームだけを購入
パーツはアルテグラの6800を中心にチョイスし
サドルとハンドルは乗せ換えで組んでもらいました

フレームカラーはレーシングカラーだとバッティングしてしまうのでオーダーに

べったり感のある塗装ではなくマイカっぽい塗装のレッド系が欲しかったのですが
(やっぱり金属系の塗装に慣れている?)
設定が無かったのでダイヤモンドブルーをチョイスしました
現物は見ていないのでギャンブルしました(笑)

ホイールは平地での巡航が少しでも楽になるようにということで
シマノのRS81-C35にしました
これで巡航速度が2キロでもアップしてブルベがかなり楽になることを期待しています


8月中旬に発注して組みあがったのは10月上旬

これまで苦楽を共にしてきたロード(KHS)はステムとハンドルを換えれば嫁さんが乗れるということで
嫁さん仕様に同時に組み直してもらいました

身長差が10cmあるのに同じフレームで乗れるというのは
自分の足が短い?(笑)


20130928P1010823.jpg
改造前(向きが逆だったW)

P1020068.jpg
嫁さん仕様(ステム以外は余り変わらない!!)



家から武蔵小杉のサイクルキューブまでは約20km
往きは当然のようにランです

そしてサイクルキューブで新車とご対面!!
フレームカラーは予想通りで違和感はありませんでした

ダイヤモンドブルーはわりと普通にある色だと思っていたのですが
サイクルキューブではRL-8[では初めてだったようです(笑)
メジャーなモデルですがレアキャラ決定!!

近くを乗ってポジションを微調整してもらい
家まで初乗りです

ブレーキはKHSより良く効くようになりました
これなら急な下り坂も大丈夫そう
ブルベだと長距離の下りも有りますが
握力の低下も最小限に抑えられそうです
ブルベはこれまでよりもかなり楽に走れそう♪

嫁さんは初のロードです
vブレーキからキャリパーに変わるのでブレーキが心配でしたが
平地を走っている分には問題なさそうです

今回は嫁さんのロード入門車なので
本格的に遠乗りにいくようになるのであれば
ブレーキの良く効くロードを購入することになると思います



新車はSTIもジオメトリーも違うので取り合えずのポジション出しです
そのためヘッドはまだこんな状態

P1020058.jpg
ちょっと格好悪い!!


サイズは510だとポジションの自由度がなくなるので480にしたのですが
納車時にKHSのポジションをそのまま再現してもらったら
ヘッドチューブはそれでもスペーサーゼロでした(笑)

STIが変わると手の位置が奥になったようで
ステムを10mm短いものに交換し、ハンドル位置も5ミリ上げてもらいました


ステムとシートポストも取り合えずということで一番安いのを付けているので
正直ちょっと格好悪いです

ポジションにこだわりは無いのですがダンシングの際の手の位置だけはちょっと気にしています
慣れてきたところでヘッドをカットしてステムとサドルは交換する予定です

ホイールは平地の巡航速度アップと
クロモリと比較するとカーボンの軽さにちょっと不安を感じたので
ホイールはセミディープをチョイスしました

装着すると余りにも地味(笑)
しっかり整備されているからなのかも知れませんが
巡航速度30kmぐらいでも速度が前よりも維持されているような気がします

まだ嫁さんと一緒にランチポタでしか乗っていません

坂もその時の関東学院のところしか上っていませんが
かなり楽になったような気がします

P1020074.jpg
嫁さんとランチポタ!

近いうちにヤビツTTでどのぐらい変わったか検証してみようと思っています

今までは遅いことを機材のせいにすることも少しは出来ましたが
今回の新車は多分みなさんと同じぐらい速く走れるはずです

今後自分が遅いのは機材のせいではなく純粋に本人の力量です

来年も自転車に乗る時間は今年と同じぐらいになりそうなので
機材でカバーします(笑)

これでブルベももう少し速く走れようになると嬉しいな♪



スポンサーサイト
  1. 2013/11/08(金) 23:37:22|
  2. Cycle Gear|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

久々にメンテ

BRM318道志みち200は土砂降り
次のBRM407本栖みち300も雪が降ったため路面がWETだった
ということでブレーキシューが寿命になってしまいました

変速も登りで変速するとガタガタって歯飛びが凄い状態だったのでチェーンもかなり伸びてきている模様

ということで久々にメンテすることにしました

ブレーキシューはより効きの良いものということで
前輪はスイスストップのグリーンに
後輪は勿体ないのでR55C3に(笑)

SWISS STOP(スイスストップ) FLASH PRO GHP2SWISS STOP(スイスストップ) FLASH PRO GHP2
(2011/10/21)
SWISS STOP(スイスストップ)


チェーンは前回と同じKMCのX9−L(X9SLの廉価版)に
チェーンは2010年の7月に交換していたので約2年もたせてしまいました(笑)

KMC 9スピード用軽量チェーン X9SL 116LINK CPKMC 9スピード用軽量チェーン X9SL 116LINK CP
(2012/03/09)
KMC



ついでにブレーキワイヤも交換することにしました
ここまでは特に問題なかったのですが
ブレーキワイヤの交換の際にシフトワイヤを見てみるとSISの中の部分でワイヤ
がほつれています
気がついて良かった!!

