にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

自転車と釣り 連休はキャンプ

久々のロードバイクで山中湖往復!!

久々にロードバイクに乗りました

多分今年に入ってから4回目です
前の3回は箱根駅伝から逃げるオフ、伊豆ブルベ応援、BRM329青葉200道志みちなので
直近がほぼ3ヵ月前という。。。
もはやたまに自転車に乗るランナーとなっています(笑)

20140622002.jpg
3ヶ月ぶりのロードはパンクしてました(笑)


5月に野辺山ウルトラマラソン、6月にスリーピークス八ヶ岳と
2回ランの大会に参加しましたが
どちらも後半になると疲れて出てしまいだれてしまいました

これまではどちらかというと後半になって
周囲よりも少し頑張れていたのですが
最近は逆です

要は長時間身体を動かし続ける体力が落ちているということです

7月には前半のメーンレースとなる”おんたけウルトラマラソン100K”が有ります
目標は完走して3ポイントゲットすることですが
想定タイムは15時間~16時間ぐらい(制限時間は20時間)
現在の自分はそんなに長時間動き続けるだけの体力が有りません
鍛えないと。。。

それだけの長時間動き続けるトレーニングとしては
ランだときつ過ぎるし故障の可能性が有ります
ということで自転車です

15時間というとブルベでいえば250kmぐらい?
平地だけでも良いのですが
もう暑い時期に入っているので昼間は標高の高いところにいたい

神奈川の自転車海苔としては箱根方面か富士五湖となります

今年はブルベ300kmを走っていないので
本栖みち往復で仮のプランを立てました

うまく行けば波高島で同日に開催されている
AJ西東京諏訪600の参加者を応援出来るかも?
忍野にあるトレイルランテストセンターにも寄れるし♪

当日は午前6時に起床
8時前にはスタートする予定でしたが
大会とかではないのでけっこうだらだらしてしまいました

しかも前日に自転車の準備をした時には前輪の空気が抜けていました
空気をいれて一晩様子をみてみたものの
朝になったら空気抜けてタイヤがペシャンコ

チューブ交換したりしていたら出発は午前8時40分でした(笑)
今日は夜中まで走るよと嫁さんには言ってあるので
時間的にも問題はないものの
ロングのスタ-トには遅すぎでした(笑)

今回はTeam.S.S.Rのジャージを着用したので
相武台経由で道志みちを目指すことに
星が丘でいつもの道へ出て今回はすぐに左折
高田橋で相模川を渡り三増峠を越えて串川橋から412号へ入りました


20140622004.jpg
相武台の近くを通過♪

20140622007.jpg
BRM329以来の高田橋

久々のロードバイクは何が辛いってお尻が辛いです
サドルはクロモリロードからアリオネを移植しています
クロモリ時代はこれで600ブルベも完走しています

ところが。。。
久々+クロモリからカーボンにフレームの材質が変わったこともあるのかしら?
座っているだけで苦行状態(笑)
これで200km超走れるのかしら?

青野原の7-11に着いた時には既に11時20分ぐらい
コンビニにはトレーニングを終えて道志みちを戻ってきた自転車海苔多数(笑)
これから道志みちを上る人などいません(笑)
約20分休憩して11時44分に重たくなった腰を上げて
山中湖に向けて出発

20140622008.jpg
青野原の7-11は戻ってくるライダーばかり!

走り出せばそれなりに楽しく走ってました!!
そんなに坂が厳しいという感じも有りません
自転車に乗っていなくてもランをしていれば
出力的には問題ないようです

途中道志の湯の辺りで通り雨に遭遇し
25分ぐらい雨宿り
それ以降は雨に降られずに一日走ることが出来ました

20140622012.jpg
いつものところで雨宿り 12時47分~13時13分

20140622011.jpg
渓流釣りしてました!

そして道の駅どうしはスルーして山伏峠に向かいます
今回は時間には追われていないので
追い込まずに淡々と上っていきます

そうやって上っていくのであれば
山伏峠もそんなにきつくは感じません

ただ。。。
太腿に乳酸が溜まって溜まって痛い。。。
ヤビツTTの時ですらこんなに痛くなったことは有りません
ブルベと違ってタイムアウトはないので
無理せずハッピードリンクショップのところで
一旦休憩(13時55分~14時08分)を入れました

自転車にしか乗っていないと
乗らない期間は全ての能力が同じように落ちていくのが普通なのでしょうが
なまじランをしていたため
出力は自転車には乗っていないけれども現状維持
持久力(乳酸耐性)は乗っていない分きちんと低下しています
そのため、筋肉が疲れていくよりも前に乳酸が溜まってしまったという感じ?
約15分も休んだので乳酸痛もほぼ解消したので再びスタート!