大雑把な調整でも問題の出ないメンテラクラクの9速だったので
変速関係はいじりたくなかったのですがしょうがない
シフトワイヤも交換することにしました

恐る恐るのワイヤ交換でしたが特に問題はなさそうです
ワイヤ交換でディレーラー調整は必要ないのかな?
そのまま普通に変速しています

ブレーキワイヤは特に後輪はフリクションロスが大きかったようで
見違えるほど良く効くようになりました

今までと同じようにブレーキをかけたらタイヤがロックしそうになるほど・・・
これまでの力の6割ぐらいはフリクションロスだった模様(笑)

みなさんもブレーキの効きが悪くなったと思ったらまずワイヤ交換をしませう


機械いじりはキライではないものの
好きでもないので今後も9速で良いかな?

実は15Tより小さなギアはほとんど使っていないので6速でも充分な私(笑)

やっぱり9速は耐久性が長くてメンテも楽なのが○だな!!
でもTIAGRAも10速化されてしまいました(悲)
ついにSHIMANOもコピー・プリンター型の交換で儲けるになってきたのかな?

ついでにタイヤも交換
いつもならローテーションするのですが
今回は後輪だけ新品に交換
次回前後輪とも交換することにします

タイヤはGP4000Sにしようかとちょっと悩みましたが
アルトレモDDに特に不満もなくGP4000Sよりもサイドまでフィルムが入っている分
バーストの心配が少ないので今回もアルトレモDDにしました
シュワルベ アルトレモディーディー700×23Cシュワルベ アルトレモディーディー700×23C

SCHWALBE(シュワルベ)



アルトレモDDはサイドが強い分良いと思うのですが
アルトレモコブ事件の後遺症かなかなかユーザーが拡がっていきません(笑)

これで今年1年はメンテフリーのはず(笑)

BBは来年交換しようっと






  1. 2012/05/21(月) 22:29:55|
  2. Cycle Gear|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

アルトレモDDを前後でローテーション

ご無沙汰しています

最近自転車ではなくRUNに嵌るはずが
調子に乗って速く走ったら見事に故障
現在はふくらはぎを痛めて全く走れません
正直階段を降りる時に体重を支えることだけでも痛いです

自転車だと多少の痛みはあってもなんとかなるので
結局自転車に乗っています(笑)

7月に交換したタイヤ「アルトレモDD」のローテーションをしました
約4ヶ月で2,600キロぐらい走っています
ブルベも三回(300、400、600)走っています

4ヶ月乗ったタイヤはこんな風になっています
2010_1107odawara0016.jpg2010_1107odawara0017.jpg
左:前輪、右後輪

後輪は台形になって来ていますが
前輪はセンターラインが残っています

2,500キロ以上走ってセンターラインが残っているって凄いですよね
ちなみに自分の体重は65キロ前後なので特に軽いわけではありません

グリップも良く、サイドウォールまで耐パンク構造になっているので
パンクも一度しか経験していません

文句の付けようのないタイヤ!!
のはずなんですが・・・・・

実はちょっと(大きな?)問題があります
それはこれ
2010_1107odawara0018.jpg2010_1107odawara0019.jpg
どんどんほつれていく

サイドから糸がほつれてきます
一つのサイドだけだったら偶然傷ついた結果といえるのですが
実は全てのサイドがほつれています
なんなんだろう
走行前にはほつれた糸をはさみでカットするのがスタート前点検で必になっています(笑)

Rシリーズはコブ発生タイヤで耐久性も悪い(グリップ・乗り心地はGOOD)ので
自分にとっては問題外ですが
DDは耐久性がありグリップも良いということで今のところお気に入りなんです

ただこのほつれがあるのがなぁ・・・

そろそろ次のタイヤも考えないといけないんですが
一回GP4000Sを履いてからもう一度考えようかな?
でもGP4000Sはサイドが弱いみたいなんですよね

ほつれはするもののべつにそこからチューブがはみ出しそうとかいう心配はなさそうです
なまじ高性能だから悩みます

でもこれであと2,500キロは乗れるのでしばらく先の話です






  1. 2010/11/07(日) 21:43:20|
  2. Cycle Gear|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:10

アルトレモDDインプレ と チェーンをX9-Lに交換

今日は雨にいつ降られるか分からないので遠出は止めて
マイクスのセールに行ってきました
20キロぐらいしか乗っていませんがインプレ第一弾です

今週頭に届いたアルトレモDDは木曜日が早く帰宅出来たので早速装着してみました
2010_0703ULTREMO0006.jpg2010_0703ULTREMO0009.jpg
予想よりもおとなしめでした(フルクラムが派手ということもあるのでしょうが・・・)