乳酸が抜けてしまえば
休憩したこともありいつもよりむしろ楽に山伏峠を通過しました
山伏峠には14時30分に到着
雨宿りと乳酸休憩を抜いたネットタイムは2時間10分でした
3月のブルベがちょうど2時間だったので約10分遅くなってました
ソロでツーリングだとこんなものでしょうね

20140622014.jpg
山伏峠に到着 14時29分

雨は止んでいるものの曇りなので富士山は見られないのでは
と思いながら山中湖まで下って行きます
やっぱり富士山見えませんでした

20140622018.jpg
 富士山は見えず @きららの辺り


今回はブルベではないので山中湖を時計回りに周回してみました
途中で湖岸の遊歩道まで降りてみます
しばらく湖岸の遊歩道を時速15kmぐらいで走ってみたり。。。

20140622022.jpg
山中湖畔 @旭ヶ丘側

20140622023.jpg
山中湖畔 @旭ヶ丘側

20140622025.jpg
湖畔の遊歩道をゆっくりと走る

20140622026.jpg
ラベンダー♪

時刻はすでに15時近く
雨宿りなどもあって予定より大幅に遅れています
本栖みちを暗い中で上りたくはないので
17時までには本部まで降りてしまいたいのですが
結構ギリギリです

体力も消耗しています
ここで無理せずに山中湖の周辺か河口湖辺りでお茶を濁すことに方針変更しました

お腹も空いてきたので
コンビニ飯ではなくお店できちんと昼食を摂ることにしました
ご当地グルメには余り興味がなく
何となく肉を食べたかったので
安く自転車ウェアで入れる店ということで入ったのはガスト(笑)

自転車の見える席に座って安心して食事しました

20140622030.jpg
ハンバーグに大盛りライス♪

さて、お腹も一杯になりました
今日の目的の一つである
トレイルランテストセンターに向かいます

前回3月はブルベ途中での訪問だったので
いろいろ教えてもらったにも係わらず
なにも買わずに帰ってきてしまいました

今日はこの前の分も含めて何か買おう!!
最低でも補給食ぐらいは買おうと思っていました
着いたら前回同様にコーラをご馳走になりました♪

20140622031.jpg
トレイルランテストセンターでお買い物♪

今度おんたけウルトラマラソンを走ることを伝えると
ご主人がおんたけウルトラを走ったことがあるとのこと

ガレた林道で足裏にダメージを受ける(蓄積される)ので
HOKAのシューズがオススメとのこと

自分の足はCとDという女性のような足なのですが
それならStinson Trail(スティンソン トレイル)がオススメとのことでした

履いてみると本当にぴったりでした♪

HOKA ONEONE(ホカオネオネ) スティンソントレイル男性用 30109031HOKA ONEONE(ホカオネオネ) スティンソントレイル男性用 30109031
()
HOKA ONEONE(ホカオネオネ)

商品詳細を見る

お店の前の砂利道を少し走ってみましたが
砂利のでこぼこはほとんど靴底が吸収してくれます
特に下りでは路面からの衝撃も吸収してくれるので疲れにくいとのことでした

ただ、特殊なシューズなので慣らしは必要らしい

しばし購入しようかどうか考えましたが
ロードでシューズを持ち帰るのは無理なので
ベスパのみ購入して一旦はお店を後にしたのですが
山中湖まで上り返したところで
通販もやっているのであれば送ってもらえば済むということに気がつきました

近くのショップに在庫があるかどうかも分からない商品なので
買っちゃおう!!

というか自宅に配送出来ますよ!!
って言ってくれれば良いのに(笑)

その商売っ気がないところも好きですが。。。

どこで買っても同じなら
このいろいろアドバイスをもらえるこのお店で買いたい!!
ということでU-TURNして再びお店へ

そしてシューズを購入!!

お店を出たときには既に18時前
この日は夏至だったのでまだまだ明るいです
それでも山伏峠の下りはどうせなら明るい内にくだってしまいたいので
そのまま山中湖に向かいます
夕方になっても富士山は姿を見せてはくれませんでした(悲)

20140622033.jpg
夕方になっても富士山は見えず!


山伏峠への上り道では霧が出てきましたがなんとか明るいうちに山伏峠に到着
無事下ることが出来ました

20140622034.jpg
霧が出てきた!

20140622039.jpg
日暮れ前に山伏峠に到着!

下りで少し身体が冷えてきたので
すでに閉店して閑散としたどうし道の駅で
ホットコーヒーブレイク♪

あとはゆるゆると家まで帰ります

途中でブルベライダーっぽい人に追いつかれます
声をかけていただきお話するとなんとSR600に挑戦中とのことでした
渋峠もうまく通過したようです

しばらく一緒に(ペース合わせてもらってました)走りましたが
両国橋の手前でクルマのやり過ごしで離れてしまい
結局そこからは追いつけず

多分46時間ぐらいでゴールされたと思います
脚の違いを実感しました

再び青野原の7-11で休憩
帰りは青山の上りも避けてデイリーヤマザキの跡地のところを右折して
関の交差点で412へ合流
串川橋からはいわゆるノーマルルートを走りました

そして上溝駅を通過して星が丘から相武台に向かう道を使って16号経由で帰宅

走行距離は203kmとかろうじて200km超でした
当初は250kmは走ろうと思っていたのでかなりのショートとなりましたが
ソロツーリングではこのぐらいが丁度良いのかも

ブルベ以外では夜走らないのでナイトランも新鮮で楽しい♪
こうやって走るとやっぱりブルベも走りたくなりました

でも今年はラン中心でスケジューリングしてしまったので
ブルベを走るタイミングがないんですよね

またナイトラン前提でロングに行かなきゃ!!


トレイルランテストセンターはご夫婦お二人とも経験豊富なトレイルランナーなので
いい加減な知識ではなく的確に自分に合うグッズを教えてくれます

こんな店が近くにあれば最高なんですが。。。
また自転車でトレーニングがてら行こうと思っています
オススメです♪

20140622doushi route20140622

(ネット)  
   総走行距離 203.4キロ
   平均時速   20.9km

 garmin 910XTのバックライトをオンにしていたら
 187km地点でバッテリー切れ
 今回はサイコンのデータ
   

スポンサーサイト
  1. 2014/06/26(木) 00:34:59|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

直江津集合 その2 高崎から直江津まで

そしていよいよ前日です

まずは金曜日に高崎まで自転車を持って移動しなければなりません
といってもラッシュの東海道線での輪行は無理ゲーです
いろいろ検討したのですが
結局クルマで会社まで行きそのままクルマで高崎まで移動することにしました

高崎発のブルベのような感じです

当初は渋峠越えを考えていました
ところが天気予報は最悪です

悪天候で雷の危険がある中の峠越えはリスクが大きいので
碓氷峠越えに変更しました

仕事は予想通り早く終わることはなく会社を出たのは21時過ぎ
それからクルマで高崎に向かいます
首都高から外環道を経て関越自動車道で高崎に向かいますが凄い雨です!!
既に出発している参加者は大変な目にあったようです

クルマを運転していても前が見えないほどでした
流れも悪く気を使いながらの運転だったので想像以上に疲労して
高崎のホテルに到着したのはちょうど深夜12時頃でした

どうせ泊まるのであれば大浴場のあるホテル!!
ということで今回はパークイン高崎をチョイス

チェックインしてからまずは大浴場で疲れを癒します
そして併設されていた無料のマッサージ器でしばしのんびり
部屋に戻ってきたのは午前1時近くになっていました(笑)

渋峠を越えていくのであれば
午前4時にはスタートしなければなりません

天気は回復傾向ですがもしものことを考えると
ちょっとふんぎりがつきません

碓氷峠も実は走ったことがない(恥)ので
寝る前に雨雲レーダーと天気予報をチェックして今回は碓氷峠越えにすることに決定!!

直江津までは200kmぐらい?
渋峠経由しか検討していなかったので正確な距離は分かりません(笑)
多分200kmぐらい?というアバウトな距離感で計算すると
午前5時に高崎を出発すれば12時間後の17時には直江津に着くのではないかということで
午前3時45分に目覚ましをかけて就寝

翌朝は無事起床!!
寝坊によるDNS・DNFは回避することが出来ました

チェックアウトして駅前の駐車場にクルマを止めて準備!!
今年の名古屋600では豪雨で酷い目に遭ったので
ゴアの上下は装備します

高崎駅の高島屋前を午前5時ちょうどにスタート!!
まずは安中を目指すのですが途中で曲がるべき道を直進してしまい
なぜか線路を渡ってしまう
これは以前渋川に行くときに通った道です

P1010745.jpg
二日目スタート!!


いきなり道に迷い戻ります
無事道が見つかりあとは基本一本道

P1010751.jpg
長野まで100kmですって!!

P1010752.jpg
妙義山?