まず最初に驚いたのがサイドウォールの固さ
スネークスキンというパンク防止フィルムのようなものが入っているせいか
しっかりしています
ルビノプロテック(比較対照が弱すぎる?)は同様にサイド強化されているのですが
全く違います
ルビノプロテックはサイドはいかにもゴムという軟らかさを持っていますが
アルトレモDDはサイドまで厚みがあります
しなやかではなくプラスチック的な固さです

ただ装着はすごく簡単でした
RACING3との相性は抜群です
最初なのにレバーなし嵌め込めました
これだとパンクした時はすごい楽になりますね

タイヤの性能ですが今日のショートライドでの第一印象ですが
このタイヤ良いです

何が良いかっていうと
ブレーキの効きが違うということ
これまでのようにブレーキングしようとしたらロックしそうになりました
ブレーキ本体・シューだけでなくタイヤのグリップ力っていかに重要かがわかりました

グリップは良いのですが転がり抵抗は少ないです
平地ではしっかりグリップを感じますがそれでも滑るように転がっていきます
平地巡航は古タイヤに比べて2~3キロは速くなりしかもスピードが維持出来ます

ロードノイズに関してもゴツゴツ感が減りました

今日は110PSIで走ってみたのですが
100PSIぐらいだとフワフワな乗り心地(グリップは感じられる)となりそうなので
ブルベでの疲労をかなり軽減してくれそうです

これまでミドルクラスかそれ以下のタイヤしか履いてこなかったので
トップグレードのタイヤの良さを初めて実感しました

あとは、アルトレモに付いて回るコブのようなものが出来なければ
ずっとこのタイヤを使いたいなって思っています

来週のブルベで400キロ走れば確かなインプレになるのですごく期待しています
あと耐久性が良ければ言うことなしです

今日は一緒にチェーンも交換しました
これまではKMCの9.93というものを使っていましたが
今回はもう1ラク上のX-9Lにしてみました
KMCはミッシングリンクも最初から付いてくるのでお気に入りです
2010_0703ULTREMO0003.jpg
犬の毛が付いていますが気になさらずに・・・笑

交換前のチェーンは全体で5ミリぐらい伸びていました
トルクを掛けるときに歯飛びしたりしていたのは伸びていたせいもあったのかなと思います

9速でも5000キロぐらいでやっぱり交換した方が良いみたいです
といっても
嫁は5,000キロ以上走ってもチェーンはほとんど伸びていないので
やっぱりトルクの掛け方なども影響するのでしょうか

今回走りとパワーに直接関係する部分を新品にしたので
ブルベが楽しみです


  1. 2010/07/04(日) 00:03:23|
  2. Cycle Gear|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

アルトレモDD やっと到着

やっと届いたぁーーーー

Wiggleにオーダーしていたタイヤ「ULTREMO DD 700*23」が今日届きました
オーダーしたのは2月15日だったので四ヶ月以上かかりました

2010_0627ULTREMO0001.jpg
無駄にでかい箱で到着

2010_0627ULTREMO0003.jpg
分かっていたけどやっぱり派手ですね

4月からのブルベに使うつもりだったのですが
夏前のブルベはほとんど終わってしまいました

先週サイクルキューブでBBを交換してもらった時にも
メカさんからタイヤもう寿命ですねって言われていましたが
やっとこれでニュータイヤに交換出来ます(笑)

現在履いているタイヤは「ルビノプロテックⅡ」です
タイヤには安全性を求めたいので
サイドウォールのあるものが欲しくて使っていました

ブルベのタイヤはGP4000Sが標準ですが
サイドウォールはありません
アルトレモDDはスネークスキンでサイドが強化されています
それで今回はアルトレモをチョイスして見ました

BRM130ではパンク後1キロ以上走行しましたので
普通のタイヤであればもう使えなかったかもしれません
ルビノプロテックⅡは多少サイドの糸が切れていましたがほとんどダメージがなく
今日まで2000キロぐらい走ってくれました

アルトレモシリーズはアルトレモRがタイヤが変形するということでリコールされましたが
タイヤのグリップ等の評価は高かったようです

アルトレモDDはリコール後だし、エンデューロ向けのタイヤなので期待しています

ただブログ等でもほとんどインプレがないので
購入する時もちょっと不安でした
こんなにこないのでやっぱりGP4000Sにしておけば良かったと何度思ったことか・・・

人柱として今後インプレ報告して行きます

BRM710房総400にエントリーしていますので
そこでご報告出来ると思います
出来るだけ長持ちするといいな

装着は今週早く帰宅出来た(あるのか?)時にします

このタイヤが駄目だったときは素直にGP4000S履きます

この記事を訪問される方が多いので。。。

約2600キロ走ったインプレ




  1. 2010/06/27(日) 20:16:03|
  2. Cycle Gear|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6
wiggle
www.wiggle.co.uk

| ホーム | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。