向かい風に悩まされながらもなんとか安中のコンビニで補給
横川のおぎのやを過ぎていよいよ碓氷峠です

P1010755.jpg
おぎのやは開店前でした


碓氷峠は確かに急な傾斜は有りませんが
なんて言ったって最近全く自転車に乗っていないのでそれでもきついです
カーブの数は180ぐらいあるというのは知っていたので
どれだけ凄いのかと思っていたらくねっているだけでカーブにカウントされるので
実感では1/3ぐらいのイメージでしょうか?

P1010756.jpg
碓氷峠の標識!!

すぐに写真でよく見る「メガネ橋」に到着!!

P1010757.jpg
記念撮影♪

そして偶然自転車で走りに来ているkimkenAJさんが横川をこれから出発するとのことだったので
状況をつぶやいて再びスタート!!

ところがここでパンク!!
パンク箇所がよくわからないので一度はそのまま嵌めてみます
でもなんとなくスローパンクしていそうな【状態
結局チューブを「交換することに!!

P1010762.jpg
久々のパンク!!

P1010761.jpg
メガネ橋を見ながらパンク修理

無駄な抵抗をしてしまったので結局約30分ぐらいかかってしまいました
キムケンさんが追いついてくるのかな?
って思っていましたが
なんとか追いつかれずに碓氷峠をクリア
しばし待とうかとも思ったのですが

P1010763.jpg
碓氷峠をクリア(バイクライダーが記念撮影中だったので、はじっこでの証拠写真)

パンクとミスコースなどで
既に8時45分
わずか45キロに3時間45分もかかっています
ブルベですら借金状態!!
ということで下りで追いついてくるのではということですぐにスタート!!

下ると直ぐに軽井沢なんですね
軽井沢を通り過ぎ追分に向けて少しだけ登る以外は
小諸までひたすら下りです

P1010766.jpg
青葉600で走った北軽井沢への道を通過

途中霧が出ていたりしましたが
特に問題なく走ります
参加者のブログを
見るともう少し早い時間だと霧で走りにくかったようです


P1010769.jpg
御代田あたりは霧の中


どんどん下っていきます
少し時間に余裕はないけれどもなんとかオンタイムぐらいには戻せたのか?
そろそろしっかりと休んで食事をしたいところです

と思っていたらタイミング良くこの看板を発見!!
ブルベ中のみ御用達のマックで休憩することにします

P1010771.jpg
看板発見♪


まだモーニングタイムだったので
ソーセージエッグマフィンとコーラ(ポテトはなし)でエネルギー補給!!
本当はすき屋などで食事出来れば良いのですが
どうしても自転車中にすき屋で食事する気持ちになれないのです

P1010772.jpg
朝マック♪

マックでSNSとツイッターで参加者の動向をチェックします
すでに自分の後ろには誰もいないようです
林檎さん率いる刻み隊も既に上田を出発している模様
18号ルートの最後尾確定です(笑)

これで長野までは誰にも会えないことが確定
お一人様です
まあブルベでも基本一人で走っているので
同じルートに人がいるということさえ分かっていれば
寂しくは有りません

そして上田を通過
コンビンイで休憩&水と携行食補充

ここからは千曲川CRを走ってみることにします
どうやらmasaさんも走っていた模様です

道は舗装がかなり荒れていて正直走り易くはありませんが
信号もないし人も自転車もほとんどいいないので基本貸切状態です
ただ快適ではあるのですがまともに向かい風です
国道だとクルマの流れや建物があるので向かい風でも
時速30km以上で巡航出来ましたが
さえぎるものがない4CRでは空気が重たく身体に当たってきます
下ハンで漕いでも27kmがやっと、油断するとすぐに20kmぐらいに落ちてしまいます

P1010775.jpg
整備後!!
P1010781.jpg
整備前!!

だんだんと左右に山が迫ってきているので18号もすぐなのですが
ブルベなどでは基本CRはコースにならないので
ここは千曲川CRを最後まで走りきることで頑張ります

更埴に入り高速道路や鉄道を横切ります
ついでに国道18号も
鉄橋の部分はなかなかの雰囲気でした
これだけでもCRを走った価値があったかな♪

P1010788.jpg
スタンドバイミーの世界!!


千曲川CRは終わっていますが川沿いの道は続いています
善光寺に寄るかそのまま走るかちょっと考えますが
善光寺は何度も行ったことがあるので今回は川沿いに行ける所まで走ってみることにしました

P1010790.jpg
千曲川沿いの道は飯山の手前まで続いています

これは失敗でした
風はますます強く吹いています
しかも天気が回復して気温もそれなりに上昇
なにより日差しが強くてだんだん干からびてきます
自販機で水分を補充したいのですが
住宅はあれど眼に見える範囲には自販機は見当たりません

そろそろ限界というところで
川中島の合戦場のあたりに到着
ここで一度道を外れて自販機を探します
なんとか発見して取り合えず干からび状態から復活

P1010793.jpg
暑さと向かい風で意味なし休憩多数!!(笑)

ここで久しぶりにスマホで一確認をしてみると
まだ長野市の横ぐらい
時刻は既に昼を回っています
時間的な余裕は有りません
それでもここまでCRを走ってきたので意地で走り続けます
そうすると川の中州でCRが終了
ここから左岸を走るか右岸を走るかを決めないといけません
なんとなく右岸は遠回りになりそうなので左岸(長野側)をチョイス

P1010792.jpg
左側は長野市街

P1010795.jpg
Mウェーブ?

P1010796.jpg
東屋で休憩

この先の道は抜け道になっているらしく
交通量が多くセンターラインもない道なのでとにかく走りにくい!!
クルマにとっても迷惑だったと思います
これなら左岸を走って須坂や小布施に寄れば良かった!!

気がつけば長野市街は抜けたようです
向かい風で疲れてしまったので
途中で左に出る道を使い国道18号に合流しました

やっぱり国道は楽!!
向かい風もCRの半分以下巡航速度も一気に5km』以上アップ
これだと国道走ったほうが信号ストップがあっても絶対に速かったですね
消耗も全然違ったと思います

そして国道18号と117号の分岐です
18号の方がメーンですがクルマでは何度か走ったことがあるので
今回は初見の117号を選択しました

ところが曲がっていきなりの坂!!
以前ブルベ「アタック日本海」で飯山から中野は走ったことがあるのですが
記憶ではほぼ平坦

取り合えず中野方面に迂回してみます(笑)
ところが適当なところで標識が飯山となっているところを曲がったら
再び117号に合流!!

諦めて117号を走ります
どうやら旧道だったようです

走り出してしまえばそれなりにアップダウンは有りますが
クルマも少なく気持ちの良い道です

P1010800.jpg
増水した千曲川


そして飯山市街地へ
飯山駅前には巨大な新幹線の駅が出来ていました
ここから直江津までは残り40km
一つ峠を越えなければいけませんが
それを越えればあとは下り基調で走れるはず

P1010805.jpg
新幹線の北飯山駅

時間内ゴールがほぼ見えてきたので
7-11で中休止!!

しっかり休んでから最後の峠越えにトライ
傾斜はそれなりでしたが距離が短かったので
意外とあっけなくクリア
トンネルを抜けるとあとは直江津までひたすら下りです

P1010808.jpg
292号で新潟県に入る


途中高田の市街地でもう直江津だと勘違いしたりもしましたが
なんとか17時35分に船見公園に到着しました!!

P1010810.jpg
200kmオーバーでした


下りも多くそんなに辛いコースではなかったはずなのに結構疲れてしまいました
これだと渋峠越えは無理だったかもしれません

P1010811.jpg
P1010812.jpg
ゴール地点には一杯の人!!

P1010814.jpg
奇跡的に夕焼けも!!

今回は主催したmasaさんへの感謝状贈呈というイベントもありました!!
コースは自由でゴールだけ決まっているということでソロのフレッシュに近いイベントだと思います
一人では直江津まで走ろうという気にはなかなかなれませんが
みんながそれぞれのコースで直江津を目指しているといいう一体感の中
辛くも楽しく走ることが出来ました

記念撮影や自己紹介(直江津までのコースなど)が終了し
そのまま打ち上げへ
自転車海苔の宴会は楽しい!!
triさんを始めとしてランナーもそれなりにいるし。。。

ほんのり酔っ払ってからホテルに移動しチェックイン
直江津の宿も当然大浴場ありのホテル元気人にしました

入浴してすぐに爆睡
日ごろは夜中や明け方に目が覚めるのに
今回は目覚ましの鳴る午前8時まで一度も目が覚めませんでした(笑)

まずは朝風呂、そして朝食
前日洗濯して着替えようと思っていたのに忘れてしまい
着る物に不自由してしまったので
直江津市街を軽くポタしてからしまむらで長袖tシャツを一枚購入し駅まで戻りました

P1010819.jpg
直江津駅から輪行

そして駅から輪行
まずはほくほく線で越後湯沢まで
越後湯沢で途中下車して駅内の施設でお買い物
爆弾おにぎりは流石に大きすぎるのでパス!!
ミニ爆弾おにぎりを購入します

P1010821.jpg
越後湯沢駅で途中下車

P1010822.jpg
ミニ爆弾おにぎりで充分♪


ところが新幹線は一時間に2本あるのですが
なぜか10分以内に相次いで発車
30分ぐらい時間が余ってしまいました
乗り換え時間は10分以上あるので
次回は軽く買い物だけ済ませるのが良いかな?

高崎に到着し
自転車を組み立てて駐車場まで
そこから関越で帰宅したのですが
環状8号線が東名高速の事故で大渋滞してました
これなら高尾山ICから下道の方が速かったかも?

7月に異動があって当初の予定していた草津で一泊渋峠越えを走ることは出来ませんでした
来年こそ草津で一泊のんびりと渋峠越えで直江津まで走りたいと思っています

主催のmasaさん、幹事のkoseさんお疲れ様でした!!
また素敵なイベントに参加させていただきありがとうございました

これからも8月末の恒例行事にしていきたいと思っています

走行距離:205.5km
平均時速:21.4km

合計走行距離:367.9km


20130824 route
二日目のコース(高崎-軽井沢-長野ー飯山ー直江津)

  1. 2013/10/08(火) 18:57:07|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

直江津集合 その1高崎まで(オクム応援付き)

斑尾50K無事完走出来ました!!

書き留めておきたい記事はいろいろあるのですが溜まっています(笑)

斑尾50Kは次の大会(つくばマラソン)までにはアップする予定です
しばしお待ちを。。。

ということで久々の自転車関連です


8月24日に湘南のmasaさんが主催する自転車イベント『直江津集合!!』に参加してきました

自転車で決められた日の18時までに直江津の船見公園に集合、皆で夕焼けを見ようというものです

ずっと参加したいと思っていたのですが
なかなかタイミングが合わず
今回念願かなって参加することが出来ました

参加者の多くは金曜日の昼から夜にスタートして一気に直江津を目指します
距離としては300kmちょっとなので走ろうと思えば一気に走れる距離です

ただ自分は普段ブルベでさんざんそういう走り方をしているので
今回の『直江津集合』は長距離ツーリングでのんびり走りたい思っていました

当初の計画は前日に草津まで走って温泉で一泊
翌日渋峠を越えて直江津ゴールというゆったりのんびりスケジュールでした

ところが7月に異動となり
前日(金曜日)は休暇を取得できるどころかフルタイム残業付きでの出勤が確定
そのまま深夜スタートしても仮眠なしで走ればぎりぎり間に合いそうですが
それでは仮眠時間が取れないためブルベよりも厳しいライドになってしまいます

参加するには一度刻むことしかないようです
幸か不幸か7月末に予定していたランの大会「奥武蔵ウルトラマラソン78km(オクム)」が
足首の腱鞘炎でDNSとなり応援に回ることになりました

着地の衝撃に耐えられないのでランは無理でも
ペダルを回すだけなら大丈夫そうです

オクムは越生から奥武蔵グリーンラインを走ります
ちょうど家から高崎までの中間地点です

オクムの応援に家から自転車で向かい
応援後に高崎まで走ることにすれば直江津集合のリスタート地点を高崎にすることが出来ます

金曜日に高崎まで移動してしまい
土曜日の朝に高崎を出発すれば直江津まで走ることが出来そうです

オクムの前泊はブルベのスタート地点でもある「ゆーぱーく越生」!!

家から越生までの距離は約80km
夕方からのBBQ大会に参加するためには遅くとも16時に着きたいところです
所要時間はのんびりモードで約5時間と想定
11時ぐらいには出発する予定でしたが
なんだかんだで11時過ぎに自宅を出発!

コースは出来るだけ直線的でしかもアップダウンの少ないところを選んで
鎌倉街道から関戸橋で多摩CRに出て福生までのルートを選択

20130729P1010677.jpg
鎌倉街道から関戸橋を目指す

結構暑いです
休憩を入れつつ走ってみるものの福生南公園に着いたときには既にグロッキー状態

20130729P1010680.jpg
福生南公園で休憩

玉川兄弟に久々に挨拶をしたまでは良いのですが
ここから先の道は知らない!!(笑)

20130729P1010681.jpg
久々にご挨拶!!

スマホで適当なタイミングで位置確認をしつつ
まずは飯能の方をを目指します
飯能まで辿り着けばあとは県道30号で越生まで一本道です

適当に走って適当に右に曲がって。。。
スマホで現在位置を確認して八高線沿いの道に出てしばらく走ると飯能に到着!!

20130729P1010685.jpg

あとは30号を走って越生まで
暑さにやられてずっとスローペース&休憩多数だったので
ゆーぱーく越生に着いたのは17時を回っていました

20130729P1010687.jpg
ゆうぱーく越生に着いたのは夕方だった(笑)

既にBBQは終盤戦
肉はほぼ終了していました(悲)
〆の焼きそばには間に合ったので取り合えずお腹はいっぱいに(笑)
来年はもっと早く着くようにしよう!!

20130729P1010690.jpg
バンガローに宿泊

夜はゲリラ豪雨!!
この日は隅田川の花火大会も中止になった日です
山に近いこの辺の豪雨は雷と共に凄い迫力でした

翌日はすっきりとした晴天!!!
オクムの参加者が乗車したクルマを見送ってから自転車でゆったりとスタート地点に向かいます

20130729P1010696.jpg
もうすぐスタート!!

20130729P1010704.jpg
デビルマンは最後尾から

20130729P1010705.jpg
そして誰も居なくなった!

スタートを見送ってから
まずは鎌北湖で応援!!

20130729P1010709.jpg
広報車両が通過

20130729P1010710.jpg
先頭が通過!

20130729P1010711.jpg
チームのOさんが2位で通過(結果は優勝!!!)


チームの上位選手(今回の優勝者を含む!!)数名を見送ってから
グリーンラインを上って行きます
結構厳しい坂でした(笑)
これ以上進んでしまうとチームの選手がなかなかこなくなるので
一番最初のピーク地点で皆を待つことに

参加している選手みんなに声援を送ります
厳しい坂をクリアして疲れ切っているのに応援に応えてくれる選手も多く
こちらも元気を貰います!!
でもみんな苦しいけど楽しそう!!

自分が万全の状態で参加していたとしても完走できたかは分かりませんが
やっぱり応援するよりも走りたかった!!
ただオクムは想像していた以上にきついコースだと感じました

20130729P1010716.jpg
みんな頑張れぇーっ!!

20130729P1010713.jpg
みんな頑張れぇーっ!!

20130729P1010724.jpg
デビルマンも通過


チームの選手もほぼ通過したので
グリーンラインで刈場坂峠を目指して走り出しました
当然走るのは選手と同じグリーンラインです

走っていると「自転車来まーす!!」と選手にコールされてしまいます
これじゃ応援というより選手に迷惑を掛けてしまっています
グリーンラインから離脱出来る一本杉峠で応援ライドは中止しました

20130729P1010726.jpg
一本杉のエイドで離脱

グリーンラインから越生までは気持ちよくダウンヒル
グリーンラインでも暑いと思っていたのですが
降りてしまうと下界は凄ーく凄ーく暑い!!

エネルギーも切れていたのでまずは昼食!!
ミニストップのエアコンの効いた涼しい店内で焼きそばを食べてカロリーを補給します
そういえば昨日の夕食も焼きそばだった(笑)

越生から高崎まではオダ埼のブルベコース(アタック日本海)を辿っていきます
もう3年も前のことなのに結構覚えているものです
キューシートがなくてもミスコースもなく無事小前田の交差点まで到着することが出来ました
ここから先254号に出てしまえば青葉のブルベでも走っているので勝って知ったる道です

20130729P1010730.jpg
久々の小前田駅

20130729P1010732.jpg
ガリガリくん!!

ただ予想以上の暑さにペースは上がりません
途中何度も休憩を入れつつ
久々に首にロックアイスを包んだてぬぐいを巻いて強制的に体温を下げながら走ります

20130729P1010733.jpg
夏はロックアイス!!

20130729P1010736.jpg
38.0度ですって!!

渋峠越えをするために出来れば渋川まで走っておきたかったのですが
高崎に着くころには怪しげな雲が。。。
恐れていたゲリラ豪雨が来そう!!

ということで川を渡って左折せずに直進し高崎駅でこの日は終了にしました
輪行作業をしている間にゲリラ豪雨!!
ギリギリセーフでした♪

20130729P1010738.jpg
高崎駅で終了

20130729P1010737.jpg
2日で160km

高崎からは湘南新宿ラインで横浜まで一本です
駅弁を購入してグリーンでゆったりと帰宅しました

20130729P1010739.jpg
駅弁♪

20130729MAP.jpg
山岳の縁を走るコース(除く奥武蔵GL)

走行距離:162.4km
平均時速:21.8km(遅っ!)

  1. 2013/10/08(火) 16:01:33|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

【速報】 BRM518名古屋600完走!!

今年の600キロは昨年に続いてBRM518名古屋600を走ってきました

今回もなんとか完走することが出来ました

20130519P1010339.jpg
晴天@浜名湖弁天島

20130519P1010355.jpg
土砂降り@御油の松並木


前回は独りぼっちでの遠征ブルベでしたが
今回は事前のPRと本ブログの効果?(笑)で
東京から出走された方が何人かいたのでみんなで楽しく走ることが出来ました

ただ、前回はそれほど辛いとは思わなかったコースが
今回はかなり厳しいコースに感じました

2回目だとコースが分かっているので楽なはずなのですが
記憶が自分に都合の良いように改ざんされていたらしく
「あれっ!?こんなにこの峠ってきつかったっけ?」
って思うこともしばしばでした

またホテルでしっかりと仮眠を取ったにも関わらず
途中で今までに経験したことのない眠気に襲われ急遽仮眠休憩を取ったりもしました
多分スタート前に2時間ぐらいしか睡眠時間が取れなかったので
大会中に仮眠をしても足りなかったのだと思います
前日の仮眠は本当に重要ですね

タイムもミスコース多発の去年よりも悪くなっています
平均時速も1キロ(23.6km→22.6km)も落ちています

初日の強風(往路追い風、復路向かい風)と2日目の午後からの雨の影響も大きいですが
やっぱり完走とコースタイムの予測ができてしまうので
緊張感が足りず追い込めなかったことが遅くなった要因だと思います

1年間何してたの?っていうことは有りますが
まずは苦手な600キロを無事完走出来たので中身は深く問うのは止めておきます(笑)


いつもブルベでご一緒している方達と走ることが出来たので
楽しいブルベでした!!

20130518P1010282.jpg
ウワンさんと走る@下呂温泉


これでチャレンジ富士五湖(30キロ地点でDNF)が終わってからの1ヶ月という
短くも濃い自転車月間も無事終了しました
 『BRM511宇都宮300牛久』
 『BRM518名古屋600丘と海』
と2週連続でブルベを走り9日間で一気に約1000キロも走れました
久々にしっかり自転車に乗れたかな?

満足です♪


BRM324青葉200道志の完走と合わせてSRにもリーチがかかりました

大好きな西東京主催の『BRM622西東京400大きく富士山一周』を完走してSR達成!!
が今期の自転車での目標だったのですが
前週の6月15日に『風の谷ウルトラマラソン100キロ』(ラン)が有ります
チャレンジ富士五湖が予想外のDNFとなってしまい急遽参加することにした大会です

ウルトラマラソンの翌週にブルベ400キロはさすがに厳しいかな?
このままいくと2013年のSRは難しいかもしれません

ただ現在の最大の目標はウルトラマラソン100kmの完走なので
SRはひとまず置いておきます
BRM706茂木600クラシックか秋に400を一本走れたらSR取得出来るかも?


詳報はいつものようにしばしお待ちを・・・

まずは前週の宇都宮300牛久の日記書かなくちゃ(笑)



BRM518名古屋600丘と海の記録ブルベ
(グロス)  
   総走行距離 611.0キロ
   総走行時間 38時間02分
   累積標高   3929m(ルートラボ) 

(ネット)
   総走行時間 26時間56分38秒
   平均時速   22.6キロ

BRM52601.jpg
初日のコース375km(豊田-高山-岡崎)

BRM52602.jpg
2日目のコース230km(岡崎-浜名湖-伊良湖-豊田)

  1. 2013/05/23(木) 00:11:41|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:10

【備忘録】メンテ

ブレーキの効きが悪くなってきたので
ブレーキワイヤーを交換しました

自分は握力が人並み以下なので
フリクションロスがあるとブレーキが効かせられなくなってしまうのです

前回交換したのはいつか。。。
記録が無いので分からない(笑)
多分一昨年ぐらいのはず

今回はちょっと張り込んでshimanoのPTFEにしてみました

アウターケーブルを交換すると当然バーテープも交換となります
最近自転車に乗っていないので
自転車に乗車しているだけで疲労してしまいます

折角なので手への衝撃を緩和するべくなにか挿もう!!

最初は耐震ジェルなども考えたのですが
イマイチ自転車には使え無そう

コーナンでなにか使えるものはないかと思って探していたら
コルクシートなるものを発見

今回2ミリを購入しました

バーテープの下に巻いてみたら結構良い感じ
それなりに効果はありそうです

実際に効果があると良いのだけれど。。。

合わせてタイヤも交換

今回もアルトレモDDをチョイス
余り人気がないのですが
グリップもあり、耐パンクフィルムも入っているので
パンクリスクはかなり軽減されていると思います

実際このタイヤにしてからブルベ中のパンクはないはず

もっと人気が出ても良いと思うのだけれど。。。

タイヤはいつものようにwiggleで購入
割引クーポンなどを使ううと一本4000円ぐらいだから
決して高くはないと思うのですが。。。

  1. 2013/05/05(日) 23:40:25|
  2. 自転車|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
wiggle
www.wiggle.co.uk

| ホーム | 次のページ